アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

【ディズニーリゾートバイト】筆者おすすめバイトNO.1!|中の人は現実?夢の国?

f:id:educaredstarlight:20171130174938p:plain

 
こんにちは、チビです。
クリスマス、もうすぐですね。
さてさて、何歳になっても行きたくなるディズニー。
私もディズニー大好きです。本当に何もかも忘れて子どもに戻れるところですね。
 
そんな誰もが憧れるディズニーリゾートでのバイト。
最初に言っておきますがこのバイト、めちゃくちゃ高評価です。
これまでいろんなバイトの経験談を聞いてきましたが、働いていた人の評価がこんなに高いバイトは初めて!
ぶっちゃけ、こんなに楽しそうなバイト見た事ない!
今すぐにでも仕事を放棄してディズニーでバイトしたくなりましたちびです。
 
ということで今回は夢の国、ディズニーリゾートでバイト経験のある*皆にインタビューに答えてもらいましたよ~!
 
(*皆→f:id:educaredstarlight:20171129150215p:plainf:id:educaredstarlight:20171129150226p:plainf:id:educaredstarlight:20171208130333p:plainf:id:educaredstarlight:20171129150307p:plainf:id:educaredstarlight:20171129150237p:plainf:id:educaredstarlight:20171201153537p:plainf:id:educaredstarlight:20171204112233p:plain
f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain
ずばり!ディズニーバイトの満足度は星5つ中いくつ?
 
f:id:educaredstarlight:20171129150215p:plain星5つ!
f:id:educaredstarlight:20171129150226p:plain★★★★★で満足でした。

f:id:educaredstarlight:20171208130333p:plain星5つつです。

f:id:educaredstarlight:20171129150307p:plain4つです。

f:id:educaredstarlight:20171129150237p:plain星5。なかなかできない経験をしたと思う。個人的には辛くもなかった。

f:id:educaredstarlight:20171201153537p:plain星5です。

f:id:educaredstarlight:20171204112233p:plain★★★★★ 星5つ!

 
聞いた事ありますか?
7人中6人が星満点!
あれだけ人を笑顔にしてくれるディズニーですが裏では恐ろしい教育がなされているのでは、、と思った事もありますがこれだけの満足度の高さ!
 
ではなぜそんなに好評なのか、その秘密を探って見ましょう。
 
 
f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain

みんなはいつ働いていたの?

 

f:id:educaredstarlight:20171129150215p:plain25歳の時に正社員の仕事を辞め、転職期間の合間に約半年間勤務しました。

f:id:educaredstarlight:20171129150226p:plain大学2年生のときに1年間働いていました。

f:id:educaredstarlight:20171208130333p:plain大学2年生の時。21歳から22歳のときです。

f:id:educaredstarlight:20171129150307p:plain大学3年から1年間働きました。

f:id:educaredstarlight:20171129150237p:plain大学1年生後期~大学3年生前期まで働いていました。

f:id:educaredstarlight:20171201153537p:plain20歳のころ、2年間働きました。

f:id:educaredstarlight:20171204112233p:plain専門学校1年生~2年生まで働いていました。

 

転職期間でも、就活中の方でも受け入れてくれるディズニー様。さすがです!

わたし、転職するときは転職期間中にディズニーでバイトしようと決めました(-▽-)

 
 
f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain
なぜ応募しようと思ったの?きっかけは?

 

f:id:educaredstarlight:20171129150215p:plain昔からディズニーが大好きで、一度働いてみたいと思っていました。ですがシフトが厳しいと聞き、学生時代に働くことができず、たまたま時間に余裕が出来たので働くことにしました。

f:id:educaredstarlight:20171129150226p:plainディズニーランドが比較的近所にあったからです。また、元々ディズニーの世界観が大好きで、年間パスポートも持っているくらいだったので、こんな素敵な空間でお仕事出来るなら嬉しいな〜と高校の時から思っていました。

f:id:educaredstarlight:20171208130333p:plain求人雑誌で、一括して募集案内が出ていたので、友人とディズニーランドで働いてみたいねと言って、二人で受けに行きました。

f:id:educaredstarlight:20171129150307p:plain新浦安駅に住んでいたので朝早く、夜遅くと勤務ができるからです。また、交通費も支給されましたが、大学までの定期県内で働けたほうが交通費を浮かすことができたので近い方が良かったから。

f:id:educaredstarlight:20171129150237p:plain元々ディズニーが大好きで興味がありました。そんな時面接会が開催されるのを公式HPで見つけて参加ししました。

f:id:educaredstarlight:20171201153537p:plain子供の頃からディズニーランドが好きで良く遊びに行っていました。キャストの人はコスチュームも可愛くて、いつか働いてみたいと思っていました。私の周りでディズニーで働いていた人は、みんな働いて良かったと言っていたので応募することにしました。

f:id:educaredstarlight:20171204112233p:plain子供のころから両親によく連れて行ってもらっていたので、大きくなったら働くことが夢だった。高校生の頃から年間パスポートを持っていたので卒業したらすぐに働こうと思っていました。

 

やっぱりディズニー好きがほとんど!

まぁディズニーが好きじゃなかったらあんなに笑顔で働けないですもんね。

自分もお客さんも笑顔の場所で働けるなんて最高の職場ではないでしょうか?

 
f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain

どうやって求人を探したの?

 
f:id:educaredstarlight:20171129150215p:plainタウンワークで求人募集が載っていて、運よくそのまま応募出来ました。

f:id:educaredstarlight:20171129150226p:plainすでに働いていた友人から、もうすぐ募集をかけるとの噂をきいてから、常にディズニーリゾートのキャスティング専門のサイトを見るようにしていました。

f:id:educaredstarlight:20171208130333p:plain求人情報雑誌を見てです。

f:id:educaredstarlight:20171129150307p:plain電車の吊革に面接期間が何日か掲載されていたのと、浦安市の求人紙面媒体でも常に掲載されていたので、タイミング着合った時に面接に行きました。

f:id:educaredstarlight:20171129150237p:plain仕事を探していたワケではなく、定期的に公式HPを見ていたので、その中でキャスト募集を見てだんだんやってみたくなった。

f:id:educaredstarlight:20171201153537p:plain求人サイトで見つけて応募しました。

f:id:educaredstarlight:20171204112233p:plainディズニーリゾートのホームページと電車の社内広告です。

 

ほうほう、みなさん様々ですね。

今は求人募集を探さなくてもディズニーリゾート公式HPで求人情報は詳しく分かります!

その詳細はまた後ほど。

 

f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain

1日の流れを教えて!ちなみに配属希望は通る?

 
f:id:educaredstarlight:20171129150215p:plainまずキャスト用の建物に出社し、そこでコスチュームに着替えます。その後バスで担当しているロケーションの近くまで移動し、朝礼を待ちます。朝礼後に当日の担当場所を確認し、勤務開始でした。私はアトラクションキャストで複数のアトラクションを担当していましたが、15分ごとに役割が変わり、60分働くと15分の休憩をもらえました。あとは、ひたすらそれの繰り返しです。
また、私はたまたま第一希望のアトラクション配属になりましたが、後で社員の方に聞いた話によると、必ずしも希望が通るわけではないようです。その時のロケーションの人員状況と、面接時の適性を見て判断するそうです。

f:id:educaredstarlight:20171129150226p:plain出勤して、制服に着替え、勤務で、そこは普通の職場と同じです。

f:id:educaredstarlight:20171208130333p:plain求人情報雑誌に載っていた電話番号に電話をしました。そこで、面接の日時がつたえられたので、その日に行きました。大量に面接に来ている人がいました。大きな部屋に通されて面接官から呼ばれるのを待っていました。何番から何番さんまでどうぞと言われ別の小さな部屋に行きそこでまたしばらく待って、面接室から1人出てくると次の人が呼ばれてはいっていくという流れでした。(※面接の流れ)

f:id:educaredstarlight:20171129150307p:plainお土産ショップ内での勤務をお願いしましたが希望通り、文房具店で働くことができた。大学が休みや長期連休の時は早朝からまる一日働いたり、深夜の時給が良かったので1時まで働く時もあった。
流れは商品の補充とレジを担当し、レジに入るとずっとその場から離れることはできず、笑顔で立ち続けます。特にオープンしてすぐにお土産を買う人は少ないので(特に閑散期)すごく暇です。加えてイベント毎もないと商品の売れ行きも悪いので、商品の入れ替えや補充の仕事もない。夕方や雨の日はショップ内が賑わうので忙しいです。ひたすらレジを打ち続け商品を袋に詰めます。お土産の小分けの袋を多数要求されたりするので、数を間違えない様にするのが大変でした。

f:id:educaredstarlight:20171129150237p:plain私が働いた場所は管轄が多くて仕事は本当に様々。
覚える仕事量は膨大だったけど、その分いろんな場所でいろんな仕事ができて楽しかった。ちなみに元々はアトラクションキャストを希望をしたけどそれは通らなかった。フードとか商品は元々多く欲しい部署だと思うから通りやすいかもしれない。ただ店舗まで希望は出せないと思う。
私はサービス系の部署なので当時の年齢(未成年じゃない程度)とか今までのバイト経験とか面接のイメージでそっちになったんだと思う。

f:id:educaredstarlight:20171201153537p:plainわたしは午後からの勤務だったので15時から22時半頃まで働いていました。最初にミーティングをして、それから働き始めます。アトラクションのキャストとして主にアトラクションの運営に関わっていました。お客さんと接することも多かったです。
私は働くブースの希望はしませんでしたが、友達は希望をして通ったと言っていました。

f:id:educaredstarlight:20171204112233p:plainロッカーで着替えを済ませた後、バスで自分のロケーションへ移動します。タイムカードを通したら朝礼と体操をしたあと持ち場へいきます。アトラクションキャストだったのですが入り口、乗り場、機械操作、出口のポジションがあり1つの持ち場は20分程度で順番に循環していきます。途中にランチ休憩をとり午後の勤務へ。最後は終礼をして解散する流れでした。そのほかにも1日エリアを歩いて回るポジションなどもありました。

 

働く担当場所によっても違いますが色んな仕事を経験できそう!

もちろんその分責任感は必要ですが、飽きがくることもなく、楽しく働けそうです♩

 
f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain

月にいくら位稼いでいましたか?

 
f:id:educaredstarlight:20171129150215p:plain私の時は時給950円~1000円ぐらいだったと思います。1日5000円~6000円程の収入でした。

f:id:educaredstarlight:20171129150226p:plainだいたい、月で換算すると13万前後です。

f:id:educaredstarlight:20171208130333p:plain時給が当時で900円以上だったと思います。最低賃金よりは少し上だったと思います。すごく高い時給だった覚えはありません。

f:id:educaredstarlight:20171129150307p:plainダブルワークをしていたので、ディズニーランドは主にしていませんでした。
閑散期や繁忙期等や人の入れ替えが多かった気がするので、希望通りシフトに入れないこともあったので…
日中は1000円の時給で深夜は1200円貰えました。月7万〜8万を平均に貰っていたと思います。

f:id:educaredstarlight:20171129150237p:plain時給1000円。土日限定キャストだったから稼げて月7、8万くらい。
見習いで900円→1000円→仕事の覚えが早くて成績もよかったから土日しか働いてなかったけど2年間のうちに昇給も2回あって1020円になってた。
バイトは昇給性あるけど10円単位でしか上がらない。今は分からない。

f:id:educaredstarlight:20171201153537p:plain私は平日は学校に通っていて、土日に働いていました。時給は当時800円スタートだったと思います。だいたい月に6万円くらいでした。

f:id:educaredstarlight:20171204112233p:plain当時は時給800円でしたので土日の勤務だけなので5万円程度でした。

 

さてさてここで朗報!

今年の4月から時間帯によって時給がUPしたようですよ!

接客・非接客別に内訳を見て見ましょう。

2017年4月より時給改正 

 

接客

f:id:educaredstarlight:20171130173309p:plain

非接客
 

f:id:educaredstarlight:20171130173940p:plain

※入社後、原則2ヵ月間はトレーニング期間中の時給(900円以上)です。
18才以下の方(18才に達した後、最初の3月31日まで)は時給880円以上、トレーニング期間中は870円以上です。

参照:東京ディズニーリゾート キャスティングセンター

 
嬉しい時給アップ!ここまで時給が良いとは思わなかった、、!
一方で高校生は時給が低いようですが働く価値は十分にあります。
大学受験、就職の面接にもその接客はきっと役に立ちますよ!
 
私、ますますディズニーでのバイト欲が高くなりました ( 笑 )
 
f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain

面接でされた質問を教えて!

 
f:id:educaredstarlight:20171129150215p:plainなぜ応募したのか、ディズニーのどこが好きか、子供は好きか、シフトはどれぐらい入れるか、身だしなみに厳しいが大丈夫か、など。

f:id:educaredstarlight:20171129150226p:plain緊張してあまり覚えていないのですが、自分の現状(大学の状況)や働く内容や覚悟であったり基本的なことはもちろん、ディズニーへの愛情のようなジャンルも聞かれた気がします。

f:id:educaredstarlight:20171208130333p:plainまず年齢、学年、専攻している事を聞かれました。少し変わった学部でしたので、そこはどんなことを学ぶのかと聞かれました。
あとはディズニーランドが好きかと言う事と、どうゆうところが好きか、どのアトラクションなり、エンターテイメントなりが好きかと言う事。ディズニーランドに何が足りないか、何があったらもっと来たいと思うかということです。
あとは自宅からの距離、所要時間。遠いけどきちんと通ってこれますかと言う事をきかれました。面接官はダンディな中年男性でした。

f:id:educaredstarlight:20171129150307p:plain勤務の希望場所、勤務可能時間、通勤時間と履歴書を持っていかなかったので、履歴書に通常記載される内容をまず聞かれます。
名前含め、ヒアリングをしながらディズニーランド側が用意してくれた用紙を記入しながら進められました。ヒアリングの他、ディズニーランド側の規定みたいなことを話されました。特にピアスをしていたので、小さいピアスでもつけてはいけないとか、黒髪をし続けることに抵抗は無いのかと強く確認された記憶があります。

f:id:educaredstarlight:20171129150237p:plainあまり覚えてない。でも別に特別な事は聞かれなかったと思う。
一般的なバイトの面接と何も変わらない。強いて言うなら身だしなみチェックは厳しい。髪色、男性は髪の長さ、化粧、爪など。

f:id:educaredstarlight:20171201153537p:plainどうして働きたいと思ったのかという志望動機や規則やマナーをちゃんと守って仕事が出来ますか、ということを聞かれました。

f:id:educaredstarlight:20171204112233p:plainどうして応募したのか。何時から何時までの勤務が可能なのか。

 

身だしなみにとことん厳しいディズニーリゾート。

これについてはかなり念押しされるみたいです。

確かにディズニーで茶髪やチャラチャラした人は見ませんよね。

これもお客さんに悪い印象を与えないためでしょう。

そんなちゃらちゃらした人がいたらこわいですもんね。

居酒屋みたいにゆるくは無いですが、ディズニーで働けるとおもったら苦しゅうない。

面接会に行くときは黒髪、ノーマルで行くほうがよいかもしれませんね!

 

ではそんな面接にどうやって参加できるのか。。

ディズニーには面接会というのがあって、その面接会に参加するには予約が必要です。

面接予約はこちらから。

予約完了後、面接日程がメールで送られてくるのでそこで予約完了となります!

 

  
f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain

ここが良かった!てことを教えて~!

 
f:id:educaredstarlight:20171129150215p:plain自分が魔法の国の住人になっているような感覚があり、その特別感が心地よかったです。それと、大好きなディズニーに毎日行けることも幸せでした。

f:id:educaredstarlight:20171129150226p:plain大好きなディズニーの裏側を知る事が出来ます。

f:id:educaredstarlight:20171208130333p:plain夢の国でのアルバイトでしたので、すごくテンション上がって勤めていましたし、友人からもうらやましがられました。芸能人も結構見れました。あとは、ちょっとしたときに振り向くとキャラクターがいたりしてすごい夢の国だなと思って働いていました。ディズニーランドは働いているキャストに対しても手を抜かない素晴らしい信念を持った場所だと今でも強く思っています。

f:id:educaredstarlight:20171129150307p:plain大きな組織なので、待遇はしっかりしていたと思う。食堂もきれいだったし、がんばった分だけ時給にも反映されます。何十円かだけど、モチベーションアップになります。ディズニーランドの利用券と優遇されることもありました。

f:id:educaredstarlight:20171129150237p:plain私のいた部署が特別だった気もするけど、本当に管轄が多く、全然違う仕事内容をいろんなエリアでやっていた。だからパーク内のいろんな場所で働いていたし、衣装もエリア毎に違ったのでいろんな衣装を着る事ができた。他の部署の人にもそれを羨ましがられた。
接客も仕事内容も勉強できる事が多く良い経験になったと思うし、キャストはパークの事をよく知っておく必要がある、という点からパークチケットを年何回か支給される。しかも必ず1回につき2枚もらえるのでそれで彼氏とパークに遊びに行ったりしてた。

f:id:educaredstarlight:20171201153537p:plain自分が好きな職場で働けることは嬉しかったですし、やりがいがありました。一緒に働く人達もディズニー好きだったので気が合いましたし、仲良くなる事が出来ました。上司も優しくて、もっと頑張ろうと思えるような良い職場でした。

f:id:educaredstarlight:20171204112233p:plain目的が同じ人が集まることによって仲間意識がすごく芽生えた。みんなで協力することがとても楽しい!と思える環境でした。そこで出会った友達は一生ものだと思います。仕事を終えた後にみんなでディズニーランドへ行くこともありました。社会に出る前に言葉遣いやおもてなしの心を学ぶ素晴らしい機会だったと思います。また、現在ウエディングプランナーの仕事をしているのでディズニーの知識は必要不可欠です!他にはグッズを割引で買えること、キャスト限定のイベントに参加できる。元々ディズニーが好きだったので最新情報を知ることができるのもよかったです。

 

「自分が魔法の国の住人になっているような感覚があり」

。。。!なんというすっばらしい経験なのでしょうか。

魔法の国の住人として働ける場所、日本でもここだけではないでしょう?

また、趣味の同じ人が集まっているだけあって休憩中もたのしく、プライベートでも仲良くなれる可能性大ですね!

中にはダンサーの方がいたりと夢を追っている方もたくさんいるでしょう。

そんな方々と話すだけでもモチベーションは変わりますね。

 また、ホテルマンやウェディングプランナーなどホスピタリティを必要とする職種で将来働こうと思っている方、その前に一度ディズニーリゾートでバイトしてみませんか?どのようにしてお客様を笑顔に出来るか、社会勉強にも繋がると思います!

 

f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain

これは辛かったことを教えて~!

 
f:id:educaredstarlight:20171129150215p:plain朝のアトラクションの立ち上げを担当する日は、毎回始発で行っていました。少し辛かったです。それと長く働いている方が多いので、人間関係には気を使う必要があり、最初はかなり気疲れしてました。

f:id:educaredstarlight:20171129150226p:plain教育はなかなか・・・というかかなり!厳しいです。エンターテイメント性の方が問われると思っていましたが、何よりもまず、【安全】を最優先するため、頭の中の優先順位が混乱する時が多かったです。ですが、それが出来ない場合はすぐに怒られてしまうのでヘコむことがありました。

f:id:educaredstarlight:20171208130333p:plain半年以上は続いていました。ただ、自宅から所要時間が1時間45分かかっていたので、通うことがすごくしんどくなってしまって続けられませんでした。

f:id:educaredstarlight:20171129150307p:plain休憩に行くまでにお客様に声をかけられることがあるとなかなか行けなくなったことと、社員食堂まで距離があるので、休憩に行くのに疲れたことです。

f:id:educaredstarlight:20171129150237p:plain私は悪い部分は特に感じてないけど、厳しさはあると思う。
私の部署は今日一日レジの人、というのが決められてその日に1円でもレジが合わないと始末書だったし、1人しかレジを触らないので言い逃れはできない(笑)
あとやっぱり身だしなみは厳しい。

f:id:educaredstarlight:20171201153537p:plain覚える事は多かったので最初は苦労しました。私は土日の混雑している日に働いていたので、それも大変だったなと思います。たまにお客さんからクレームを言われたりするのも辛かったです。家から少し距離があったので、通うのは少し苦労しました。

f:id:educaredstarlight:20171204112233p:plain元々アトラクションキャストを希望して面接をしましたが配属はフードサービスでした。半年程働きましたが夢を諦められず、再度面接をし直そうと思いましたが
その時の社員の方がアトラクションへ移動をさせて下さいました。
働く部署の希望が初めから通ればよかったと思います。

 

辛かった事を教えて、と聞くと基本すごい愚痴が飛んできます( 笑 )

でも今回の場合、愚痴というよりは教育が厳しかったというコメントが多数。

きちんとした教育がされるのは自分の為にもなりますからね、マイナスではありません。

配属も諦めなければ叶う、それもディズニーだから実現したことではないでしょうか。もし希望と違う配属になったとしても諦めず、日ごろから周囲にその想いを伝えておいた方がよいでしょう!

 

 

f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain

これからバイトする子達にアドバイスを..!

どんな人に向いていると思う?

 
f:id:educaredstarlight:20171129150215p:plain人前に出るのが好きな方、子供が好きな方、何でも楽しめる方

f:id:educaredstarlight:20171129150226p:plainディズニーリゾートがとにかく大好きな人にはオススメできます。空間にいるだけで癒されるからこそ、どんな厳しいことでも耐えられると思える人は向いています。

f:id:educaredstarlight:20171129150307p:plainマニュアル大好きな人、同じ工程を繰り返す事を得意とする人

f:id:educaredstarlight:20171129150237p:plainディズニーが好きな人は普通に楽しいと思う。働いている人もやっぱりディズニー好きが多い。あとはお客さんに外国の人も多いので英語とか活かしたい、勉強したい人はいいと思う。(自由参加の英会話講習とかもある)

f:id:educaredstarlight:20171201153537p:plainディズニーが大好きな人、接客が好きな人、子供が好きな人には向いてると思います。あとは忍耐強い人や責任感のある人も向いていると思います。

f:id:educaredstarlight:20171204112233p:plain笑顔でいることが苦でなく、ゲストへ「何かしてあげたい!」という気持ちの強い人。表舞台に立ち注目を浴びたい人、将来の為に社会人としての勉強をしたい人。なによりもとにかくディズニーが大好きな人!!

 

ディズニーには高校生大学生はもちろん、小さな子どももめちゃくちゃ多いですからね、まず子どもが嫌いな人には向いていないでしょう。

逆に外国人も多く訪れるので将来英語を使って仕事をしたい方、学生にはめちゃくちゃ良い場所!

“自由参加の英会話講習とかもある”とか。

まさに最&高ですね。

塾に通わなくても無料で講習が受けられちゃうんですよ。。!

留学経験のある私にとっても夢のような場所です。たまらん

 

f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain

逆にどんな人には向いていない?

 
f:id:educaredstarlight:20171129150215p:plain単にディズニーが好きな方、いつでもシフトを休めると思っている方、身だしなみにこだわりがある方

f:id:educaredstarlight:20171129150226p:plain大好きなディズニーを職場の思い出に変えたくない人にはオススメできません。ディズニーランドは日本に1つしかないので、また行きたいと思っても元職場だと思うと夢がなくなると思う人には割り切れないと思います。

f:id:educaredstarlight:20171129150307p:plainオリジナリティーを求める人

f:id:educaredstarlight:20171129150237p:plainまず応募しないと思うけど接客が苦手な人はやめた方がいいかな。笑顔とかすごい言われるのでそういうのが苦痛な人にはひたすら苦痛。あとはチームプレーが苦手な人にも厳しいと思う。場所が場所なだけに愉快な人が多いので(笑)、そういう賑やかな人が嫌いとなるとどこにでも絶対1人はいるからダメかもね。

f:id:educaredstarlight:20171201153537p:plainディズニーが好きだったとしても、覚えることはたくさんあるので根気や忍耐力がない人には向きません。従業員は裏側を見てしまうので、夢を壊したくない人にも向いてません。

f:id:educaredstarlight:20171204112233p:plainコミュニケーションが苦手な人。たくさんの人と触れ合う人。子供が嫌いな人。
バックヤードを歩くことになるのでディズニーの裏側を知りたくない人にはおすすめしません。

 

“ディズニー好き”がどう傾くか、ここは重要なポイントになってくるでしょう。

ディズニーを愛しすぎている方が働いてしまうと裏が見えてしまい“夢”ではなくなる可能性も。

ということでディズニー愛が強すぎる方、マニュアルどおりに動くことが嫌いな方は向いていないでしょうね。

 

f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain

 もっとこうしておけばよかった!ということがあれば教えて~!

 
f:id:educaredstarlight:20171129150215p:plain私の場合は転職が決まって辞めたのですが、出来ることならもう少し長く働きたかったです。

f:id:educaredstarlight:20171129150226p:plain大学在学中しか働く事ができなかったのを後悔しています。普通に就職活動してしまったので、たった1年しかいられなかったけれど夢のようでした。あのまま、ディズニーリゾートへの就職を本気で考えれば良かったかもしれません。

f:id:educaredstarlight:20171129150307p:plainいろんな環境に身を置き、いろんな人に関わることができた環境なので、異動ができれば異動してもう少し長い期間働いても良かったのかなと思います。

f:id:educaredstarlight:20171129150237p:plain家のやむを得ない事情で辞めざるを得なかったので、もっと長く働いていたかった

f:id:educaredstarlight:20171201153537p:plain本当はもっと働きたかったのですが、学校の授業のスケジュールの関係で辞めざるをえなくなりました。それは本当に残念だったなと思います。

f:id:educaredstarlight:20171204112233p:plain後悔はありませんが、できればもっと長く働いていたかった。

 

「もっと周りと仲良くしたかった」とか「早くやめればよかった」とかいう意見が多い中、全員!!「もっと長く働きたかった」ですよ!?恐るべしディズニー様。

ついに、「ちびの学生のうちにやっておきたかったバイトナンバーワン!」に輝きました。

 

f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain

 ここだけの話、働いていた皆さんだからこそ分かる話しを教えてください!

 

f:id:educaredstarlight:20171129150215p:plainキャスト用の通路を歩いていると、よくキャラクターを見かけたり、すれ違ったりします。それとアトラクションでのお話ですが、閑散期の雨の日の朝などに、事前に知らされずにキャラクターがアトラクションに乗りに来ることがありました。こちらもテンパってしまいましたが、それを先輩キャストが笑いながら見ているという、微笑ましい光景に出会えたりします。あと、キャスト同士でご結婚される方もいらっしゃるそうです。

f:id:educaredstarlight:20171129150226p:plain社員だけで貸し切り!なんていう素敵なパーティーがありますよ。ディズニーリゾートから、キャストへの日頃の感謝ということのようです。こういったことがあるからこそキャストは皆、モチベーションを保つことが出来るのだと思います。いつもとは違った表情のディズニーリゾートを楽しめて、とっても思い出に残っています。

f:id:educaredstarlight:20171129150307p:plain現実と夢を一緒にして楽しむ精神がある人にはとってもとっても魅力的な現場だと思います。

f:id:educaredstarlight:20171129150237p:plainどこの職場でも言える事だけど、ぶっちゃけそこが良い職場かどうかは担当のマネージャー次第。マネージャーが変わると一気に働きにくくなる時もある。それはディズニーさんでも同じ。

f:id:educaredstarlight:20171201153537p:plainディズニーで働いていた時は、本当に多くのことを学びました。滅多に出来ない経験だったと思いますし、自分の人生にとってもプラスになる職場でした。大変なことも多いですが、でもそれ以上に嬉しかったり、楽しいこともたくさんあります。学生の頃に経験しておいて良かったなと思いました。

f:id:educaredstarlight:20171204112233p:plainカップルがたくさんできていました。

 

まさに働いていた人だから分かる内容ですね。

趣味が同じ人が多い、つまり出会いも多い職場になること間違いなしです♩

中でも多く取り上げられている福利厚生のよさ。

実際にはどんな内容なのか、その全容をHPから見つけてきましたので紹介します!

 
サンクスデー

閉園後のパークで、上司が日頃の感謝の気持ちを込めてキャストをおもてなしするイベントです。セレモニーやスペシャルメニューなどいつもと違ったパークを楽しめます。

カヌーレース

年に一度、パークオープン前のアメリカ河で、カヌーを漕いでタイムを競うレースです。チーム対抗で行われ、上司や仲間と一緒に参加できます。

キャストプレビュー

アトラクションの新規オープン前に、先行体験ができます。

キャストショップ

パークで販売している商品を従業員割引価格で購入できます。キャストだけのオリジナルグッズなども販売しています。

キャスト・アクティビティーズ・センター

仕事の前後にくつろげる施設で、パーク運営詳細やキャスト向け情報提供のほか、各種チケットも販売しています。

キャスト専用パスポート

キャスト専用パスポートが配付されます。

リゾートポスト/リゾートチャンネル

パークのイベント情報や、ディズニー・フィロソフィー、キャストの想いが掲載された雑誌・番組が提供されます。

近隣施設優待

近隣施設「イクスピアリ」対象店舗や、映画館「シネマイクスアリ」の映画チケットなどの割引が受けられます。

 

引用:キャスト特典 | 東京ディズニーリゾート キャスティングセンター

 

バイトがこんなに良い体験をしてよいのでしょうか!
イベントの多さ、そして待遇の良さ!まさにキャストが楽しく働けるコンテンツが多数用意されていますね。
こうした取り組みからも「もっと長く働いていたかった」という声が多数聞けるのではないでしょうか。
そしてお客様に対する「こうしてあげたい」というキャストのホスピタリティ精神も成長するのだと思います。
 
毎日世界中の人を笑顔にしているディズニーですが、キャストにとっても 「夢の国」であることが分かりました!
筆者、超超おすすめのバイトです!
関東に住んでいる方、そしてこれから上京してくる方は是非、バイトしてみてくださいね!
 
筆者

f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain name:ちび

 

ディズニーギフトオブクリスマスが見たくてうずうずしてます。

 Youtubeで我慢中。

毎回楽しいバイトランキング1位、2位の「リゾバ」と「テーマパーク」は本当はどっちが楽しいかを徹底的に検証するぜ!

楽しいバイトで検索すると必ず出てくる二つのバイト、「リゾートバイト」と「テーマパークスタッフ」

ランキングでも必ず1位、2位を占めています。

ほかには、「楽」という意味で「治験モニター」「試験監督」など。

「書店の店員」や、「映画館」「ライブハウス」なども人気。

廃棄弁当が貰えるなどの理由でコンビニを挙げる人もいますが、本当は廃棄弁当は貰ってはいけませんし、廃棄商品を持って帰っていいコンビニは減っていると思われます。

書店の店員などは、小説やドラマなどにもたくさん取り上げられているバイトですし、なんとなくオシャレですから人気の理由がわからないでもないですね。

映画が好きな人は映画館が楽しいでしょうし、ライブが好きな人はライブハウスはたまらないと思います。

水族館や動物園などもそう。

そう考えると、結局「好き」が「楽しい」につながっているのかもしれませんね。

それでも、楽しいバイトといえば、一般的には「リゾートバイト」と「テーマパークスタッフ」が鉄板。

リゾートバイトと一口に言っても、スキー、海、温泉、牧場、農業、ありとあらゆるバイトがあって、一般に楽しいといわれているバイトがどれなのかを知っておく必要はありそうですね。

テーマパークだって、全国どこにでもあるわけではないですから、こちらもしっかりと検証が必要でしょう。

今回も、バイトの4条件である「収入」「お休み」「人間関係」「やりがい」を比べながら、どっちが本当に楽しいバイトなのか?! じっくりと見ていきたいと思います!

 

楽しいバイトの代名詞「リゾートバイト」、その楽しさの秘密は?!

リゾートバイトの楽しさの秘密といえば、まずは「場所」を選ぶことからでしょう。

夏は海!

冬はスキー!

といった具合に、好きなところで好きなことをするバイト。

それがリゾートバイトです!

沖縄なんかは年中人気の場所で、冬でもあたたかいのでこれからでも求人はたくさんありますし、今年はスキー場に雪が多いらしく、まだリゾートバイトスタッフがそろっていないのに雪が積もって困っているなんてニュースも出ていました。

ほかにも、温泉旅館や観光地のホテル、牧場や農場などがあります。

観光地というだけで、仕事内容は事務や営業なんてリゾートバイトもあるんです。

それでもメインは「観光地の宿泊施設や飲食店の裏方」と思っていただいていいかと思います。

資格があれば、スキーのインストラクターやスキューバダイビングのインストラクターなどの仕事もあります。

リフト係やパトロールの仕事などもあり、内容はさまざまであるということができます。

共通しているのは、一定期間住み込んで働くということ。

この間の宿泊費、家賃や光熱費は無料であることがほとんど。

このため、貯金もできるというのがメリットの一つです。

さらにリゾートバイトの楽しさの秘密は「出会い」でしょう。

最近は個室を使えることも多いですが、スタッフは雑魚寝ということもたまにあります。

これもまた、リゾバの魅力ではあります。

同性なら強い友情が築けますし、異性なら恋愛に発展することもしばしば。

そして、仕事内容自体が楽しいということもリゾバの魅力。

観光地で働くというのは、どこか気持ちがワクワクするものです。

海が近かったり、スキーができたり、温泉につかれたり、動物と触れ合えたり、日常ではできない体験をすることができるのが魅力といえます。

お休みの日はまるまる観光に使えますしね。
 

誰もが憧れる夢の国の仕事「テーマパークスタッフ」の楽しさの秘密は?!

テーマパークといえば東京ディズニーリゾート!ユニバーサルスタジオジャパン!

何ですが、実は日本中に70件以上ものテーマパークが存在しています!

TDL、USJにこだわらなければ、いっぺんに可能性が広がるわけですね。

こうしたテーマパークでは、どんなアルバイトがあるのでしょうか。

まずはチケット販売や受付のバイト。

それから、グッズ販売のバイト、乗り物のナビゲーター、施設内の飲食店のバイトなど。

なかにはショーの助手をしたり、着ぐるみを着てキャラクターを演じたりするバイトもあります。

大きな施設になれば、バイトの種類もいろいろ。

好きなバイトを選ぶことができます!

テーマパーク自体が、非日常ですから、本当に楽しんで仕事ができそうですね。

スタッフには、割引があるなどの特典もあり、テーマパーク好きにはやはりたまらないお仕事といえそうです。

現に、ユニバーサルスタジオで働いている友人は、休みの日にもユニバーサルスタジオへ行ってますw

掛け持ちで地元の遊園地でもバイトしてますよ。
 

収入で勝負! どちらが稼げる?!

リゾートバイトはもちろんいろいろな職種がありますから、収入もいろいろ。

スキー場では850円~1000円くらいまで。

リフト係から調理補助、裏方全般まで、こちらも職種は豊富です。

温泉でも900円~1100円程度。

旅館の裏方全般、調理補助、ホールなど。

このようにリゾートバイトは大方900円~1000円くらいが相場。

ただし、高収入を狙う人はよく探すことが大切!

たまに1500円などのリゾバがあります。

給料自体はそれほどでもないんですが、リゾバの収入の魅力は生活費が無料ということ。

ほとんどのバイトでは家賃、水道光熱費が無料。

まかないも、ほとんどのバイトでついてきます。

生活費がほとんどいらないことがものすごいメリットですよね。

収入を全部自由に使えるというわけです。

なので、貯金もできるし、好きなもの買ってもいいし。

これに対しテーマパークスタッフはどうでしょうか。

950円~1550円と高額!

とくに22時以降の深夜帯は高額です。

地方の入園無料のような小さなテーマパークですと、残念ながらさすがにこうはいきません。

平均的に時給はリゾバよりテーマパークの方が高い気はしますが、生活費無料などのトータルで見ると、収入面ではリゾバが一歩リードといえそうです。

 

お休みで勝負! どちらが休める?!

リゾートバイトは労働時間がきついという傾向があります。

ホテルや旅館でお客様のサービスをする仕事が多いですから、早起きで遅くまでというスタイル。

だいたい朝は6時から夜10時ころまでというのが多いようです。

これが余計に収入を増やすことになるので、稼ぎたい人にはいいかも知れません。

お休みも、週休一日がほとんど。

たまに週休二日のところがあります。

テーマパークスタッフは、拘束時間が長くなることはありません。

普通のバイトと同じで休みも自由にとれます。

ただし、土日祝日、長期休暇に忙しい仕事ですから、普通の人が休める日には休めないのが基本です。

これはリゾバも同じ。

休みという面では、テーマパークスタッフが一歩リードでしょうか。

ただ、リゾバの場合、仕事自体が楽しいという体験談も多く、休みが取れないことや拘束時間が長いことを苦にする人は少ないようです。
 

人間関係で勝負! どちらが付き合いやすい?!

リゾバにしても、テーマパークスタッフにしても、自分の体験や友人の体験談などからすると、よく叱られるということ。

やはり、楽しいので浮ついているスタッフも多くて、上の人にはよく叱られます。

なかには本当に「遊びに来てんのか?!」っていうバイトもいるので、上の人も大変。

そういう意味で、上司にはよく叱られる、どちらかというと厳しい職場が多いと思います。

それは、やっぱり浮ついた気持ちを絞めるという意味でしょう。

それ以上に、「楽しい」です。

仲間がたくさんできますし、職場恋愛もあたりまえにあります。

これはリゾバもテーマパークもあります。

体験からすると、リゾバの方が多いと思います。

人間関係というと、少し長い期間になると、三角関係とか恋愛トラブルが起こることがありますね。

仲間内で喧嘩したり。

人間関係というとそんなところでしょうか。

それが原因で辞めてしまう人もいますが、後になればそれも含めて楽しい思い出です。

特徴としては、リゾートバイトの場合、やはり人間関係は深くなると思われます。

深い付き合いが嫌な人は難しいかも。

テーマパークの方は、一人でする仕事も多いですから、普通に働く分にはそれほど深い人間関係はいりません。
 

やりがいで勝負! どちらがやりがいある?!

リゾートバイトは、忙しい時期に募集のかかる仕事ですから、基本的に仕事が忙しいと思ってください。

その分やりがいはあります。

目まぐるしく一日が終わると思います。

仕事が終わってからも仲間と花火をしたり、飲みに行ったりということも。

テーマパークの場合、地方の小さなものだと暇なことも多いと思われます。

USJやTDLなどの大規模なところでは、仕事はたくさんありますから、やりがいもあると思います。

結局、楽しさとやりがいは同じところがありますよね。

とくに、リゾートバイトにしても、テーマパークスタッフにしても、休日を楽しみたいと思っているお客様を楽しませる仕事ですから、これほどやりがいのある仕事は他にはないくらいです。

このことをふまえて考えると、「楽しい!」ってことは「楽しんでもらってる!」ってことなんでしょうね。

楽しいバイトは、「お客様に楽しんでもらえるバイト」ってことですね。

 

リゾバとテーマパーク、結局どっちが楽しいの?!

筆者の体験からも、総合的に見ても、やはり「リゾートバイトが楽しい!」と思われます。

もちろん、テーマパークの雰囲気自体でテンションが上がることもわかります。

好きな人は楽しいと思います。

やっぱり「好き」が一番「楽しい」ですよね!

自分が好きでないと、お客様を楽しませることはできないですもんねぇ。

リゾバの場合もスキーが好きな人、温泉が好きな人、海が好きな人、動物が好きな人など、それぞれが好きなリゾバを選ぶことで楽しさが増すとは思います。

また、やってみて好きになることもあるでしょう。

それでも、地元で学校に通っているとか、住み込みで県外で働けない人もいるでしょうから、そういう人ははじめからリゾバは対象外なわけですから、テーマパークならという人もいるのではないでしょうか。

そもそも、テーマパークスタッフ自体がリゾバの一部門な気もするので、比べるのもなんだなぁという気がしてきたんですが、結論としては今回はリゾバに軍配です。

でも、「楽しいバイトは自分次第!」ですね。

 

まとめ

今回は、楽しいバイトランキングで1位と2位の「リゾートバイトスタッフ」と「テーマパークスタッフ」をいろいろな角度から見てきました。

やはり1位になるだけのことはあって、リゾートバイトはどの角度から見ても「楽しそう」です。

まぁ、リゾバのバイトの中にはテーマパークスタッフも含まれている求人がありますから、この企画はナンセンスだったなぁと若干思います^^;

でもね、「楽しさ」って何だろうってことを考えるきっかけにはなったんじゃないかなと思っているんですよ。

「好き」というのは「楽しさ」につながりますし、お客様に「楽しんでいただく」ということは「やりがい」になると思います。

「好きな仕事でお客様を楽しませる!」

これが今回の結論ですかね。

みなさんが楽しいバイトを見つけることができますようにいつも応援しています!

 

筆者

ハンドルネーム:天笠 多菜葉

経験したバイトは30個以上!

経験の多さの秘密は、短期バイトと掛け持ち。

休日は京都でまったり。寺社巡り、パワースポットが大好き!

昔から霊感強くて幽霊見えます!臨死体験も!

映画鑑賞が趣味で、今は海外ドラマ「メンタリスト」「スーパーガール」にはまってます。

今は鍼灸師として患者様を診ています!催眠療法士としても活躍中。 将来の夢は小説家です。

 

12月1日のバイト日記(コールセンター)

今日はコールセンターのバイトでした。
求人がまだまだあちこちに出ているようで、今朝も研修初日の人たちがセンターの見学に来ていました。
一方でセンターの中にも研修の人たちが複数人います。
研修の終盤になっていざ実践と挑んでいる人たちと、ベテランなスタッフさんがオペレーターからリーダー、リーダーからSVになろうとしている研修を受けている人もいます。
みんなそれぞれ大変そうだなーと思いつつ、お客様からの質問に関しての確認をリーダーにとってもらうときはこっちもすごくドキドキするんですよ。
研修中ですごいドキドキしている様子がめっちゃ態度に出ているリーダー候補さんがいて、その人の緊張感が私の方にも伝わってくるんです。

上の役職に上がろうとしていない向上心の無いやつと言われても、私はやはり役無しのバイトでいいかなあ。

11月30日のバイト日記(弁護士事務所)

今日は弁護士事務所のバイトでした。

長かった修羅場期間がようやくひと段落つきそうです。あくまでも「つきそう」なのがポイント…うへぇ。

 

今日は高等裁判所に書類を提出しにいくことになったのですが、やはりあのあたりはなんかこうビジネスメーンがたくさんいて萎縮しちゃいます。

男女共スーツを着こなしてバシッとした雰囲気纏ってかっこいい革の鞄とか持ってる中にひとりだけカジュアルな格好に布の袋…いいの、書類がしっかり入る大きさであることが重要なの!!!と自分に言い聞かせながら順番待ちしてたけど本音としてはせめてしっかりした鞄欲しい。(だがしかし先立つ物が無いんですよ)

安いスーツを買おうかせめてジャケットを買おうか迷います。

迷いながらも結局自分の好きなブランドさんのサンプルセールに出向いて好きな服買ってしまったからなかなかダメダメですね。