アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

バイトで失敗したらどうする?失敗してもうまく切り抜ける方法

みなさん、こんにちは。こんばんはの人もいますねきっと。今回はわたくし、嫌な過去を掘り起し、みなさんのために一肌脱ぐ覚悟であります。

実はですね、今回はバイトでの失敗の対処方法を特集をしたいと思っておりまして。

 

そうなると、過去の自分の失敗も織り交ぜながら語らなければなりません。できれば思い出したくないじゃないですか、過去の失敗って。

ですが、わざわざお立ち寄り頂いたわけですからこれも何かの縁、みなさんのために頑張ってこの特集をまとめたいと思います。

 

ちなみにみなさんは、これまでにどんな失敗経験がありますか?きっと笑い話になるものから、時間が経っても笑えないものまであるでしょう。

社内、店内でおさまる話ならいいんですけどね、お客様に迷惑をかけてしまうレベルになると、社員やバイト仲間もピリッとしますよね。

お客様の家にまでいって謝る事態になればもう大事です。しかも謝りに行くのは自分ではなくたいていは社員ですから余計にバツが悪い!

 

「全国の社員のみなさま……勝手にバイトを代表してお礼を申し上げたいと思います」
「いつもピンチを救っていただき、ありがとうございます」

 

社員のみなさんがいるからバイトは安心して働けるわけですよ。やっぱりバイトは無意識にだとしても、社員がいることでのびのび働けているんだと思います。

 

では、【バイトでの失敗 その対策特集】のスタートでーーーす!

 

そもそもどこからが失敗なの?失敗してもどの程度まで許される?

バイトをしていれば小さい凡ミスを含めると、きっと毎回失敗はしているんじゃないかと思います。ただ失敗と言っても大小さまざまですから、わざわざ人に話すほどのことでなく自分で対処できてしまうことも多いですよね。

ただ、いくら自分で対処ができたとしても失敗は失敗です。誰かにバレなければいいという問題ではないのです。

 

つまり今回の特集でいう失敗というのは、自分以外の誰かに迷惑が及んでしまうもののことです。

わたしは気が小さいので、誰かに迷惑が及んだり、怒られたりすると、すぐに萎縮していました。失敗すると

 

「やっちまったぁ!」

 

ってなって軽くパニックですよ^_^;

自分が失敗したら誰でもそうなるか。ははは。

でもたいていの人は優しくて失敗しても「次からは気を付けてね」くらいの一言で済ませてくれませんか?わたしの経験ではそうかなぁ。

では、どのくらいからが許されない範囲の失敗なんでしょうか。わたしの体感では

 

 

  • 同じ日に同じ失敗をする
  • 3回以上同じ失敗をする
  • 1日に1回は失敗する

 

数でいうとやはりこんなものではないでしょうか。仏の顔も三度まで、ですがみんながみんな仏ではありませんから、三度も待ってはもらえませんね、きっと。

では程度で言えばどのくらいなんでしょうか。

 

  • お客さんを怒らせる
  • 物を壊す
  • お金を貰い忘れる

 

など、簡単に軌道修正ができない範囲の失敗になってくると許されないのではないかと思います。

では「気を付けてね」では許されない失敗をしてしまった時の対処はどうすればいいのでしょうか。

 

報告は迅速に

失敗が大きくなってしまう最大の原因はなんだと思いますか?

 

失敗ってできれば誰にもバレたくはないですよね。自分の中だけにしまっておきたい、バイトにはバレてるけど社員には知られたくない、社員には知られているが店長には知られたくない、とできるだけ拡散を抑えたくなるのが人の心理だと思います。

特に立場が上の人に情報が伝わることを恐れる傾向にあると思います。やはり怒られることを恐れてでしょうか、それとも評価を気にしてでしょうか。

 

きっと両方ですね。わたしはどちらも気になってしまいます。みなさんはどうですか?

そうなんです。わたしは多くの経験から、この心理こそが失敗の被害をより広げてしまうメカニズムだと考えます。

やはりバイトと社員では、同じトラブルでも対処のスキルが違いすぎます。機転の利かせ方から持っている権限まで、バイトではできないようなことが社員ならできるわけです。社員に伝える判断が遅れれば遅れるほど被害が遅れていく失敗もあるはずです。

 

ですが、わたしもバイト経験者なので気持ちはわかります。やっぱり簡単ではないですよね。自分の失敗を自ら他の人に拡散するわけですから。自己嫌悪や恥ずかしさだってありますからね。

では、少しずつステップアップしていってみてはどうでしょうか。

社員は無理でも同じバイトにならまだ言い易くないですか?こうやってハードルを下げるためには、まずは頼りになる先輩と仲良くなりましょう。

 

バイトでもキャリアが長い人は社員並みの対応ができる場合もありますよ!

 

こうやって自分が失敗をしたときに助けくれる頼りになる先輩がいれば、少しは安心できませんか?でも先輩ばかりを頼って楽をしてはいけないなとわたしは思いました。

だから自分自身も仕事を覚えたし、なるべく社員に伝えにいけるように努力もしました。失敗は絶対あります。防ぐのは不可能です。

これはわたしの持論ですが、<失敗した後の対処のスキルを上げる方が、失敗が減る>と思います。よかったらみなさん、参考にしてみて下さい。

 

失敗を帳消しにするように役に立つ努力

失敗が多い人にありがちなのですが、失敗しても謝るばかりで名誉挽回しようとしません。自分は失敗するキャラなんだと決めつけてしまっているんですね、きっと。

ですがそんなはずはありません。わたしは知っています。失敗が多い人でも、そんな印象が少ない人がいることを。

 

いつも不思議に思っていました。だって立場が上の人の方が失敗に遭遇する可能性が高いわけです。より難しい案件を受けるし仕事量も多いはず。なのにバイトからすると社員は失敗ばかりしている印象がありません。人によってはありますが^_^;

同じバイトでもそうですね。失敗はしてるはずなのに、そんな印象が薄い人はたくさんいました。

そこでわたしは気付いてしまったんです。そんな失敗の印象が薄い人たちの共通点を!

 

それは失敗以上に仕事ができる!!

 

ということです。失敗の印象が少ない人は、よく働くし、その分仕事も覚えているんですね。ですから仕事ができる、頼りになるという印象が失敗のイメージを消してしまうんです。


これは参考になる!


このようなタイプに向いているなと思う人は、リカバリータイプです。以下のような方法で失敗後の印象をプラスに変えてみてはいかがでしょうか。

 

 

  • わかりやすく売り上げに貢献する
  • いつもより2割増しでてきぱき動く
  • 人が嫌がることをすすんでやる

 

他にもまだまだリカバリー方法はあります。リカバリータイプに大切なのは自らリカバリー方法を模索することだと思うので、さらに自分で見つけてみてはいかがでしょうか。

 

禊の時間です

次に失敗をうまく切り抜ける方法は、【禊】です。素直に自分が悪いことを受け入れ謝罪の行脚をしましょう。

失敗したことを反省しているのが伝わるのは、謝るという行為ではありません。やはり行動が伴わない謝罪は薄っぺらいですもんね。そういった意味ではさきほどのリカバリーにも同じことが言えます。

わたしは正直この禊タイプではありません。ただ、やはり相手に行動に移されると失敗に対する印象はなくなっていきましたね。

では禊にはどんなパターンがあるのでしょうか。

 

  • 迷惑をかけた相手にジュースをおごる
  • しばらく誰よりも早く出勤するようにする
  • 大変そうな仕事を変わってあげる
  • シフトを変わってあげる

 

などがあると思います。実際にこうやって社会の荒波を乗り越えていた先輩バイトがいたので、実践してみて下さい(*^^)v

 

ほとぼりが冷めるのを待つ

これまではどちらかというと、“動”の対処法。ここからは“静”の対処法です。(カッコよく言うと)

まぁ早い話が存在感を消してほとぼりが冷めるのを待つってことですね。


わたしの得意技です!


これまでリカバリーや禊、すぐに報告など行動的な対処法でしたが、時としてこの<ほとぼりが冷めるのを待つ>方が適切な場合もあるんです。状況をみて判断するようにしましょう。

 

では自分の存在感を消すにはどんな方法があるのでしょうか。

 

  • 無口になる
  • 声のボリュームを抑える
  • 人と接しない仕事を選ぶ
  • モーションを小さくする
  • 目を合わせない
  • 笑顔を見せない

 

こういった行動のコンボで次第にあなたの存在感を一時的に消すことができるのではないかと思います。

 

簡単なようで簡単ではないですよ?やっぱりおしゃべりな人は黙ること自体、ハードルが高い。ついついさっきの失敗を忘れていつものおしゃべりモードにならないようにすることが大変なんです。

声のボリューム調節も難しい!小さすぎては仕事にならにし、大きすぎると存在感が出てしまいますから。目を合わせないといっても、さじ加減がわからないですから。下手をすると、失敗して逆ギレしてるようにも見えかねないですよ。

 

でもなかにはこの存在感を消すのがうまい人がいますから、自分はこのタイプに合ってるなと思ったら実践してみるといいのではないでしょうか。

 

これだけは避けたいリーサル・ウェポン

最後の切り抜け方法ですが、それは誰にも言わず黙っていることです。これはもう絶対おすすめしません。むしろ止めてください。

ただ、実際にこうやって難を逃れることは可能です。自分しか気付いていない時はやれちゃいますからね。

わたしは好きではありませんがれっきとした切り抜け方法ではありますね(-_-;)

 

失敗あるある

多くのバイト達が通った道があると思います。きっと同じ失敗をみんなするんだと思います。そこで業種別に失敗談あるあるをまとめてみました。

 

1    コンビニ

  • ジュースの補充に夢中になって客に気付かず怒鳴られる
  • お箸やスプーン類を入れ忘れてクレームが入る
  • もらったお金が足りなかった
  • お金を貰い忘れる

 

2    居酒屋

  • 隣の席に注文品を出してしまう
  • オーダーを入れ忘れる
  • 注文を聞き間違える
  • グラスを割ってしまう

 

3 書店

  • 本屋のバイトなのに知らないタイトルを言われて質問に答えられない
  • ブックカバーをつけるときに本を曲げてしまう
  • コミックのビニールを剥がすときに本を破損
  • お客さん指定の本がどこにあるかわからず怒られる

 

4 ファッション系のショップ

  • サイズ違いがあるか聞かれ、誤ったサイズの在庫を渡してしまう
  • 在庫がないのにあると言ってしまい、さんざん待たせた後、無いことがわかる
  • 試着室を誤って開けてしまう
  • 在庫の発注で数を1桁間違える、色を間違える

 

いかがですか?バイト経験がある人は身に覚えがあるのでは?誰でもやりかねない失敗談ばかりでしたね。

 

失敗から学ぶことの大切さ

何度もお伝えしてきましたが、バイトで失敗するのは当たりまえです。誰だって失敗はしていますし、失敗したことがない人なんて見たことありませんよ、実際。

 

わたしも当然たっくさん失敗しましたよ!

自分の中で一番恥ずかしかった失敗はパチンコ屋でバイトしていた時のことです。パチンコを終えたお客さんの玉の数を数える仕事があるんですが、ドル箱という玉の入った箱から機械に玉を流すんですね。その時に、手が滑って2箱分のドル箱をフロアにぶちまけたことですかね~(/_;)

もう隠すどころの騒ぎではない…みんなに見られながら玉を必死にかき集めましたよ。あの時手伝ってくれた方々、ありがとうございました。m(__)m

 

失敗は成功のもと

 

まぁ何かの成功を目指しているわけではありませんが、失敗を活かせということは大切だと思っています。失敗から何を学びどう成長するかでこの先の人生が分かれてくると思います。

同じ失敗をする人がいたら助けてあげられるし、度胸もつきます。失敗ってマイナスばかりではないですね。

失敗をたくさんしていっぱい学んじゃいましょう!

 

まとめ

バイトでの失敗ってやっぱりしたくないですね~。わたしもいろいろと思い出してまた冷や汗を掻いてしまいました。

バイト仲間や社員さんに嫌われるんじゃないかとか、シカトされたらやだなとか心配ばかりしてました。大きな失敗をした次の日もまだ引きずってしまって、のびのび働けなかったこともありました。

みなさんはいかがですか?これからバイトで失敗しても平気そうですか?きっとまた失敗することはあると思います。その時に役立つ方法、あなたに合った対処方法はあったでしょうか。

なるべくいろんなタイプの人ができるようなものをチョイスしたので、バイトで失敗した際はぜひ実践してみてください。

 


【ライタープロフィール】


名前:chocomint
バイト経験:コンビニ、書店、居酒屋、パチンコ店、コールセンターなど。
趣味:スマホゲーム、映画鑑賞
最近は動画サイトで猫の動画を見るのに絶賛ハマり中です。