アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

テレアポのバイトって大変なの?ウワサの電話バイトを徹底解説!

皆さんテレアポのバイトって興味ありますか?

 

私がフリーター生活のうち、おそらく一番長かったのはテレアポ、すなわち電話を掛けたり受けたりするバイトでした。

 

それくらい私は、テレアポのバイトが本当に好きでした!!

 

テレアポというと「ちょっと面倒臭そう…」と思われがちですが、実は意外と慣れてしまえば癖になるものなんです。かく言う私も最初は「えー?電話の仕事?ちょっとかったるいなあ…」なんて思ってました(^-^;

 

でも、繰り返しになりますが、

テレアポのバイトって慣れてしまえばこっちのもんとばかりに実は魅力がいっぱいあるんです!

 

今回はそんなテレアポのバイトの魅力についてお話ししていきたいと思います!

私がテレアポのバイトを始めた訳

私はテレアポのバイトを始めるまで、普通の接客業しかバイトはしたことがなかったので、事務仕事的なものや、電話対応はほとんど経験がありませんでした。

なので、テレアポのバイトは最初はミリほども興味なかったですし、「テレアポ!募集!」と求人広告を見つけても華麗にスルーしてました!

 

でも、「ちょっと今までと違うバイトがしたいなあ…」と思ったとき、時給が高そうなものから調べていたら、あるときテレアポのバイトが目に入ってきたんです。

そう、テレアポのバイトは結構時給が高めに設定されていることが多いので、時給が高めなバイトを探していたそのときの私にとっては目にとまりやすかったんですね。

 

でも正直テレアポのバイトなんて最初はできる気がしませんでした。だって私あまり電話好きじゃなかったですし…。

でも、ちょっと友達から「テレアポ?やってみなよ!おすすめだよ~!」と気軽におすすめされたもので、まあまずは騙されたと思って…という感じで始めたわけですね。

 

最初のうちの志望動機は

友達に勧められたから
時給が高いから

それだけでした!!笑

 

テレアポのバイトって何なの?

そもそもテレアポとは何ぞや?という方のために、テレアポのバイト内容を詳しくお伝えしておきます。

テレアポとは、「テレフォンアポインター」の略称のことであって、簡単に言うと、個人宅や企業に電話をかけて何かしらのアポを取る人のことを言います。

そのアポ取りの仕事というわけですね。

 

まあ、厳密に言うとアポ取りだけではなく、おすすめ商品の説明・案内とかもアポはとらなくても広い意味で全部ひっくるめて「テレアポ」と言ったりします。

たまにこんな電話かかってきませんか?

 

「〇〇というサービスの案内をしてまして、〇〇をすると非常にお得で…」

 

そう。まさにこの電話をかけてくるお兄さん・お姉さんのバイトこそがテレアポのバイトです。要は電話営業ってやつですね。

 

テレアポの種類

テレアポのバイトの種類は、まず個人営業と法人営業に分かれます。

個人営業…個人宅に電話する
法人営業…企業に電話する


営業先の違いですね。

さらにそこから、電話して何を話すのかによってまた種類が分かれてきます。以下でそれぞれ詳しくお話しします。

 

①アポ取りをする

これがいわゆるテレアポですね。例えば、

 

「〇〇というウォーターサーバーをレンタルしてまして、よろしければ商品の説明に伺いたいのですが、いつが空いてますか?」

 

という具合に軽く商品やサービスの説明をしたうえで、担当者さんが訪問する日時のアポを取ります。

ちなみに訪問は担当の人がやるので、テレアポは本当にアポを取るだけです。営業するきっかけを作るというわけですね。

 

テレアポは法人営業にとても多いです。案内するのは上の例のようなウォーターサーバーとか、企業向けのHP制作、コンサルサービス、投資用マンションなどが多いですね。

 

②商品・サービスを案内する

テレマ(テレマーケティング)とも言われるものです。

 

オペレーター『〇〇という新しい光回線のサービスが開始されました。今なら工事不要ですぐにお切り替えができます』

お客さん「じゃあお願いします」

オペレーター『ありがとうございます。〇月〇日から切り替わるように手続きさせていただきますので、書類が届きます。・・・・~詳しい説明へ~

 

こんな感じで、アポを取るわけではなく、電話のみの案内で完結するサービス・商品の案内をしていきます。それでお客さんに買ってもらったり、申し込んでもらったりするのが目的というわけです。

 

案内するのは光回線などの通信サービス(電話営業と言ったらこれって感じですよね…)、あとは化粧品なども多いですね。

 

テレアポのバイトって大変そう・・・

ここまで仕事内容の説明をお話ししてきましたが、いかがでしょうか?

 

正直大変そうなイメージしかないですよね…!!

よくわかります。

 

確かにテレアポのバイトは大変なことはそこそこ多いです。テレアポのバイトの評判をネットで見てみたら、「うわー…」って思うくらい悪評も出てきます。

 

最初に「テレアポのバイト良いですよ!」とはお伝えしましたが、その魅力をしっかりとお伝えするためにも、まずはあえて私がテレアポのバイトを始めてみて大変だと感じたことをお話ししておきたいと思います。

 

とにかく断られる。メンタルやられる。

正直に言ってしまいましょう。営業の電話ってかかってくると、結構うっとうしかったりしますよね。

ほとんどの人がそう感じるでしょう。それくらい電話営業って今の世の中いろいろな企業が営業手段として取り入れてて、誰もが「あ~営業電話ね、はいはい」みたいな感じでぞんざいに扱いたくなるくらい「電話営業=よくくる、うるさい」のような印象がついてしまってるんですね。

 

だからこそ、

 

『お忙しいところ恐れ入ります、〇〇〇と申しますが、〇〇というサービスを…』
「いらないです!!!」ガチャッ

 

というパターンがほとんどなのです。

 

案内するサービス内容にもよりますが、断られる割合としては9割以上を占めると言っても過言ではないです。本当に。

なんとなーくそんなイメージはしてましたが、まさかそこまでひどく断られまくるとは思っていなかったので、正直最初はかなりメンタルやられました。

自分の対応がひどくて断られるわけではないのに、やっぱりずっと拒否され続けるっていうのは結構つらいことなんですね。

 

上のような「いらないです!!!」くらいならまだマシな方ですね。

「いろんなところから営業電話来て大迷惑だ!

ふざけるな!!二度とかけてくるな!!」

とばかりにいきなり暴言を浴びせられるパターンもあります。最初はかなりビビりました…。

 

ノルマなしだけど暗黙のノルマがある

ノルマと言うと、

「1日〇件アポを取る!」
「1日〇件契約を取る!」

という営業ノルマのことですね。

私は何社かテレアポを経験してきましたが、どの会社さんもノルマはありませんでした。求人情報にも「ノルマなし!!」と書いてあるところも多いです。

でも「やった~ノルマないなら気が楽だ~」

 

…とはならないのです。

 

「目標」という名の暗黙のノルマが存在するからです。

「達成しなきゃいけないわけじゃないけど、目標は設定してあるからね」とのこと。確かに、仕事をやる以上目標は絶対必要なものですよね。

 

でも実際雰囲気↓

 

リーダー「今日の目標は一人5件だから!絶対達成するぞー!!」

「おー!!!!」

 

あ、なんかめっちゃ達成しなきゃいけない雰囲気…(^-^;

 

そうです。こんな感じで暗黙の了解で「目標=ノルマ」なんですね。ノルマなしとは言ってますけど、場の雰囲気的に、目標は達成しないとちょっと気まずいところはありますね。

 

テレアポのバイトの気になる時給は?

私がバイトしてきたテレアポのバイト時給は以下の通りです(※東京都内)

 

A社:時給1400円(個人営業)
B社:時給1200円(個人営業)
C社:時給1500円(法人営業)

 

全体の印象ですが、どちらかと言うと、個人営業よりも法人営業の方がテレアポは時給が高いように思えますね。私は一社しか法人営業は経験していませんが、求人情報を見ていると、そんな印象を受けます。

ただ見てお分かりの通り、都内ならテレアポのバイトは非常に高水準の時給なのがポイントになります。

 

インセンティブとは?

テレアポの給料には、インセンティブという報奨金のようなものが付く場合があります。

こんな高い時給に対してまだお金がもらえるの…!?と思いますよね。そうなんです。

 

成果を出せば出した分だけ稼げる。それがテレアポです!

 

例えばアポイント1件につき500円というインセンティブが設定させていたとしましょう。

それを出勤するたびに3件達成し、20日出勤したとすると…

 

なんと30000円ものインセンティブがついてしまうというわけですね。おいしすぎます。

 

確かにちゃんと成果を出すのは簡単なことではないですが、テレアポのバイトはこのように頑張った分だけ評価してもらえることが多いので、非常にやりがいを感じられる仕事なんですね。

 

テレアポのバイトはシフトも融通が利く!

テレアポのバイトで、私が魅力を感じているところは給料面以外にも実はあります。

それは、シフトにある程度融通が利くところが多いところです!

 

コールセンターのように常に誰かを配備しておいて電話を受信しなければいけないようなのと違って、テレアポは自ら電話をかけて仕事をする特性から、決まった日にそこまでこだわって人を準備しておく必要がないんですね。

なので、営業しやすいような曜日など、「この曜日は出てほしい」という会社からの要望もあることはありますが、ある程度は自分の好きなようにシフトを決められます。

 

私は特にその頃、プライベートでやっていることがあったので、シフトを自由に決められるのは本当に有難かったです。

忙しい学生さんやダブルワーカーさんなどにもぴったりですね!

 

テレアポのバイトは高校生でもできるの?

実は、テレアポのバイトは高校生でも歓迎しているところは多いです。

実際に私がいた会社でも、高校生を雇っているところはありました!「高校生からテレアポのバイト!?立派で頭が下がるわ…」と思ったものでした…!

 

しかもその会社では、高校生も皆と同じ時給からスタートだったので、高校生ながらにしてその子たちは相当稼いでましたね。高校生だけど稼げるバイトがしたい!という人には、テレアポのバイトはおすすめですよ。

 

学業の妨げにならない程度に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

テレアポのバイトに慣れるコツ

最初こそテレアポのバイトは「大変・・・」と感じたものでしたが、最終的には「テレアポ?楽しいよ!」となっていた私でした。

電話をかけるのも最初は不安いっぱいでしたが、余裕でかけられるようにもなりました。

 

では最後にテレアポのバイトに慣れるコツのようなものをご紹介しておきたいと思います。

 

怒られても無心

こちらが失礼を働いて、電話をかけた相手を怒らせてしまったのなら誠意をもって阿山無くてはいけませんが、そうではないのにテレアポをしていると怒られることもあります。

ガチャッと切られて嫌な気持ちなることもたくさんあります。

 

でも、必要以上に気にしないことが本当に大切なんです。

 

無心にならないと、メンタル持っていかれてしまいますからね。ちゃんと良い対応は心がけつつ、罵倒されたときは無心になれば良いんです。

 

まあ、そうなるまでにはある程度電話をかけて数をこなさないといけないところはあるんですがね。それまでの辛い道のりは、周りの管理者さんたちが力になってくれますよ。

 

マニュアルに徹底的に従う

基本的に電話で何を話せば良いのかは全部マニュアルにまとまっています。

分かりやすい台本のようなものがあるんですね。なので最初のうちはこのマニュアルをとにかく素直に読んでいれば電話営業をするという感覚が身につくようになるんです。

 

やっぱりたくさんのテレアポのバイトさんを育ててきたマニュアルですから、こう言われたらこう切り返せというような文句まで、相当網羅されてるんですね。

なので、最初のうちはとにかくマニュアルに従っていれば何も問題はないのです。自然とテレアポスキルが上達するようになっています。気が付いた頃には、「あれ?めちゃくちゃ電話できてる!」と驚くものです。

 

成果が自信になる

上のようにマニュアルに従って電話をかけ続けていると、ちゃんとアポが取れたりと、成果が出るときが必ずやってきます。そのためのマニュアルですから。

この成果が…本当に嬉しいんですよね。初めてアポが取れたときは、長い間断られた末にだったので、なんかもう涙出るかと思いましたよ…

この成果が、「次も頑張ろう」「もっとアポを取りたい」というモチベーションに繋がってくれるので、徐々にテレアポが楽しくなってくるのです。

 

成果を出すごとに、自分の自信に繋げていく気持ちが、テレアポでは非常に大切です!

 

まとめ

いかがでしたか?テレアポのバイトは大変なところも多いですが、とってもやりがいを感じられる夢のある仕事です!

そう、大変でも慣れてしまえばこっちのもんなんです。電話対応の経験があることは社会に出ても非常に役立ちますし、就活前の学生さんにもおすすめですよ。たくさん稼ぎたいというフリーターさんも含めて、一度はテレアポのバイトを経験しておいてみてはいかがでしょうか?良い経験になることは間違いなしですよ(^O^)

 


【ライタープロフィール】


名前:chocomint
バイト経験:コンビニ、書店、居酒屋、パチンコ店、コールセンターなど。
趣味:スマホゲーム、映画鑑賞
最近は動画サイトで猫の動画を見るのに絶賛ハマり中です。