アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

これだけは守って!バイトに応募する時の電話マナー

バイトに応募するとき、1番わからないことが電話だと思われます。

自分も最初は戸惑いました。

何回かバイトに応募していく中で電話の対応にも慣れてきたので、自分がいつも気をつけていることをお伝えします。

どんな言葉遣いをすればいいんだろう...?

いつでもかけていいのかな...?

何を聞けばいいんだろう...?

準備するものって特にないよね?

 

そんな方のために、自分のバイトに応募した経験をもとに、電話で気をつけるべきことを書いていきます!

応募する際に最低限気をつけておくべきこと

応募の問い合わせは営業時間内にかける

基本的に店舗は営業時間内しか電話をとってくれない場合が多いです。営業時間内かつあまり忙しくない時間帯にかけるのがベストです。飲食店であれば、18時から22時あたりの時間帯はめちゃくちゃ混む時間帯なので、応募の電話に時間を割かせるのは非常に申し訳ない事態になってきます。平日であれば、ある程度は時間がとれると思うので、空いてる時間帯を見計らって電話をかけましょう。

 

メモの用意

応募の電話をした際には、面接の希望日程や場所、その他の連絡事項を一気に説明されるので、メモ帳はあらかじめ近くに用意しておくと良いです。電話に出た方が気の利く大人の方であれば、「近くにメモ帳ありますか?」とか聞いてきてくれますが、必ずしもそうなるとは限らず、一方的に話されることもあるので電話をかける時には必ず近くにメモ帳を用意しておきましょう。

 

電話をかけた時の話し方・聞いておくこと

応募の電話をした旨を伝え、担当者につないでもらう

まず、アルバイトに応募したということ、求人票に書いている担当者の方につないで欲しい旨を電話をとった方に伝えます。担当の方が不在の場合は、都合の良い日程をお聞きして日を改めてかけ直してください。改めてかけ直す際には、営業時間外にかけても大丈夫か、けるとしたらどの時間帯が都合良いのかを店員の方に聞いておくと良いです。

 

担当者につないでもらったあとに、まだ応募しているかを訪ねる。

そもそもの問題なのですが、求人票を掲示してすぐに応募がきて枠が埋まってしまい、もう募集していなかったり、取り下げるのを忘れていたという場合があるので、そもそも現在も募集しているかの確認をしておく必要があります。募集が終了している場合は、次の募集がいつ頃かかりそうかを尋ねてみると良いかもしれません。

 

面接の日程、場所の確認

電話した際に確実に聞いておくべき事項です。尋ねずとも先方から教えてくれる場合がほとんどですが、中には「どうせわかってるでしょ」とわざわざ言ってこない方もいないわけではないので、言われてないと思ったら確実に聞いておきましょう。

面接場所だけでなく、集合場所だったり、店舗に入った際に誰に繋げば良いかも聞いておくと良いでしょう。

 

会話の例

店舗 「もしもし、お電話ありがとうございます。〇〇(会社名)△△店でございます。」

あなた「初めまして、お忙しいところ申し訳ございません。アルバイトの応募をしようと思い、ご連絡差し上げました。アルバイトの採用担当の方はいらっしゃいますか?」

店舗 「いま呼んできますね。少々お待ちください。」

店舗 「もしもし、お電話代わりました。採用担当の♢♢と申します。よろしくお願いします。」

あなた「初めまして。この度、アルバイトに応募させていただいた□□(あなたの名前)と申します。よろしくお願いいたします。求人票を見て応募させていただいたのですが、まだ募集はされていますか?」

店舗「はい。まだ募集していますので、1回お店にお越しいただいて面接をしたいと思っております。ご都合よろしい時間を教えていただければ幸いです。」

あなた「かしこまりました。〜〜でしたら時間が空いていますがいかがでしょうか?」

店舗「その時間で大丈夫です。店舗にお越しいただいた際、近くにいる者に♢♢に繋ぐよう言っていただければ私が対応致します。」

あなた「かしこまりました。持ち物はございますか?」

店舗「履歴書と筆記用具を持参していらしてください。」

あなた「かしこまりました。」

店舗 「それでは当日お待ちしております。よろしくお願いします。」

あなた「当日はよろしくお願いします。失礼いたします。」

といった感じで進めることができればまず大丈夫です。

 

電話をかけ終わったあとに気をつけること

聞いた内容を忘れたor不安になった場合

緊張のあまりメモをとり忘れ、挙句のはてに聞いたことがすべてすっ飛んだという方は遠慮せず、すぐに電話をかけなおしてください。2回めなので、きっと初めて電話をかけたときよりは緊張せずに話すことができるはずです。複数の連絡を煙たがる方はそうそういないはずなので、聞き漏らしやわからないことがあったらすぐに担当者の方に連絡を入れましょう。

 

まとめ

バイトに応募するときの電話で気をつけたいことについて書かせていただきました。自分も何回か経験がありますが、緊張するのは1番最初に応募するところです。最初さえ乗り越えてしまえばあとは勝手に慣れるので安心してください。

それでは、バイトへの応募の電話がんばってください!