アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

バイト辞めたい!!…と思ったときするべきことをまとめみた。

バイトを始めればいつか辞めるときが来るものです。

 

私もフリーター時代がかなり長かったので、お世話になったバイト先には辞めるという話を幾度となくしてきました。

 

かなりよくしてもらったバイト先には「辞めます」と言うのもかなり心苦しいものがありましたね…!

ちなみに初めてやったバイトを辞める時はかなり、辞めるということも初めてだったので、何を言えばいいのか、どうやって辞めればいいのかなどかなり戸惑いました。

 

「立つ鳥跡を濁さず」と言いますし、なるべくなら後味が悪いような辞め方はしたくないですよね!

 

そんな今からバイトを辞めようとしている人のために、今回はバイトを辞める時の言い方、気をつけるべきことなどをいろいろまとめてみました!

どうやって辞めれば良いのか分からない…という人はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

バイトを辞めたいと思ったら…

バイトを辞めたいと思ったら、まずは本当に辞めるべきなのかどうかを考えてみましょう。

私はよく軽い気持ちで辞めていましたが、バイトを辞めるのにも下のようなリスクはあります。

 

  • 新しい仕事を探すのが大変
  • 人間関係を一からまた作るのが大変
  • 一定期間収入がなくなるかも
  • 新しいバイトはもっと劣悪なバイトかも
  • 友達に「また辞めたの?」と呆れられる(←私だけですね…笑)

 

このリスクを考えれば、「いや、やっぱ辞めるべきじゃないかも…」と思い留まれることもあるでしょう。

それに、考えてみればバイトを辞めたい理由というのもそんなに大した理由ではないこともあります。単に飽きたとか、ちょっと面倒な仕事が増えた…というときなどですね。

 

「やっぱりもうちょっと頑張ってバイトしよう!」と思ったら、そのままバイトを続けましょう!

 

で、問題は本当に辞めなければいけないときですね。

  • 引越し
  • 家庭の事情
  • 人間関係
  • 体調不良
  • 学業
  • 就職

などなどいろいろあるでしょう。人間関係も、他の人からしてみれば「どうにでもなるでしょ」と言えるような悩みに思えても、本人からしてみればかなり重大な悩みだったりします。

それでバイトを辞めなければいけないというくらい悩んでいるということですから、バイトを辞めるという理由は人間関係が原因のものでも問題はないでしょう。

 

人間関係の悩みって嫌ですよね…。バイトのモチベーション、ちょっと合わない人がいるだけでバイトのモチベーション、ごっそり持っていかれてしまいます。

 

とにかく、バイトを辞める理由を考えてみて、それでもどうしても辞めたい、辞めなければいけないという場合は辞めるしかないですよね。

では次からは、辞めることを伝えるタイミングや言い方などを考えていきましょう。

 

バイトを辞めるのを伝えるタイミングは?

「バイト辞めます。明日から来ません」

さあバイトを辞めようと決めたからと言って、すぐに辞めるというのは絶対にNGです!

 

まず、あなたがバイトを辞めたら、バイト先はどうなるでしょうか?

一人バイトが足りなくなって困りますよね。

そのために、バイトを辞める際には前もって辞める時期を伝えておくことが必要なのです。

 

法律上は2週間前に辞めることを伝えればOK

では、具体的にいつまでに辞めることを伝えれば良いのかと言うと、

法律上は【辞める日の2週間前までに】と決まっています。

つまり、辞める日から逆算して2週間前の日、その日までに辞めることを伝えておけば何も問題はないということになります。

 

ですが・・・

まあ、ここまでは決まりの話ですね。最悪2週間前まででも法律上は問題ないので大丈夫は大丈夫なんですが、次は決まりの話ではなくバイト先のことを配慮したマナーの話になります。

 

なるべく1ヶ月前には言っておこう

上では2週間前までであれば問題ないとはお伝えしました。

ですが…バイト先も新しいバイトを探すのは結構大変です。

求人を出して、面接をして、選考して…となると、とても2週間ではすぐに新しい人は見つからないでしょう。

お世話になったバイト先のことを考えてあげるなら、

なるべく1ヶ月前には辞めることを伝えるようにはしましょう。

例えば10月末で辞めるなら、9月中には辞めると伝えておけば何も問題はないはずです。

さすがに1ヶ月時間があれば、バイト先もなんとか新しいバイトさんを探せるはずでしょう。

 

ちなみに私、法律では2週間前でいいというのは今回実は初めて知りました。今まで当たり前のように1ヶ月前がルールだと思っていたので…。

まあそれだけ、世の中では1か月前には言うという考え方が浸透しているということですね!2週間前でも問題はないのですが、なるべく1ヶ月前にはしておきたいところですね。

 

バイトを辞める日は指定できる?

ちなみに、バイトを辞める日は、早めに伝えておけば指定はできます!

一般的には確かに月末で辞めることが基本になっているとは思いますが、例えば引越しの関係などで「10日に辞めたい」「23日に辞めたい」など、ちょっと半端な時期になることあるでしょう。

そんな場合でも、ちゃんと前もって伝えておけば大丈夫です。

 

ただ、「10月で…」とだけ伝えてしまうと、基本的にバイト先の人は「10月いっぱいね」と取ってしまうことがほとんどなので、「本当は10月の15日辞めたかったんです!!」なんて誤解を生まないように、はっきりと辞める日にちは伝えておくようにしましょう。

 

バイトを辞めること、誰に伝えれば良い?

では、バイトを辞めるということは誰に伝えておけば良いのでしょうか?

もちろん同じバイトさん、同級生のバイトの友達に「10月でバイト辞めるね」と伝えておくだけではダメです。

バイトを辞めるということは、ちゃんと責任ある立場の人に伝えるようにしましょう。

 

責任ある立場の人とは?

  • 店長
  • リーダー
  • マネージャー

このような、いわゆる役職が付く人たちのことですね。

一番良いのは店長など、バイト先の中で一番偉い人に伝えることでしょう。採用の面接をしてくれた人もおそらく店長さんなどの一番偉い人でしょうから。

 

ちなみに店長の上にオーナーがいたり、でもオーナーとは全然喋ったことないし、一番偉いのは店長だけど採用からシフト管理などは人事担当の人がやってるし…など、よく考えてみたけど誰に伝えれば良いが分からない!というときは、先輩などに聞くのが一番です。

「バイトを辞めようかと思ってるんですけど、誰に伝えればいいんですかね…」みたいな感じで周りの人に聞けば問題ないでしょう。

 

バイトを辞める時の言い方は?

言葉のチョイスは本当に大事です。

 

学生の頃の私は、丁寧な言い方というものをよく知らなかったので、初めてバイト先を辞めるときは「えっと…すみません、〇月〇日で辞めたいんですけど…」みたいなすんごい適当な言い方をしてました。

まあこれでも実際間違いではないんですけど、せっかくお世話になったバイト先に辞めることを伝えるわけですから、もっと丁寧に言うことは心がけておきたいものですよね!

バイトを辞めることを伝える際のポイントを整理していきましょう!

 

ポイント①大事な話があることを責任者に伝える

そこまで「大事な話があって…」と深刻な空気を出す必要はないですが、一言

「少しお話があるので、勤務終了後にお時間頂けますか?」

くらいは最初に伝えておくと良いですね。

 

実際、これを伝えておけば、バイト先の責任者は「ああ、辞める話かな」と察してくれる場合も多いです。バイト先も、バイトさんが辞めるのは慣れっこですからね。

なんとなく空気で察してくれることが多いです。

相手が察してくれていると、こちらも話が切り出しやすいですし、実際バイトを辞める話はちょっと長引くこともあり得るので、いきなり話始めて時間を取るのも失礼ですからね、あらかじめ話があることは伝えておきましょう。

 

ポイント②柔らかい言い方を意識する

さて、いよいよバイトを辞める話を切り出します。

その際には「辞めます」とストレートに言うのは失礼なので、もうちょっと柔らかい言い方をすると良いでしょう。

 

「辞めさせて頂きたいと思ってます」
「辞めさせてください」
「退職させて頂けないでしょうか?」

 

などの文言が一番良いですね!ちなみに私は「辞めさせて頂きたいと思っています」とよく言ってました。

 

ポイント③時期、理由ははっきりと伝える

ただ辞めさせてくださいではいけないのがマナーです。

 

もちろん、辞める理由を明らかにしなければいけないと決まっているわけではないのですが、よっぽど人に言えないような事情がない限りは、基本的には辞める理由は明らかにしておきましょう。

「就活に専念したいので、〇月末で退職させて頂けないでしょうか?」

こんな感じがいいですね。

上でお伝えしたように、辞める時期を伝えるのも忘れないようにしましょう!

 

ポイント④了承を貰ったら挨拶を

バイトを辞めることを伝えて、「わかったよ、〇月ね。じゃあそれまでよろしくね」と了承を貰ったら、

「また改めて挨拶はさせて頂きますが、本当にお世話になりました。
〇月まで、よろしくお願いします!」

と最後に一言挨拶を入れておくとなお良しでしょう。

 

そのあとは徐々に他のバイトさん、他の社員さんなどにも個別に伝えておけると良いですね。

他の従業員さんもお世話になった人達です。辞める当日になって「あ、私今日で辞めることになってるんで」と言われたら「えーっ!?」となって戸惑ってしまうでしょう。

「店長にお話しして、〇月で辞めることになりました。お世話になりました。
最後まで頑張りますのでよろしくお願いします。」

と丁寧に伝えておけるのがベストですね!!

 

バイトを辞める理由?…ないよ!!

…という場合も、まあ、ありますよね。私も単純に「飽きたから」とか「なんとなく」という理由でバイトを辞めたことは、実際結構あります。

でも、いくらなんでも「飽きたので辞めさせてください」と言うのは失礼ですよね。マトモな人だったらそんなことは言えないはず…です。

 

もしくは、

  • 店長が嫌だ
  • 人には話せない事情がある
  • 働きたくない(´・ω・`)

などなど、ちょっと言いたくないような理由もあると思います。

 

でもさすがにそれもそのまま言うわけにもいきませんので、辞める理由が特にないとき、理由を言いたくないときなどの対処法をご紹介していきたいと思います。

 

家の事情で…

嘘を言うことを推奨するわけでは決してないですが、どうしても困った時は「家の事情で」と言えば深く突っ込んで聞かれないことも多いです。

「家の事情で、実家に頻繁に帰らなければいけなくなってしまいました。
すみませんが、〇月で辞めさせてください」

こんな感じのニュアンスで伝えておけば、まあそれ以上深く聞かれることはないでしょうし、引き止められることもないでしょう。

 

学生は学業を理由に

学生さんは学業を理由にするのでも良いでしょう。実際は単純に飽きたから、などでも、

「学校がとても忙しくなってしまって、
バイトとの両立ができそうにありません。
すみませんが、〇月で辞めさせてください」

と言っておくと、さすがに学生の学業をおろそかにさせてまで引き止めるようなバイト先はないはずなので、怪しまれるようなことなく辞めることを受け入れてもらえます。

 

フリーターは就活を理由に

フリーターさんは学業を理由にはできないので、無難な理由としては就活があげられます。

実際には就活をするわけではなく他のバイトに移ることにはなっていても、

「そろそろ就職を考えていますので、就活に専念したいと思っています。
〇月で辞めさせてください」

と伝えておけば良いでしょう。実際、バイトを辞めた後に他のバイト先でバイトしていて「就活してないじゃん!」とばれてしまったとしても、最悪「ちょっと就活がうまくいかなくて…(^-^;)」と言い訳がきくのでなんとかなります。

 

その他、

体調不良
引越し

などを理由にする人もいますが、後々嘘だということがバレやすいのであまりおすすめはしません。

 

人間関係が理由で辞めるならはっきり言うのもあり

ちょっと言いづらかったとしても、人間関係が理由で辞める場合ははっきりと理由を言っても良いかもしれません。私は勇気が出なかったですが…

「〇〇さんとどうしても合わないので、退職させてください」

という感じですね。

実際、人間関係の問題は、バイト先の中でも改善すべき問題であることも多いです。もしかしたら責任者もそれを聞いて、バイトを続けられるようにうまく対応してくれる可能性もあるでしょう。

「本当は辞めたくないんだけど…」くらいのニュアンスの人は、いっそのことはっきり言っても良いかもしれません。

 

バイトをすぐに辞めたい!

繰り返しになりますが、基本的にはすぐにバイトを辞めるのはルール違反です。

基本的には、です。

 

でも、世の中にはどうしようもないこともあります。実際、例えば実家で親御さんが倒れて、どうしてもすぐに実家に帰って看病をしなければいけないことも、あり得ないことではないでしょう。

そんなときは、事情を説明し、すぐに辞めなくてはいけなくなってしまったことを謝罪したうえでバイト先にすぐに辞めさせてもらえるように頼むしかありません。

 

ただ、やはりすぐに辞めるというのは、バイト先に相当な迷惑をかけてしまうことになります。

辞める以外の選択肢はないのかということをよーく考えたうえで、相談するようにしておきたいですね。

 

絶対にやってはいけないこと…それは“バックレ”!

バイトのバックレ、つまり連絡も入れずに無断欠勤し、そのままフェードアウトしてしまうことですね。

 

これは絶対にやってはいけないことです!

 

バックレるくらいなら、嫌な顔はされてでも「すみません、今日で辞めます」と言って辞めたほうが全然マシです。

 

バックレはバイトを辞めるときの最大の迷惑行為になります。どれだけ気まずくても、お世話になったバイト先に恩を仇で返すようなことは絶対にしないようにしましょう。

 

もし魔が差してバックレてしまったときは

それでもついついバックレてしまった人は…後でしばらく時間が経ってからでも良いので、謝罪の連絡は一言入れるようにしておきたいところですね。

どうしても気まずいなら最悪手紙を郵送するのでも良いです。

 

相手も自分も気持ちよくないはずなので、なるべく少しでもお互いが気持ち良く終われるようには修復しましょう。

 

どうしても直接辞めると言うのが気まずい!

直接辞めることを伝えるのが、どうしても気まずいときは、電話やメールで辞めることを伝えるのも最終手段としてはありです。

※ただ基本的には直接伝えるのがマナーです。
電話やメールで言ってくるなんて失礼な人だな!と言われても無理はないので、怒られること、呆れられることは覚悟のうえでお願いします。

私もメールで一度辞めることを伝えたことはありますが、まあ向こうが「あいつ最低だな!」と言ってそうでとにかく後もずっとモヤモヤしてましたね。

電話で伝える場合は、上でお伝えした言い方と同じです。責任者の人につないでもらい、理由、時期などをはっきりと伝えましょう。

 

メールで伝える場合の例

おすすめはしませんが、「辞めることはメールで伝えてはいけない」と法律で決まっているわけでもありません。

参考までにメールで辞めることを伝える際の例文を紹介します。どうしても気まずくて電話も無理という人は、最終手段として参考にしてみてくださいね。

 

件名:今後の勤務について
------------------------------------------
株式会社〇〇〇〇
〇〇様

お疲れ様です。
アルバイトの〇〇です。

突然のご連絡になってしまい大変申し訳ありませんが、
家の事情でしばらく実家に帰らなければいけなくなってしまったため、
〇月で退職させて頂きたいと思っております。

本来であれば直接お伝えしなければいけないところ、
メールでのご連絡になってしまい、申し訳ありません。
また改めてお伝えできればと思っております。

今まで大変お世話になりました。
〇月までよろしくお願いいたします。

 

ポイントは、

直接言うつもりだけど、事前にメールしたという意図を伝えるということです。

それなら相手もまあメールで辞めると言ってきた理由もなんとなく分かってくれるでしょう。それでも怒られる可能性はありますが…

 

なので、メール辞めることを伝えたとしても、後で必ず直接責任者にお話しするようにはしましょう!

 

バイトを辞める日の挨拶

ではいよいよバイトを辞める日がやってきました。

 

「めっちゃ辞めたかった!!!!」という人は解放感や清々しさでいっぱいでしょうし、バイト先によくしてもらった人は、寂しさや喪失感もあるでしょう。

バイト先を気持ちよく辞めるためには、最後まで挨拶をしっかりすることが大切です!

 

その日出勤している一人一人に挨拶を

できれば、その日出勤している人一人一人に挨拶回りに行きましょう。

あまり喋ったことない人でも、実際はどこかしらでお世話になっているものですから、「ありがとうございました」とか「お世話になりました」など挨拶くらいはしっかりとしておきたいところですね!

私は皆のシフトをチェックして、最終日に会えない人は、その人と最後に会う日が分かったらその日にもう挨拶するようにしていました。できれば全員に挨拶しておきたいですからね。

 

朝礼や夕礼などで挨拶することも

ちなみに私は「じゃあ今日で最後だから一言お願いしていい?」と、辞める日の夕礼で突然みんなの前で挨拶するのを求められたことがあります。

何も考えてなかったのでかなりびっくりはしましたし、言ってることも支離滅裂になってしまったので…今思うとあの時の挨拶は後悔しかないです(苦笑)

そうなんです。そんな風に皆の前で突然挨拶を求められることもありますので、一応想定の範囲には入れておきましょう。

 

ただ、無理していろいろべらべらと語る必要はないと思います。

「皆さん本当にお世話になりました。
今度はお客さんとして、たくさんお邪魔したいと思います。
ありがとうございました」

という感じで十分でしょう。もしみんなの前で挨拶を求められたら、緊張しますが頑張ってくださいね!!

 

菓子折りを持って行こう

社会人であれば、挨拶に加えて菓子折りを持っていっても良いですね。

 

辞めるときは必ず菓子折りが必要というわけではないですが、お世話になったバイト先に感謝を伝えたいという気持ちがあるなら、そんなに金額的には無理する必要はないので気持ちとしてお菓子を持っていきましょう♪

 

おすすめとしては誰でも食べられるようなクッキーなどが良いですね!

クッキーは日持ちもしやすいですし、暑いときでも傷みにくいです。チョコレートなどでも良いですが、夏などは溶けてしまうかもしれないので、皆が食べやすいことを意識して用意すると良いでしょう。

 

バイト先の人数にもよりますが、小分けで30個くらい入っているお菓子が良いですね。全員で分けて食べられる感じのです。

30個入りくらいのお菓子でも、よっぽど高いお菓子を買わなければ2000円前後で買えるのではないでしょうか?私もよく辞める際は1500円くらいのクッキーをバイト先に持っていってました。

 

菓子折りにメッセージやのし紙は要る?

あくまでほんの気持ちなので、そこまで固くなる必要もないと思います。

のしもメッセージも、実際私はつけたことないですね(^-^;

ただ、メッセージくらいはあっても良いかもしれませんね!皆仲の良いバイト先なら、最後に一言添えておくと気持ちがこもっていて印象もグッドです。

やっぱりお世話になったところを辞めるなら、最後の最後まで気持ち良いのが一番ですね!

 

まとめ

バイトを辞めることについて、言い方やら挨拶やらといろいろまとめてきましたが、いかがでしたか?

どんな風に辞めれば良いのか、イメージがついたと思います。

気持ち良くバイトを辞めることができれば、次のバイト、次の目標にも清々しい気持ちで一歩踏み出すことができます。そのためにも、後味の良い辞め方を心がけたいものですね。

どんなに短い間だったとしても、お世話になったバイト先です。最後まで気持ちの良い辞め方ができるように、バイト先の人には感謝の気持ちを忘れず、迷惑をかけるようなことはしないようにしましょう!

 


【ライタープロフィール】


名前:chocomint
バイト経験:コンビニ、書店、居酒屋、パチンコ店、コールセンターなど。
趣味:スマホゲーム、映画鑑賞
最近は動画サイトで猫の動画を見るのに絶賛ハマり中です。