アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

工場バイトは奴隷のイメージ?! やりようでは儲かる!!

工場バイトは奴隷のイメージ?! やりようでは儲かる!!

工場のアルバイト。

過酷でつらいイメージないですか?

まるで工場の機械の一部となって、自由を奪われて働かされるような「きつい」イメージですよねw

暗い色の制服を着て、無表情でたんたんと仕事をしているような場面が浮かびます。

もちろん実際はそんなことはありませんよ!

現在は、女性でも、高校生でも、たくさんの人が従事していて、誰でも簡単にできるアルバイト。

食品工場などでは、和気あいあいとしている職場もたくさんあります。

今回、この工場バイトをおすすめするわけは、その条件にあります。

工場を運営する企業には、大企業も多く、そうした企業では、福利厚生や収入がしっかりしたものもたくさんあるのです。

筆者のねらい目は深夜帯。

こちらの時間帯は、深夜手当などがつきますので、かなりいい時給で仕事ができます。

さらに工場の仕事内容では、たとえば自動車製造のような大きなものを製造するのでなければ、比較的楽な仕事もあるのです。

工場のアルバイトできついのは「単調な作業の繰り返し」です。

これに耐えれる人であれば、問題なく稼ぐことができるバイトなんですよ!

 

ポイントを整理すると、

  • 工場のアルバイトは思っているよりつらくない
  • 深夜帯など高収入な求人がある
  • 問題は単調な作業に耐えられるかどうか

 

工場バイトの魅力って?!いい条件そろっています!

まずは工場の仕事内容から詳しく見ていきましょう。

工場と一口に言っても、ものすごい数の種類があります。

世の中に出回っているものは、食品から飛行機まで工場で作られているわけですから、仕事の内容も同じというわけではありません。

自分に合った内容のものを選ばないと、それは大変。

「工場バイトはつらい!」となって当然です。

同じ工場のバイトでも、ケーキを製造するような工場なら、ひたすらイチゴを乗せていくような仕事もありますが、自動車工場のようなところでは、十数キロもある部品を一日上げ下ろしするような仕事もあるわけです。

 

工場のアルバイトのポイント①

「自分にあった工場を選ぶこと!」

では、工場の種類にはどんなものがあるのでしょうか。

その種類を見ていきましょう。

ただ、やみくもに種類をあげても仕方がないので、求人で出回っているものを優先してみていきます。

電機メーカーの工場バイト

筆者が体験したのも「パナソニック」のスマホ基板の検査やゆがみを直す仕事。

これはめちゃくちゃ簡単で楽。

座ってできますし、「ライン作業」という「流れ作業」ではないので、時間に追われることもありませんでした。

深夜帯で夜の20時から朝の8時まで12時間。

月収は40万円以上!

つらいのは、ひたすら12時間同じことをするという単調な作業に耐えられるかどうかということだけ。

それも、ルーペで基板をのぞいて検査する作業と、基板のゆがみを直す作業の二つをちょうどいい具合で交互にやらせてくれるのでちょっとはマシです。

筆者の場合、これに加えて掛け持ちでバイトをしていたせいで、死ぬほど眠かったんですが、1本に絞れば大丈夫です。

さて、工場バイトには「ライン作業」というものもあります。

さっき例に出したイチゴを乗せるような仕事もそうです。

ベルトコンベアーで流れてくる仕事をこなし、次に送る「流れ作業」です。

仕事はずっと流れていますから、遅れると次が来ますし、下手をすると全体の仕事を止めることになります。

「ライン作業」にはこうしたリスクがあって、意外とプレッシャーになります。

ただ、気持ちを引き締める材料にはなりますね。

サボれませんから。

それに、慣れると簡単にできるようになります。

 

今回は、大阪で工場の求人をチェックしてみました。

「食品工場のライン作業」「電器メーカーの作業、検査」「シール貼り、梱包など軽作業」が多いようです。

これらのアルバイトは、ほとんどが女性にでもできる体力の要らないものです。

たとえば、航空機、電車、車など、大型のものを製造している工場では、それなりに体力の必要なものもたくさんあります。

体力に自信のない人はくれぐれも気を付けてくださいね。

とくに大阪ではパナソニックの工場が昔はすごい規模でありました。

現在は規模は小さくなってしまいましたが、少しは残っていますし、子会社の工場もたくさんあります。

こうした工場の検品、検査の仕事なら女性でも十分こなせる仕事だと思います。

 

工場アルバイトのポイント②

「仕事内容も様々だが女性でもできるものがたくさんある!」

では、収入はどうでしょうか。

シール貼りや簡単な仕分け作業などでは、時給910円から1100円、深夜帯なら1312円から1500円。

大阪だけでもかなり金額に幅があります。

しっかりと求人を選ぶ必要がありますね。

家電の組立スタッフなら、時給1300円~1450円、深夜1625円~1812円。

こちらは軽作業よりは少し仕事も複雑かも知れませんが、その分時給はぐっと上がります。

とくに深夜帯は高収入。

たとえば、家電製造の検査、検品でも同じくらいの時給がつきますから、きちんと探せばいいものが見つかりますよ!

食品製造でも、時給1300円、深夜1625円。

現在は非常に時給が上がっていますね!

イチゴを乗せるだけで時給1300円!

 

工場アルバイトのポイント③

「うまく探せば時給がものすごくいい!」

次はお休みです。

工場勤務には「二交代制」「三交代制」「昼勤務」「深夜勤務」など、シフトにも差があります。

二交代制の場合、残業代が必ず着きますが、一回で12時間の勤務となります。

12時間、12時間で24時間をまかなうシフトになっているわけです。

この深夜帯はねらい目。

深夜手当のほか残業手当もつきますので、時給が跳ね上がります。

ちなみに、上で「深夜」と書いてある時給は深夜手当込みです。

三交代制は、8時間、8時間、8時間で24時間をまかなうので残業はありません。

早く帰れますが収入は減ります。

昼勤務のみや深夜帯のみのシフトもあります。

これらも求人情報でしっかりと確認して自分に合ったものを選びましょう。

工場勤務は、お休みは週休二日でしっかりと取れますし、比較的休みは取りやすいといえます。

ただ、人手が足りない場合はそうはいきません。

 

工場アルバイトのポイント④

「休みは取れるが取れば収入は減る」

工場勤務の人間関係はどうでしょうか。

工場の仕事といえば、やはり自分一人で黙々とやる仕事がほとんど。

特別なことがない限り、アルバイトならみんながそうです。

なので、仕事中に人と話すことは「報連相」以外にはありません。

もしくは、さぼって叱られるとか。

ちなみに、工場のアルバイトを考えている人や、辞めたいと思っている人の中には、「仕事が覚えられない」という人がたくさんいるようです。

工場の仕事は単調なものが多いのですが、手順がおおくて覚えられないという人もいるようです。

1つひとつ、順序よく落ち着いてこなしていくしかありません。

慣れるまでは家でも手順を確認するなどの努力は必要かもしれません。

筆者がやっていた基板の検査とゆがみを直す作業は、そういった心配は全くいらない誰でもできる仕事でしたので、そうした求人もあるということ。

できないと感じたら、できる仕事に移ることも選択肢の一つです。

工場の人間関係は、さぼらなければトラブルになることはほとんどないと言っていいでしょう。

ただし、例外はあります。

食品工場などは、女性がメインで仕事をされています。

なかには何年にもなるベテランさんがいて、派閥ができていたりもします。

こうした職場が一番ややこしいんです。

筆者なら、あきらめて職場を変えます。

でも、みんながみんなそういうわけにもいかないでしょうから、アドバイスするとするなら、「必要以上に関わらず、挨拶だけは明るくする」ということでしょうか。

うまくいかなければ職場を変えた方が早いと思います^^;

 

もし労働条件や人間関係で悩むことがあれば、厚生労働省などでも相談を受け付けています。

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html

 

工場アルバイトのポイント⑤

「人間関係で悩んだら専門家に相談!」

工場の仕事をするのに、よく言われるのが「やりがい」についてです。

毎日毎日、一日中同じことをする仕事に「やりがい」はあるのか?

よく議論される内容かとは思います。

筆者が思うには、「やりがい」は人それぞれですから、他人に決められることはありません。

自分でやりがいがあると思ったら、それはそれで立派なやりがいです。

とくに、ものを作るということは、それを使ってくれる人が必ずいるってことですから、これだけでもやりがいは十分にあります。

工場勤務によっては、スキルを学べる仕事もあります。

やりがいを重視するならそうした求人を探すのも手でしょう。

また、弁当屋さんなどでは、自分の作った弁当が店頭に並ぶ、買われていくのが見れます。

そうした様子を見るのも「やりがい」の一つです。

 

工場アルバイトのポイント⑥

「やりがいは自分でみつける!」

どんな人が向いているの?! 工場アルバイトの適性は?

工場のアルバイトで一番きついのは、同じことを延々と繰り返すこと。

これがもっともつらいです。

時間がたつのがものすごく遅く感じますし、「1つこなすのに3分ということは、8時間勤務なら……」なんて考えだすともう終わり。

もう3時間くらいやっただろうと思って時計をみても、まだ15分しかたってないようなことも毎日のようにあります。

工場のアルバイトの適性といえば、これに耐えられるかどうかだと思います。

単調な作業を延々と繰り返すことに耐えられる人。

収入もいい。

お休みもとれる。

一人で仕事するのが好き。

でも、同じ作業を繰り返すなんて耐えられない!

ってことで辞めちゃう人もたくさんいらっしゃいます。

実際やってみないとわからないところもあります。

まずはやってみて決めるのもいいでしょう。

 

工場アルバイトのポイント⑦

「単調な作業を繰り返せるか?」

ここで筆者が最近相談を受けたケースをお話します。

つとめていた小さな工場が倒産し、お給料が未払いになっているという話です。

意外と「給料未払い」はよくある話。

「そんなときどこに相談すればいいの?」って慌てますよね。

とりあえず、労働基準監督署に相談するのがいいようです。

http://osaka-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/roudoukijun_keiyaku/list.html

個人で取り立てる場合、内容証明を送ったり、裁判の手続きをするなどになります。

この場合、まずは地元の自治体が行っている無料の法律相談で聞いてみるのもいいでしょう。

予約制ですので、事前に問い合わせて予約してください。

工場のアルバイトは高校生でもできる?!

高校生でもできる工場のアルバイトはたくさんあります。

ただし、深夜帯にできる仕事は残念ながら多くはありません。

高校生はまず勉強ってことですね。

 

高校生にもできるのか不安という人もたくさんいると思います。

そこで、さらに細かい仕事内容を実際の求人にそってみてみましょう。

 

この記事を書いているのがちょうどクリスマス前なので、食品工場でケーキをつくる仕事がたくさんありました。

ひたすらクリームをつくる作業や、クリームをスポンジケーキに塗る作業、そしてイチゴなどのフルーツをのせる作業。

ちなみにフルーツは、ケーキの真ん中の見えない部分がアルバイト担当で、上の見える部分は、ベテランさんが担当してくれます。

簡単で高収入。

高校生でも時給910円から1100円くらいはあります。

ほかにはシール貼りの求人もたくさんありました。

お菓子やおもちゃ、ペットボトルなどにシール貼りする仕事です。

こちらも簡単。

誰にでもできる仕事です。

 

高校生可の求人は、「高校生でも大丈夫」な仕事です。

なので、心配はいりません。

しっかり、サボらず真剣にやれば、誰にでもできるバイトですよ!

結局、工場バイトって辛いの?! 楽なの?!

工場のアルバイトというと、つらいっていうイメージがかなり先行しているよう。

ネット上でも「工場 バイト 辛い」などでかなり検索されているようです。

でも、ここまで見てきたように、実際には簡単で楽なものもたくさんありました。

つらいといえば、単調な作業を延々と繰り返すことだけ。

それも筆者の主観でしかありません。

もちろん、自動車や電車など大きなものを作る工場では、かなり厳しいところもあるようですし、「辛い」ことも確かにあります。

そういうところは、時給もその分いいですから、トントンといったところなんでしょうか。

 

あとは、騒音、匂いなどのきつさがあります。

工場ですから、激しく機械が動いていることもたくさんあります。

これらの騒音は、1日中聞き続けると難聴になってしまう程の騒音レベルです。

これは必ず耳栓をして勤務しないとダメなレベルの工場も多いので注意が必要です。

さらに、「匂い」

機械や金属、油などの独特の匂いがある工場もありますし、食品工場では食品の匂いがすごく強いです。

ぷんと香る程度なら「美味しそう!」という匂いでも、1日となるとそうはいきません。

筆者の経験でいくと、小学生のころに地元のフジパン工場に見学にいったことがあります。

最初は、香ばしく甘い香りに「美味しそう!」と喜んでいたのですが、10分たたない内に「吐きそう」に変わりました。

そのうち流れてくるパンを見るのも嫌になります。

こうした騒音や匂いは、意外と工場の「辛さ」に挙げられるといえます。

ダメな人は1日もたないくらいきついです!

ほかにも、「立ちっぱなしでつらい」とか「ラインがはやくてついていけない」などの声がありました。

確かにライン作業では、1日中立ちっぱなしの仕事もたくさんあります。

これも慣れるまでは本当に大変です。

クタクタになりますし、足がダル痛くて眠れないくらいつらいです。

ちゃんと入浴であたため、マッサージやストレッチをしておかないと、次の日に仕事ができないことも。

きちんとしたケアが必要ですね。

それも慣れるまでの辛抱です。

また、ライン作業でついていけないという人も結構いるようです。

やはり、1つ1つ手順を覚えていくしかありません。

仕事が嫌だと、家に帰ってから仕事のことを考えるのも気がすすみません。

それでも、仕事を覚えてついていけるようになるまでは、しっかり復習した方がいいでしょう。

そんなに無理しなくても、簡単な仕事もありますから、いざとなれば辞めればいいと気楽な気持ちで大丈夫。

自分にあった仕事を見つけましょう!

まとめ

今回は、工場のアルバイトを細かくみてきました。

 

  • 工場のアルバイトは思っているよりつらくない
  • 深夜帯など高収入な求人がある
  • 問題は単調な作業に耐えられるかどうか

 

工場のアルバイトのポイント①

「自分にあった工場を選ぶこと!」

工場アルバイトのポイント②

「仕事内容も様々だが女性でもできるものがたくさんある!」

工場アルバイトのポイント③

「うまく探せば時給がものすごくいい!」

工場アルバイトのポイント④

「休みは取れるが取れば収入は減る」

工場アルバイトのポイント⑤

「人間関係で悩んだら専門家に相談!」

工場アルバイトのポイント⑥

「やりがいは自分でみつける!」

工場アルバイトのポイント⑦

「単調な作業を繰り返せるか?」

 

結論

自分にあった求人を探して楽しく働こう!

 

筆者

ハンドルネーム:天笠 多菜葉

経験したバイトは30個以上!

経験の多さの秘密は、短期バイトと掛け持ち。

休日は京都でまったり。寺社巡り、パワースポットが大好き!

昔から霊感強くて幽霊見えます!臨死体験も!

映画鑑賞が趣味で、今は海外ドラマ「メンタリスト」「スーパーガール」にはまってます。

今は鍼灸師として患者様を診ています!催眠療法士としても活躍中。 将来の夢は小説家です。