アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

ホテルの調理バイトから正社員にまで上り詰めた私のシンデレラストーリー

ホテルでアルバイトしようと思ったきっかけは?

今回はホテルで洋食の調理のアルバイトとして働いていた方にホテルのアルバイトについて書いてもらいました。

この方はアルバイトからスタートして、契約社員、そして正社員へと上り詰めたシンデレラストーリーをお持ちの方です。

ホテルのバイトに興味がある方だけでなく、バイトから正社員になりたい人もぜひご覧下さい。


ホテルでアルバイトをしようと思ったきっかけは有名なホテルで働いて洋食の技術を身につけたいと思ったからです。

 

ホテルのアルバイトの仕事内容とは?

ホテルのアルバイトにはレストランやフロントなどお客様と関わる仕事や、客室や清掃などのお客様と直接関わらない仕事があります。私の働いていたホテルはこのような分担でした。

フロントの仕事

お客様の宿泊の管理やご案内に関する業務

調理の仕事

レストラン、婚礼、宴会、ルームサービス、ケータリングでの調理業務

清掃の仕事

ホテルの業務側でのゴミの管理や清掃、床磨き、各部署から頼まれた掃除などの業務

客室の仕事

客室の清掃や管理、宿泊フロアの清掃などの業務

宴会の仕事

宴会に関するお客様へのご案内や接客、会場のセッティング、宴会の進行の補助など

ブライダルの仕事

婚礼の段取り、会場のセッティング、式の進行など。他にも総務、営業、施設などのお仕事があります。

ホテルで働く上で気をつけるべきこと

ホテルで働く上で大切なのはお客様のためにということを忘れないことです。

ホスピタリティを大切にし、常にお客様にとっての最善を考えます。

髪の色などは規定ある?茶髪金髪はNG?

髪の色は基本的に黒髮が規定です。暗めの茶髪なら問題ないと思います。明るい色はNGです。

ピアスやネイルはOK?メイクはどの程度まで?

ピアス、ネイルはNGです。メイクはホテルの風潮に合わせたメイクをします。

英語や中国語、韓国語など外国語のスキルは求められる?

フロントやレストランなど接客業務の部署で働く場合は求められます。

高校生や大学生は働ける?

レストランや客室など学生が働ける部署があります。

ホテルのバイトの応募から合格までの流れについて

バイトに応募した翌日に面接をしてもらえることになりました。

場所はそのホテルです。ロビーで採用担当の方と少し話した後に、総料理長のお部屋に案内していただき、総料理長に面接していただきました。合否は数日後に電話をいただきました。

どのように応募した?どうホテルのバイトを知った?

ハローワークに求人が出ていたのでハローワークから紹介してもらいました。

履歴書について

アルバイトでの調理経験を書きました。

志望動機

このホテルで働いて洋食の技術を学びたいということを志望動機にしました。

面接時の服装

スーツを着て清潔感のある身だしなみでいきました。

髪色や結果の通知方法

髪色は明るかったので働くなら暗めに染めてくださいと言われました。合否は電話をいただきました。

面接でされた質問

前職のアルバイトではどんな業務をしていたか。このホテルで働いて将来はどうしたいか。などを聞かれました。

ホテルのバイトはきつい?つらい?

一概には言えないですが体力面はきつかったです。想像以上に体力仕事です。

一番きつかった、つらかったことは?

業務が難しく、なかなかできない時期が1番つらかったです。

平均的にきつい?つらい?

体力、気力がないと出来ないと思います。それがない人にはきつく、つらいと思います。

ホテルの調理バイトの時給はどう?

ホテルによって変わると思いますが、私が働いていたホテルは地域の最低賃金にプラス100円ほどの時給でした。コンビニで言えば早番くらいの時給です。ファミレスでいえば深夜の時給とまではいきませんが、日勤より少し多めの時給でした。
 

バイトから正社員までなった極意を紹介!ホテルの調理の仕事について解説

私は専門学校にもいっておらず、ど素人からのスタートでした。

それでも正社員になれたのは上司、先輩の教えや指導があったからです。

大切なのは常に学ぶ姿勢であること、ひとつひとつ丁寧に手際良く心を込めて仕事することです。

食を扱う仕事なので衛生面は徹底します。あとは調理は縦社会なので人に対する礼儀も厳しいです。

調理業務だけでなく、人生において大切で必要なことを学ばせていただいたことに今でも心より感謝しています

一日のスケジュールなどをお書きください。

調理には早番、中番、遅番がありました。

それは朝食、ランチ、ディナーと担当が分かれているためです。

どこを担当するかによりますが、アルバイトの時は中番が多かったです。出勤してランチの仕込みをし、ランチ営業が始まったらオーダーをしていきます。ランチ営業が終わったら片付けをして、ディナーのスタンバイをして帰ります。

バイトから契約社員にはどうなった?

私が働いていた会社では3ヶ月バイトで働き、上司が認めてくれたら人事に推薦してもらい、契約社員になれるという仕組みでした。アルバイトの3ヶ月は無我夢中で頑張りました。

バイトから契約社員になる際に意識したこと。

会社に勤めるということを意識しました。

契約社員ですから社会保険にも入り、社会人になります。

上司からはもうバイトじゃないんだから生半可な気持ちでは困ると言われ背筋が伸びました。この言葉を言われ責任感を強く持ち、意識するようになりました。

契約社員から正社員にどうなった?

私の働いていた会社では3年間契約社員で働き、見込みがある人が上司の推薦により正社員になれる仕組みでした。

私は3年経ってもなかなか正社員になれませんでした。

同期も後輩でさえ先に正社員になっていく中で自分がかなり情けなかったです。

しかしこれが実力だと思い、自分の仕事を見つめ直して前向きな姿勢で仕事に取り組むようになりました。

するとある日突然料理長が「正社員になるか」と言ってくださいました。料理長から人事に推薦していただき、数日後辞令をいただいて正社員になりました。

正社員になるために意識して取り組んだこと。

自分の立場をわきまえることです。上司や先輩の教えや指示をよく聞き、素直に聞いて、すぐ実行することをより意識しました

あと、私のレベルでは大きいことはできませんが会社に貢献する仕事ができるように意識しました。

正社員になるということは会社に必要な人材だということだと思っています。

そしてそれは自分の仕事が周りの方に認められることだと思います。そのためには日々の積み重ねを頑張ることが大事だと思い意識して働きました

正社員になってからはどのような仕事、役職を任された?

私は役職にはなれませんでした。

正社員になったことで任されたことは何個かあるレストランのうちのひとつの発注や原価計算、衛生管理など調理業務以外の仕事です。

ホテルのバイトに向いている人向いてない人

ホテルのバイトに向いている人は思いやりがあり、人のために行動できる人、人と接することが好きな人だと思います。なぜならお客様へのホスピタリティが大切な仕事であり、スタッフ同士でもその姿勢が必要だからです。

ホテルのバイトに向いていない人は自分中心な性格や、一人作業が好きな人だと思います。なぜならお客様へのサービスが中心の仕事ですし、業務は連帯プレーが多く、コミュニケーション能力が必要不可欠だと思うからです。