アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

治験バイトと試験監督!人気急上昇のこの二つの稼げるバイトを徹底比較!

ひと昔前は、その存在さえ「うわさ」に過ぎないのでないかと言われていた「治験モニター」

また、めったに募集がなくなかなかできなかった「試験監督」

これらのお仕事が、インターネットの普及により、誰でも簡単にできるようになりました。

また、各種資格試験の激増に伴い、試験監督の仕事自体も非常に多くの求人が出回るようになっています。

治験も同じで、サプリメント、健康食品の大流行によって、比較的安全な案件がたくさん出てきました。

こうしたことを背景に、人気も急上昇!

今では「楽なバイト」を二分する人気のバイトとなってきています。

では、この楽なバイトのトップ2は、どっちが得で、本当はどっちが楽なのか?

さまざまな角度から比較検討してみました!

全くタイプの違うバイトですが、意外な事実も発覚です!

 

治験バイトは怖くない! 自分に合ったものが見つかれば体調も良くなる!

そもそも「治験バイトってこわい! 副作用出たらどうすんの?」といった誤解が多いと思います。

日本で行われる治験は、数々の実験や試験をのりこえ、海外では実際に販売されているものですので、選択さえ間違わなければ「副作用」に悩まされることはほとんどありません。

それどころか、糖尿病や喘息などの持病をお持ちの方であれば、最新の薬で治療もできて高額な謝礼ももらえるのです。

薬は怖いという方には、健康食品やサプリメント、化粧品などもあります。

認知が心配とか、脂肪が気になるという方向けの治験もあります。

こういったことを強調しておきたいんですが、下手なサプリメントやダイエット食品に高額なお金を費やすくらいなら、治験で最新のものを摂ることができて、高額な謝礼ももらえるのです!

不眠症、花粉症、生理痛、糖尿病、アルツハイマー、痛風、うつ、子宮筋腫、腎不全など、さまざまな疾患で治験ができます。

該当する病気をお持ちの方は、治療もできて謝礼ももらえる治験を、ぜひおすすめします。

高額謝礼をいただいて最新治療ができるなんて素敵なことですよね。

 

治験バイトにはいろいろな種類がある!

そういうわけで、治験にはいろいろな種類があるんです。

健康な人向けのお薬の治験。

病気別のお薬の治験。

健康な人向けのサプリメントの治験。

健康な人向けの健康食品の治験。

化粧品、コスメの治験。

その他、CTの撮影モニターとか、採血モニター、入れ歯モニターなど。

どうですか?

思っていたような「怖い」イメージはないでしょう?

この中で副作用が気になるのは、健康な人向けのお薬の治験で入院型のものだと思いますが、これにしてもほとんど副作用が出たという体験談はききません。

意外と安心してできるボランティアです。

そう、治験は「ボランティア」でバイトではありません。

なのでお給料ではなく「謝礼」なのですね。

まぁ、言い方の問題ですけどね^^;

 

4つの条件を星5つで評価!
 

収入 ★★★★★

そういうわけで「謝礼」なんですが、これがすごい額になります。

通院の治験であれば、普段お仕事や日常生活をしたまま、決まった日時に通院するだけで収入になるわけです。

「1日4粒飲むだけ」というサプリメントモニターの場合、説明会込みで通院回数は1ヶ月で4回。

一回の所要時間は2時間半程度。

謝礼合計は4万4千円!

当日手渡しです。

6泊7日入院の服薬の治験の場合ですと、13万3千円!

1週間病院で寝てるだけでこの金額です。

通院の場合はこれ以上ない副業ですし、入院でもかなり楽な高収入バイトです。

入院中は面会謝絶の外出禁止ですが、パソコンを用いて仕事をするなどは普通にできますので、病院で仕事をするのも勉強するのも問題ありません。

ものすごい割のいい仕事ですよね。

筆者的にはこれ以上のいい話を実際に見たことはないので★5つの満点です!

 

お休み ★★★☆☆

お休みに関しても、自分で設定する仕事です。

日常生活をしながらですと、通院の時間を確保するのが問題と言えば問題。

営業中にこっそりとかできればいいですけど、できない場合、半休を摂るとかになりますよね。

入院でも、6泊7日とか13泊14日とか、まとまった時間を作るのは大変ですから、そういう意味では★3つ。

 

人間関係 ★★★★☆

人間と関わることはほとんどありません。

看護師さんとお医者さんだけ。

それもほとんどストレスに感じることはないと思われます。

ただ、入院の場合、面会謝絶の外出禁止のことが多く、これが「ものすごいストレス」という人もいます。

私なんかは、ウエルカムですけどね。

 

やりがい ★★★★★

この仕事は、実はとても世の中の役に立つ仕事なんですよね。

今はまだ世に出ていない薬を世の中に出していくというすごい仕事。

そのおかげで生命を救われるような人も、たくさんいるということなんです。

自分の知らないところで、救われている人がいるなんて素敵な仕事ですよね。

楽なだけじゃなく、きちんと世の中の役に立つ仕事なんですね。

 

体験談はこちら!

30代女性

お薬の治験ということで多少の不安はありましたが、治験コーディネーターの方が大変丁寧に説明してくださり、なによりも私たちモニターの事を考えてくれるので安心して参加することが出来ました。

はじめに、大腸検査をしたのですが、人生初の大腸カメラで、少し辛かったです。

自分の腸の中を詳しく見れ、ポリープがあることも分かりました。

直ぐにどうこうという物ではなく安心しました。

治験期間10ヶ月と長かったですが、毎月自分の健康状態が分かり、 とてもいい経験ができました。

 

20代女性

事前検査の時に治験についての説明があり、採血や投薬量、副作用についてくわしくお話してくださったので納得して望むことができました。

また、ボランティアはいつでも辞退することができます。

入院中は、運動はできないものの、普段より非常に健全な生活を送ることができ、健康になったと思います。

 

試験監督は超楽! 問題は安定して仕事あるかどうか

さて、お次は「試験監督」です。

試験監督の方は、筆者も経験があり、その暇さ……いや楽さはお墨付きです。

また、時給も1000円以上はどの求人でもだいたいありますので、悪いバイトではありません。

現在では1000件を超える資格試験があり、試験監督の需要も高まっています。

美人が多くて出会いも豊富とか、少し偉くなったような気分を味わえるとか、ちょっとした楽しみもたくさん。

人気の秘密もよくわかるバイトですね。

 

試験監督の仕事はこれだけ。 超簡単!

試験監督の仕事は朝が早いです。

試験はだいたい9時や10時が開始になりますから、それまでに準備をする必要があるからです。

最寄駅から会場までの道案内のチラシを電柱に貼るなどからはじまり、道案内としてプラカードをもって立つ場合もあります。

受付にテーブルとイスを用意したり、「○○試験会場」と書いた垂れ幕を用意したり、各試験の机に受験番号を貼り付けたり、注意事項を黒板に書いたり、試験に備えて準備をします。

受験生が到着すると、受験番号を確認して教室、座席へ案内します。

その後、試験用紙、答案用紙の配布、試験の注意について責任者から説明。

時間とともに試験開始。

試験中は、不正がないかを見て回ったり、消しゴムを拾ったり、トイレに付き添ったり、責任のある非常に重要な仕事なんですが、はっきり言って、かなり暇です。

 

4つの条件を星5つで評価!

 

収入 ★★★★☆

仕事内容にしてはかなりいい時給だと思います。

時給は平均で1000円程度。

日給にして7000円~8000円です。

拘束時間と仕事内容の割には、かなりいい収入だと思います。

 

お休み ★★★★☆

お休みというか、こちらも登録制のバイトになりますので、単発の繰り返しがほとんど。

試験は土曜と日曜に集中しますから、平日はありません。

むしろ毎週仕事あるかどうかが問題ですね。

 

人間関係 ★★★★☆

試験監督をするような人は、穏やかな人が多いようで、お上品な付き合いが多いと思います。

私の場合はとくにトラブルはありませんでした。

また、重要なことは責任者がしっかりとやってくれます。

さぼらず普通にやっていれば、叱られることもありませんし、ストレスのないバイトです。

 

やりがい ★★☆☆☆

仕事がとにかく暇で、やりがいはほとんど感じません。

「俺いなくても大丈夫だよなぁ」という虚無感さえありますw

まぁ、やりがいは人それぞれですから、試験を受けに来た人のために少しでも試験がやりやすいようにという気持ちで頑張るといいかも。

 

体験談はこれ!

20代男性

めちゃくちゃ暇な仕事です。

優越感はありますが、試験時間中は眠気との戦いです。

暇なのが耐えられない人にはおすすめできません。

 

30代女性

スーツを着て受験生の前に立つと、先生になったような気分でとても楽しかったです。

お仕事は簡単ですし、お給料もいいので次の機会があれば、いつでもやりたいと思います。

 

稼ぐなら治験!どうしても怖いなら試験監督!

治験のバイトと試験監督をみてきました。

どちらも非常にいいバイトだと思いますが、やはりそれぞれにメリット、デメリットがあります。

また、どちらも毎日できる仕事ではありませんから、副業タイプだといえます。

短期間でグッと稼ぐなら治験の入院型が一番おすすめです。

入院中は検査の時間以外は自由にできるので、読書、仕事、勉強などに時間が使えます。

日曜だけ働きたいなら試験監督は断然おすすめですね。

平日は他の仕事をしながら、日曜に試験監督というスタイルなら、いい気分転換になって、収入もアップです。

私の感じでは「治験バイト」の勝ち。

今は危機管理がしっかりとしていますから、意外と「怖い」とか「不安」とか思う必要はないバイトです。

とくにサプリメントや健康食品の治験は全く心配ないと思います。

それでも4~5万円くらいの収入にはなりますからね。

ただ、スパンの長い仕事ですから、今日、明日お金が必要という人には向いてません。

来月、再来月の収入になればいいという人向けです。

治験のバイトはどうしても不安だという人は、試験監督がいいかも知れませんね!

治験バイトについては、年齢制限が70才などのものもあり、どの年齢でもできるものがあります。

これについては筆者も一度体験しようと、サイトに登録したところです!

 

筆者

ハンドルネーム:天笠 多菜葉

経験したバイトは30個以上!

経験の多さの秘密は、短期バイトと掛け持ち。

休日は京都でまったり。寺社巡り、パワースポットが大好き!

昔から霊感強くて幽霊見えます!臨死体験も!

映画鑑賞が趣味で、今は海外ドラマ「メンタリスト」「スーパーガール」にはまってます。

今は鍼灸師として患者様を診ています!催眠療法士としても活躍中。 将来の夢は小説家です。