アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

バイクにまたがったこともない僕がピザ屋のデリバリーバイトに応募した結果

 

バイト探しをする際に何を大切にしますか?

 

  • せっかくバイトするなら高時給!高単価!お金が一番!
  • 「人の関りが一番大事!楽しく働くためにはバイト仲間が良いところ!」
  • 「バイトするなら楽じゃないとやってらんないよ!きついバイトは絶対勘弁!」

 

などなどあると思います。

僕の場合は、上記で挙げた3つすべてに当てはまるバイトしかしたくありませんでした。
 

そもそも高校生の頃にとても忙しいけど時給が安いバイトを行っており、次行うバイトは楽で稼げるバイトがしたいなぁと考え探してました。

そんな僕が選んだバイトが…

ピザのデリバリーの絵

よし!ピザのデリバリーに応募だ!

*この時僕は原付バイク運転したことが一度もありません。

絵本

ここから僕のピザ屋デリバリーの物語が始まりました(ノンフィクションです)

 

ピザ屋のデリバリーへの応募理由とは?

先ほども言ったように僕がバイトを選ぶ基準は「金!働く仲間!楽!

今考えるとなんてカスな基準でしょうか…

 

応募する前は、ピザ屋のデリバリーのバイトのイメージを

「ピザなんて土日しか頼まないだろうし、ましてや平日なんてめっちゃ暇でしょ!しかも時給高いしウハウハだな!!」

はい。カスです。ごめんなさい。

ナポリの窯の図

僕が応募した店舗は「ナポリの窯」というお店です。

こちらの店は「ピザーラ」「ドミノピザ」「ピザハット」には知名度が劣りますが、地元では非常に人気のピザ屋さんでした。

そんな僕が「ナポリの窯」に応募した時期が10月中旬でした。

皆さんご存知の通りピザ屋の繁忙期はクリスマス~年末年始にかけてが一番忙しいです。

受かる自信がある

なのでバイクを運転したことがない僕でも受かるだろ!という軽い考えで面接に臨みました。

 

面接時に嘘をついてしまった…これはやばい…

面接当日はオーナーとの二人で行いました。

面接

オーナー:「今日はよろしくね。早速シフトについてなんだけど~~~~」

簡単な質問を受けた後に

オーナー:「そういえば、バイクって乗ったことある?」

まさか…

僕:「昔、と、、、と、、、と、、と、友達のに少しだけ・・・」

ここ最近で一番苦い顔をしてました。

*もちろんバイクにまたがったこともありません。

なんとか信じてもらい面接は合格しましたが、バイクに乗ったこともないためバイクの運転が出来るか本当に不安でした。

 

ぶっつけ本番!!バイクの運転は自転車や!魔のバイト初日…

緊張

バイト初日の僕は緊張で腹痛を起こしてました...

アクセルは回すだけ。ブレーキは引くだけ。バイクに対する知識はこれしかありません。

バイト先に到着し制服に着替えると、少し早めに店舗に入りました。

 

シフトに入るとトレーニングとして、ピザの配布のエリア、お金の受け渡しに関してのトレーニングを受けていた時に

電話

電話:「Prrrrrr.....

早速お客様からの注文が入りました。

オーナー:「じゃあ僕君、Aさん(バイトリーダー)と一緒に行って来てもらえるかな」

緊張

僕:「わ、、、、わわ、、、、わかりました。」

僕の対応のおかしさからAさんが僕に駆け寄り、

Aさん:「ピザが出来るまでの少しの間にバイクの転の練習をしようか」

5分程度でバイクのエンジンの付け方、体重の入れ方、方向指示器など運転に必要な情報を教えていただきました。

5分後にピザが焼き上がりすぐにそれをお客様のところにもっていこうとういうことになり、

最初はAさんに着いていく形でデリバリーすることになりました。

 

初めてのデリバリー初めての道路運転

デリバリーのバイクは2種類あり、屋根がついているバイクと屋根がないバイク。

屋根付きバイク

屋根があると細かく操作することが難しいですが、重心が低くなるのでバイクとして安定しているのが屋根付きの特徴です。

早速ピザを屋根付きバイクに乗せてお客様のもとへ出発!

道路に出たAさんのバイク…は…早い。

法定時速を守っているにもかかわらずとても速い印象を持ちました。操作に関してはそこまで問題はありませんでした。

お客様の家に到着するまでの10分間で原付の運転は慣れました。

帰りの道は僕がAさんを先導する形で帰ります。戻ってきたときにはバイクに対する不安は一ミリもありませんでした。

 

一度だけの過ち...交通違反はどうなる?

実は僕…交通違反を一度だけ犯したことがあります。

実はその交通違反というのが…

 

 

右折禁止のところで右折してしまったんです(゜o゜)

恥ずかしすぎる…

 

夜だったためか周りは真っ暗で標識も見えませんでした(言い訳です)

僕が右折したら、

後ろからサイレンを鳴らしたパトカーがきました。

心の声:「誰か違反したのかな?でも周りに僕以外人がいないぞ…まさか…」

その時パトカーから

警察:「そこのバイク止まってください」

心の声:「うわぁっぁぁぁぁ終わった...止まりたくない。」

こっちはどんなに頑張っても60キロが限界のバイク。相手はパトカー。

勝ち目なんてないのですぐに横に止めました。

警察:「ごめんねーあそこ右折したでしょ?ダメなんだよね~」

僕:「そうだったんですか…知らなかったです...」

警察:「すぐに終わるからちょっと待ってね」

まじかぁぁぁっぁぁぁぁ

僕:「これって罰金ですよね?いくらくらいかかります?」

警察:「んーーこれだったら7000円くらいかな」

心の声:「一日バイト頑張ってバイトしたのに…ほぼタダ働きだ…

 

その後いろいろな用紙に紙を書いてすぐにデリバリーを再開

お客様はそこまで待たせることにならなかったので、本当に良かったです。

この警察に捕まったことは店長に軽く話しましたが、もちろん自分のせいです。

会社からお金が出るなんてこともありません

一歩間違えれば事件になっていたという危機感を再認識した出来事でした。

 

サンタのコスプレって実はペラペラ?!

サンタさん

冬の風物詩となっているデリバリーの人のコスプレ...

あのコスプレって布1枚なんですよ!めちゃくちゃ寒い!

バイクでずっと外にいるため、デリバリーの人はかなり厚着をしているんですよ。

<僕の場合>

・制服の下

上には、ヒートテック3枚、ウィンドブレーカー

下には、スウェット、ヒートテック2枚

靴下は2枚重ねており

・制服の上

上下のウィンドブレーカー、その上にウォーマー

首にはネックウォーマー、手袋はボード用の防寒手袋

という格好です。でもこれでも寒いんですよね

この上からサンタのコスプレのペラペラのやつ

このコスプレにまったく暖める効果はありません

せめてもう少し布があるやつにしてほしかった...

 

雨の日、雪の日は本当に危険!

最初に書いていた通り僕はこのバイトを始めるまでバイク童貞でした。

なのでもちろん雨の日も雪の日も運転したことなかったんですよ。

 

このバイトが始まるまでは...

 

バイトを始めて初めての雨…

屋根付きのバイクでいつも通り運転をしていると

 

滑る!滑る!滑る!

 

マンホールが氷のようにツルツルしてます

 

倒れてはだめだ!倒れてはだめだ!

 

いつも以上に真剣に走ってました。

ヘルメットに雨が当たり視野が本当に狭いです

見えない…

雨の日に限ってお客様の注文が多い…

だから雨の日は嫌いでした。

 

雪の日に関してですが、基本デリバリーを行っているピザ屋は雪の日はバイクが転倒の恐れがあり運べないので店が閉まっています。

雪

ただ、雪の日の次の日晴れたときなどは本当に危険です。

雪が一部なくなっているから平常業務になります。

ただ日陰のところなどはめちゃめちゃ地面が凍ってます。でもお客様にそんなことは関係ない!

いつもより大通りを走り除雪されている道路のみを選んでお客様にピザを…

 

1.2回バイクで転倒してピザを作り直したこともありました( ;∀;)

 

雨の日も雪の日も危険だからバイトしたくなーーーい・・・

 

お給料以外にもらえるチップ制度?

お客様からよく

 

「雨の日なのに頑張ってるわね」

 

「寒いのにありがとうね」

 

などと温かい言葉をもらったり、

 

「おつりはいらないからもらってよ」

 

とチップをくれるお客様もいらっしゃいます。

そういったときはこのバイトをしていて本当に良かったと思います。

もちろんこうしてお金をもらったものは店にキャッシュバックはせず、自分の小遣いになります。

ピザはたまにしか注文しないお客様が多いので、非常に喜ばれるので自分としても気持ちが良いです。

 

僕は最高で800円もらったことがあります( ・´ー・`)ドヤッ

 

まとめ

簡単ではありますが僕の体験談を書かせていただきました。

次回はピザのデリバリーでのバイトの基礎的な部分を書いていきたいと思います。

 

 


ライター名:僕

好きな言葉:温故知新

バイト歴:マック、とりき、すし屋、デリバリー、カフェなどなど

ひとこと:アンパンは嫌いです。