アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

【2017年】バイトがめんどくさい理由と対処法や長く続けるメリットまとめ



【2017年】バイトがめんどくさい理由と対処法や長く続けるメリットまとめ

 

皆さまこんにちは!バイトをしている皆さま、毎日お疲れ様です

皆さま、連日バイトで疲れていませんか?たまにはゆっくりしたり、思いっきり遊んで楽しむ時間も必要ですよね。

バイトをしている皆さま、「あー、今日バイトだった!げっめんどくさいなぁ。」って感じることありませんか?私はしょっちゅうです!

 

大学生時代は、友人たちが今日はバイト無いから、皆で遊びに行こうよー!とか聞くと、「あー私も行きたい!バイトもう休みたい!」と、いつも思ってしまっていました。

バイトをして、少しでもお金を稼がなければいけないのに、あー行きたくないなって感じてしまうことって、誰にでも1度はあるのではないのでしょうか。(私は毎日ですが。

 

何でバイトをそんなにもめんどくさく感じでしまうのか。面倒に感じることなくバイトをするには、どうしたら良いのか。長くバイトを続けているとどんなメリットがあるのか。

 

"バイトがめんどくさく感じてしまう"ことについて、今日は徹底的に考えていきます!

バイトがめんどくさいときの対処法なども書いていますので、是非参考にしていただけたら嬉しいです。

 


 

バイトがめんどくさい理由はいったい何?

 

 

”バイトがめんどくさい”と感じる時って、考えてみたら"何かしら理由がある"と思うんですよね。身体がキツイからめんどくさい、ダルイからめんどくさいって、よく考えてみると、そこに疲れてしまった理由があるのではないかと思います。

例えば、テスト期間中なので勉強をしていたら、睡眠時間が短くなって疲れているとか。子供が熱を出して、寝ずに看病していて寝不足で身体がダルイとか。など。

いろいろな理由が考えられると思うのですが、まずは、"バイトがめんどくさく感じる理由"して考えられるものを、いくつか例に挙げてみます。

 


 

バイトがめんどくさい理由には、

  1. 行くのがめんどくさい
  2. 人間関係がめんどくさい
  3. 疲れているのでめんどくさい
  4. 遊びたいのに遊べないのでめんどくさい
  5. 時給が低いからバイトに行きたくない
  6. 任される仕事が多くてめんどくさい
  7. 休みたくても休めないのでめんどくさい

などが挙げられます。次に1つ1つ詳しくみていきましょう。

 


 

1.行くのがめんどくさい

 

 

住んでいる家やアパート、自分の通っている学校などから通うならば、バイト先が遠いと、行くだけで疲れてしまいますよね。バイト先までの移動に時間がかかればかかるほど、面倒に感じてしまうのでは無いのでしょうか。

さらにバイト先までの交通費。これってバイトに行くたびに往復で毎回かかってくる費用なので、交通費支給でないとキツイですよね。きちんと交通費が支給されていれば、まだ負担は少ないですが、中には交通費が出なかったり、一部支給だったりします。バイトに面接に行く際には、交通費が支給されるのかはきちんと確認しておいたほうがいいでしょう。

 

さらに大雨だったり、雷が鳴っていたり、雪が降っていたりなど天気が悪いときには、また更に「行きたくない!」と感じてしまうのでは無いでしょうか。

私は暑い日が苦手なので、暑い日は「わーバイト行きたくないなぁ」となっていました。あとは飲食店だったら、土日祝日が大忙しなので、土日祝日は行きたくないと思っていました。

 

2.人間関係がめんどくさい

 

 

人間関係がめんどくさいというのは、実は結構多いようです。実際に、私も人間関係が嫌でバイトを辞めたことがあります。

 

具体的に例を挙げるとすれば、

  • 上司の方から嫌われてしまって、嫌味などを言われる
  • ベテラン中高年パートのおばちゃんに嫌われ、嫌味や仕事を押し付けられる
  • スタッフ同士の仲が悪い
  • 自分と合わないスタッフがいる
  • セクハラされている

など、細かく分けていったらキリがないくらいあると思います。

 

上司やベテラン中高年パートのおばちゃんなどのバイトの先輩に嫌われてしまって、毎回嫌味を受ける場合、本当にバイトに行きたくなくなりますよね。

 

私の場合は、ベテラン中高年パートのおばちゃんに嫌われ、嫌味や仲間はずれ的なことを毎回受けていました。例えば、バイトのスタッフなど全員で遊びに行くときは私1人だけ誘わなかったり。

 

ベテラン中高年パートのおばちゃん(以後おばちゃん)がバイトの時間になっても、きちんと来ることは一度もなく、タイムカード切ってて!とお店に連絡が入り、おばちゃんいないのにタイムカード切って、おばちゃんが来るまで自分1人でお店を任されるなんてこともありました。

 

いざおばちゃんが来ても(タイムカード切って30分くらい)、なかなかスタッフルームから出てきません。何やら座ってゆっくりとお弁当を食べているみたいです。(美味しそうなボリューム満点のお弁当を毎回買ってきてゆっくり食べていました。)

 

おばちゃんとのバイトは毎回そんな感じで、さらに嫌われていたため地獄のように感じました。さらに、こういうベテランの中高年パートのおばちゃんは、店長などの上の方には非常に愛想が良かったり、自分が好む人にはかなり良くしてあげたりするので恐ろしいです。(若い男性のスタッフは特に愛されていました。

 

別に、私がおばちゃんに態度が悪くしたとか、嫌われるようなことをしたとかは無いと思います。むしろ、怖かったので嫌われないようになんでも率先して頑張っていました。(そこが嫌われたのかもしれませんが。)

 

おばちゃんの勝手な理由で、一人だけに嫌味や仲間外れをするなんて許せませんが。された側はきっとずっと引きずると思います。現に私は今でも根に持っています。

 

そんな一方的な被害に合うくらいならば、”思いきってバイトを変えてみる”のもいいかもしれません。

 

▽ そのことについてはこちらの記事で少し書かせていただきました。

ラーメンを愛しバイトも経験した私が【ラーメン屋バイト】について徹底解析する

 

更に、女性がセクハラなどを受けてしまう場合も多いようです。実際にセクハラを受けてしまった女性は、事を大きくしたく無いため泣き寝入りしてしまうパターンが多いようです。そんな事態になれば、バイトなんて行きたくなくて毎日悩んでしまい、お辛いでしょう。

 

実は、私もセクハラ受けたことあります。

当時の私のバイト先は、お店が開く一時間前から開店の準備を始めます。例えば、10:00オープンならば、9:00から準備のためバイトなど。

店長はわざとその時間(9:00)に、私と店長だけをシフトに毎日入れ、外から見えないスタッフしか入れない小部屋にて身体を触ってきたり、キスしてきたりしていました

 

私は本当に嫌で気持ちが悪かったのですが、怖くて誰にも言うことも出来ず、事を大きくするのもどうなんだろうと思っていました。しかし、私が立ち上がらないと、他の人も被害に合ってしまうかもしれません。そこで、思い切って他の先輩のスタッフさんに相談しました。けれども、誰も信じてくれませんでした。「えー店長がそんなことする!?絶対ありえない!」みたいな。

 

逆になんで私が店長に気に入られているんだ!贔屓にされてズルイ!などとスタッフの皆が、悪口を言っていることを知ります。ズルイ?セクハラされてるのに?はぁ?って感じで、人間不信になりました。

 

もういいや。と思い、しばらく我慢をしながら、店長が辞める時までずっと我慢しました。悪口や嫌味(何で店長に贔屓されてるんだ!など)もずっと耐え、頃合いを見計らって「バイト辞めさせていただきます。」と電話で告げ、辞めました。

 

もしセクハラされている人がいるならば、逃げ出したっていいんだよ!と言ってあげたいです。もうね、誰にも言えないならば私で良ければお話聞くので、連絡くださいってくらいです。本当に。

 

と、話が大分ずれてしまいましたが、無理矢理戻していきますね。(無理やりスギィ)

 

▽ こちらのサイトが面白かったので紹介します

バイト先にいる「めんどう女(ヒト)」のトリセツ

 

世の中には、色々なめんどうな人がいるようで、”自分を棚にあげる女”、”おせっかいすぎる女”、”しょうもない見栄を張る女”、”自分の話しかしない女”、”養殖天然ゆるふわな女”など、そんな面倒な人たちへの適切な対処法も書かれていて、更にイラスト付きで面白かったので、是非皆さまも覗いてみてください。

 

人間関係でめんどくさいことの上記で挙げた、”スタッフ同士の仲が悪い”ですが、スタッフ同士の仲が悪いと、見ているだけで疲れますし、巻き込まないでくれ!となりまた行きたくなくなってしまいますね。

さらに自分の苦手な人がいるバイト先に行くのは、気が引けてしまいます。

 

3.疲れているのでめんどくさい

 

 

学生さんはテスト期間で勉強中ですと、睡眠時間を削って一生懸命勉強している方もいますよね。そんな寝不足の時にバイトとなると、めんどくさいとしか言えません。

学生さんだけに限らず、主婦の方のパートでも、家事に育児に24時間忙しい中で、バイトに行かなくてはいけない…となるとめんどくさいなと感じてしまうのではないでしょうか。

勉強や、家事や育児や、趣味で体を動かしたりした次の日など、ゆっくり寝ていたいなぁと私なら思ってしまいます。

 

4.遊びたいのに遊べないのでめんどくさい

 

先ほど少し触れましたが、大学生の方などは、友人が「今日はバイト無いから遊び行くぞー!」って話になった時に、自分だけバイトですと、「ああ…バイト行きたくない。自分も遊びに行きたい!」と感じてしまうのではないでしょうか?

特に大学生は「うぇーい!」みたいな感じのイメージがあるので(どんな感じ)、「今日はバイトだから行けない!」と言いにくい場合もあるかもしれません。

もしも「うぇーい!」軍団に「バイトだから行けない!」なんて言うと、「ノリ悪ー!」とか言われそうで怖いです。(勝手に言い過ぎ)

 

5.時給が低いからバイトに行きたくない

 

 

最初にバイトに入った時の時給が低ければ、上がってもそこまで高くならないので、行きたくなくなりますよね。私の場合時給650円が660円に上がりましたが、結局はたいして給料が上がらなかったので、時給の高いバイトに変えたくてたまりませんでした

お金を貯めたいのに、時給が低いと”頑張ろう”という意欲のモチベーションも下がります

ただ、時給の高いバイトもキツイ仕事内容が多かったりするので、結局は”自分に合うバイト”を探すことが1番なのではないかなと思います。

 

6.任される仕事が多くてめんどくさい

 

働いているスタッフの全員に、均等に仕事の量が任されれば、そこまで面倒には感じないのではないかと思うのですが、”ベテラン中高年パートのおばちゃん”のように、タイムカードを切っといて!といい、時間になっても来ない、来たと思ったらお弁当をスタッフルームで食べ…その間自分が1人でお店を任される状況。こんな状況ならば、めんどくさく感じてしまいます。

 

自分1人だけに仕事を押し付けられたり、バイトとは”関係のないこと”までお願いされてしまったり。考えるだけで非常にめんどくさいです。

例えば、バイトの歓迎会や送別会をやるから、そこで”出し物”を考えてくれないか?など。めんどくさいですよね。歓迎会や送別会用の、あれも準備しといて!これも準備しといて!って言ってこられた場合は、もう「あなたが準備してよ!」ってなります。

 

7.休みたくても休めないのでめんどくさい

 

シフト制のバイトだと、自分でシフトを決めれないので、休みたい時期にバイトを入れられてしまって、休みたくても簡単には休めないと思います。学生さんならばテスト期間中など、勉強に集中したい時期でも、シフトを組まれてしまえば行かなくてはいけません。主婦の方でしたら、子供が熱を出していて付き添ってあげたいのに預ける人がいないため、休みたいのに休めないなど。そんなときに「はぁ、バイトめんどくさい!休みたいのにー!」と感じてしまうのではないでしょうか。

 


 

バイトにも労基法が適用されるのをご存知ですか?

 

労働基準法についての説明をタウンワークさんから引用させてもらいました。

労働時間、休日・休暇、賃金、解雇など、労働者の労働条件に関する最低基準を定めた法律。憲法における「生存権(憲法第25条1項)」と「勤労条件の基準(憲法第27条2項)」を具体化した、民法の特別法です。

特別法は一般法より優先されるため、労働基準法の労働契約に関する規定は、民法の雇用契約に関する規定に優先して適用されます。また、労働基準法に準拠しない労働契約は、該当部分のみ無効とされます。厚生労働省の出先機関である「労働基準監督署」が、労働基準法の定めに則り、監督行政機関として、労働条件および労働者の保護について監督を行います。

引用元:「労働基準法(ろうどうきじゅんほう)」とは?

ちょっといまいち難しくて分かりませんね。(こら)

 

私が色々と調べて簡単にまとめてみます。アルバイトでも労働基準法が適用されるので、それに違反している場合は罰則されます。

 

アルバイトでも「労働基準法」が適用されるんですね。なんとなーく聞いたことはあったのですが、ここまで詳しく調べたことはありませんでした。

 

労働基準法

  • 労働時間→1日8時間以内、週40時間以内
  • 休憩時間→6時間以上バイトした場合45分以上の休憩、8時間以上バイトした場合は60分以上の休憩
  • 有給休暇→下に記述しています
  • 解雇→解雇が正当でも30日前に予告、または30日分の賃金を支払う

なども労働基準法によって詳しく定められています。

 

なんと、アルバイトでも有給休暇を取得できます!皆さまご存知でしたか?私は全く知りませんでした。

詳しく私が分かりやすいように説明します!と思ったのですが、非常に説明が難しいので、タウンワークのサイトを参考にさせていただきます。

 

(出典元:アルバイトでも有給休暇は取れるの?条件や日数を教えて!)

 

バイトを始めてから半年経ってから有給休暇は取得できるようで、週に何日間バイトしているかにもよって、取得できる有給休暇の日数が違います。半年経てば有給休暇を取得できるものの、本当にアルバイトの人たちに有給休暇を使わせてくれているバイト先が存在するのか、とても疑問です。というか私自身、アルバイトで有給休暇とれたよ!って聞いたことがありません。もしいらっしゃったら教えてください。

 

いつか、きちんとアルバイトでも”有給休暇”が皆平等に使える世の中になってほしい!と願うばかりです。

ブラックなバイト先や、労働基準法を違反しているバイト先では、働かないようにしましょうね。

 

POINT

労働基準法を違反しているバイト先は、すぐに違うバイトを探すことをオススメします。

 


 

バイト中のめんどくさいこととは

 

バイト中にもめんどくさいことって沢山ありますよね。

 

例えば、

  • クレームが入る
  • お客さんに絡まれる
  • ミスをして厳しく怒られる
  • 忙しすぎる

などです。

 

飲食店だったら「あ、もやしが無くなった!買ってきて!」などと言われたこともあります。走って近くのスーパーにてもやしを買いに行くことも多々ありました。

上記に挙げた、バイト中のめんどくさいことを1つ1つ詳しくみていきましょう。

 

クレーム対応がめんどくさい

 

こちら側のミスでクレームが入ったならば、「申し訳ありませんでした!」と素直に謝ることが出来るのですが、たまに変なクレームをつけてくるお客さんもいます。それに、飲食店ならば本来はやっていないような難しい注文をしてくるお客さんもいます。そんな時、「あーめんどくさいなぁ」と感じてしまいます。

 

お客さんに絡まれてめんどくさい

 

 

お酒を飲んで酔っぱらっている方が、多く利用するバイト先であった場合、酔っぱらっているお客さんに絡まれたりすることもよくあります。少しくらいなら許せませますが、しつこく絡んでくると非常にめんどくさいですよね。あんまり冷たい態度も出来ないので、ある程度答えてあげなくてはいけません。女性であれば口説かれてしまったり。連絡先教えてよ!とかしつこく聞かれてしまったり。酔っぱらいの人に絡まれたくない場合は、居酒屋などのバイトはオススメできません

連絡先をしつこく聞かれた場合は無視してもだめですし、対応が難しいですね。上手く断るキャッチフレーズなど用意しておくといいかもしれません。例えば、「バイト中に連絡先を教えることは絶対にできないんですよー!」とか。

どこが上手いキャッチフレーズだ!と思いましたか?私も思いました。ごめんなさい。

 

 

ミスをして厳しく怒られバイトに行きたくなくてめんどくさい

 

 

ミスはわざとしている訳ではないので、厳しく怒られるとメンタルがやられます。手短に厳しく怒られるのならばいいのですが、ネチネチ何時間も怒られると、「もうバイト行きたくないなぁ」と思ってしまいます。

 

私もバイト先で分からないことがあり、「これはどうしたらいいのでしょうか?」と質問したことで、かなり怒られたことがあります。2時間ほど怒鳴られて気が滅入り、怖くてバイトに行けなくなってしまい、ストレスで円形脱毛症になり、給料も手渡しだったので、会うのも怖くて行けませんでした。

もちろん給料は送ってくれることもなく、受け取れないままでした。(その岩盤浴潰れたので良かった

 

▽ 岩盤浴スタッフをしていた時に2時間怒鳴られたことについて書いている記事

【リゾートバイト】って知ってる?全国の温泉旅館やリゾート地で働いてみよう!徹底解析

 

怒られたくない場合、何か出来ることと言えば、ミスを減らすことですよね。ミスを減らすことが出来れば、怒られることも少なくなると思います。

ミスを減らすために参考になった記事には、「メモを取る」と書かれていました。確かに、こまめにメモを取っておけば、忘れてしまった時にそのメモを見返すことで、ミスを確実に減らせるのではないかと思います!

 

(怒られてもあんまり気にしない強い精神が欲しいです。)

 

▽ ミスを減らすために参考にしたサイト

【ミス・失敗がなくなる!】バイトで怒られなくなる3つの方法

 

忙しすぎてめんどくさい

 

忙しすぎるバイト。例えば、飲食店ならばお昼時などは、お客さんがランチを取りに来るので忙しくなります。さらに土日祝日に繁盛するので休むこともできません。土日祝日の飲食店でのバイトは、正直言ってかなりキツイです。忙しすぎて、自分が”今何してるのか”さえも分からなくなってしまうくらい、忙しかったです。

 

ネットで検索してみると「割に合わないバイトランキング」がありましたので、参考にさせていただきます。

 

コンビニ、着ぐるみのバイト、交通誘導警備などある中で第1位は、”引越し屋さんのバイト”でした。他のサイトさんなどで”キツイバイト”を検索しても、やはり一番キツイバイトは”引越し屋さん”でした。

 

辛くて割に合わないバイト、ナンバーワンだそうです。重いものを運ぶ作業なので、身体を傷めたりしやすく、非常に過酷であることが想像できます。夏場の引越し屋さんのバイトなんて考えるだけで倒れてしまいそうです。引越しの手伝いだけでも疲れますからね。

 

▽ 参考にさせていただいたサイト様

【激務】割に合わないバイトランキング10種!【薄給】

 


 

バイトを続けることのメリットとは

 

 

バイトを長く続けることで、何かメリットがあるなら、「めんどくさいけれど、頑張ってみよう!」という方のために、バイトを長く続けていると得られるメリットをいくつかまとめてみます。

 

▽ こちらのサイト様を参考にさせていただきました。

半年以上バイトを続けた人に聞いた!長期間1つのバイトを続けるメリット

 

■あなたは半年以上、同じアルバイトを続けた経験はありますか?
ある 265人(65.9%)
ない 137人(34.1%)

 

6割以上の大学生が半年以上のアルバイトを続けたことがあると回答! 長い期間続けれている魅力はどこにあるのでしょうか? 詳しくみてみましょう。


■バイトを長く続ける魅力を教えてください。

●バイト仲間と仲良くなれる
・仲間と仲良くすること(女性/20歳/短大・専門学校生)
・職場の人と信頼関係が築けること(男性/21歳/大学2年生)
・良好な人間関係が築けた(女性/23歳/大学4年生)
・職場の関係を築きやすく、働きやすくなった(男性/24歳/大学4年生)

●シフト面で優遇
・シフトの融通がきくようになる(男性/23歳/大学4年生)
・シフトの融通がきく(女性/18歳/大学1年生)
・シフトにおけるシェアを拡大できる(男性/21歳/大学4年生)
・社員さんと仲良くなれてシフトの融通がきくこと(女性/23歳/大学4年生)

●自己成長
・社会性が身に付く(男性/23歳/大学4年生)
・コミュニケーション力が向上するから(女性/22歳/大学4年生)
・仕事が早くなる(女性/21歳/大学4年生)
・仕事内容がわかってきて、効率よく疲れないように仕事ができるようになる(女性/22歳/大学院生)

 

引用元:​半年以上バイトを続けた人に聞いた!長期間1つのバイトを続けるメリット

 

バイトを半年以上続けたことがある方は、6割以上もいるとのことで、一度は長くバイトを経験されたことのある方が多いみたいですね。更に、長く続けることでスタッフ同士仲良くなったりシフトの融通がきいたり。更には自分への成長へ繋がるので、長く続けることのメリットは大きいのではないでしょうか。

 

私としての考えは、バイトを続けることで忍耐力が付き、嫌なことにも立ち向かえる”心の強さ”を持てることではないかなぁと思います。(うわっキザスギィ…)

 

ただ、やはり長く続けたくても、バイト先に嫌味をいってくる方や、仲良くしたくても相手が一方的に嫌ってきているため、辞めたくなってしまう場合もあります。そういう方には「リゾートバイト」で短期でガッツリ稼ぐ方法や、シフトを自分で選べる「イベントスタッフ」などがオススメです。

 

 

シフトを自分で選べ、毎回一緒に働く人が違ったり…と自分に合ったバイトのやり方を見つけると、めんどくさく感じずに働くことが出来るかもしれません。

 


バイトを続けるメリットまとめ

  • バイトの仲間と仲良くなれる
  • シフトの融通が利く
  • 自分の成長につながる
  • バイト経験が就職活動に有利になる場合もある

 

バイトがめんどくさい時の対処法

「バイトがめんどくさくて行きたくない!」そんな時、”一体どうしたらいいのか”の対処法を詳しくまとめてみます。

 

自分に合ったバイト先を探す

 

今のバイト先が合わないのならば、”今とは違う新しいバイト先を探す”のも一つの手ではないでしょうか。

自分に合ったバイト先ならばめんどくさいと感じることも少なくなるでしょう。

 

例えば、自分が好きな日を選んでバイトに入れる”イベントスタッフ”のようなバイト。好きな日を選んでバイトに入れるのならば、テスト期間中をはずしたり、子供のイベント行事がある日ははずしてなど、自分のペースでバイトすることが出来ます

疲れそうな日ははずして、連日バイトは避けてなども出来ますね。バイトのシフトで旅行にも行けない!などの方も、旅行の日程は避けてバイトすることが出来ますし、イベントスタッフはかなりオススメです。

 

バイトでもらった給料で何をするか?目標を決める

 

 

初めてバイトをして給料をもらった時感動しましたよね。働いてお金を得ることの大変さも身に染みたはずです。その時の気持ちを思い出して、自分の欲しいものを買うため、旅行にいくため、具体的な目標や目的があるだけで、モチベーションが上がります

例えば、半年後に旅行に行くためにいくら貯めたい!など金額も具体的に目標を持つことで、やる気が湧いてくると思います。

 

バイトに行くことで、稼ぐことが出来るから旅行へのお金も貯まる!と思えば、割り切ってバイトに行くことができそうですよね。

 

自分の成長やスキルアップに繋がるんだ!と思い頑張る

 

バイトは自分の経験やスキルアップに確実に繋がります。自分の成長のために頑張るんだ!と言い聞かせて奮い立たせるのも良いかもしれません。

 

接客業などでは、お客さんとやりとりを行う際には、コミュニケーション能力も必要です。働くうちに、徐々に確実にコミュニケーション能力がアップしていきます。実際にバイトをしていて、接客するうちに「スムーズにやり取りできるようになったなぁ」と感じている方は、自分では気づきにくいですが、すごく成長されていると思います。

 

更に、簡単な調理をするバイトならば、包丁で野菜が切れるようになったり、簡単ではあるかもしれませんが調理法を学ぶことができます

このようにバイトをしていて学べることも多いので、スキルアップのために頑張るんだ!と考えをシフトしてもいいかもしれませんね。

 

やらされているのではなく、自ら考え動くことが出来るのは、就職活動でも有利になる自己アピールポイントになると思います。

 


 

まとめ

 

皆さまいかがでしたか?バイトがめんどくさいと感じたときに、いい解決策は見つかりましたでしょうか?

 

私がバイトをしていたのは10年ほど前なので、今は大分ブラックなバイトが少なくなってきているのではないかと思います。もしブラックなバイトに入ってしまっても、労働基準法があります。もしバイト先が労働基準法に反しているならば、それに沿った対応を求めることも出来ますし、少し安心しました。

 

ただセクハラされていて誰にも言えない。これが1番気がかりです。私自身も相当なダメージで、気持ち悪がられたらどうしようと、家族にも言えず、仲の良い友人にも言えず、1人で抱え込んでしまいました。

そんな方を少しでも減らしたいです。もし誰にも相談する人がいなくて困っているならば、私がお話聞きますからね。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 


この記事を書いた人

名前 みっぷう
趣味 DIY ブログ
バイト経歴 ラーメン屋・イベントスタッフ・結婚式場・岩盤浴スタッフ・コンパニオン
性格 温厚でおせっかいな所がある
BLOG DIY BLOG In Nagasaki
一言 仲良くしていただけたら嬉しいです。