アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

毎回楽しいバイトランキング1位、2位の「リゾバ」と「テーマパーク」は本当はどっちが楽しいかを徹底的に検証するぜ!

楽しいバイトで検索すると必ず出てくる二つのバイト、「リゾートバイト」と「テーマパークスタッフ」

ランキングでも必ず1位、2位を占めています。

ほかには、「楽」という意味で「治験モニター」「試験監督」など。

「書店の店員」や、「映画館」「ライブハウス」なども人気。

廃棄弁当が貰えるなどの理由でコンビニを挙げる人もいますが、本当は廃棄弁当は貰ってはいけませんし、廃棄商品を持って帰っていいコンビニは減っていると思われます。

書店の店員などは、小説やドラマなどにもたくさん取り上げられているバイトですし、なんとなくオシャレですから人気の理由がわからないでもないですね。

映画が好きな人は映画館が楽しいでしょうし、ライブが好きな人はライブハウスはたまらないと思います。

水族館や動物園などもそう。

そう考えると、結局「好き」が「楽しい」につながっているのかもしれませんね。

それでも、楽しいバイトといえば、一般的には「リゾートバイト」と「テーマパークスタッフ」が鉄板。

リゾートバイトと一口に言っても、スキー、海、温泉、牧場、農業、ありとあらゆるバイトがあって、一般に楽しいといわれているバイトがどれなのかを知っておく必要はありそうですね。

テーマパークだって、全国どこにでもあるわけではないですから、こちらもしっかりと検証が必要でしょう。

今回も、バイトの4条件である「収入」「お休み」「人間関係」「やりがい」を比べながら、どっちが本当に楽しいバイトなのか?! じっくりと見ていきたいと思います!

 

楽しいバイトの代名詞「リゾートバイト」、その楽しさの秘密は?!

リゾートバイトの楽しさの秘密といえば、まずは「場所」を選ぶことからでしょう。

夏は海!

冬はスキー!

といった具合に、好きなところで好きなことをするバイト。

それがリゾートバイトです!

沖縄なんかは年中人気の場所で、冬でもあたたかいのでこれからでも求人はたくさんありますし、今年はスキー場に雪が多いらしく、まだリゾートバイトスタッフがそろっていないのに雪が積もって困っているなんてニュースも出ていました。

ほかにも、温泉旅館や観光地のホテル、牧場や農場などがあります。

観光地というだけで、仕事内容は事務や営業なんてリゾートバイトもあるんです。

それでもメインは「観光地の宿泊施設や飲食店の裏方」と思っていただいていいかと思います。

資格があれば、スキーのインストラクターやスキューバダイビングのインストラクターなどの仕事もあります。

リフト係やパトロールの仕事などもあり、内容はさまざまであるということができます。

共通しているのは、一定期間住み込んで働くということ。

この間の宿泊費、家賃や光熱費は無料であることがほとんど。

このため、貯金もできるというのがメリットの一つです。

さらにリゾートバイトの楽しさの秘密は「出会い」でしょう。

最近は個室を使えることも多いですが、スタッフは雑魚寝ということもたまにあります。

これもまた、リゾバの魅力ではあります。

同性なら強い友情が築けますし、異性なら恋愛に発展することもしばしば。

そして、仕事内容自体が楽しいということもリゾバの魅力。

観光地で働くというのは、どこか気持ちがワクワクするものです。

海が近かったり、スキーができたり、温泉につかれたり、動物と触れ合えたり、日常ではできない体験をすることができるのが魅力といえます。

お休みの日はまるまる観光に使えますしね。
 

誰もが憧れる夢の国の仕事「テーマパークスタッフ」の楽しさの秘密は?!

テーマパークといえば東京ディズニーリゾート!ユニバーサルスタジオジャパン!

何ですが、実は日本中に70件以上ものテーマパークが存在しています!

TDL、USJにこだわらなければ、いっぺんに可能性が広がるわけですね。

こうしたテーマパークでは、どんなアルバイトがあるのでしょうか。

まずはチケット販売や受付のバイト。

それから、グッズ販売のバイト、乗り物のナビゲーター、施設内の飲食店のバイトなど。

なかにはショーの助手をしたり、着ぐるみを着てキャラクターを演じたりするバイトもあります。

大きな施設になれば、バイトの種類もいろいろ。

好きなバイトを選ぶことができます!

テーマパーク自体が、非日常ですから、本当に楽しんで仕事ができそうですね。

スタッフには、割引があるなどの特典もあり、テーマパーク好きにはやはりたまらないお仕事といえそうです。

現に、ユニバーサルスタジオで働いている友人は、休みの日にもユニバーサルスタジオへ行ってますw

掛け持ちで地元の遊園地でもバイトしてますよ。
 

収入で勝負! どちらが稼げる?!

リゾートバイトはもちろんいろいろな職種がありますから、収入もいろいろ。

スキー場では850円~1000円くらいまで。

リフト係から調理補助、裏方全般まで、こちらも職種は豊富です。

温泉でも900円~1100円程度。

旅館の裏方全般、調理補助、ホールなど。

このようにリゾートバイトは大方900円~1000円くらいが相場。

ただし、高収入を狙う人はよく探すことが大切!

たまに1500円などのリゾバがあります。

給料自体はそれほどでもないんですが、リゾバの収入の魅力は生活費が無料ということ。

ほとんどのバイトでは家賃、水道光熱費が無料。

まかないも、ほとんどのバイトでついてきます。

生活費がほとんどいらないことがものすごいメリットですよね。

収入を全部自由に使えるというわけです。

なので、貯金もできるし、好きなもの買ってもいいし。

これに対しテーマパークスタッフはどうでしょうか。

950円~1550円と高額!

とくに22時以降の深夜帯は高額です。

地方の入園無料のような小さなテーマパークですと、残念ながらさすがにこうはいきません。

平均的に時給はリゾバよりテーマパークの方が高い気はしますが、生活費無料などのトータルで見ると、収入面ではリゾバが一歩リードといえそうです。

 

お休みで勝負! どちらが休める?!

リゾートバイトは労働時間がきついという傾向があります。

ホテルや旅館でお客様のサービスをする仕事が多いですから、早起きで遅くまでというスタイル。

だいたい朝は6時から夜10時ころまでというのが多いようです。

これが余計に収入を増やすことになるので、稼ぎたい人にはいいかも知れません。

お休みも、週休一日がほとんど。

たまに週休二日のところがあります。

テーマパークスタッフは、拘束時間が長くなることはありません。

普通のバイトと同じで休みも自由にとれます。

ただし、土日祝日、長期休暇に忙しい仕事ですから、普通の人が休める日には休めないのが基本です。

これはリゾバも同じ。

休みという面では、テーマパークスタッフが一歩リードでしょうか。

ただ、リゾバの場合、仕事自体が楽しいという体験談も多く、休みが取れないことや拘束時間が長いことを苦にする人は少ないようです。
 

人間関係で勝負! どちらが付き合いやすい?!

リゾバにしても、テーマパークスタッフにしても、自分の体験や友人の体験談などからすると、よく叱られるということ。

やはり、楽しいので浮ついているスタッフも多くて、上の人にはよく叱られます。

なかには本当に「遊びに来てんのか?!」っていうバイトもいるので、上の人も大変。

そういう意味で、上司にはよく叱られる、どちらかというと厳しい職場が多いと思います。

それは、やっぱり浮ついた気持ちを絞めるという意味でしょう。

それ以上に、「楽しい」です。

仲間がたくさんできますし、職場恋愛もあたりまえにあります。

これはリゾバもテーマパークもあります。

体験からすると、リゾバの方が多いと思います。

人間関係というと、少し長い期間になると、三角関係とか恋愛トラブルが起こることがありますね。

仲間内で喧嘩したり。

人間関係というとそんなところでしょうか。

それが原因で辞めてしまう人もいますが、後になればそれも含めて楽しい思い出です。

特徴としては、リゾートバイトの場合、やはり人間関係は深くなると思われます。

深い付き合いが嫌な人は難しいかも。

テーマパークの方は、一人でする仕事も多いですから、普通に働く分にはそれほど深い人間関係はいりません。
 

やりがいで勝負! どちらがやりがいある?!

リゾートバイトは、忙しい時期に募集のかかる仕事ですから、基本的に仕事が忙しいと思ってください。

その分やりがいはあります。

目まぐるしく一日が終わると思います。

仕事が終わってからも仲間と花火をしたり、飲みに行ったりということも。

テーマパークの場合、地方の小さなものだと暇なことも多いと思われます。

USJやTDLなどの大規模なところでは、仕事はたくさんありますから、やりがいもあると思います。

結局、楽しさとやりがいは同じところがありますよね。

とくに、リゾートバイトにしても、テーマパークスタッフにしても、休日を楽しみたいと思っているお客様を楽しませる仕事ですから、これほどやりがいのある仕事は他にはないくらいです。

このことをふまえて考えると、「楽しい!」ってことは「楽しんでもらってる!」ってことなんでしょうね。

楽しいバイトは、「お客様に楽しんでもらえるバイト」ってことですね。

 

リゾバとテーマパーク、結局どっちが楽しいの?!

筆者の体験からも、総合的に見ても、やはり「リゾートバイトが楽しい!」と思われます。

もちろん、テーマパークの雰囲気自体でテンションが上がることもわかります。

好きな人は楽しいと思います。

やっぱり「好き」が一番「楽しい」ですよね!

自分が好きでないと、お客様を楽しませることはできないですもんねぇ。

リゾバの場合もスキーが好きな人、温泉が好きな人、海が好きな人、動物が好きな人など、それぞれが好きなリゾバを選ぶことで楽しさが増すとは思います。

また、やってみて好きになることもあるでしょう。

それでも、地元で学校に通っているとか、住み込みで県外で働けない人もいるでしょうから、そういう人ははじめからリゾバは対象外なわけですから、テーマパークならという人もいるのではないでしょうか。

そもそも、テーマパークスタッフ自体がリゾバの一部門な気もするので、比べるのもなんだなぁという気がしてきたんですが、結論としては今回はリゾバに軍配です。

でも、「楽しいバイトは自分次第!」ですね。

 

まとめ

今回は、楽しいバイトランキングで1位と2位の「リゾートバイトスタッフ」と「テーマパークスタッフ」をいろいろな角度から見てきました。

やはり1位になるだけのことはあって、リゾートバイトはどの角度から見ても「楽しそう」です。

まぁ、リゾバのバイトの中にはテーマパークスタッフも含まれている求人がありますから、この企画はナンセンスだったなぁと若干思います^^;

でもね、「楽しさ」って何だろうってことを考えるきっかけにはなったんじゃないかなと思っているんですよ。

「好き」というのは「楽しさ」につながりますし、お客様に「楽しんでいただく」ということは「やりがい」になると思います。

「好きな仕事でお客様を楽しませる!」

これが今回の結論ですかね。

みなさんが楽しいバイトを見つけることができますようにいつも応援しています!

 

筆者

ハンドルネーム:天笠 多菜葉

経験したバイトは30個以上!

経験の多さの秘密は、短期バイトと掛け持ち。

休日は京都でまったり。寺社巡り、パワースポットが大好き!

昔から霊感強くて幽霊見えます!臨死体験も!

映画鑑賞が趣味で、今は海外ドラマ「メンタリスト」「スーパーガール」にはまってます。

今は鍼灸師として患者様を診ています!催眠療法士としても活躍中。 将来の夢は小説家です。