アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

21サイトを徹底比較!求人サイトですべてが決まる!アルバイト、本当はどこで探せばいいの?!


 

アルバイトを探すための求人サイトを徹底比較。

それぞれの使いやすさ、メリット、デメリットをわかりやすく解説!

結局一番使いやすいのは「バイトル」だった?!


 

アルバイト探したいけど、検索しても求人サイトがたくさんあり過ぎて、どうやって探していいかわからない。

一番上に出てくるから、そこにしたのに求人がない

サイトいっぱいあり過ぎて、どこが得なのかわからないし、損したくないからどうやって探したらいいか迷う

こうした経験ありますよね。

 

「ネット検索」って便利なんですけど、なんか的を外すときがあったりしますよね。

たとえば、「高校生 バイト」で検索してるのに、「高校生不可」まで拾っちゃうんですよ。

そうなると、ヒットしてくる案件は全く逆ですから、本当に「役立たず」となってしまいます。

その場合、「高校生可」で検索しなおすといいんですが、それだと「高校生歓迎」などのワードは拾いにくくなったりします。

 

こうした「検索の仕方」もあるんですが、たくさんある求人サイトのそれぞれの特徴についても、知っておいた方が断然有利。

なかには「祝金」なんてものがもらえるサイトもありますから。

 

というわけで、自分のしたいバイトや条件に合わせて、また、就業場所に合わせて、求人サイトをしっかりと選ぶことから「アルバイト探し」ははじまります

 

なぜなら、求人サイトにはそれぞれで様々な特徴があって、得意分野、不得意分野、得意な地域、不得意な地域などが出てくるからです。

なかには、「リゾートバイト」に特化したサイトや、「工場バイト」に特化したサイトもあります。

 

こうした一つの業種に特化した求人サイトは現在増える傾向にあり、やりたいことがはっきりしている人など専門的なバイトを探している人には役に立つサイトとなっています。

 

なので、まず自分のしたい仕事が決まっているのかどうかもポイントの一つですね。

「医療系」「介護系」「建築系」「IT系」「飲食系」など、大雑把な内容でも決まっていると利用するサイトも変わってきますし、まったく一からという人には、人気のバイトなどを含めて求人掲載数が多いものがいいでしょう。

 

今回は、「見やすい」「使いやすい」「応募しやすい」の3つに項目を分けて、星5つで評価していきます!

 

ぜひ、自分に合った求人サイトを見つけてくださいね。

 

アルバイト求人サイトを星5つで比較してみた!

「アルバイト」で検索すると、広告で一番に挙がってくるのが「an」です。

広告でないものでは「タウンワーク」が一番。

あとは、バイトル、indeed、フロムエー、e-aidem、マイナビバイト、アルバイトex、エンバイトと続きます。

さすがにどれも聞いたことのあるサイトですね。

 

これは「バイト」で検索しても結果は同じでした。

だいたいこの辺りがバイトの求人探しに使われている主なサイトといえそうです。

 

ただ、「求人」で検索すると少し変わってきます。

広告では「マイナビ」が一番。

広告でないもはタウンワーク、バイトル、はたらいく、e-aidem、indeed、ハローワーク、an、ディースター、リクナビNEXTなどが続きます。

求人では、雇用形態が「アルバイト」に限定されないため、正社員の案件が多いディースターやリクナビがかかってくるというわけですね。

 

さらに、「バイト求人サイト比較」などで検索すると、ジョブセンス、ショットワークス、シゴトinバイト、はたらくどっとこむ、ラコット、バイトーク、フルキャスト、ワークゲート、ラインバイト、シフトワークス、createバイト、ジョブリンクワーク、ピーアンドピーなどが入ってきます。

こうなると見たこともないようなサイト名もちらほら。

 

今更ながら、「これ全部比較すんのかよ?」と筆者のモチベーションが下がっていますが、仕方がない。

今回は、本当に一つずつ見ていきましょう!


 

まずは「バイト探しはan」から。

https://weban.jp/

 

求人掲載数は2017年12月24日現在で「195025件」

19万件!

というとすごいように感じますが、筆者はこの数字を全く信用していません。

実際に使える求人情報は10分の1くらいなんじゃないかなぁと思っています。

その理由は、「同じ求人がたくさん掲載されていること」

同じ会社で店舗が違う場合、同じ条件で違う店舗の情報が店舗の数だけ掲載されることがあります。

微妙に店舗ごとで違うこともありますが、大きくは変わりませんので、自分のあっていない求人情報だと、一気に数10件が使えない情報になります。

なので、求人件数はあまり信用できません

 

余談ですが、時給などの掲載でも「1000~1500」とかかれていても、たいていは1000円からスタート。

アルバイトで深夜でもない限り、経験者でも上限からスタートということはありません。

ハローワークの求人は、とくにこの給料の「下限~上限」の幅が大きく、まったく情報としては使えない情報です!

 

「見やすい」 ★★☆☆☆

筆者の印象では、トップページは「ごちゃっ」とした印象で見やすくはありません。

地方で検索すると、すでにその地方のエリアに割り振られます。

トップページでは、希望の勤務地選択からスタートで、日本地図から選ぶことができます。

「キーワード」でも検索できます。

さらに、「人気の職種」「人気のこだわり条件」「人気の勤務地・駅」「学校名」「キーワード」「新着一覧」から探すことができます。

求人一覧画面では、詳細を開かなくても「時給」「勤務時間」「シフト」などの情報が見られるので、これは「見やすい!」

 

「使いやすい」 ★★★★☆

トップ画面から、応募まで最短3クリック

画面は見やすくはありませんが、どこに何があるかを把握すると使いやすいといえます。

 

「応募しやすい」 ★★★☆☆

応募時に入力する項目は、「氏名」「フリガナ」「生年月日」「性別」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「現在の職業」「備考」がスタンダードな入力項目。

これに加え、「応募先からの質問」という項目があり、求人募集によって入力内容が違うのがポイントです。

「勤務可能日数」や「勤務地」に関する質問が多いようです。

 

筆者の独断ですが、「総合」 ★★★☆☆

とにかく「見にくい」のが致命的です。

応募も入力項目が多いのが残念。

おそらく、この入力項目が多い点については、「履歴書がいらない時代」の到来を告げていると思われ、ほかのサイトでも同じようなことが起こっていることが予想できますね。

 

では、次を見てみましょう。


 

「タウンワーク」

https://townwork.net/?arc=1

 

タウンワークの求人掲載件数も74万7446件と驚くばかり。

 

「見やすい」 ★★★★☆

トップ画面はすっきりしていて見やすい印象。

ニュースやコラム、お役立ち情報などが、求人検索より先に出てきます。

こちらもすっきりと見やすい感じ。

以下、「人気の職種」「人気のこだわり」「人気の企業」「人気の施設」などから探すのはanと同じ。

試しに人気の職種から「コールセンター」を選んでみると、「an」の場合、すぐに求人情報一覧にとんだのに対し、こちらは「コールセンターバイトってどんなしごと?」というコラムに。

体験談やQ&Aなどもあってものすごくわかりやすい

求人一覧の情報は「an」の方が詳しくて、詳細を見てみないと比較ができない感じ。

 

トップ画面はすっきりしていて見やすいですが、一覧はもう少し情報が欲しいところ。

 

「使いやすい」 ★★★☆☆

「コールセンター」など人気の職種を選択すると、詳しく内容のわかるコラムにとばされるのは悪くはないんですが、そこから求人情報へ戻るのが戻りにくくてダメ。

 

「応募しやすい」 ★★★☆☆

こちらは応募入力情報を最小限に抑えて応募ができるようになっています。

「氏名」「ふりがな」「生年月日」「性別」「電話番号」「現在の職業」「メールアドレス」が標準。

これに加え、「任意項目」が「希望連絡日」「勤務可能期間」「郵便番号」「住所」「学校名」「学部名」と続きます。

 

「総合」 ★★★☆☆

タウンワークは、歴史も長く、よく工夫してサイトが作ってあるなぁと思います。

全体に悪くはないが、特によくもないといった印象です。

 

くしくも「an」と「タウンワーク」の総合は★3つでドローとなりましたが、あえていうなら「タウンワーク」の方が見やすいです。

この「見やすい」の項目は重要かもしれません。


 

バイトルはどうでしょうか?

掲載件数49万3180件。

 

「見やすい」 ★★★★☆

バイトルのトップ画面は、上の2つと比べて一番見やすい印象。 

「短期・単発」「派遣バイト」「在宅・内職」「未経験OK」「日払い」「高収入」など、特集バイトを大きなアイコンで表示。

「職種」「ライフスタイル」などで種類わけ。

求人一覧には、「仕事内容」「勤務地」「給与」の3つの項目しかなく、逆にすっきりしていて見やすい。

とくに「仕事内容」を短くても書いてくれているのがうれしいです。

これは「見やすい!」

 

「使いやすい」 ★★★★☆

ほかの2つよりも、「キープする」のアイコンが目立っています。

「これ検討したい」というときにすぐに「キープ」においておけるのがいいですね。

動画もあり、1つの求人情報がものすごく充実しています。

職場環境や雰囲気を表で表す演出も最近増えてきました。

これは使いやすいかも。

バイトル、何気なしに見ていましたが、比べるとよさがわかりますね。

 

「応募しやすい」 ★★★★☆

バイトルすごい!

先ほどから申し上げているように、「履歴書不要の時代」が訪れています!

バイトルでは、最低入力項目として「氏名」「ふりがな」「生年月日」「性別」「電話番号」「メールアドレス」「現在の職業」を挙げています。

ここまでの入力でも応募はできるんですが、さらに、「任意項目」として「住所」「自己PR・職務経験」「最終学歴」「資格・スキル」「その他応募者情報」と細かな項目を用意しています。

履歴書並みですね。

さらに、「その他の応募者情報」では、画像登録以外に、「動画で自己アピール」という項目があり、まさに未来的応募の形が出来上がりつつあります!

これをどこまで使いこなせるかは別ですがね。

 

バイトルすごい!

としか言葉が出てきません。

ものすごく「これからの求人サイトはこうなる!」という方向性を作っているような気がします。

「総合」 ★★★★☆

今のところ一押しです。


 

現在CMしまくりの「Indeed」はどうでしょうか。

https://jp.indeed.com/

 

実はトップページはものすごくシンプルなんですね。

はじめてみました。

 

「見やすい」 ★☆☆☆☆

Indeedは、ものすごく見にくい!

求人一覧に記載されている情報が、それぞれ統一されていないため、一覧同士で比較できません。

また、時給などの最低の情報も一覧に出てこない場合があり、非常に見にくいです。

しかし!

その求人掲載件数はなんと「2421193件」!!

242万件です!!

圧倒的じゃないかぁ……

 

「使いやすい」 ★☆☆☆☆

やっぱり使いやすさにしても不満は大いにありますね。

使いにくい!

スポンサーという項目に記載がある場合、そちらのサイトに飛ばされます。

なので、そちらのサイトから応募という流れに。

 

「応募しやすい」 ★★☆☆☆

応募しやすくはないんですが、こちらのサイトには「履歴書登録」なるものがあります。

職歴登録や、学歴、資格など、細かな項目にわたって入力でき、応募時に雇用側に公開されるようになっています。

また、PDFにおとし印刷することもできるようになっていますが、履歴書の様式はとっておらず情報の羅列に過ぎません。

きちんと履歴書の様式の沿って「使える履歴書」として印刷できるようならもう少し評価が高いんですが。

 

実際「Indeed」は最悪です。

使いずらすぎ。

「総合」 ★☆☆☆☆

メリットは掲載件数の多さ。

他で探して見つからない場合は、こちらで探してみるといいかも知れません。



 

次は「フロムエー」を見てみましょう。

https://www.froma.com/P01/

掲載件数は18万7295件。

 

「見やすい」 ★☆☆☆☆

トップ画面からごちゃっとしていて見ずらいです。

調べていて思うのは、「キーワード検索」や「条件入力」をすぐにできる作りにしておいてほしいんですが、こちらのトップ画面はそれが見当たりません。

スクロールすると画面やや下のあたりに「フリーワード検索」が見つかりました。

「人気の職種」なども、ある程度サイト側でまとめておいてくれた方が、見る方は楽だなぁと思います。

「職種から探す」というのがあるんですが、職種が多すぎてダメ。

見にくいです。

求人一覧もごちゃごちゃしていて見にくい!

フォントも見にくい。

 

「使いやすい」 ★★☆☆☆

見にくいせいか、使いやすいとも思いません。

自分の欲しい情報になかなかたどり着かないのはストレス。

 

「応募しやすい」 ★★☆☆☆

応募は「氏名」「ふりがな」「電話番号」「生年月日」「現在の職業」の5つだけで応募可能。

これは応募しやすいです。

でも、任意追加項目が少ない。

「性別」「アドレス」「住所」のみでした。

筆者の感想ですが、これからの時代は、基本は5つくらいでいいんですが、任意項目は履歴書並みに詳しくしておいて、画像登録などもして、印刷するとそれがそのまま履歴書になるというのがベストだと思うんです。

なので、やや遅れているなぁという印象。

 

「総合」 ★★☆☆☆

サイトの作りが、「詰め込みすぎ」です。

情報があり過ぎて、肝心の求人の部分ができていない結果に。

昔は紙媒体でよく使っていただけに、当時の内容がそのままサイトになった印象で残念。

もっと柔軟にサイト作りしてほしいものです。



 

次は「イーアイデム」です。

https://www.e-aidem.com/aps/01_area.htm

掲載件数は11万7882件です。

 

「見やすい」 ★★★☆☆

トップ画面は、「見やすい!」ということはありません。

どうしても情報が多すぎてごちゃっとした感じ。

フリーワード検索は一番上にあって、これは使いやすいです。

求人一覧は、「職種」「給与」「勤務地」「スタイル」の4項目。

これはすっきりしていて見やすい。

求人一覧は「見やすい」ですが、「職種」は詳しく書いてほしい。

おそらく、求人先の問題なんでしょうが、詳しく書かれているところと、ひと言「製造」とか「販売」と書かれているだけのところがあります。


 

「使いやすい」 ★★★☆☆

使いやすさはいい感じ。

検索もしやすく、キープ、応募もすぐにわかります。

強いていうなら、探し方によっては、なかなか求人一覧にたどり着かないことがあり、それが少しストレス。

イーアイデムは、職種ごとに「専門サイト」を持っているようで、専門サイトのアイコンを

クリックすると、そちらに飛ばされます。

求人情報一覧自体は同じ様式なのですが、すぐに一覧にたどり着かないことがあるわけです。

専門サイトは「ものづくりワークス」「イーアイデムフード」「イーアイデムファッション」「イーアイデムビルメンテナンス・清掃」「イーアイデム派遣」「イーアイデム未経験」「イーアイデム扶養控除内求人」「イーアイデムジグソー(短期・掛け持ち)」の8つです。

 

「応募しやすい」 ★★★★☆

応募画面は「氏名」「ふりがな」「生年月日」「性別」「電話番号」が必須。

あとは任意で「アドレス」「住所」「備考」が足せます。

ごく普通ですね。

 

「総合」 ★★★☆☆

総合では★3つですが、タウンワークと比べると、タウンワークの方が使いやすいイメージ。

特徴としては、職種ごとに専門サイトを持っていること

求人一覧の様式は同じなんですが、専門サイトとして作ってあります。

職種が決まっていて、専門に探している人にはいいのかもしれません。


 

マイナビバイトです。

掲載件数は14万7303件。

 

「見やすい」 ★★★☆☆

一番上にエリアを選ぶアイコンがあり、フリーワード検索もあります。

「エリア」「駅・路線」「職種」「こだわり」のアイコンがあって、ここまではとても見やすいんですが、ほかが「ごちゃ」っとしてるんですよね。

こういう作りは仕様なんですかね。

 

バイトルは見やすいと感じたんですが、フロムエーはとても見にくかったです。

比べてみると、バイトルはわかりやすいアイコンを多用しているのに対し、フロムエーでは見にくいフォントのテキストばかりです。

こうしたところに違いがありそうです。

マイナビバイトも、アイコンが多用されているんですが、アイコンに載せられている情報が多すぎる印象。

もう少し「簡単」にしてくれるとわかりやすいと思います。

 

求人一覧についても、一覧の情報に「仕事内容」が記載されていないのは致命的

どういう仕事内容なのか簡単にでも記載があると一覧で比較しやすいのですが、一々詳細を見ないといけないのは面倒ですね

 

「使いやすい」 ★★★☆☆

「エリア」「駅・路線」「職種」「こだわり」のアイコンとフリーワード検索だけでも、見つけたい仕事は探せますので、使い勝手は悪くはありません。

 

「応募しやすい」 ★★☆☆☆

こちらは、「お名前」「ふりがな」「アドレス」「生年月日」「性別」「電話番号」「現在のご職業」「住所」の入力で応募。

任意の項目はありません。

ちょっと遅れている印象。

 

総合で見ても、あまり前衛的ではなく、保守的なイメージ。

「総合」 ★★☆☆☆

これからのネット求人検索事情を考えると、少し残念なサイトですね。


 

次はアルバイトEX。

https://arubaito-ex.jp/

こちらの特徴は「お祝金」がもらえることです。

現在も対象者全員に3万円がもらえるキャンペーンがあります!

 

「見やすい」 ★★★☆☆

トップページはやはり情報過多。

見やすいか見にくいかと聞かれれば「見にくい」と言わざるを得ません。

求人一覧はとてもいいバランス。

お仕事内容も細かく記載されています。

求人一覧は今までで一番いいかも。

不満は、「お仕事内容」の欄にお仕事内容ではないことがたくさん書かれている求人があること。

これじゃ意味ないですよね。

 

「使いやすい」 ★★★★☆

条件検索やエリア検索がわかりやすく、「使いやすい」と思います。

 

「応募しやすい」 ★★★☆☆

基本情報の入力項目は他のサイトより多いです。

「名前」「フリガナ」「性別」「生年月日」「現在の職業」「アドレス」「電話番号」「住所」

任意項目が「希望連絡日」「要望」

さらに、特徴として一度に3社以上の求人に一括で応募できる機能があります

やはりたくさんの求人に応募すると採用率は上がりますので、こうした機能はあると便利です。

 

「総合」 ★★★☆☆

祝金がついたり、一括応募など、特徴もあります。

掲載件数は67万6415件。

悪くはない内容ですが、バイトルと比べるとやはりまだまだといった感じ。


 

次はエンバイトです。

こちらは無料登録をしないと中身が見れないという点からして「使いにくい」です。

単発、短期のバイトを専門に扱っているサイト。

基本的に、登録を先に促すサイトは筆者は嫌いです。

登録には「氏名」「フリガナ」「エリア」「アドレス」「パスワード」の入力が必要です。

さらに「性別」「生年月日」の入力が必要。

ここからトップ画面に映ります。

 

「見やすい」 ★★★★☆

トップ画面は比較的すっきりしていて「見やすい」です。

必要な項目や優先順位がしっかりと考えられています。

求人一覧では、情報が逆に少なすぎて比較できません。

給与と勤務地だけなのはシンプルでいいんですが、筆者としては「仕事内容」を表示してほしいです。

 

「使いやすい」 ★☆☆☆☆

求人一覧では、普通「応募」「キープ」「詳細へ」の3つのアイコンがありますが、こちらは「気になる」と「詳細へ」しかありません。

さらに「気になる」に1度登録すると、解除が面倒。

間違ってもその場で解除ができず、いちいち「気になるリスト」を開いて削除する必要があります。

こういうのはストレスですね。

 

「応募しやすい」 ★★★☆☆

応募も独特です。

入力していくのではなく、一つひとつアイコンを選択していくパターン。

わかりやすくはあります。

項目は「住所」「電話番号」「バイト経験の有無」「職歴概要」「保有資格」「写真登録」です。

短期、単発のバイトでは「履歴書なし」「履歴書不要」の場合が多く、そのために職歴や画像入力などがあります。

こうした方向性自体はとてもいいんですが、エンバイトは登録しないと閲覧できないなど、「強制的」なイメージが拭えません。

 

「総合」★★★☆☆

全体によく考えられて作られているんですが、とにかく登録しないと見れないのはとても不愉快。

それ以外はいい感じです。


 

さて、次はハローワークです。

https://www.hellowork.go.jp/

 

ハローワークのインタ―ネットサービスは他とは様式がまるで違います。

やはり「サービス精神」が欠けているといわざるを得ません。

 

「見やすい」 ★☆☆☆☆

はじめての人が使うにはかなり見にくいです。

インディードといい勝負。

詳細条件なども、項目が多く、非常に見にくい。

求人情報一覧も、賃金の幅が広すぎてまったく情報として使えない内容です。

本当に不親切!

 

「使いやすい」 ★☆☆☆☆

慣れてる人なら、どこに何があるかわかりますが、はじめてこのサイトを使う人だと、おそらく全く使いにくいといえるでしょう。

サイトを構成した人は、このサイトで仕事を探したことはないんでしょうね。

 

「応募しやすい」 ★☆☆☆☆

応募に関しても、ほとんどの求人が「ハローワークの紹介状」が必要ということで、ネットのみで応募を完了することができません。

本当にアナログ。

メリットといえば、求人件数だけでしょう。

 

「総合」 ★☆☆☆☆

普段使っていると不便は感じないんですが、はじめてつかう視点で見てみるとひどい内容です。

広告などがないの唯一のメリットかな。


 

次は、ジョブセンス⇒マッハバイト

https://j-sen.jp/

こちらも祝金あり!

掲載件数は20万7809件。

 

「見やすい」 ★★★★☆

こちらのトップは見やすい!

スッキリしていてわかりやすいです。

求人一覧も最小限の情報で見やすいです。

ただ、仕事内容の詳細は一覧ではわかりません。

最近のアルバイト求人の傾向として、「イベントスタッフ」や「軽作業」など、名称からでは仕事内容がわからないものも多く、どういった内容なのかを一覧で書いておいてくれないと比較できないというデメリットがあるんです。

ただ、マッハバイトの求人一覧は、タイトルの後に少しだけ仕事内容が記載されています。

まぁこれだけシンプルで見やすければいい方でしょう!

 

「使いやすい」 ★★★★☆

見やすいのは使いやすいにつながりますね。

マッハバイトはかなりシンプルな作りになっていて、無駄なアイコンがありません。

これが使いやすさの秘密です。

 

「応募しやすい」 ★★★☆☆

入力内容は、「氏名」「ふりがな」「性別」「生年月日」「電話番号」「現在の職業」「アドレス」です。

任意項目はなく、応募はこれだけで終了です。

 

「総合」 ★★★★☆

意外と見やすくて、シンプルで使いやすいです。

祝金もありいい感じ。


 

次は、ショットワークスです。

http://shotworks.jp/

こちらのサイトも、短期・単発専門のサイトです。

傾向として「短期」「単発」のバイトは増えているといえますので、人気もあります。


 

「見やすい」 ★★★★☆

こちらもごちゃごちゃし過ぎていなくて、比較的見やすいです。

求人一覧もシンプルにまとめられています。

詳細画面がとても見やすくていいです。

 

「使いやすい」 ★☆☆☆☆

求人一覧は、仕事内容が掲載されておらず、「応募」「キープ」のアイコンもなく「詳細」を見ないと応募ができません。

見やすいのに使いにくいです。

 

「応募しやすい」 ★★☆☆☆

応募はログインしないとできないようになっています。

こうした感じは、筆者は嫌です。

応募画面にそのまま通して、登録もできるようになっていればいいと思います。

登録すると、任意項目を含めて「履歴書並み」の情報を入力します。

短期・単発バイトは履歴書不要もあたりまえになっています。

 

応募の画面で、必要最低限の情報でも応募できるようにしておいて、任意で履歴所並みの情報を入力ができるようにしておき、履歴書として印刷できれば最高ですね。

こうしたサイトはなかなかありませんね。

 

「総合」 ★★☆☆☆

見やすくていいんですが、使いにくいのが致命的ですね。


 

シゴトinバイト  

http://shigoto.in/baito/

祝金制度ありです。

 

「見やすい」 ★★☆☆☆

トップ画面に「特集」のアイコンを並べるとごちゃごちゃとしますね。

これが非常に見にくいです。

求人一覧もシンプルなのに「見にくい」です。

なんでしょうね。

センスの問題ですかね。

 

「使いやすい」 ★★★☆☆

使いやすさは普通。

とくに「お! 使いやすい!」ということはないですね。

 

「応募しやすい」 ★★☆☆☆

入力項目が多くて面倒。

「氏名」「フリガナ」「生年月日」「アドレス」「パスワード」「性別」「郵便番号」「電話番号」「現在の職業」の入力が必要。

これ以外に任意の入力はありません。

 

「総合」 ★★★☆☆

今一つ特徴のないサイトでしたね。


 

ラコット

https://lacotto.jp/

こちらの掲載数は122万8612件!

 

「見やすい」 ★★★★☆

トップ画面はものすごくシンプルで見やすいです!

求人一覧もすごくわかりやすいです。

ただ、仕事内容の記載はありません。

残念。

 

「使いやすい」 ★★★★☆

シンプルで使いやすいです。

会員登録もいりません!

 

「応募しやすい」 ★★☆☆☆

入力項目が多い!

残念。

「氏名」「フリガナ」「性別」「生年月日」「郵便番号」「住所」「電話番号」「アドレス」「現在の職業」です。

任意の入力はありません。

 

「総合」 ★★★☆☆

総合3.5って感じですね。


 

バイトーク

https://baitalk.jp/

掲載件数3万2757件と少なめ。

祝金がもらえます。

 

「見やすい」 ★★☆☆☆

トップ画面は、それほど見やすいことはありません。

求人一覧はわかりやすくていいです。

仕事内容は書かれていませんが、最低限ことはわかりやすく書かれています。


 

「使いやすい」 ★★☆☆☆

職種をクリックすると、仕事内容やメリットなどが書かれたコラムに飛ばされます。

タウンワークと同じ仕様ですね。

非常に細かく説明されていて、これはこれでいいんですが、求人情報を見たくてクリックしているのでちょっとストレス

なかなか求人一覧にたどり着けず、使いにくいです。

 

「応募しやすい」 ★★★☆☆

入力項目は「氏名」「ふりがな」「性別」「生年月日」「アドレス」「電話番号」「現在の職業」が必須項目。

任意で「希望時間」「質問、希望」となります。

いたって普通ですね。

 

「総合」 ★★☆☆☆

掲載件数なども含めて、まだまだ発展途上のサイトなようですね。


 

フルキャスト

https://fullcast.jp/

こちらも短期バイト専門のサイトです。

掲載数は4万9820件。

 

「見やすい」 ★★★★☆

トップ画面は非常にシンプル!

見やすいです。

求人一覧も非常にシンプルで見やすいです。

詳細も、段階に分けて、簡単な情報からスクロールするごとに詳細を書いていくスタイルは好感持てます。

最初の部分で最低限の情報が見れるのもいいです。

 

「使いやすい」 ★★★☆☆

とくに問題なく使えます。

求人一覧には「応募」のアイコンはなく、応募は詳細ページからのみとなります。

 

「応募しやすい」 ★☆☆☆☆

残念ながら、応募はしにくいです。

必須入力項目が多すぎ

やはり、短期で「履歴書の要らない求人」もあるためか、非常に項目が多いです。

給料を振り込むためでしょうか、任意ですが、口座情報まで入力があります。

 

「総合」 ★★★☆☆

悪くはないんですが、応募はしにくいです。


 

ワークゲート

http://www.workgate.co.jp/

こちらはアルバイトだけではないみたいで、正社員や派遣の求人もあるようです。

バイト求人は1万7853件掲載。

多くはありませんね。

 

「見やすい」 ★★★★☆

トップ画面は、ごちゃごちゃしていて見やすいとはいえません。

求人一覧は、シンプルで見やすいです。

仕事内容がしっかりと書かれているのが素晴らしい!

そこは一番見やすいかも。

 

「使いやすい」 ★★★☆☆

一覧から応募ができす、詳細を見てからの応募となります。

 

「応募しやすい」 ★★★★☆

応募の入力項目は、「氏名」「フリガナ」「生年月日」「性別」「住所」「電話番号」「アドレス」「学歴・職歴」が基本項目。

とくに、「学歴・職歴」は履歴書並みに入力が必要です。

任意項目は「配偶者」「最寄り駅」「自己PR」です。

基本項目に学歴・職歴があるのは面倒ですが、履歴書がいらなくなる未来は歓迎です。

こうした応募フォームは今後も増えていくと思われます。

 

「総合」 ★★★★☆

全体にトレンドをおさえた作りで、トップ画面がシンプルならバイトルに迫るサイトです。


 

シフトワークス

http://sftworks.jp/

掲載数6万6680件。

 

「見やすい」 ★★★★☆

トップ画面は非常にシンプルで見やすいです。

エリア検索やフリーワード検索を先に大きく持ってきて、後から注目バイトや特集を持ってくる構成はわかりやすくて非常にいい感じ。

求人一覧も、仕事内容の記載はありませんが、シンプルで見やすいです。

詳細ページには、お仕事内容の詳細があり、とっても見やすいです。

 

「使いやすい」 ★★★☆☆

求人一覧に「応募」のアイコンがなく、詳細からのみの応募。

ただ、シンプルな作りで使いやすいといえます。

 

「応募しやすい」 ★★★☆☆

基本項目は「氏名」「フリガナ」「性別」「生年月日」「現在の職業」「現在のお住まい」「電話番号」「アドレス」です。

任意で、「希望のシフト」「備考」の入力があります。

 

「総合」★★★☆☆

なかなかいい感じなんですが、もう一歩というところ。


 

createバイト

https://www.arbeit-jungle.com/

 

「見やすい」★★★★☆

トップ画面は非常にシンプルで見やすいです。

フリーワード検索やエリア検索など、優先順位がわかっている感じ。

求人一覧では、仕事内容も記載があり、軽作業などの分野でも、どんなことをするのかがわかります。

詳細情報もとても見やすくて、情報も豊富です!

 

「使いやすい」 ★★★★☆

求人一覧からでも応募ができますし、詳細ページから「企業ホームページ」へ移ることもできます。

かなり工夫がみられる良サイトです!

 

「応募しやすい」 ★★★★☆

基本項目は「氏名」「ふりがな」「生年月日」「性別」「アドレス」「電話番号」という最小限の項目。

任意で、「住所」「現在の勤務状況」「資格」「スキル」「その他」の入力があります。

かなり理想に近い形。

 

「総合」 ★★★★☆

かなり見やすくて使い安い印象です。

意外と最近のサイトは侮れません。

アンとかフロムエーとかの老舗より、ずっと使いやすいものが多いですね。


 

ジョブリンクワーク

https://www.joblink-work.jp/

こちらもお祝金がもらえるサイトです。

掲載件数7万6630件。

 

「見やすい」 ★★★★☆

トップ画面は非常にシンプルで見やすい印象。

求人一覧は、詳細並みに情報が豊富ですが、ごちゃうごちゃしていなくて見やすいです。

逆に詳細画面の情報が少ないですね。

 

「使いやすい」 ★★★☆☆

全体にシンプルで使いやすいです。

ただ、詳細情報が詳細でないのが問題。

 

「応募しやすい」 ★★☆☆☆

応募はしにくいです。

応募をクリックすると、会員登録画面に飛ばされます。

これってなんか不愉快なんですよね。

 

「総合」★★★☆☆

もうひとつ発展途上のサイトといえそうです。



 

ピーアンドピー

https://www.pandp.net/

 

「見やすい」 ★★★★☆

こちらのサイトはトップ画面が超シンプルで見やすい!!

素晴らしい。

職業別アイコンでは、求人ではなくコラムに飛ばされます。

タウンワークなどと同じ手法。

求人一覧も、フォントがでかくて見やすい。

お仕事内容もしっかりと書かれています!

詳細ページは、表もとりいれてわかりやすくしてくれています。

 

「使いやすい」 ★★★★☆

非常にシンプルで使いやすいです。

検索の入力もしやすいです。

 

「応募しやすい」 ★★★☆☆

応募基本項目は「氏名」「カナ」「生年月日」「性別」「電話番号」「アドレス」「住所」「最寄り駅」です。

任意で「職務内容」があります。

ものすごく見やすくて使いやすかった割に応募が普通で残念。

 

「総合」★★★★☆

トップ画面の様子から、これからのアルバイト求人サイトを意識したつくりになっていると思います。

その分応募が甘かったなぁ。

 

バイト求人サイト、結局一番のおすすめは?!

 

というわけで、独断で全21サイトを比較してきました!

これだけ見てきて一番おおすすめは「バイトル」です!

バイトル、最近では某アイドルグループが宣伝していますが、こうして比較してみると、その使いやすさは抜群ですね。

群を抜いているといっていいと思います。

まず、シンプルで見やすいこと。

さらに、優先順位がしっかりしていること。

また、履歴書の要らない未来をしっかりと見据えている応募方法です。

また、表や動画を取り入れるなど、最先端の工夫が満載。

これは文句なしで「バイトル」です!

 

実際のところ、これだけあるのでもっと接戦になるかと思ったんですが、筆者の印象では「バイトル」一人勝ちですね。

バイト求人サイトランキング!!

それでは、評価をもとにランキングを作ったので見ていきましょう。

 

ただし!

今回は、あくまでも「見やすい」「使いやすい」「応募しやすい」に限って評価しています。

祝金、掲載数などは評価にいれていません。

 

第21位 「ハローワーク」

初心者には本当に使えないサイトです。

もっとサービス精神持って作り直してほしいものです。

 

第20位 「インディード」

こちらも見にくい、使いにくい、応募しにくいの三拍子。

もうちょっと工夫しろよ。

 

第19位 「フロムエー」

見せる工夫が全くない「見にくい」サイト。

情報は多いだけに残念。

 

第18位 「バイトーク」

この辺になってくるともう印象にも残ってなくて、何が悪かったのかも覚えてません。

可もなく不可もないサイトです。

 

第17位 「シゴトinバイト」

こちらも、トップ画面の見にくさが問題です。

 

第16位 「マイナビバイト」

有名なサイトですが、見にくかったです。

 

第15位 「エンバイト」

すごい工夫されて作られているんですが、空回りといった感じ。

 

第14位 「ショットワークス」

比較的見やすいのに使いにくいサイトです。

 

第13位 「ジョブリンクワーク」

この辺りから少しクオリティがよくなってきます。

 

第12位 「フルキャスト」

応募しにくいのを除けばいいサイト。

 

第11位 「アルバイトEX」

総合的にバランスのいいサイトです。

 

第10位 「アン」

応募情報入力欄で、求人ごとに入力内容が違うのはいいと思います。

 

第9位 「イーアイデム」

バランスよく、応募しやすいのが特徴。

 

第8位 「タウンワーク」

バランスよく、新しいことに挑戦している姿勢も見られます。

 

第7位 「シフトワークス」

非常にバランスよく、使いやすいサイトです。

 

第6位 「ラコット」

見やすくて使いやすくて非常にいいサイトです。

 

第5位 「ピ-アンドピー」

こちらも新しさがあり、非常に使いやすいサイトです。

 

第4位 「ワークゲート」

トップ画面が見にくい以外は最高峰。

 

第3位 「マッハバイト」

旧ジョブセンスです。

見やすい、使いやすい、応募しやすい。

あとは履歴書不要時代にどう対応していくかが課題ですね。

 

第2位 「createバイト」

1位のバイトルとほとんど差がない良サイトです。

素晴らしい!

 

 

まとめ

 

今回は、アルバイトの求人サイトについて、「見やすい」「使いやすい」「応募しやすい」の3つの観点から考察してきました。

筆者が思ったのは、応募の入力でそのまま履歴書が印刷できれば「めっちゃ楽!」ってことです。

そんなサイトないかなぁ。

バイトルはもうそんな未来を予想している感じでしたので期待大ですね。

履歴書に何を書いていいかわからない人も多いので、そうしたサービスがあってもいいのかなぁと思いますよね。

応募フォームに入力を促しながら、例文なども用意して完成していくと「履歴書」が印刷できるっていいと思うんですよ。

ちゃんとガイドに従って入力すると、履歴書に何を書いていいかわからない人でも履歴書ができちゃうっていうのいいでしょ?

 

それにしても、バイトの求人サイトなんかどこも同じだと思っていましたが、実際に比較してみると、「こうも違うのか!!」というのが率直な感想です。

どこでも同じだと思っていると損をするということですね。

最近は、バイトにまつわるコラムを掲載しているサイトも多いですね。

仕事内容のわかりにくい「軽作業」「イベントスタッフ」などは、ああしたコラムで詳しく解説してくれると助かります。

まだまだどんどん変化していく予感のアルバイト求人サイト。

使いやすくなってくれる分には、どんどん変わってもらいたいものです。

ちなみに、今回は「スマホアプリ」は除外しています

もちろんこちらの方が未来志向でしょうから、次回はぜひ「ラインバイト」など、スマホアプリを比較したいと思います!

みなさんも、自分にあったいいバイトを見つけてくださいね!

 

筆者

ハンドルネーム:天笠 多菜葉

経験したバイトは30個以上!

経験の多さの秘密は、短期バイトと掛け持ち。

休日は京都でまったり。寺社巡り、パワースポットが大好き!

昔から霊感強くて幽霊見えます!臨死体験も!

映画鑑賞が趣味で、今は海外ドラマ「メンタリスト」「スーパーガール」にはまってます。

今は鍼灸師として患者様を診ています!催眠療法士としても活躍中。 将来の夢は小説家です。