アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

残業なし土日祝日休みの病棟クラークのバイトは主婦に大人気!

病院クラークって何?

今回は病棟クラークで働いていた方にバイトに関する内容の記事を書いてもらいました。

以下ライタープロフィールと本文です。

【ライタープロフィール】

ライター名:はまだ美香

病棟クラークの経験者のプロフィール画像

現在、濱田美香/はまだ美香 の作家名にて電子書籍、フリーライターとして活動中。

高校生時代からバイト魔で、常時3種類以上のアルバイトと部活動を並行し、毎月12万ほどを稼いでいた経歴あり。

アルバイト経験は、喫茶店ウェイトレス、ハンバーガーショップ店員を中心に7種類。

職業経歴は、派遣会社にて15年近く勤務後、医療事務にて約7年の管理職経験あり。


医療事務には、外来業務に関する事務だけでなく、入院病棟の業務に関する事務、医師の補佐業務を行う事務など、さまざま仕事があります。

病棟クラークというのは、この入院病棟での事務作業を行う事務員のことをいいます。

入院病棟の業務というと、患者の治療や世話といったものが思い浮かぶかもしれません。

病棟クラークは、直接患者の治療や世話に関わることがないため、どんな仕事かピンとこない人も多いことでしょう。

病棟クラークの仕事では、入院患者の見舞い客の受付をしたり、入院費の請求書を渡したりする他に、生命保険会社や勤務先に提出するような診断書を渡すといったこともします。

それ以外では、病棟の医師・看護師と入院費を計算するオペレーターとの仲介を行うこともします。

病棟クラークの勤務時間は、病院にもよりますが朝9時から夕方5時くらいまでが一般的です。

ほぼ残業もなく、土・日・祝祭日が休みということもあり、主婦に人気の仕事です。

また、夜間学校や社会人学校に通う人にも割合人気があります。

働く上で必要なスキルなどはある?

病棟クラークは、医師・看護師・検査技師・薬剤師といった医療専門職とオペレーターの事務職を繋ぐ役割を持っているため、医療用語を知っている必要があります。

全くの未知識でも病棟クラークになれないわけではありませんが、多くの病院では一病棟につき一人の病棟クラークを配置することが多いのです。

そのため、医療用語がわからないとスムーズに仕事がしづらいこともあり、未経験でも多少の知識を持っている人の採用が優遇される傾向にあります。

この他にクラークという仕事でいうと、外来の診療科の受付係も病院や外来クラークという名で呼ばれることがあります。

クラークとは?外来と病棟の違いは?

クラークとは、事務員という意味ですが、呼び名が病院ごとに異なるため、初めて医療関係で事務員をする場合、それが医療事務にあたるのかどうか判断が付きにくいこともあります。

ですが、医院や病院などの医療施設で働く事務員のうち、患者に近い位置にいる事務員は医療事務に当たると考えて、まず間違いありません。

いろいろな呼び名があるため、どう区別をすればいいのかわかりづらいかもしれませんが、厳密に区別する必要はあまりありません。

外来クラークと病棟クラークの大きな違いは、働く場所と作業内容が異なる点でしょう。

病棟クラークの勤務場所は、それぞれの病棟にあるナースステーション内です。

一方、外来クラークの勤務場所は、それぞれの診療科の受付窓口です。

病棟クラークの仕事は、病棟の医師や看護師の補佐的な作業を任されることが多く、オペレーターからの問い合わせを受けたり、連絡をしたりといった橋渡し的な作業も行います。

患者の入退院、外出、外泊の管理や見舞客の受付も行います。

外来クラークは、診療科の看護師の補佐的な作業を行ったり、外来患者の受付、案内、問い合わせといった仕事を行います。

外来クラークも、医師や看護師、薬剤師と患者、あるいは会計担当者やその他の部署にいる医療事務との連携の仲介を行う位置にいます。

言葉だけで見ると、大きな差はないように感じるかもしれませんが、外来クラークは複数人体制で仕事をするのに対し、病棟クラークは1人から2人体制であることが多いため、それぞれで求められる能力に違いがあります。

外来クラークの場合は、決まっている診療時間内に患者をスムーズに診察、検査、会計に回さなくてはならないため、それぞれに役割を持ってチームで仕事をします。

そのため、お互いがお互いにどんな作業状態にあるのかを確認しつつ、患者にも気配り、心配りをしながら作業を進めていくことになります。

この連携が円滑に行われないと、スムーズな診察、検査、会計が行えず、患者にしんどい思いをさせることになります。

病棟クラークでは、患者の病室への受け入れ案内や退院説明などを行いますが、一日に何人もの患者を受け入れることがあります。

その対応を、病棟専属のクラーク1人~2人で全て対応することになります。

受け入れ対応をしている中でも、退院する患者の請求書を病室へ持って行く、看護師や医師からの問い合わせに対応するなど、いくつもの仕事を並行して行うことも多いのです。

そのため、臨機応変な対応が求められます。

病棟クラークは1~2人体制で行うと説明しましたが、それぞれの病棟クラークをまとめるリーダーがいます。

たとえば、1人体制の病棟クラークの場合、仕事を教えてもらうのは、前任者からの引き継ぎが多いですが、その後何か不明点などが合った場合は、このリーダーから教えてもらうことになります。

慣れないうちは、リーダーと一緒に病棟クラークの仕事を覚えるため、未経験者がいきなり一人きりで病棟の仕事を任されるということはありません。

外来クラークの場合は、新設された病院でない限り、一緒に働くクラークはそこで経験を重ねている人たちのなので、仕事を教えてもらうのも、その人たちから教えてもらうことになります。

こうした外来クラーク、病棟クラークといった病院クラークの仕事は、経験として積み重ねていくことができるため、ひと度どこかの病院でクラークの経験をしていれば、他の病院でも経験者として雇用されやすくなります。

病院クラークとして採用されるには?

病院クラークへは、資格があると未経験でも採用に有利になります。

公的な資格がありませんが、ほぼそれに同等すると考えられているのが、ニチイ学館のメディカルクラーク(医療事務技能審査試験)です。

ニチイ学館とは、医療事務業界での最大手と言われている企業で、多くの病院や医院の医療事務の請負いをしている企業です。

また、医療事務関連の資格取得のための教育機関も持っています。

ニチイ学館は全国規模で展開している企業なので、ニチイ学館の医療事務講座を受けていると、優先的にニチイ学館から医療事務の仕事を斡旋してもらえるメリットもあります。

病院クラークの求人への応募には、全くの未知識・未経験よりも勉強した証として資格を持っていれば、ひとまず現場に入っても周りとコミュニケーションを取れることが伝わります。

ですから、病院クラークの仕事をしたいと考えるのであれば、資格を持っておくほうが良いと言えます。

とはいえ、資格を持っていなくても病院クラークになることは可能です。

要は、どれだけやる気があり、頑張る意志があるか。

その情熱があれば、現場で吸収しながら成長していくことができるからです。

医療事務は、とても求人数の多い職種です。

しかし一方で、病棟クラークの採用枠は非常に少なく、退職者が出ない限り、募集がかかりません。

そもそも病棟クラークは、一つの病院で雇い入れる人数自体が少ないため、採用枠自体が多くないのです。

そのため、応募者が殺到するため、求人誌や求人サイトに掲載されても比較的早く採用が決まるのです。

その点、同じ病院クラークでも外来クラークの場合は、複数名を募集することが多いため、求人誌や求人サイトでもわりと長い期間で掲載されていることがあります。

この他、病院クラークの募集が掲載されるのは、病院のホームページなどでも掲載されることがあります。

クラーク業務については、外来・病棟どちらも病院と直接雇用契約を結ぶところがあります。

こうしたところでは、病院のホームページにある採用情報などに求人内容が掲載されています。

病院で直接雇用とならない求人の場合は、その多くが派遣や請負という形態をとっています。

上述のニチイ学館をはじめ、ソラスト、パソナ、アデコなどさまざまな派遣業者がいます。

直接雇用の場合は、その求人の多くは正社員あるいは契約社員という形態での雇用が多いため、定年まで働くことが可能です。

アルバイトやパートでの雇用は、あまりとらない傾向にありますので、アルバイトで病院クラークをしたい場合は、派遣会社に登録して出向することになります。

派遣会社によっても異なりますが、正社員や契約社員、アルバイト、パートさまざまな形態があります。

これらは派遣会社での雇用となり、派遣会社からの出向や派遣といった形態で病院に勤務することになります。

派遣会社を通すため、ある程度の勤務時間の融通が利くのがメリットです。

病院の雰囲気が自分に合っていない、という場合でも、病院の直雇用ではなかなか職場を換えてもらうことは難しいですが、派遣会社なら別の病院へ変えてくれるというメリットもあります。

派遣会社に医療事務を業務委託している病院の傾向として、私立よりも公立病院に多く、数年に一度入札によって委託会社が変わることがあります。

これは、病院と委託会社の癒着を防ぐ目的があるためですが、その間隔は病院によって異なり、早いところでは3年ほどで事務スタッフが入れ替えとなることもあります。

このように業務委託されている派遣会社から病院クラークとして勤務している場合、病院に残り次の委託会社と契約をし直すかどうかは、働いている本人の意思で決めることが可能です。

派遣会社の正社員や契約社員の場合は、派遣会社の意向に合わせる必要がありますが、契約社員でも契約内容によっては、病院に残留できるところもあります。

病院に残留することを続けていけば、定年になるまで同じ病院で働き続けることができます。

直接雇用であれば、能力次第では役職が付いたり、他の業務へとキャリアアップすることも可能です。

人材派遣でも、当初はアルバイトで入っていても、スキルアップすることによって契約社員から正社員へとキャリアアップすることもできますし、アルバイトの経験を活かして、他の病院へ正社員の採用試験を受けることも可能です。

時給や面接、働くメリットについて

病院クラークの正社員の給与は、一般的な事務職とさほど変わりません。

アルバイトで入った場合、およそ900円~1,000円程度の時給が一般的です。

病院クラークのアルバイト求人に応募できるのは、高校卒業している人で、なおかつ平日勤務が可能な人です。

すでに紹介したとおり、病院クラークの仕事は基本的に平日が中心です。

病院によっては、休日に置いているところもありますが、そうしたところではシフト制を取っています。

平日が中心の業務であることから、学生だと学業との両立ができないため、学生不可となっていることが多いのです。

ただし、専門学校などの夜間学部に通っている、大学などの社会人学部に通っているという場合は応募することが可能なこともあります。

直接雇用だと難しいかもしれませんが、派遣会社なら日中の業務に影響が出ない範囲で勤務時間を調整してくれることもあるため、問い合わせてみるといいでしょう。

病院クラークの求人が増える時期としては、年度末が多い傾向にあります。

これは、病院クラークとして働く人の大部分が主婦だったり若い女性が多いため、家庭の事情や結婚等で退職をする人が増えることが理由です。

基本的に求人は、通年あります。

立地や通勤時間などから、選択肢に挙げられるかどうかが変わってくるだけですので、病院クラークなどの医療事務の仕事は、比較的職探しには困りません。

応募をする際の注意点としては、志望動機に病棟クラークや外来クラークを選んだ理由を含むことです。

医療事務の数ある仕事の中で、クラーク業務を選ぶ理由についてしっかりとした自分の考えをまとめておくことによって、未経験者でも採用率が高くなります。

実際に、未経験者で未知識の人が現場に入ると、聞き慣れない専門用語への気後れ、医師や看護師のピリピリとした雰囲気、やることの多さへのパニックなどから、慣れるまでは精神的にキツイ部分があります。

インターネットの口コミなどにもよく上がってきますが、病院クラークを含め、医療事務の仕事は、ある意味で専門職です。

誰でも簡単に変わりが利かない仕事です。

事務職とは言っても、医療用語を含めた専門用語と医療知識、健康保険制度への知識、保険診療の項目や点数への知識、個人情報管理能力、患者へ説明できるだけの語彙力、周囲のスタッフや他部署スタッフとのコミュニケーション能力、患者や家族(遺族)への対応能力など、軽く挙げるだけでもこれだけの能力が必要になります。

「楽そうだから」「簡単そうだから」という安易な理由だけでは務まらない仕事です。

どれだけ忙しくても、患者への対応を疎かにすれば、それだけで病院全体の評価に繋がる責任ある仕事です。

しかし、一方で将来性のある仕事ですから、病院で働いてみたい。そう考える人は、派遣会社を通して病院でアルバイトをしてみると、自分に合う仕事かどうか見定めることができるのではないでしょうか。

これからの超高齢化社会、病院での仕事はますます必要性が高まってきます。

他の事務職は、今後IT化が進み、人工知能が一般企業にどんどん進出するようになれば、廃れていく仕事ともいわれています。

その一方で、人工知能が対応できない患者を癒す役割を担う病院クラークの仕事は、まだまだ失われることがない仕事です。

10年後、手に職をつけた自分を手に入れていたい人は、ぜひ病院の仕事として病院クラークを検討してみてはいかがでしょうか。

将来の安定性を考えるならば調剤薬局のバイトが一押しって知ってた?

調剤薬局はそもそもアルバイトで働けるの?

今回は調剤薬局でアルバイトをしていた方にバイトに関する内容の記事を書いてもらいました。

以下ライタープロフィールと本文です。

【ライタープロフィール】

ライター名:はまだ美香

調剤薬局のアルバイト経験者のプロフィール画像

現在、濱田美香/はまだ美香 の作家名にて電子書籍、フリーライターとして活動中。

高校生時代からバイト魔で、常時3種類以上のアルバイトと部活動を並行し、毎月12万ほどを稼いでいた経歴あり。

アルバイト経験は、喫茶店ウェイトレス、ハンバーガーショップ店員を中心に7種類。

職業経歴は、派遣会社にて15年近く勤務後、医療事務にて約7年の管理職経験あり。


アルバイトを探すとき、皆さんは何を基準に選んでいるでしょうか?

立地、給与、社員登用の有無、将来に繋がる何か。

人それぞれ何かしら目的があり、どこでアルバイトをしようか選んでいることでしょう。

そのアルバイトの選択肢の一つとして、調剤薬局でのアルバイトもあります。

カフェバイトなどのようにあまり知られてはいませんが、調剤薬局もアルバイトを募集することがあります。

調剤薬局って、お薬をもらうところだから薬剤師しか募集していないんじゃないの?

そう思われるかもしれませんが、調剤薬局によっては薬剤師以外に、調剤事務という事務員も働いています。

患者の薬を調剤したり説明するといった行為は、薬剤師が行います。

直接患者と関わる部分、たとえば受付、計算、会計といった対応は、薬剤師の免許がなくても行える仕事です。

そのため、患者が多い地域では事務員を雇い、薬剤師の代わりに対応してもらうところも多いのです。

調剤事務のアルバイトとは?

調剤薬局で働くこうした事務職のことを、調剤事務といいます。

調剤事務を正社員やアルバイト、パートといった形態で雇い入れて、事務仕事を一手に引き受けてもらうことにより、薬剤師は本来の調剤業務に専念することができます。

そのため、患者が多いところや調剤量の多い薬局では、積極的に調剤事務を雇い入れているのです。

調剤薬局の事務職をアルバイトでしたい場合、高校を卒業していることが応募資格になります。

調剤事務の仕事というのは、患者の命を預かる薬剤師の補佐的業務を行うため、高校生がアルバイトで働くことはできません。

高校を卒業していれば、無資格・未経験でも働くことができます。

調剤事務は上述した患者対応以外に、多少調剤薬局によって異なりますが、経理業務、書類作成、患者の処方を健康保険機関へ送るレセプト業務、事務的な電話応対など多岐に亘ります。

患者数が少ない調剤薬局の場合は、薬剤師が全てこれらを行っているところもあります。

また、年末や連休前など一時的に患者が多くなるシーズンだけ、人材派遣を利用した調剤事務員を雇い入れることもあります。

調剤事務で働く上で人材派遣会社について知ろう

人材派遣の場合、調剤事務員として人材派遣に登録するパターンと、派遣会社の正社員や契約社員となり出向するパターン、紹介派遣として調剤薬局へ派遣されるパターンがあります。

人材派遣を利用して、事務で働く場合は、人材派遣に登録をするパターンが多いでしょう。

この場合、多くは医療事務の人材派遣会社に登録することになります。

人材派遣会社によっては、強い分野・弱い分野があります。

特に医療業界の場合は、医療関係に強い人材派遣会社に登録しないと、なかなか思うような仕事ができないというデメリットがあります。

登録予定の派遣会社がどの分野に強いかは、WEBサイトに提携している企業名や、派遣実績がある業界の掲載されていることが多いので、そこに病院や薬局チェーンの名前が載っていないようであれば、医療分野にはあまり強いとは言えないかもしれません。

ですが、他の実績の方が多く、まだ実績を蓄積している最中ということもありますので、医療機関や調剤薬局への派遣実績がどれほどあるか、問い合わせをしてみるといいでしょう。

直接調剤薬局でアルバイトとして雇ってもらう方法も

直接、調剤薬局でアルバイトとして雇用してもらいたいという場合は、その調剤薬局で事務業務を行っている人が薬剤師かどうか、確認してみるといいでしょう。

昼夜を問わず人が多い場所であれば、調剤事務員を雇っているところも少なくありません。

たとえば、東京・新宿。

ここには、駅周辺だけで見ても、およそ20以上の調剤薬局がほぼ隣接した状態で営業をしています。

それだけ多くの患者がいるということです。

こうした場所や、逆に地域的に集中的に患者が集まるような調剤薬局では、調剤事務員を雇っていることが多い傾向にあります。

また、調剤薬局の多くは、クリニックや診療所といった医院、あるいは病院に隣接した場所にあります。

新宿では、オフィスビルの1フロアにメディカルモールと呼ばれる、さまざまな診療科の医療施設が7軒入居しており、調剤薬局も入っています。

路面店の調剤薬局も、徒歩数分ほどの距離に医療施設があるというところが多いものです。

新宿だけでなく、こうしたメディカルモールと呼ばれる場所は、日本全国の主要駅や人口密度の高いところで見られる光景です。

年代が若い人ほど、調剤薬局の利用頻度がドラッグストアに比べると高くないため、意識していないかもしれませんが、調剤薬局は案外近場にあるものです。

都市部などは特に、駅周辺に集まりやすい傾向にあり、通勤するには便利な場所にあることも少なくありません。

カフェバイトに比べれば華やかさはありませんが、将来医療機関で働きたい、薬剤師になりたい、登録者販売の資格を取りたいと考える人にとっては、ぜひとも選択肢の一つにしていただきたいバイト先です。

個人経営とチェーン経営の違い

調剤薬局には、個人経営とチェーン経営のところがあります。

個人経営の調剤薬局は、最近ではあまり見かけなくなりましたが、体調を気軽に相談できる町のお薬屋さんを兼ねているところも多く、深い知識と経験からさまざまなアドバイスをもらえます。

ところによっては漢方の調合をするところまであり、かなり頼りがいがあります。

近年は、薬剤師の結婚・妊娠・出産による退職率が高く、復帰率が下がっているため、チェーン経営による福利厚生の好待遇が人気を集めるようになってきています。

チェーン経営の良いところは、働ける職場がいろいろな場所にあるということです。

たとえば、都心に働きに出てきていたけれど、家庭の事情で自宅近辺で働きたいとなった場合でも、退職をせずに店舗を移動という形で働き続けることができる点です。

また、チェーン店では人手が足りない場合、他の店舗から助っ人として人手を借りることもあります。

一度仕事を覚えてしまえば、どこの店舗でも通用する経験となり、長く働ける職場になることでしょう。

チェーン経営では、オレンジ薬局という調剤薬局があります。

ここは、全国に120もの調剤薬局を持つ大手チェーンです。

近年では、超高齢化社会に向けて在宅医療へも力を入れているため、事務員の仕事の幅も広くなってきています。

この他、チェーン経営の調剤薬局での事務員のメリットには、給与待遇が良いことが挙げられます。

一般的に、医療事務は薄給と言われてしまうほど、手取りが少ないのです。

そのわりに仕事量が多いため、息の長い仕事ができるとはいえ、給与の低さに耐え切れず辞めてしまう人もいるほど。

ところが、調剤薬局の事務員は、作業は違っても同じ医療事務という分類に括られる一方で、給与が高いため、医療関係の事務業界では隠れた人気職だったりします。

調剤事務のアルバイトの一般的な時給は900円以上ですが、立地や地域によっては時給1,000円のところも少なくありません。

特に、チェーン経営の調剤事務の場合は、比較的時給も高い傾向にあり、980円~1,000円のところも多いので、高額アルバイトを探している人で、将来に繋がる経験をするにはうってつけのアルバイトです。

この他にもチェーン経営の薬局に事務アルバイトで入ったあと、正社員登用されることも多く、その経験を活かして登録者販売の資格取得のための試験費用を負担してくれるところもあります。

登録者販売とは?調剤薬局でのバイトのメリット、給与待遇について

登録者販売というのは、皆さんもドラッグストアで薬を購入することがあるかと思いますが、そのときに薬剤師の代わりに薬の説明をしてくれる人が登録者販売です。

厳密には、登録者販売の資格を持っていると、医薬品のうち第二類・第三類を販売できるようになります。
そのため、ドラッグストアや調剤薬局では、医薬品を販売するのに必要な戦力になっているのです。

調剤薬局でのバイトのメリットは、給与・待遇だけでなく、将来性があるという点です。

上述の登録者販売の資格を取得するには、2015年度からは実務経験がなくても受験資格が得られるようになりましたが、実際現場に立って医薬品を売るとなると、店舗管理者あるいは薬剤師が必要になります。

そのため、雇用側は人件費がかさむこともあり、なかなか雇い入れてくれないこともあります。

しかし、調剤薬局でアルバイトでも月80時間の実務経験を過去5年間のうちに2年以上(連続でなくてよい)していれば、すぐに売り場で医薬品を販売できる店舗管理者の権限を持つことができます。

そうなると就職の幅も広がりますし、何よりまだまだ登録販売者で店舗管理者の権限を持つ人はそう多くはありませんから、給与もかなり好待遇です。

今後、介護や在宅医療はますます増えていきますし、コンビニエンスストアでも医薬品を販売するようになってから、コンビニ業界でも登録者販売の店舗管理者権限を持っている人を積極的採用しているので、就職に困ることはありません。

調剤薬局と聞くと、なんとなく地味な印象があるかもしれませんが、将来の安定性を考えれば、ぜひともアルバイトの選択肢の一つに入れておきたいところです。

求人サイトで検索して応募しよう

調剤薬局で事務アルバイトをするには、求人情報誌や求人サイト、あるいはその薬局のWEBサイトに求人情報が載っていることがほとんどです。

調剤薬局の店舗で直に事務員の募集をかけているところはあまりありません。

おそらく患者や周辺への影響を考えてのことだと思われますが、かかりつけの薬局があるなら、そこに事務員を募集していないか聞いてみるのもおススメです。

調剤薬局は、地域に根差しているところが多いので、伝手でアルバイトを雇い入れることがあります。

そのため、求人誌や求人サイトに載せる前に、早々に次の事務員が決まってしまうことも少なくありません。

チェーン経営の調剤薬局の場合は、自社のWEBサイトと求人誌、求人サイトへ求人を出すことが多い傾向にあります。

全国展開をしている調剤薬局も多くなりましたので、自分の通いやすい職場を選ぶことも可能です。

アルバイトの仕事について

ドラッグストアに併設された薬局を含め調剤薬局での調剤事務のアルバイトの仕事は、ほぼどこの薬局でも同じです。

患者が来たら受付をし、処方せんを預かり、薬剤師へ渡します。

薬剤師から薬を受け取った患者の薬代を計算し、料金を徴収します。

この一連の作業は、どこの薬局でも同じです。

このとき、処方せんに記載漏れがないかをチェックするのは、調剤事務の仕事です。

患者の氏名、誕生日、性別、保険番号、処方せんを発行した医院や病院名、医師の名前とサインまたは印があるかどうか、ジェネリック品への変更の可否や有無について確認します。

ジェネリック品については、患者がその場で先発医薬品から変更を希望することもありますが、処方せんにジェネリック品への変更許可がない場合は、発行先の医師へ確認することもあります。

これも調剤事務が行います。

調剤事務の仕事は慣れれば、それほど難しい仕事ではありません。

患者対応でも、医院や病院ほど困ることは少ないですが、やはりなかには困った患者もいることは事実です。

処方薬を持って帰るのが大変だから郵送して欲しい、在庫がないから残りの分を後日取りに来てほしい旨を伝えると今すぐどうにかしてくれと言われることもあります。
こういうと調剤事務の仕事って、もしかして大変?と思われるかもしれませんが、実際にはそういった無茶なことを言う患者は数少ないですし、そうした無茶な申し出などのトラブルは調剤事務に限らず他のアルバイトでも少なからずあることです。

どんなトラブルでも、丁寧に対応をしていれば、ある程度防ぐことができるものです。

ただ、調剤事務のアルバイトで大変なことは、薬の種類をある程度知識として覚えておかなくてはならないということです。

患者への薬の説明は薬剤師がするものですが、その薬の納入に関する作業は調剤事務が行うことも多いもの。
どの薬がいつ納入されてくるのか、ちゃんと発注分届いているのか、それら在庫管理をすることもあります。

この在庫管理の時に、薬の種類を知っておいた方がスムーズに仕事ができるのです。

薬には、有効成分ごとに「〇〇㎎」というように区別がされています。

これは有効成分の含有量を示しているのですが、これを間違えてしまうと、処方間違いを引き起こす原因になることもあり、薬剤師からきつく注意されます。

ほんの数㎎の差で人体への影響が違うのですから、当然です。

薬剤師の補助作業を兼ねているので、調剤事務は薬剤師同様に人の命にかかわる仕事をしているといっても過言ではないのです。

この他には、電話での問い合わせがあります。

電話をかけてくるのは、患者だけでなく製薬会社の人や納品業者はもちろん、健康保険機関からも問い合わせの電話が入ります。

健康保険機関からどんな電話が入るのかと言うと、患者の処方せんの内容についての質問です。

有効な保険番号と記載内容が違う、医院や病院で処方したとされている薬と調剤薬局から処方されている患者の処方薬が違うといったことへの返答を求められることがあります。

この他にもさまざまな問い合わせがありますが、そうした電話対応では、専門用語を使われることもあり、そうした用語に不慣れだと、電話を聞き取るだけで精一杯になることも。

ですが、調剤事務にも公的なものではありませんが、資格があります。

それほど難しくはありませんが、専門用語を知り、深く業務できるような知識を得ることができるので、取得することをおススメします。

とはいえ、調剤薬局の事務の仕事は、資格がなくてもできるものです。

多くの事務員は、資格を持たずに未経験、未知識で働き始めた人です。

ただ、予め知識があるのとないのとでは、気持ちのゆとりが違います。

将来性を考えて調剤事務の仕事を考えている方は、体験をされてみると良いでしょう。

事務員を募集しているところに応募し、採用されれば最初の3ヵ月程度は試用期間です。
その間にたくさん体験してみることをおススメします。

バイトから正社員の店長になれた私が、ネットカフェで働くコツを紹介

ネットカフェの店長の仕事内容とは?

今回はネットカフェのアルバイトとして働いていた方にネットカフェのアルバイトについて書いてもらいました。この方はアルバイトからスタートして、正社員、そして店長にまで上り詰めたシンデレラストーリーをお持ちの方です。

ネットカフェのバイトに興味がある方だけでなく、バイトから正社員になりたい人もぜひご覧下さい。

【ライタープロフィール】

ライター名:店長

バイトから店長になった人が解説!

誰にでも1バイトから店長になれる可能性はあります。くじけずに真面目に仕事に取り組めばきっと道は開くと思います。


ネットカフェの店長の業務は多岐に渡ります。基本的にアルバイトさんのフォローが一番多いのですが、店長ならではの仕事としては、出勤時の店舗内外の巡回で汚れや設備に不備がないかの確認や人材確保が特に重要な仕事になっています。また、競合店のお忍びでの偵察も必要に応じて行っていました。

清潔感が大切。店舗内外の巡回について

当然アルバイトさんにも業務中に気が付いたところの清掃はお願いしてありますが、店舗の外の巡回は店長の仕事になります。

のぼりが丸まっていたら直しますし、タバコの吸い殻などのゴミの清掃をするのも店長の仕事でした。当然店内も常に綺麗な状態を保つよう努力していました。

また、店舗内の巡回をする際は店舗内の温度は適正かどうか意識しながら行い、必要に応じてエアコンの温度管理も細かに行います。

データをまとめてみると、やはりエアコンが直接当たる席はお客様の滞在時間が目に見えて低いんですよね。直接温度管理の要望を頂くことも少なくありませんでした。

店舗を動かく原動力!人材確保について

店舗で働くアルバイトの確保は店長の仕事です。社内システムで求人サイトに掲載したい内容を編集でき、応募があった場合も分るようになっていました。

応募に対してこちらからメールおよび電話にて面接の予定をお聞きし、実際に店舗に来ていただいて面接を行っていました。

ここだけの話、接客業ということもあり応募者多数の場合、男性より女性の方が採用率が高いです。アルバイトの男女比率は3:7くらいでした。

競合店の偵察について

多くの場合は他社の運営するネットカフェを偵察していました。学ぶするべきところもあれば、自分たちの方が勝ってるな!というところもありました。

私の働いていたネットカフェは大手だったのですが、偵察していてウカウカしてられないなという危機感を感じたりもしましたね。

バイトから正社員までなった極意を紹介!ネットカフェの仕事について解説

日頃から、どうせアルバイトだから…などという低い意識で仕事はせずに高い意識で毎日仕事に臨んでいました。

仕事では一切手を抜いたりせず、店舗を利用して頂いているお客様全てに満足して利用して頂けるようにお客様目線で仕事に常に全力で仕事をしていましたね。

時々店舗にエリアマネージャーやゾーンマネージャーが巡回来店するのですが、その際にも名前を売っておくという意味で、積極的にコミュニケーションをとることをおススメします。

正社員になるには最終的に、この二役からの推薦も必要になりますからね。

一日のスケジュールなどをお書きください。

  • 10:00:店舗出勤
  • 10:00-10:30:店舗内外の巡回、清掃
  • 10:30-20:00:メールチェックなど、デスクワークをこなしつつ、アルバイトスタッフと共に店舗業務にあたる
  • 20:00-:デスクワークに戻り、キリの良いところで帰宅

一般的に店長というとバックに籠ってデスクワークばかりのイメージがあるかもしれません。
10:30-の間は臨機応変に業務にあたることが要求されます。基本的に店舗が上手く周るよう、アルバイトさんのフォローが中心になります。
週末になりますと、コピー機の集金業務もありました。

また、月に一回、同エリアの店長以上の正社員が集まり戦略ミーティングを行っていました。

バイトから正社員にはどうなった?

私の勤めていたネットカフェでは、正社員になりたい場合はまずは店長にその旨を告げます。通常ですと、平均3年程度の実務経験を積めば推薦してもらえるくらいの実力は身に付きます。

私は以前から接客業に携わっていたこともあり異例の11ヶ月勤務の時点で推薦してもらえました。

店長に推薦してもらったあとは、エリアマネージャーの面接、さらに人事部の面接へと進みます。この2回の面接に見事合格し晴れてアルバイトから

正社員に昇格できました。

バイトから正社員になる際に意識したこと。

正社員になった後は、アルバイトさんたちのお手本となるように所謂「率先垂範」を徹底していました。やはり自ら積極的に動かないと部下も付いてきてくれないものですからね。

私にも目標となった店長がいたように、誰かの目標や憧れになれるような存在になれたらという点を意識していました。

正社員から店長にどうなった?

正社員になることは店長になることが前提でした。

まずは配属先の教育店長との業務を通してOJT方式の研修を1ヵ月ほど行い、問題がないと判断されたら教育店長に代わりそのお店を任せられる店長になります。私は1ヵ月で無事研修を終え、店長になることができました。

店長になるために意識して取り組んだことや、やっておくべきこと

正社員になる前の心構え同様に、繰り返しになりますがとにかくまず自分がお手本を見せること。これが非常に重要です。

これはネットカフェの正社員や店長だけでなく、上に立つ者として絶対欠くことのできない考えだと断言できます。

そうすることによって自分自身も磨かれていき、自然と周りからも尊敬される存在になりますよ。

楽勝です! 経験者がこっそり教えるティッシュ配りバイトのスキル!

バイトの本命?ティッシュ配り!

ティッシュ配りのアルバイトはウワサほどきつくはありません。

コツさえつかめばサクサク配れます。

今の寒い季節はつらいですが、それ以外は楽しくできるいいバイトです!

最近では時給もあがっているようですよ!

 

ティッシュ配りしたことありますか?

どんなイメージでしょうか。

「ティッシュついてるから受け取ってもらいやすいでしょ?」

「誰も取ってもらえなさそう」

「退屈なイメージ」

いろいろなイメージがあるようです。

実は、ティッシュ配りのアルバイトは、簡単でそれほどきつい仕事ではないんです

みなさんのイメージや、ネット上のウワサなんかでは「いつい!」といったものもあります。

もちろん、受け取ってもらえずに、時間ばかりが過ぎていくのにティッシュは全然減らない状態であれば、これはきついです。

なかには、「そんなものいらない!」「邪魔!」と平気で押されることもあります。

軽い傷害罪ですよ。

こういったことがありますので「きつい」と思われるのでしょう。

とくに、あからさまに拒否されると本当に精神的に参ります

ずっと受け取ってもらえないと、表情は暗くなり、声も小さくなって余計に受け取ってもらえませんから、悪循環に陥ります。

そうなると、「もう2度とやらない!」と思うくらい嫌になります。

それでも、うまくやればあっという間に終わりますし、拒否されることも少なくなって「楽勝!」のバイトなんです。

今回は、その秘密を徹底紹介。

コツをつかんでティッシュ配りのバイトで楽して儲けましょう!

ティッシュ配りのバイトって、きついで有名じゃん?

確かに、こちらが好意で差し出しているものを「受け取ってもらえない」つらさっというのは、ちょっと半端ない感じです。

ストレスとは、「否定されること」「拒否されること」からはじまるといいますから、まさに「ストレスをためるための仕事」と言ってもいいくらい、ひどいバイトのようですよね。

実際、受け取ってもらえないときのストレスはきついです。

とくに「邪魔!」などといって差し出した手を払われたり、ひどい時は「うざい!」と肩を押されたりすることもあります。

「許可を取っているのか!」とか「どこの会社だ!」としつこく絡んでくる人もいます。

悪い話をしだすときりがありませんが、こういうこともたまにはあるんです。

そうしたことが、「きついバイト」というウワサになっているんだと思います。

でも、結構な回数体験してる筆者に言わせれば、「しろうと」

コツさえつかめば、こんなに簡単な仕事はありません

とにかく数を配りきってしまえば終わりですし、うまくやれば、会社によっては時給そのままで早く帰れるということもあり得るのです!

 

ティッシュ配りの仕事は確かにきつい!

でも、それはコツを知らないからだ!

 

じゃあ、ティッシュ配りのバイトのコツってなんなのよ?

ティッシュ配りのバイトのコツは、ごく簡単。

「なんだ、そんなことかよ!」って言うと思います

でも、だいたいそういうことが大切だったりするもんでしょ?

 

ティッシュ配りのバイトのコツは、「ターゲットを絞る」こと。

これだけです。

ここが「チラシ配り」とは少し違うところなんですが、ティッシュって、誰でも受け取ってくれる粗品じゃないんですよね。

とくに男性は「ティッシュ」というもの自体に「魅力」を全く感じていません。

むしろ、「ゴミ」くらいの認識です。

「ゴミ」を配っていたら受け取らないのはあたりまえ。

もっといえば「邪魔!」「どけ!」となってもあたりまえですよね。

ティッシュ配りのバイトは、ある人々からしたら「ゴミ」を配られているのと同じなんですね。

この視点はものすごく重要。

あなただって「ゴミ」を配られたらいくらなんでも腹立ちますよね。

そういう認識の人がいるということです。

では、どういった人なら「ティッシュ」を価値のあるものだと思ってくれるかということです。

これは簡単ですね。

あなたが今、思い浮かべた通り、「主婦」のみなさんです。

主婦の方々は、ポケットティッシュでも「家計」の助けになると思っています。

もちろん、1円単位で買い物をする癖がついていますから、ティッシュも「価値あるもの」となるわけです。

 

こうなるとターゲットは自ずと「主婦」になりますよね。

これは「そんなことかよ!」っておっしゃいますけど、ものすごく重要なことなんですよ。

もちろん、配る方から禁止されているでしょうけど、向こうから「2つ頂戴!」「3つ頂戴!」「手に持ってるの全部頂戴!」なんて主婦もたくさんいます。

とくに大阪ではあたりまえ。

「箱ごと頂戴!」なんてつわものもいますw

 

これはものすごく重要なのであらためて書きます。

ターゲットは「女性」

とくに「主婦」

さらに「年配の方」の方がとってくださる率は上がります

全く逆のことも言えます。

受け取ってくれないのは「男性」

とくに「年配の方」です。

 

これは不思議なんですが、男性の場合、ティッシュを「ゴミ」だと思っていますし、年配の方であればあるほど、そういった傾向が見られます。

配る方は「ポケットに入れときゃいいじゃん」って思うんですが、もらう方は「ポケットが膨らむのも嫌」なんです

必要でないときには「ゴミ」でしかないんですね。

 

ティッシュ配りのバイト、「捨てる」とばれる?

うまくいかないと誰しもが考えますが、「これ、こっそり捨てちゃえばばれなくね?」ってこと。

そうそうに捨てちゃえば、遊べるしお金貰えるし超ラッキー!!

そんなことは誰でも一度は考えます。

(実際にやった人も知っています。ひどい目に合っていましたけど……)

ここで、筆者も見たことがないんですが「カラス」という職業があるのをご存知でしょうか。

お笑い芸人「クロスバー直撃」の前野さんが体験したことだそうですが、ティッシュ配りの仕事をしていると、上から声をかけられ「カラス」に昇格したというのです。

「カラス」とは、ティッシュ配りのバイトがサボっていないかを監視する仕事だというのです!

しかも時給はティッシュ配りのバイトより100円増し。

さらに前野氏は語ります。

「実は、このカラスがサボらないように監視するフクロウってのがあって、さらにフクロウがサボらないように監視するバードウォッチャーというのがあり……」

ここまで来たら「それネタやろ!」と突っ込みたくなりますね。

真相はわかりませんが、ティッシュ配りが監視されているのは本当です。

 

たいていの場合、現場に行くのに3人程度で行きます。

偉い人と一人とバイト二人です。

バイト二人が配って、偉い人が見てるといった感じ。

当然さぼれないようになっていますし、捨てたらばれるようになってます!


 

まとめ

 

このほか、コスプレをしたキャンペーンガールが配る場合もあります。

この場合は、当然年配の男性が一番取ってくれます!

同じ男として情けなくはありますが……

キャンペーンガールが配る場合、キャンペーンガールの持つティッシュ入れのかごにティッシュを補充するという地味なバイトもあります。

キャンペーンガールの場合、次々にティッシュがはけるので、すぐに補充が必要なんですね。

 

いかがでしたか?

筆者の経験では、コツをつかめば楽勝なバイトです。

ただし、やはり「大きな声」と「笑顔」があった方が受け取ってくれる率は高くなります。

また、断られても、罵声を浴びせられても「ありがとうございました」と頭をさげること。

そうすると次の人が気の毒に思って受け取ってくれますよ。

こうしたマナーや礼儀は大切です。

印象よく配るようにしてくださいね

 

ちなみに大阪では、ティッシュ配りなどを「迷惑行為」として禁止している場合もあります。

http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/cmsfiles/contents/0000267/267087/joureiQA.pdf

各公共機関で確認することも大切ですね。

https://www.realmediajapan.com/cont/gaitouhaihu-osaka.html

 

うまくやれば楽勝!

ティッシュ配りで楽して儲けてくださいね。

 

筆者

筆者

ハンドルネーム:天笠 多菜葉

経験したバイトは30個以上!

経験の多さの秘密は、短期バイトと掛け持ち。

休日は京都でまったり。寺社巡り、パワースポットが大好き!

昔から霊感強くて幽霊見えます!臨死体験も!

映画鑑賞が趣味で、今は海外ドラマ「メンタリスト」「スーパーガール」にはまってます。

今は鍼灸師として患者様を診ています!催眠療法士としても活躍中。 将来の夢は小説家です。