アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

4月からのバイトを考えているあなた!探すのは1月からがおススメ

アルバイトを探す時期

欲しい洋服があったとき、明日からセールの場合はどうしますか?

定価でそのまま買う?
それとも明日のセールを待ってお得に買う?

売り切れてしまう場合もありますが、明日のセールを待って買った方が同じ洋服でもかなりお得に買えますよね。

そんな風に、ちょっとしたタイミングで得することがあります。
それはアルバイト探しも同じ。

自分のタイミングだけを考えてアルバイトを探しても、希望のアルバイトが見つかるとは限りません。
それどころか、タイミングが悪いといつまで経っても希望の仕事が見つからず、
結局希望とは違うアルバイトをしなければならないことも。

特に新年度の4月からアルバイトを始めようとしている場合は、探すタイミングが大切です。

私は今まで数々のアルバイトを経験してきました。
あまりタイミングを考えず探してきましたが、たまたま希望のアルバイトがすぐ見つかった場合には、『運が良かった!』と思っていました。
でも、今では運が良かったのではなく、タイミングが良かったと思うものもあります。

今回は4月からアルバイトを考えている方に、いつからアルバイトを探せば希望の仕事が見つかりやすいかをご紹介していきたいと思います。

アルバイトの求職者が増える時期・減る時期

応募のタイミングを考える前に、どんな時期がアルバイトの求職者が多いく、どんな時期に求職者が減るのかを考えて行きましょう!

◆アルバイトの求職者が増える時期

4~5月と9月~11月

この時期には子供の入園や入学で手が離れたり、学校が始まったりする時期です。
学生は新しい環境で学校生活が始まるのとともに、アルバイト解禁も人も多いので、
一斉にアルバイトを探し始めるのが4~5月です。
今までは子育てに忙しかった主婦が、入園・入学を機にアルバイトを始めるので、
4~5月は特に増加します。
また9月~11月は、子供や自分の学校生活にも慣れ、そろそろアルバイトできそうだと思う人が、アルバイトの求職活動を始める時期です。

◆アルバイトの求職者が減る時期

12~1月と7~8月

アルバイトを始めようと思っても、子供の長期休業のあるこの時期には求職者が減ります。
普段なら学童に入れたりするのも数時間ですが、長期休業ともなると、学童に入れてもお弁当が必要で大変だったり、家に長時間留守番をさせるのも不安だと言う理由から、
この時期はアルバイトを探すのを避けるようです。

4月の盲点!募集も増えるが応募はそれ以上に増える!

4月は新年度と言うこともあり、アルバイトの募集がたくさん出ているイメージがありませんか?
確かに3月いっぱいで辞めてしまう人が多いので、求人募集は多いです。
ただ、気を付けて欲しいのが、求人募集以上に応募する人が多いこと。

4月になって自分の時間が出来た主婦や、新しい学校生活になってアルバイトを見付けようとする人たちが一斉にアルバイトを探します。
そのため、募集は多いのに、応募が多いため、採用の確立が減ってしまうのです。

そうです。
新生活が始まってからの活動では遅すぎるのです!

では、いつからアルバイト探しを始めれば良いのでしょうか?

人の出入りが多い時期を狙う

自分の希望するアルバイトに応募しても、採用人数に対して応募人数が多いと不採用になってしまうこともありますよね。

採用の条件に合わなかった、
自分よりの適任の人がいた、
不採用になる理由は色々あります。

でも応募人数がもっと少なかったら?
自分も採用になるチャンスがあったのでは。
と思いませんか?

そんな想像を話したところで、本当の理由には関係ないと思うかもしれませんが、
応募人数が少なければ、採用される確率が高くなるのは事実です。

どうしたら応募人数が少なくなるのか?
それは応募するタイミングを間違えないことです!

それではどんな時期で応募すれば、タイミングがいいのでしょうか?

私が以前、ハローワークの人に聞いたところ、1年には2回、採用枠が増えるタイミングがあるそうです。
それは1月~3月と7月~9月。
これは学生が新生活や就職活動を始めるために、一斉に辞めてしまうことが大きな理由のようです。

正社員でも4月から働く新入社員は、4月より前に募集がかかり、応募しますよね。
アルバイトも同じで、4月から働き始めたかったら、4月より前の新年ごろから活動を始めればいいのです!

 

早めにアルバイトを探すメリット・デメリット

早めにアルバイトを探すことが、より自分の希望にあった仕事を探せる近道だと言うことをご紹介してきました。

早めにアルバイト探しを始めることのメリット・デメリットについて考えて行きたいと思います。

◆メリット
 
◎応募の人数が少ないので、アルバイトが見つかりやすい。

 本来働き始めたい時期より、早めに応募するので、時間的に余裕があります。
 そのため、他のアルバイトとの比較検討する時間も持てるので、より自分の希望にあったアルバイト先を慎重に探すことが出来ます。

 また、応募する人数も少ないので、試験を受けた時にも採用されやすくなります。

◎4月からの新生活に気持ちの余裕が出来る

 4月からの新年度とともにアルバイト探しを始めるのはなかなか大変です。
 慣れない生活、慣れない環境に加えてアルバイト探しをしなければならないので、
 日々余裕がないでしょう。
 早めにアルバイト探しを始めておけば、新年度を迎えた時にも気持ちにも、時間的にも余裕があるので、慌ただしい新年度を迎えずに済みます。

◆デメリット

◎予定より早めに働かなくてはならないこともある。

 1月~3月のアルバイト募集の場合、4月からの人員不足に備えての採用もありますが、今現在の人員不足解消の目的の場合もあります。
 そのような場合には、4月とは言わず、もっと早くから働くことが条件になることがあります。
 子供がいたり、まだ学校を卒業していない場合には難しいこともあるので、
 応募する際にはしっかり仕事開始時期を確認することが大切です。

どうやってバイトを探す?おすすめバイト探しアプリ

いざアルバイトを探すとき、どうやって探しますか?

今、断然オススメなのがバイト探しアプリ!
バイト探しに便利なアプリがたくさんあります。

その中でもいくつかおススメのアプリとその口コミをご紹介したいと思います。

◆バイトル

 乃木坂46のCMでおなじみのバイト探しアプリ「バイトル」。
 職場やスタッフの様子や雰囲気、メッセージが見られる動画サービスが特徴です。
 また、求人応募状況がわかる「応募バロメーター」も機能も人気。
 人気の求人が一目でわかります。

 またシンプルながら検索画面が充実していて使いやすく、
 検索履歴や閲覧履歴もすぐに確認できます。
 気に入った求人は20件までキープして比較できるのも便利。
 毎日1時間ごとに更新される豊富な求人には、未経験者歓迎、短期や単発など、
 あらゆるライフスタイルに合わせた広い求人情報が掲載されています。

HPでGPSを使ってお店までの距離を調べられてマップの保存もできちゃうし、動画メッセージで自分と同じ主婦が楽しそうに働いているのを見ると一気に親近感がわきました。制服の写真があらかじめチェックできるのもいいです。


 やはり動画で確認できるとより職場の雰囲気を掴みやすいですよね。

タウンワーク

リクルートが運営しているタウンワークは求人掲載数の豊富さが魅力のバイトアプリです。
大手に限らず地元企業の求人数も多いのが特徴です。
64項目の特徴から、細かいこだわり検索が可能です。
よく使う検索条件を保存することができる上に、その内容に合った求人が通知されるので、いち早く条件にあった新しい求人をチェックすることが出来ます。

仕事内容の情報も詳細です。
職場の雰囲気や従業員の構成、実際のシフトや収入例まで詳しく公開しています。
 

今のバイトはタウンワークで見つけました!個人的にはバイトルとかマイナビよりもシンプルで探しやすいから好きです。気になる仕事もたくさんキープしておけるので、後であのバイト何だったっけ?というの忘れずにすむので助かります。他でバイトが見つけられなかったらタウンワークで探すといいですよ!CMとかやってて知名度もあるし、求人の情報量が多いのも魅力的です。

余談ですけど、私が昔働いていた同じフロアにタウンワークの会社が入っていたんです。
車じゃないと不便な田舎の支店なのに、営業さんはみんな自転車で一日中走り回ってました!
暑い日も寒い日も、片道1時間かけてなんて話も聞いたくらいです。
そんな努力があるから、田舎の地元企業の求人数も豊富なんでしょうね。

マイナビバイト

マイナビバイトは「こだわり検索」ができるほかに、期間やシフトの条件を細かく設定できる点が人気です。
本アプリ以外にも、大学生版、高校生版、フリーター版、短期版など、様々なラインナップが揃っています。

気になる求人を「とりあえず保存」しておいて、一覧を給料や締め切り順などでソートいる機能も魅力です。
会員登録不要でアプリからすぐに応募できる点も手軽に利用できるポイントです。

掲載している仕事の数が多いので初めは探しにくいなと思っていましたが、自分が希望する条件をかなり細かく設定することができる「こだわり条件」を入力できるので大変使いやすいです。

またWEBからの応募が可能な企業も多く、会員登録しておくと自分の情報を記録しておくことができるので複数の企業に同時に応募したりするときはとても便利でした。

こまかく条件を設定できると、自分のやりたい分野が決まっている人には、
求めている求人が探しやすいですね。


ここで紹介したアプリはほんの一部です。
まだまだたくさんのアプリがあるので、いくつかサイトを見て、自分が使いやすいアプリを見付けておくといいですね。

アプリももちろんですが、私はアルバイトを探すときに最寄りのハローワークにも行きます。
地元のお店や会社の場合は、ハローワークの職員さんの情報が役に立つことも。

「ここはいつもアルバイト出ているから怪しいかも」
「このお店は評判もいいし、求人が出るといつもすぐ決まってしまうから、今がチャンスだよ」

これは実際に私がはハローワークの人に受けたアドバイスです。
やはり面と向かって相談するので、担当者も親身に相談に乗ってくれますよ。

ハローワークの求人はHPからも検索できます。
求人検索もできるし、雇用保険関係の情報なども掲載されています。
 

まとめ

4月からアルバイトを始めたい方向けにアルバイトを探す最適な時期をご紹介してきました。
あわせてアルバイト探しに便利なアプリの情報もお伝えしてきました。

アルバイト探しは人それぞれです。
働きたい場所も時期も場所もそれぞれですが、同じ条件で探すならよりよいタイミングで探した方が自分に向いているバイト先が見つかります。

新しいアルバイトは新しい新年度に、と考える気持ちもわかりますが、
早め早めの行動が楽しい春を迎えるチャンスでもあります。

ぜひ年が明けたらアルバイト探しを始めてみてくださいね!

 

筆者

専業主婦をしているチワワです。

興味があるものは何でも体験してみないと気が済まないため、高校生の頃より数多くのアルバイトを経験してきました。

人付き合いが大好きなので、短期のバイトでも同僚からかなりディープなバイト情報をゲットするのが特技です。

動物が大好きですが、家庭の事情で飼えないため、家の近所に住み着いた猫の親子を可愛がる毎日です。