アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

【口コミ多数!】憧れのケーキ屋さんでバイトしたい!でも、きついってきくけど?気になる評判を大公開!

■2018/6/19 体験者の方の口コミを追記しました。

皆さん、突然ですが1年間の中には沢山のイベントがありますよね。

家族だったり、彼氏だったり、友達だったり、お祝いする仲間がいるととっても楽しいイベントばかりです。

でも時にはシングルの人には寂しいことも。(わ…私とはいっ…いってませんよ?)

そんな時どうしていますか?

例えばクリスマス。

家族と離れていて、彼もいないクリスマス。

友達同士で祝うことも最近は多いみたいだけど、友達も予定があったりしたら…。

やっぱりちょっと寂しいですよね。

そんな時は1人で過ごしますか?それじゃ寂しさは増すばかり。

 

私ならいっそバイトでもしちゃいます。

しかも一番忙しそうなケーキ屋さんで。(私がいるから、あなたたちは楽しんでいるのよ?と思いますね)

忙しさで寂しさも吹っ飛ばせ!

そう、ケーキ屋さんで働くと独り身の寂しさなんて吹っ飛んじゃうんです!

筆者は高校生の頃より、数々のバイトを経験してきました。

中でも、ケーキ屋さんはイベントの時には大忙し!

筆者の経験をもとに、ケーキ屋さんで独り身の寂しさを吹っ飛ばす方法をご紹介します。

 

ケーキ屋の繁忙期

みなさんも一度はケーキ屋さんに行ったことありますよね。

どんな時にケーキを買いに行きますか?クリスマス?

最近は色々なイベントでケーキが売られてるんですよ。例えば…

  • 誕生日
  • お正月
  • バレンタインデー
  • ひな祭り
  • 子どもの日
  • 七夕
  • ハロウィン
  • クリスマス
  • ホワイトデー
  • 訪問先の手土産に        などなど…

 

手土産に買うこともあるけれど、ケーキってイベントの時に買うことが多いですよね。

中でも断トツで忙しいのはクリスマス。

まずはクリスマスを例にどんな風に忙しいのか見ていきましょう!

 

忙しいのはイベント当日とは限らない?パティシエ密着12月!

今回は一年間の中でも一番忙しいクリスマスの時期のケーキ屋さんについて見ていきます。

 

まず、1カ月前

この頃から段々忙しさの予感を感じ始めます。

人気のケーキの注文は早ければこの段階で売り切れになるからです。

予約のお客さんが増えてきたら、いよいよだな、と心の準備をしましょう。

 

1カ月前から1週間前

この頃にはお店を本格的にクリスマス仕様にします。

ディスプレイも変わり、気分的にもすっかりクリスマス。

当日はまだまだ、なんて気を緩めないでくださいね。

クリスマスケーキの予約に来たお客さん、ついでに結構ケーキを買って帰ります。

だから予約の手続きと販売が重なり、結構忙しい時期でもあるのです。

 

1週間前から当日まで

一週間前だからとあなどるなかれ。

当日にお祝い出来ない人は1週間繰り上げてのお祝いをします。

だから1週間前からそろそろクリスマスケーキは売れ始めるのです。

そして、ぎりぎりに慌てて予約をしにくるお客さんもいます。

当日に向けて、体力を温存しておきたいところですが、この頃からかなり忙しくなります。

 

いよいよ当日

当日になると、数日前からほとんど寝ていない製造現場の雰囲気もあり、みんなハイテンション状態!(パーティーです!)

次から次へとやってくるお客さんを、頭の中を真っ白にして応対します。

もう当日だと何がなんだかわからないくらい忙しい。

猫の手を貸してくれるものならほんとに借りたいくらい。

そんな勢いであっと言う間に一日が過ぎていきます。

 

クリスマスの忙しさを噛みしめる時間もなく、お正月の準備に移ります。

 

どうです?

1カ月前からお正月までのケーキ屋さんの状態をお話ししてきましたが、少しでも寂しい要素はなかったと思いません?

寂しいなんて思う時間がないほど忙しいのもわかっていただけましたよね!

そのくらい、繁忙期のケーキ屋さんって忙しいのです。

 

いくら寂しくたってこんなに忙しいのは嫌?

大丈夫です。

ケーキ屋さんでもどこもかしこも目が回るほど忙しくはありません。

では、ケーキ屋さんによってどのような違いがあるのでしょうか?

そもそもケーキ屋って何するのかわからない…

そうでしたね、まだ説明していませんでした。
主にバイトが行う業務として
・ケーキの窓口販売
・イベント時の店頭販売
・工場のラインでケーキを完成させる仕事

などがあげられます。でも仕事の大変さわかんないよ!という方もいらっしゃるかもしれません…
それではここで実際に銀座コージーで働いていた方と山崎製パンで働いていた方などの4名に来ていただいたので、話を聞いてみましょう!

・口コミはいいからケーキ屋のタイプを知りたい方はここから飛べます!

 

 

実際にケーキ屋でバイトしていた方の口コミ1

■2018/6/19 体験者の方の口コミを追記しました。


Q1:お店名は何ですか?
A1:銀座コージーと京橋千疋屋です。

Q2:2店も働いていたんですね。それぞれ働いていた時期はいつですか?
A2:銀座コージーが2014年9月〜2015年3月です。
京橋千疋屋が2015年3月〜11月ですね。

Q3:なるほど…時給はいくらでしたか?
A3:銀座コージーが850円で京橋千疋屋が1000円でした。

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:学生が多かったのでどちらも融通が利きました。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:ケーキの窓口販売です。



Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:イベントごとの時期は忙しかったです。

コージーは駅ナカに入っている改札の近くの店舗だったので忙しかったです。きつかったことは、改札前ということで「電車の時間がきちゃうから急いで」と急かされたりすること。
また、目の前が外なため、冬場は手がかじかみ乾燥によりケーキの箱で何度も手を切ったことですね。

千疋屋はデパ地下に入っている店舗だったため、平日はヒマでした。きついことはそんなになかったです。( *´艸`)

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:どちらも良好でした。モラルも守られていたと思います。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:千疋屋はデパートに店舗があり、ケーキの単価も高いため、比較的裕福な方が買いにいらっしゃいました。
そのおかげか言葉遣いやマナーなどは学ぶことができました。

また、プレゼント用に購入する方が多かったため、のしの知識も得ることができました。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:店舗によるのですが売れ残ったケーキがもらえることがあったのでそこは得でした。

Q10:まかないみたいなのがあるんですねぇ…実際、楽しんで働けましたか?
A10:楽しかったです。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:クリスマスは勤務可能かどうかを聞かれました。志望動機は人と接することが好き、と答えました。

Q12:やっぱりクリスマスは人手がいるんですね笑 服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:ネイル・ピアスは禁止です。髪は結び、帽子の中にしまう、くらいでした。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:イベントがなければとりやすかったです。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:女性ばかりだったのでありませんでした。

千疋屋はデパートに入っていたため惣菜コーナーの方と付き合っている方はいましたが出会いはほぼなかったです。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:イベントがなければ比較的ヒマでした。

なるほど、思ったよりリアルなことを聞けました。では続いてこちらの方の話!

ケーキ屋でバイトしていた方の口コミ2

Q1:お店名は何ですか?
A1:山崎製パン 横浜第2工場です。

Q2:工場勤務だったのですね!ちなみに働いていた時期はいつですか?
A2:2017年12月~2018年1月です。

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:私は夜勤を希望しました。繁忙期という事で1200円。深夜手当がつき、22時~6時は25%upでした。

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:クリスマス、年末年始等手当が高くなる日は希望する人が多く、残念ながら働く事はできませんでした。
おそらく経験者優遇という感じがしました。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:クリスマス前ということもあり、ベルトコンベアに乗ったスポンジケーキにいちご、チョコを所定の位置に飾り付けるという作業でした。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:とても忙しかったです。ラインの一員になると抜ける事ができないのできつかったです。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:繁忙期だったからかもしれませんが、イライラしている人が多く、怒鳴り声がしたり、言い争いがところどころでありました。
パンは社外に持ち出してはいけない決まりになっていましたが、持ち出す人何人か見てしまいました(苦笑)

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:社員としてではなく、アルバイトとして働くことをおすすめします。若い人やシニアのアルバイト場所だと思います。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:おいしいパンを思う存分食べられたことです(笑)そして一日中大好きなチョコとイチゴのそばにいられたことでしょうか(笑)

Q10:それは楽しそうですね笑 では楽しんで働けましたか?
A10:残念ながら単発の高時給バイトと割り切り働きました。

Q11:あら、そうなんですね。面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:面接はほんの数分で働ける日の確認作業でした。20名くらいが同じ時間に集まっていたと思います。ほとんどが女性、主婦のようでしたが、男子高校生が一人制服のまま面接に来ていたのでユニークだなと感じました。志望動機は聞かれなかったと記憶しています。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:当たり前のことですが、衛星管理上仕事中髪一本でも顔にかかっていると注意されていました。

しかし何年も洗っていないような作業靴を履かされての作業だったので、ギャップがおもしろいなーと思っていました。トイレも汚かったし(苦笑)

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:はい。基本的に休みたいと言えば取らせてくれました。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:そのような雰囲気はなかったと思います。ただ驚いたのは外国人が多く働いている事でした。中国人、フィリピン人、スリランカ人、黒人(どちらの国かわかりませんでした)等がいらっしゃいました。また仕事中は作業服を着ているのでわからないのですが、更衣室でみると年齢層が幅広い人達が集まっているんだなーと驚きました。まさに老若男女でした(笑)

Q15:グローバル化ですね笑 仕事中は楽、暇でしたか?
A15:とても忙しかったです!

工場勤務のなかなか珍しい話を聞かせていただきました。
工場も、窓口販売も共通するのはクリスマスなどのイベントは忙しいということですね。(私も楽しくなってきました笑)

ケーキ屋でバイトしていた方の口コミ3

Q1:お店名は何ですか?
A1:田子の月

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:去年2月から半年ほど

Q3:時給はいくらでしたか?日払いなどは可能でしたか?
A3:850円、日払いは不可

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:まとめ役の人がいて都合を聞いてもらえやすかった。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:清掃、接客、商品陳列

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:常に来客があり余り暇な時間はなかった。

Q7:人間関係は良かったですか?男性や高校生などはいましたか?
A7:男性は工場に製造の方で行っていました。高校生はいなかったです。


Q8:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A8:内緒ですが期限切れお菓子を分けて貰いました笑。


Q9:面接では何と質問されましたか?また志望動機はどう答えましたか?
A9:質問は接客は好きですか?弊社のお菓子は食べたことがありますか?など。
志望動機はお店が清潔感があり、きれいだからと答えました。


Q10:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A10:制服は貸出がありました。


Q11:休みは取りやすかったですか?
A11:全部の都合を聞いてもらえるわけではないですが、基本は希望通りでした。


Q12:失礼な質問ですみません。「ケーキ屋でバイトすると体形が変わる」と聞いたことがあるですが、食べすぎちゃった笑などのエピソードあればお聞かせください。
A12:新作なんかは自分でも買って帰ってしまうので、太ったかもしれません。
試作品をもらったりしました。また形が良くないので商品にできないのも貰っていました。

Q13:働いてよかったことは何ですか?
A13:明るい職場で、楽しかったことですね。

Q14:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A14:先輩が優しかったので続けられました。
でもさらに時給が高い職場に移ったため、辞めました。

Q15:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A15:すすめたいですね。いかんせん先輩がよかったので笑。

ちなみに、私のお店ではイベントとして
クリスマス、バレンタイン、ひなまつり、こどもの日、七夕、敬老の日などのイベントがありましたね。

ケーキ屋でバイトしていた方の口コミ4


Q1:お店名は何ですか?
A1:九州のシャトレーゼです。
(私が入った時は『㈱さかえ屋』でした。シャトレーゼグループにさかえ屋が傘下として組み込まれたので今、働いている場所は『さかえ屋』がオーナーでシャトレーゼを経営しています。)

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:平成22年~現在なので8年間ですね。

Q3:時給はいくらでしたか?日払いなどは可能でしたか?
A3:さかえ屋…789円(福岡県最低賃金…笑)
      シャトレーゼ…810円

日払いは聞いたことないですね。給与明細が本社人事課より配布されているのでたぶん、難しいことだと思います。

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:つけやすかったです。ただ、急に出勤してほしいとか残業してほしいってことがよくありました。出来るときは請け負ってましたし、主婦なので難しい時は断ってました。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:主に接客です。その他にはケーキなどの洋菓子、他に和菓子に焼き菓子に米菓も、販売してます。接客販売だけではないですが…細々なこともあります。それだけ知識がついてくると発注や在庫管理もします。今、そこら辺まで自分はしています。


Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:忙しい職種だとおもいます。行事毎に組み込まれる計画もありますし…行事だけではなく、誕生日、プレゼント、法事事…人によって全く違う依頼だったりするので頭を使います。…あと、慣れましたが八時間は立ちっぱなしです。(足が棒になります…)

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:人間関係はよかったです。モラルも大丈夫でした。

Q8:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A8:特にありませんでした。


Q9:面接では何と質問されましたか?また志望動機はどう答えましたか?
A9:忘れてしまいましたが子供がいるから急な休みを依頼するかも…と行った記憶だけあります。
元々販売業をしていたためそこをアピールしました。


Q10:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A10:制服支給があります。食品を扱う販売業のため髪の色やアクセサリー、つめなどは制約がありました。利用来店されるかたは年齢層が高いので身なりが悪いとクレームがくるので要注意です。


Q11:休みは取りやすかったですか?
A11:一般の方が休む期間、連休、盆、正月はやはり休むのを渋られます。
家庭持ちの人は比較的融通を聞かせてくれますが学生やフリーターは、余程の用事がない限りは出勤を依頼されてました。


Q12:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A12:菓子屋はほとんどが女子が多いのですが自分が勤めていた店舗は男子社員やバイトがいました。
ですが恋愛に発展するのはないですね。取引先の若い兄ちゃんが目の保養だったりします…笑。


Q13:働いてよかったことは何ですか?
A13:色々なお客様との繋がりがふえ「あなたがいるからこの店にくるの」と、嬉しい言葉をいただく機会がふえました。


Q14:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A14:自分が培ったスキルを思い切り使うことが出来たから。あと、娘から「ママはここで働いているんだ」という幼いながらも応援してくれてる気持ち、「大きくなったらママとここで一緒に働きたい」といわれた時は嬉しくなりました。



Q15:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A15:勧めるか…率直な意見は『no』です。

理由としてはまず覚えることが非常に多いこと。コンビニのようにお客様が選んでレジ通して終わり。…と言うわけにはいかないため。私が勤めているところは土地柄もあるでしょうが『+α』が必要な場所です。
プレゼントとか割引とかではなく(まぁ、それが欲しいって方もいますが)、
・店員の対応力(選びたい品がないときにスムーズに切り替えが出来るか、自宅用や御使いものなど確認、希望する予算や個数に合わせられるか、見合った詰めかたが出来るか…)

・手先のスピード(包装や箱詰め、レジ対応)、

・知識(どんなお菓子か、何が使われているか、御使いものの際の熨(のし)の知識)など…

それ以上に店に入店した際の雰囲気ですらクレームに繋がります。

「この店は店員の元気がない、暗い」と言われるときもあります。


お菓子自体が生活必需品ではないのと嗜好品ということもあり、どちらかと言えば「特別なイベント」に来店される方が多いと思います。そんなイベントの前に笑顔がなかったら少しショックなのもわかります。

ケーキを買いに来たのに希望のケーキがなかった。しかたないから、別のケーキを買うようにしたら、応対した店員が愛想がない。すこしイライラしながら会計したら、頼んだケーキが作業台の上に箱にも包まず出しっぱなし…お会計の受け渡しもつり銭が違ってて指摘したら簡単な謝りかたくらいで差額を返してきて、やっと包んでくれて、もって帰りお祝いしようかと開けてみたら、保冷剤が入ってない、頼んだろうそくも付いてない。…せっかくの誕生日なのに?…になりますよね。

…実際、あった話なんです。これ。


長い話になってしまいましたが…私はこれらの経験を約20年続けてきました。
表面上やバイトの雑誌などでは…簡単な仕事とありますが
はっきり言って簡単な事ではないとおもいます。
ただ、なぜ続けてるのか…といわれたら

『好き』なんでしょうね。

条件のよい別の菓子屋に勤めてもいいと思うのですが…立地的に今の場所が好きです。
長年の常連さんも訪ねてきたりします。
私を育て上げてくれた歴代の先輩方の指導に本当感謝してますし今、後輩たちにも自分が学んだことを少しずつ教えてます。
以上が私の口コミになります。

筆者:…なんと感動する話でしょう…口コミ以上に体験者様の人生が分かるお話でした。(長くなってすいませんでした!)


タイプ別!バイトするケーキ屋はここ

おまたせしました。ですが皆さん全員が忙しい方がいい!というわけではないと思います。

では、どのような人がどのような店で働くのが良いのでしょうか?解説していきましょう。

①将来は自分の店を開きたい!

このような人はどれだけ忙しくてもバリバリ働きたいですよね。

休みだっていらないくらい、毎日ケーキを作り続けたいでしょう。

こんな時にはいくつか店舗を持つ地域でも有名なケーキ屋さんでの製造担当がおすすめ。

個人経営の店舗は工房と店頭を併設していることが多く、作業は工房内で行います。

そのため、生地の土台作りからデコレーションまでの工程に関われるので、やりがいも大!

その上、地域に密着している店舗は、毎年注文する常連客も多く、工房でのスタッフも最小限でまかなっているので、忙しいことこの上なし!

自分のスキルをどんどん磨けます!  

 

②マイペースにケーキを作りたい

そんな時には店舗以外に工場をもっているチェーン店での製造をおすすめします。

工場の中でもこの時期の製造は増えるので忙しいのですが、店頭の様子が見えないので、比較的落ち着いていつも通りの作業が進められます。

また、担当が決まっているので、自分の工程以外の作業をすることもありません。

 

③ちょっとクリスマス気分を味わいたい店頭販売

クリスマスの忙しさを味わいたいけれど、我を忘れて働くのはイヤ、という人には工房を併設していないお店での販売をお勧めします。

工房が隣にないので、商品のあるなしは一目みればわかります。

工房を除きながら、 「あと1時間で出来上がるのですが・・・」なんてお客様にお伺いをたてる必要もありません。

予約してあるケーキは工場から箱で届いているので、名前を確認して渡すだけ。

店頭の商品も、あれば売れるし、なければ断る、のどちらかです。 クリスマスだから忙しいけれど、積み重なっている箱が終われば業務終了なので、終わりが見えやすく、気分的にも楽でしょう。

 

④どっぷり仕事をしたい人

悲しくもクリスマス前に失恋して何もかも忘れたい。 そんな時におススメなのは工房併設の店頭販売。 これ、とっても忙しいです。 工房を併設しているので、クリスマスケーキ以外の販売も同時進行です。 予約したケーキを取りに来る人、売っているケーキを買いに来る人、色々な人が入り乱れ、工房は何日も前から忙しく、それはそれは大変です。 次から次へとくるお客さんがいつ減るのかもわかりません。 でも、忙しすぎて他のことを考える時間がないので、実は寂しい人におススメ。 仕事が終わった頃には、疲れ果てて悩んでいたこともどうでもよくなりますよ。

 

ケーキ屋さんでバイトしていいことはあるの?

ケーキ屋さんの忙しさばかりをお話ししてきました。

忙しいだけで大変そうだと思ったかもしれません。

確かにクリスマスなどイベントの時は大変ですが、ケーキ屋さんでバイトしていていいこともありますよ。

↓ちなみにやってみたいという方、応援します!↓
ケーキ屋のバイトならここからがお得♪(今なら5000円貰えちゃう!?)  

 

担当する業務のスキルが付く

ケーキの製造担当の場合にはケーキ作りのスキルが上がります。

元々パティシエになることを目的に入ってきている人もいますが、中には趣味が高じてバイトを始める人も。

最初からケーキ作りが出来るわけではありませんが、毎日パティシエの作業を見ているだでも勉強になるし、自分では知らなかったことも教えてもらえるので、ケーキ作りのスキルは格段に上がります。

また、元々ケーキ作りが得意な人でも、やはりプロの作業は違います。

デコレーションなど自分では習得できない技術も学べるチャンスです。

 

店頭の接客担当の場合には接客のスキルが上がります。

ケーキ屋さんはスーパーなどと違い、ショーケースの前で複数のお客様が同時に来るので、接客の順番などは自分で見ているしかありません。

もう注文が決まったのか?

まだ選んでいる最中なのか?

それらを見極めて、スムーズに注文が出来るようにお客様を注意深く観察することで、接客スキルが向上するのです。

 

あとは店内のディスプレイや、焼き菓子などのラッピング技術も、学ぶことが出来ます。

ケーキ屋さんには可愛い包装資材が沢山あるので、おしゃれなラッピング技術を学ぶには絶好の環境ですよね。

 

新作スイーツをいち早く知る

新しいケーキなどの情報がいち早く入ってきます。

お客様に味を聞かれることも多いので、味見が出来る店舗も沢山あります。

色々なケーキを味見できるなんて、スイーツ好きにはたまりませんよね。

味見ばかりしていると太っちゃう!

と思うかもしれませんが、太るほど味見出来るわけではないし、立ち仕事と言うこともあり、あまり太る心配はいりません。

 

まとめ

ケーキ屋さんのバイトについて色々ご紹介してきました。

忙しいから大変、と思うかもしれませんが、その忙しさがいいこともあります。

イベントの時の寂しさを紛らわせてくれることもあるし、

仕事の充実感を味わうこともできる。

何より自分にケーキ作りや接客のスキルが付くことは大きな財産になりますよね。

今回は寂しい人にこそ!とケーキ屋さんのバイトをご紹介してきましたが、

もちろん寂しくない人にもすすめたい素敵なバイトです。

ケーキ屋さんに興味のある人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ただし、イベント重視の人はクリスマスなどの繁忙期にはお休みはなかなか取れませんのでご注意を。。。

筆者

専業主婦をしているチワワです。

興味があるものは何でも体験してみないと気が済まないため、高校生の頃より数多くのアルバイトを経験してきました。

人付き合いが大好きなので、短期のバイトでも同僚からかなりディープなバイト情報をゲットするのが特技です。

動物が大好きですが、家庭の事情で飼えないため、家の近所に住み着いた猫の親子を可愛がる毎日です。