アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

学生の方がバイト探しする際の注意点と求人の多い職種とは?

学生がレギュラーワークをするには交通の便のよさが大事

学生生活で優先させなければならないのは「学業や部活との両立」ですよね?学業や部活には何かとお金がかかります。学生が収入を得るために、アルバイトをする方が多いでしょう。

しかしいくら収入が欲しくても、本来優先すべき学業と部活を犠牲にするのは本末転倒です。

この章では、学生の方が学業と部活を両立しながらアルバイトをするヒントと職種についてご紹介します。

①普段の行動範囲を考える。

普段は学業や部活が終わった後にアルバイトをすることもあるでしょう。夕方以降にアルバイトをするにはどうしても時間の制約があります。

移動時間をできるだけ少なくしないと、その分働ける時間も少なくなります。そのため
学校近くのアルバイト先を探すのが賢明です。アルバイトは交通費が支給されないことも多く、公共交通機関で通学している学生の方にとって余計な経費が発生しないメリットがあります。

学校近くにアルバイト先が見つからない場合は、通学定期券で途中下車できる駅の周辺で探すのもいいでしょう。

②学生歓迎のレギュラーワークの職種と時給について

コンビニ

学生街は多くの学生や学校関係者が集まる場所であると同時に、周辺は学生が住む地域になっています。そのため昼夜を問わず需要の多い地域です。コンビニの経営者にとって、学生の方は若くて体力・知力を備えた人材と見てくれます。

曜日別の労働可能な時間や、学業や部活の予定も予め伝えておくのがいいですね。東京の場合、日勤は時給1,000円~1,100円程度、夜勤なら時給1,300円程度が目安になります。
大阪の場合、日勤は時給950円~1,000円程度、夜勤なら1,200円程度が一般的です。

居酒屋

短時間でしっかり稼ぐには居酒屋バイトはおすすめです。接客スキルも身につきます。夜が遅くなると翌日の活動に影響が出る恐れがあるため、週末中心で働くのがいいでしょう。週末はお客様が多いため、店側からも歓迎されます。

東京では時給1,100円~1,600円程度、大阪では時給1,000円~1,400円程度です。

塾講師

受験勉強を勝ち抜いてきた学生の方にとって、経験を活かせるだけでなく時給が高いため魅力です。実際は出身大学や学部、教える生徒の学年や教科により時給に差があります。

大手アルバイト情報サイトで検索すると、東京では時給2,300円~3,000円程度、大阪では2,000円程度の求人が多く見られます。

体を動かす仕事ではないので、体力的な負担が少なく学業や部活への影響は少ないでしょう。

学生が空いた時間や期間を有効活用し、しっかり稼げる短期バイトとは?

夏休みのように年単位で予定が立てられるものもあれば、予定した用事が突然キャンセルになり時間ができることもあるでしょう。

この章では、学生の方におすすめの1日から1ヶ月程度の短期バイトについてお話しします。

①ピッキング

ピッキングは工場内で注文伝票見ながら、品物と個数を確認して箱詰めする作業で品出しとも呼ばれています。職場は比較的女性が多いですが、男女共活躍できる職種です。

アルバイト各社のポータルサイトを見ると、求人は1日だけのものから1,2ヶ月単位のものまで様々あります。労働時間も4時間程度から8時間程度まで細分化されています。また就業前日の求人もあり、急に時間ができた学生の方におすすめのバイトです。

ピッキングは数十人規模で行います。就業前の朝礼で仕事内容の説明があり、職場には慣れたアルバイトの方がいるので、初めてでも安心して働けるでしょう。

東京では時給は1,100円程度、大阪では時給1,000円程度です。ほとんどの就業先は日勤ですが、まれに夜勤の就業先もあります。夜勤は時給が1.25倍以上になるので短時間で稼ぐことが可能です。

②イベント会場でのお客様の案内業務や会場設営・撤去

イベント会場での仕事は短期バイトの典型的なものです。イベントは前もって計画されるので、求人募集も早い段階から締め切られることが多いです。しかし、アルバイトをキャンセルする方がいるためイベント直前の求人募集も行われます。

会場設営・撤去は事実上男性の求人と考えて差し支えありません。体力勝負のため時給は高めです。東京では時給1,100円~1,600円程度、大阪で時給1,000円~1,200円程度です。イベントは数日間に渡って行われることもあり、短期間に高収入を得ることができます。

イベントでもマラソン大会のように、マラソンコース周辺での誘導や案内業務では男女の区別なく求人募集があります。当日の数時間のみの募集で、東京なら時給1,700円程度、大阪なら時給1,300円程度です。

③体力に自信のある学生の方なら、引っ越しのアルバイトでしっかり稼ぐ。

「ガテン系」の代表的なアルバイトです。引っ越し業者のトラックの助手席に座り移動します。家具やテレビなどの運び出しに技術を要する作業は、正社員の方が行うことが多いようです。

学生の方は、食器などの軽いものや運び出すのが比較的簡単な作業を任せられます。給与は日給(案件単位)で支払われることが多く、東京では1案件15,000円以上、大阪では13,000円以上の求人が目立ちます。

図書館やオフィスなどでは夜間に引っ越しが行われることがあり、時給はさらに高くなります。

複数の職種の求人があるホテル業界でビジネスマナーを身につける

ビジネスマナーは学生の方が、将来どのような業種で働くにして必要不可欠なものです。サービス業界と言えば、「ホテル業界」が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?この章では、学生のアルバイトの求人数が多く様々なビジネスマナーを身につけられるホテル業界のアルバイトをご紹介します。

①フロント

フロントは「ホテルの顔」ともいうべき場所です。毎日数多くの宿泊客を接客します。ホテル内の施設に関すること、ホテル周辺の案内などお客様から求められれば、すぐにお答えします。

宿泊予約やキャンセル対応では電話応対のマナーやパソコン操作も必要になるため、総合的なビジネスマナーを学ぶことができる絶好の機会と言えるでしょう。外国の宿泊客との応対では活きた語学力を身につけることも可能です。

東京で時給は1,400円程度、大阪では時給1,000円~1,200円程度です。

②レストラン

ホテルには施設内にレストランなどが併設されている所が多いようです。お客様のお出迎え、注文の取り方、料理の提供の仕方など将来外食産業の道に進みたい方が経験を積むことができます。

東京では時給1,200円~1,600円程度、大阪では時給1,000円~1,200円程度です。

③ブライダル

結婚式に関する様々な仕事があります。結婚式に参加される方への料理の準備と提供、カラオケや照明・音響の仕事、式を盛り上げるための手拍子をするなど裏方としての仕事が多くあります。

結婚式という最高の舞台を見て感動し、収入も得ることができる仕事です。

東京では時給1,300円~2,000円程度、大阪では時給1,200円~1,800円程度です。

「若さこそ最高の武器」と考え、アルバイトを通して収入と経験をつかむ

仕事を探す方にとって、若さは可能性が広がる重要な要素です。若いうちから経験を積むと、年齢を重ねても経験や資格がカバーする可能性があります。

学生の方はフルタイムで働くことはできません。しかし、短期間だからこそ、学生時代の間に様々な経験を積むことになるでしょう。

学校以外の場所で経験したことは、社会人になった時も活かせることでしょう。

今回の記事を読んで、学生の方がどのようにアルバイトを探せば良いかを知っていただけたらと思います。