アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

年末特番!AbemaTVで1000万円?!

abematv

最近なにかと暗い話題の多い角界ですが、そこに明るい話題をひとつ。

 

なんと!

 

あの元横綱である朝青龍が7年ぶりに土俵に帰ってくるのだ。

 

何かと素行が悪いと叩かれることもあった朝青龍ではあったが、それだけ注目される存在であり人気の高さもすごかったことは事実で、今でもファンであるという人は多いのではないだろうか。

 

そんな話題の絶えなかった人物“朝青龍”がAbemaTVの人気企画に応じたことが話題となっていて、ツイッターでリツイートされたり、その他SNSでもハッシュタグ付きでこの情報が次々と拡散されている。

人気企画といっても今回はまだ2弾目であるわけだが、では何故人気企画と言えるのだろうか。

 

それは第1弾の企画

 

AbemaTV1周年記念企画「亀田興毅に勝ったら1000万」がものすごい話題となったからである。


この企画については知っている人も多いのではないだろうか。去年の大晦日の話題の一つにもなっていたこの亀田興毅氏へのチャレンジ企画、わたしも気になって見てしまった人のうちの一人だ。

そして今年は

 

2017年大晦日特別企画と題し「朝青龍を押し出したら1000万」企画が催されるのである。

 

AbemaTVとは

企画の概要に触れる前に、そもそもを理解していない人はいないだろうかと思ったので、先にAbemaTVについて説明しておこう。

AbemaTVとはパソコンやスマートフォン向けのサービスであり、ライブストリーミング形式にて閲覧するインターネットテレビのことである。よくアメーバTVと勘違いする人が多いので、そこは気を付けてもらいたいところだ。

 

とはいってもまだピンと来ない人もいるのではないだろうか。インターネットで動画を観る場合、基本的には好きなコンテンツを選び、好きな時に観ることができる。有料か無料かはサービス提供者によって異なる。

しかしこのAbemaTVはまるで、いま多くの人が観ているテレビのように、インターネットの世界に存在するテレビ局となっている。

 

簡単に言えばインターネット内で独自の番組をテレビのように放送していると思ってもらえるのが1番イメージしやすいだろう。

これでAbemaTVのイメージは掴めたと思うので、次は例の企画について説明していこうと思う。

 

2017年大晦日特別企画「朝青龍を押し出したら1000万」

この企画は読んだ通り、朝青龍を相撲の土俵の外に押し出したら1000万円が貰えるというもの。

番組は12月31日大晦日の20時から年が明けて元日の0時30分までの4時間半完全生中継、なお放送終了後も無料で見逃し視聴が何度でもできる仕様となっている。

朝青龍との対戦相手の募集人数は最大で5人、18歳以上で力に自信がある健康な男性という条件。気になる対戦のルールは番組独自のルールを起用しており、「張り手なし」「立会時の変化なし」「かち上げなし」の相撲ルールとなっている。1対1の対戦で両者まわしを着用するようだ。

 

そもそも朝青龍ってどんな人!?

これだけ知名度の高い朝青龍であっても、名前は知っているが詳しくは知らないといった声もあるだろう。

朝青龍は元大相撲力士であり第68代横綱なった相撲界の伝説の一人だ。破天荒も強さの証と言わんばかりに、相撲界で数多くの名勝負を繰り広げた偉人である。

 

□イメージと裏腹に努力を重ねる天才

朝青龍は派手なイメージがあるが、まだ若手の頃は非常に相撲に熱心で努力を重ねていた。横綱にまで登り詰めた朝青龍ではあるが、初めから強かったわけではない。努力があってそれが結果に結び付いていただけなのだ。当然、そうでなければ横綱になんてなれやしない。

そんな彼の名前が初めて番付に載ったのは1999年のこと。3月場所で序ノ口6勝、同年5月場所では序二段7勝、7月場所ではなんと三段目で7勝と破竹の勢いで相撲界のピラミッドを登っていくのである。

 

□悔しさをバネに

朝青龍が初めて負け越したのは幕下上位となった2000年の1月場所。これが相当悔しかったのか、7月場所では西幕下2枚目の地位で全勝優勝を果たしている。その後も朝青龍の勢いは止まらず、あの負け越しから1年後の2001年1月場所で新入幕確定となった。

 

□初めての対戦 VS貴乃花(現:貴乃花親方)

入幕後の戦績は9勝6敗と受賞こそ逃したものの、番付は一気に6枚半上昇し、番付運をも味方に付けた。この5月場所では初めて両親が応援に来てくれている中での立会となった。対戦相手は横綱武蔵丸。各上相手の戦いを制し、下手投げで白星を挙げることとなる。朝青龍はこの一番を『相撲人生の中で最も嬉しかったこと』と当時語っていた。

そして朝青龍はこの同場所3日目に、当時最強と謳われた横綱『貴乃花』と初対峙することとなる。しかし、実力の差は歴然、当時の朝青龍では貴乃花に歯が立たたず惨敗を喫することとなる。結局、貴乃花が引退するまでに2戦しか取組が叶わず、貴乃花から白星を挙げることはなかった。

 

□そして横綱へ…

貴乃花が引退した2003年、奇しくも同年に朝青龍は第68代横綱へと昇進する。ちなみに初土俵から25場所での横綱昇進は、年6場所制度が導入されて以降では最速の記録であり、いまだ破られていないとのこと。

また朝青龍はこの年に結婚という人生の大きな節目を迎えることとなる。彼にとって2003年は大きな出来事が重なった、忘れられない年であるに違いない。

 

朝青龍のいま

2010年に角界で初めて引退勧告による相撲界引退という結果になってしまった朝青龍は、現在何をしているのだろうか。

通常、引退をした外国人力士は日本に帰化し、部屋の親方になるケースが多い中、朝青龍は帰化せずモンゴルに帰ることを選択。

 

祖国でレスリング協会名誉会長に就任し、レスリング選手の活動を支援する朝青龍は、実業家への道を歩んでいくこととなる。ちなみに2013年にはレスリング協会会長に就任している。(現在は辞任)

現在は広大なソバ農園の経営をしているし、投資銀行のオーナーも務める朝青龍。他にも様々なビジネスを展開し、モンゴルでトップクラスの実業家に転身している。

 

なかでも力を入れているのはソバ農園。20万ha(東京ドーム42,500個分)という広大な敷地で、北海道から取り寄せたというソバの実を栽培しているという。

 

VIPチャレンジャー ボブ・サップ

2017年大晦日特別企画「朝青龍を押し出したら1000万」で、朝青龍に挑戦する一般チャレンジャーに加え、3人のVIPチャレンジャーが出演することが発表された。

一人目に発表があったのは、アメフト選手から転身し格闘技界で名を馳せたあの野獣“ボブ・サップ”だ。タレントとしても活躍していた経歴があるので、ご存知の方も多いだろう。

 

ボブ・サップは元K-1選手であるサム・グレコの紹介で、K-1にスカウトされ2002年に格闘家として「K-1」「PRIDE」のリングに立つ。

鳴り物入りで格闘家デビューしたボブ・サップに対して、好奇の目はあったものの、活躍は期待されていなかった。しかし、周囲の予想を覆す展開でボブ・サップは強敵たちをなぎ倒していく。

 

格闘技に素人感は残りつつも、そもそもボブ・サップの身体の作りは尋常ではない。PRIDEではヘビー級王者に負けはするものの善戦。K-1では王者であるアーネスト・ホーストと対戦しまさかの勝利と、番狂わせを起こすボブ・サップ.

野獣は周囲の予想を裏切り、その知名度を上げていくのである。

 

なお、ボブ・サップはこのアーネスト・ホーストとのちに再戦、その際も王者に対し白星を挙げている。

一般チャレンジャーでは朝青龍を押し出すのは難しいという見解が多く見られる中で、ボブ・サップは朝青龍を押し出す姿を見せてくれる期待のVIPチャレンジャーとなれるのか!?

 

泉浩も参戦決定

一人目のVIPチャレンジャーボブ・サップに続いて、二人目のVIPチャレンジャーもすでに発表されている。それは2004年アテネオリンピック・柔道で銀メダルを獲得した泉浩だ。

 

ん?

誰?

 

となる人もいるだろう。確かにお茶の間にとっては、タレントとして活躍したボブ・サップに比べ泉はやや知名度が劣る。

では、泉浩とは一体どんな人物なのだろうか。

 

泉は小学校までは大間で過ごし、中学校からは柔道私塾講道学舎に入門するため上京する。前掲したように2004年にアテネ五輪のメダリストとなる。ちなみにこの時、泉はまだ大学生である。

その後旭化成へと入社し、柔道を続けるが北京オリンピックへの出場は叶わなかったため、同社を退社し、総合格闘家へ転身する。

 

「戦極」「Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~ 」など多くの大会に出場し、キャリアを積んで結果を残した選手だ。

つまり、朝青龍に勝つ可能性は充分にあるチャレンジャーだということである。

 

2014年には女優の末永遥と結婚し、最近二人の間に子供をもうけている。泉は「新しい家族のためにも絶対勝つ」とやる気満々だ。

2017年大晦日特別企画「朝青龍を押し出したら1000万」では、見逃せない大一番を見せてくれるかも知れない。

 

ここまで、2017年大晦日特別企画「朝青龍を押し出したら1000万」について、関連事項も含めご紹介してきたが、この後は、参加希望の人のために、力のつくバイトを紹介していこうと思う。

 

引っ越しで1000万!!

力の付くバイトの定番としてまず紹介したいのは引っ越しバイトだ。引っ越しバイトといえば、サカイ、アーク、アート、アリさんマークの引越社などの大手引っ越し業者が有名だ。

ちなみに、引っ越し業者は一体どんな仕事をするのだろうか。

 

簡単な流れはこうだ。

 

梱包

搬出

運搬

搬入

 

引っ越し業者が梱包するのは、家具や家電製品など段ボールに入らず客の手に余る大型の荷物だ。もちろん細かい物の梱包も頼まれれば喜んで応じる。

梱包が終われば搬出だ。待機しているトラックに運ぶべく協力して荷物を素早く運び出す。段ボールであればなるべく2つずつ、家具など大きな荷物は2人1組で、が基本。それをバケツリレーで行うのが主である。

 

目的地へ運搬したらいよいよ搬入である。同じくバケツリレーの方式で速やかに運び込むわけだが、仕事である以上スピードが求められるので時間との勝負が始まる。こちらで付けた梱包材やクッションは外すが、荷解きの作業は業者側では行わない。

給与形態は日給が多く9000円~14000円ほど。

 

お金も稼ぎながら体も鍛えられる引っ越しバイト、いかがだろうか。

 

建築、土木で1000万!!

建築、土木関係、こちらも筋肉自慢が多い職場のひとつである。朝青龍を押し出すからには最低限、彼らのような肉体は必要ではないだろうか。

なぜ土木建築の仕事をすると、あのような肉体が出来上がるのだろう。

 

専門系な仕事内容は職人が行うが、バイトはその補助をすることになる。簡単な作業を任せられるのでさほど心配ではない。ただ『簡単な仕事=力仕事』と考える者も多い業界なので、体力的には楽ではないだろう。

だからこそ、鋼の肉体を手に入れられるのである。

 

それに建築現場にエレベーターやエスカレーターは基本無い。そのため重い資材を担いで階段を上り下りしなければならないことは日常茶飯事だ。

夏は暑く、冬は寒い、過酷な現場であるため、ある程度体力、根性に自信がある人におすすめしたい。

 

スポーツジムのインストラクター

スポーツジムのインストラクターは、ジム会員に最も近い存在。そのため、会員らにとって憧れのボディを作っておくことが求められることも多い。なかには朝青龍を押し出せそうな身体を作っている人もいるかも知れない。

 

だが、ただ闇雲に自分を鍛えればいいというものではなく、会員が安全にスポーツを楽しめるように万全のサポートをしなければならない。

そして指導にはやはり専門的な知識も必要となってくるため勉強は外せない。時給は1000円~程度のものが多いようだ。

 

時給に対しては要求されることが多い職種なので、本当に身体を動かすことが好きな人であれば、おすすめのバイトだ。

 

まとめ

ここまで、2017年大晦日特別企画「朝青龍を押し出したら1000万」について紹介してきたが、いかがだっただろうか。

去年の「亀田興毅に勝ったら1000万」の人気ぶりを考えれば、今回も去年以上の盛り上がりを見せる可能性は充分にある。年末年始、絶対に見逃したくない番組の一つであることは間違いない。

 

普通に考えれば、少し身体を鍛えたくらいで横綱を土俵に押し出せるとは思えない。それは番組制作者サイドもわかっているだろう。

だが、勝負に絶対はない。

 

それを狂わせてくれるチャレンジャーが現れたら、番組はより大きな盛り上がりをみせるだろう。『無理だろう』と思いつつも気になってしまうのは、この番組の企画にエンターテインメント性が強く含まれているからに違いない。

 

大晦日の夜は「朝青龍を押し出したら1000万」で決まりだろう。

 


【ライタープロフィール】


名前:chocomint
バイト経験:コンビニ、書店、居酒屋、パチンコ店、コールセンターなど。
趣味:スマホゲーム、映画鑑賞
最近は動画サイトで猫の動画を見るのに絶賛ハマり中です。