アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

外は寒いけど、懐は温まる!デリバリーのアルバイト

寒い時期に気になるデリバリーのアルバイト

冬って寒くて外に出るのが嫌になりますよね。
私が住んでいるのは、毎朝氷点下〇℃、なんて当たり前の寒冷地です。
雪はそれほど降りませんが、それゆえに冷え込みがすごい。
気を付けないと道も凍るので、車の運転はもちろん、歩くのも気を付けなければなりません。

そんな寒い日、買い物に行くのは憂鬱ですよね。
極力まとめ買いするようにしていますが、生鮮食品には賞味期限もあり、1週間に1回の買い物では足りません。
外が冷えたり、雪が降ったりした日は、買い物どころか食事の用意さえ億劫です。

そんな時に役に立つのがデリバリー。
私の住む田舎でも、ピザを始め、お寿司や丼物、ファミレスのデリバリーを利用できます。

年末年始で人が集まる日は、デリバリーを注文する機会も増えますよね。

寒い中、バイクを運転して大変そうなデリバリーのアルバイト。
どれだけ大変なのでしょうか?

今回はデリバリーのアルバイトについて、仕事内容や魅力を詳しく調べてみました!

デリバリーのバイトの仕事

デリバリーの仕事ってバイクを運転して、商品を届けるだけだと思っていませんか?
確かにバイクを運転しての配達も大切な仕事です。
しかし、実際には配達以外にも様々なお仕事があります。

バイクが好きだから、
バイクの運転だけなら楽そうだし、
なんて軽く考えていると、実際に仕事を始めた時に
「こんなはずじゃなかった・・・。」
ということにもなりかねません。
そうならないために、デリバリーのアルバイトの仕事内容を詳しくご紹介していきたいと思います。

デリバリーの仕事

デリバリーの仕事の流れは基本的には次の通りです。

  1. お客様から電話やネットで注文が入る
  2. 注文の品を調理している間に、地図をプリントアウトして経路の確認をする
  3. 商品が準備できたら、バイクに商品を積み込み出発!
  4. お客様に商品を渡して代金を受け取る
  5. お店に戻り、代金と伝票の処理をする


それぞれの業務について見ていきましょう。

◆商品をお客様に届けるドライバー業務

 お客様から注文があった商品をと届ける仕事です。
 運転免許があれば、特に資格を必要としないので、未経験者でもすぐに働くことができます。
 ただし、ただ運転が出来るだけでは務まりません。
 デリバリーの配達には決められた時間があるので、効率よく、間違えないように配達をすることが求められます。
 効率よく配達するためには、事前に配達のルートをしっかりと覚えることが大切です。
 配達の時に、万が一道を間違えてしまっても、きちんと地図が読めることも大切です。
 そのため、道や地図を覚えるのが得意で、土地勘のある人が向いていると言えます。

◆注文を受ける電話応対

 お客様からの注文を電話で受ける仕事です。
 忙しい時間には電話が込み合うので、丁寧に間違いがないように注文を受けることが重要です。
 また、どのくらいでお届けに行けるかをすぐに判断できるスキルも必要です。
 多くのデリバリーチェーン店には電話応対マニュアルが細かく用意されているので、それを忠実に守って行けば困ることはありません。
 忙しい時間帯でも慌てず、冷静に対応ができれば大丈夫です。

◆調理や仕込みの仕事

 お客様から来た注文を、配達できるように調理したり、その仕込みをする仕事です。
 調理師免許がなくても、未経験でも大丈夫ですが、やはり調理経験のある方が即戦力になるので重宝がられます。
 調理も配達を同じで時間との勝負です。
 配達時間までに間に合うように、てきぱきと仕事をこなすことを求められます。

デリバリーの仕事の曖昧な分担

デリバリーのアルバイト、配達ドライバーの募集だからと言って、配達だけをするとは限りません。
配達が忙しくない時間帯は、電話応対や調理などの店内での業務も行うことがよくあります。
また、配達担当の場合は、バイクにのってチラシをポスティングする場合もあります。

同じように、電話注文の担当でも、電話がかかってこなければ、調理や仕込みを手伝うこともあるし、調理や仕込み担当でも、電話の応対が間に合わなければ電話の注文を受けることもあります。

このように、デリバリーのアルバイトの業務は、担当が決まっているようで決まっていないことが多いので注意しましょう!

デリバリーのアルバイト経験者に聞く、よくある質問

デリバリーのアルバイトを考えた時に疑問に思うことを経験者に聞いてみました。

Q:土地勘がなくても大丈夫?

A:土地勘があるほうが有利だけどなくても大丈夫。

 最近はスマホでGoogle Mapを使えば最短ルートが表示されから、地図が上手く読めなくても問題ないです。

Q:デリバリーの配達のバイトは大変?

A:忙しい時もあるけど、通常はそんなに大変じゃありません。
 一番困るのはトラブルが起きた時。
 何かあればすぐに店に電話をすれば、対応の仕方を教えてもらえるので心配ありません。


免許の保有年数もとくに決まりはないようです。
もちろん長年運転しているドライバーの方が安心かもしれませんが、
免許保有歴が長いからと言って運転が上手いとは限らないので。
配達のエリアも決まっているので、長距離の運転もなく、免許取り立てでも慣らしながら働くことが出来るでしょう。

やはりデリバリーのアルバイトで心配なのはアルバイト中の事故。
条件次第では労災保険制度が適応されます。
労災と聞くと社員の人だけが関係あるかと思われがちですが、
労働者であればアルバイトやパートなど雇用形態は関係ありません。

もしバイト中の事故で困ったことがあれば、厚生労働省のHPに労災補償について詳しく説明が載っています。

http://www.mhlw.go.jp/
厚生労働省HP

デリバリーアルバイトのメリット

デリバリーのアルバイトのメリットについて見ていきましょう!

◆時給が高い!

 デリバリーのアルバイトには免許が必要だったり、屋外で働く時間が長いので、他のアルバイトに比べて時給が高めです。

◆道に詳しくなる

 デリバリーの配達は様々な場所に配達に行きます。
 個人の家だったり、会社だったり、お店だったり。
 それに加えて、空いた時間にポスティングも行うので、道にかなり詳しくなります。
 いつも渋滞する道のう回路にも詳しくなって、普段の生活にも役に立ちます。

◆社員割引があることも

 働くお店によりますが、社員割引でお得に商品を買うことが出来ます。
 食費が浮くので、社員割引があるととても助かりますよね。

◆色々なスキルが身に付く

 デリバリーの配達のアルバイトでも、様々な仕事をすることをご紹介しました。
 電話注文を取ったり、調理や仕込みを手伝ったり。
 デリバリーのアルバイトは、これら様々なスキルを身に付けることが出来ます。
 

デリバリーアルバイトのデメリット

嬉しいメリットが沢山あるデリバリーのアルバイトですが、デメリットはどのような点でしょうか?

◆夏暑くて冬寒い

 屋外で仕事をする時間が長いので、天候に左右されます。
 夏は暑くて、冬は寒い。
 夏はバイクに乗っていた方が涼しいかもしれませんが、冬の寒さは応えます。
 しっかりと防寒対策をしないと、体調を崩しかねません。
 
 それから夏に気を付けたいのが日焼け。
 ヘルメットをかぶるからといっても、やはり夏の屋外は日に焼けます。
 日焼け止めを塗るなどの日焼け対策も大切です。


◆事故の危険がある

 バイクを運転している時間が長い分、事故を起こす危険もあります。
 特に注文が多くて忙しい時や、道に迷って時間に遅れそうなときには気をつけなければなりません。
 また焦ってスピードを出してしまい、スピード違反などで警察に捕まるリスクもあります。
 その場合の罰金や引かれる免許の点数は自己負担。
 
 今は昔ほど無茶なお届けの注文を受けるお店も少ないので慌てずに、安全確認を怠らなければ大丈夫ですが、中にはお届けの早さを売りにしているお店もまだあります。
 そのようなお店は事故を起こすリスクも高まるので、避けた方が無難です。
 
◆天候が悪い日に注文が多い

 私も含めてですが、天候が悪い日には外出したくない人が多いので、
 デリバリーの注文が増えます。
 暑さや寒さは何とかなりますが、雨や雪の日は道も滑りやすいので、
 事故のリスクも高くなります。
 また商品が濡れてしまわないかも気になるところ。
 商品も心配ですが、まずは運転での十分な注意が必要です。

マニュアルが充実しているので心配いらない

デリバリーのアルバイトはスピードが重要です。
配達をスムーズに行うために、システムやマニュアルが充実しています。
調理や注文の受付、配達まで、それぞれの業務に明確がマニュアルがあるので、未経験者でも安心して仕事を始めることが出来ます。

また、配達をしていると、様々なトラブルが起こることがあります。
◆配達時間に遅れてしまった
◆商品を落としてしまった
このような様々なトラブルでも、それぞれの対処方法がきちんとマニュアルに記載されているので、自分一人で悩まなくても大丈夫です。

また最近では様々なシステムを導入する店舗も増えてきました。
注文も電話だけでなく、インターネットで受けるシステムや、
一番効率のいい配達ルートをスマートフォンで確認できる
「配達支援アプリ」などがあります。
配達のドライバーが道に迷ってどこにいるか分からなくなった場合は、
スマホのGPSを活用して、道案内をしてくれるお店もあるようです。

デリバリーの店舗にはこのような便利なシステムが数多く採用されているので、未経験者でも、スムーズに仕事を行うことが出来ます。
 

まとめ

デリバリーのアルバイトの仕事内容や、メリット・デメリットについて詳しく調べながらご紹介してきました。

お天気が悪い日や忙しい日は大変なこともありますが、
毎日違う道を通って配達に行くことで、新鮮な発見もたくさんありそうですよね。

また、状況によって色々な業務に携われるので、飽きずに仕事ができそうです。

またお店で働くアルバイト率も高いので、新しい友達も出来る予感。
春に向けて出会いがあるかもしれません。

デリバリーのアルバイトは、特にこの時期人手不足になります。
せっかく免許を持っているのに、全然運転する機会がない人、
デリバリーのアルバイトに興味がある人にははじめ時ではないでしょうか?

ちょっと外は寒いですが、デリバリーのアルバイトで、懐を温めませんか?

 

筆者

専業主婦をしているチワワです。

興味があるものは何でも体験してみないと気が済まないため、高校生の頃より数多くのアルバイトを経験してきました。

人付き合いが大好きなので、短期のバイトでも同僚からかなりディープなバイト情報をゲットするのが特技です。

動物が大好きですが、家庭の事情で飼えないため、家の近所に住み着いた猫の親子を可愛がる毎日です。