アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

パン好きのあなたに!希望するパン屋で働くお店の探し方

f:id:educaredstarlight:20180104163108j:plain

 突然ですが、皆さんの朝食はお米派ですか?パン派ですか?

わが家はずーっとパン派でしたが、ここ半年前からご飯派になりました。

何年もパンを食べてきて、ふとご飯の方が安いのでは?と疑問を感じたからです。

 

ここ数年、小麦粉やバターの値段は値上がりをつづけ、パンの値段はどんどん上がっています。

ただでさえ高いと感じるパンなのに、「高級パン」なるものも流行っているとか。

 

そうそう、半年程前、我が家の近くに生食パン専門店がオープンしました。

食パンだけでやっていけるの?

と疑問に思っていましたが、これが結構お客さんが入っている様子。

調べてみたら、なんと今年のYahoo!検索大賞2017の食品部門賞に輝いた

『乃が美「生」食パン』だったのです!

 

実はまだ自分では買ったことがありません。

家が近いせいか、お土産に3回ほどいただいたことがあり、食べたことはあります。

 

「高級」食パン!

まさにその言葉が似あう味です。

 

ふわふわもちもちでいい匂い!

こんなパンを毎日食べられたらな~。

 

もしかして、パン屋さんでアルバイトすれば毎日美味しいパンが食べられるのかな?

 

そんなわけで、今回はパン屋さんでのアルバイトについて調べていきたいと思います!

パン屋さんのアルバイトってどんな仕事をするの?

f:id:educaredstarlight:20180104163147j:plain

パン屋さんの仕事内容は大きく分けて2つ。 

◎販売

レジや接客、商品の品出し、売り場の整理、店内の清掃の仕事です。

 

◎製造

お店によって作業の内容は異なります。

大手のメーカーなら工場で作るライン作業だったり、店内で手作りしているお店は経験次第で生地作りから作業できることも。

勤務時間や時給は?

f:id:educaredstarlight:20180104163620j:plain

 店舗の営業としては朝10時ころから夕方のお店が多いです。

駅の構内や駅近くの店舗では、通勤時に購入する人に合わせて、朝7時位から営業している店舗もあります。

 

そのため、販売の仕事の場合はお店の営業に合わせての出勤になり、製造になると営業時間に商品を並べられるように、営業時間の数時間前から出勤することが多いです。

 

時給は、店舗や地域によっても差がありますが、応募の出ている求人を調べると、900~1,000円

位が相場と言えるでしょう。

1日の仕事の流れ

 製造を担当する場合は早朝から仕事が始まります。

開店時間が9時だとすると、仕込みを始めるのは大体5時頃からのようです。

 

販売の担当は、朝出勤したらまず店内の片づけをしてからパンの陳列をします。

営業時間内はお客さんの接客やレジ打ちはもちろん、焼きあがったパンを売り場にどんどん陳列していく作業もします。

空き時間にはレジ袋の補充や売り場のパンの売れ行きのチェック。

閉店後には店内を清掃して業務は終了です。

パン屋アルバイトのいいところ

 パン屋さんでのアルバイトのいいところは、夜遅くまでのシフトがある可能性が低いこと。

朝早くからのシフトはあるので、朝早い時間帯でシフトを組めば、午後からの時間は有効活用できます。

 

また、お店によっては社割でパンを購入出来たり、試食品をいち早く味見出来たりするお店もあります。

 

製造の担当になると、パン作りの専門的な技術を目の前で見ることが出来ます。

パン作りが趣味な人は、自分のパン作りの参考になりますよね。

 

何よりパンが好きな人には、焼き立てのパンの香りに包まれて働けることは幸せを感じるでしょう!

パン屋アルバイトのデメリット

f:id:educaredstarlight:20180104163856j:plain

 パン屋さんの朝は早いです。

そのため、早起きが苦手な人にとっては大変な仕事になるでしょう。

また、夜の営業をしているところも少ないので、夜働きたい人には不向きです。

 

パン屋さんのパンは1つ1つ袋に入っているものはまとめ売りのものか、サンドイッチ位です。

焼き立てをどんどん陳列するので、すぐに袋に入れてしまうと蒸気で袋の中が濡れてしまうから。

そのため、1つ1つに値段を書くことは出来ないので、パンの値段を覚える必要があります。

 

大きなパン屋さんほど多くのパンの種類があったり、次々に新作が出るのでその都度値段を覚えなくてはなりません。

暗記が苦手な人には大変な作業です。

 

製造の担当になった場合には結構力仕事もあります。

小麦粉や砂糖も業務用なので、1袋30キロなんてものも。

体力を使う作業があることも承知しておきましょう!

パン屋のアルバイトに向いている人

どのような人がパン屋でのアルバイトに向いているのでしょうか? 

①パンが好きな人

パンが好きなら販売している商品もすぐに覚えられます。

興味がある分、値段や味、名前などすんなりと覚えることができるでしょう。

 

②接客が好きな人

パン屋さんはお客さんあっての商売です。

直接お客さんと接することも多いので、接客が好きな人はやりがいを感じられます。

 

③早起きが得意な人

必ずではありませんが、他の仕事に比べるとパン屋のアルバイトの朝は早いです。

朝早くからお客さんも来店するので、寝ぼけまなこでの接客はNG。

朝からテキパキと仕事が出来る、朝方の人が向いています。

 

④清潔感のある人

パン屋さんは食べ物を扱う仕事なので、清潔感は大切です。

こまめに手洗いが出来たり、髪をきちんと束ねられたり、清潔感のある人が求められます。

仕事よりもネイルやふんわりカールした髪型を崩したくない人にはあまり向いていません。

パン屋のアルバイトで身につくスキル

パン屋さんには1日に沢山のお客さんが来店します。

販売の担当は、沢山のお客さんを接客することで、コミュニケーション能力が付きます。

朝や昼時などは忙しく、慣れないうちは大変なこともありますが、慣れてくると忙しい時間帯でも焦らずテキパキと対応することができるようになるでしょう。

このような環境で接客がこなせるようになると、他の飲食店でも応用できる接客スキルが身に付いていると言えます。

 

製造の担当は、限られた時間内での作業を繰り返していくうちに、効率よく作業が出来るようになってきます。

経験を積むことで、パン作りの技術も格段に上がっていきます。

パン屋さんでの仕事をこないしていくうちに、自分のパン作りの技術も上がります。

早起きが苦手でもパン屋でのバイトをあきらめられない人へ

早起きはどうしても苦手。

でもパン屋でバイトがしたい!

そんな人のためにおすすめのパン屋さんを紹介します。

パン屋さんでバイトの求人を出しているお店は大きく分けて2つのタイプがあります。

 

①企業が運営するお店

企業が運営する店舗は、それぞれの店舗間で商品を統一するため、共通のマニュアルがあります。

そのマニュアルに基づいてパン作りや販売がされています。

お店を構える場所は百貨店や駅ビル、ショッピングセンターなどにテナントとしてしゅっぴんしているチェーン店のお店が多いです。

 

②個人のお店

個人のお店は商店街や路面店にお店を構える絵本に出てくるような「まちのパン屋さん」的なお店です。

こじんまりした規模で経営をしていることが多く、店主のこだわりや個性のあるパン作りをしており、何代にもわたって長年経営しているお店もあります。

さて、①・②のうち、朝早い時間のお店はどちらでしょうか?

 

正解は②番です。

 

パン屋さんが朝早くから働くのは、パン生地を粉から練って、生地を寝かせて発酵させるのに時間がかかるからです。

この工程を短くできれば、それほど早くから仕込みを始めなくていいのです。

企業が経営するチェーン店では、すでに出来上がった冷凍の生地と使うことも多く、パン作りの時間を大幅に短縮しています。

そのため、朝はその分遅くから作業を始めても開店には間に合うのです。

また、百貨店や駅ビルという場所がら、早朝からパン屋さんだけの為にビルを開けてもらうわけにも行きません。

そのためにも、作業の短縮は必要不可欠なのです。

 

では個人のお店でも冷凍した生地を用意すれば・・・と思いますが、それは難しいのです。

冷凍生地の保管や解答には、新たな設備や保管場所が必要になります。

資金面から、個人のお店では難しい。

そのためどうしても粉から練るしかないので、朝は早くから仕込みをする必要があるのです。

 

つまり、早起きが苦手な人はデパートやスーパーのテナントに入っているチェーン店での勤務を探すと、自分に合った時間での求人が見つかるというわけなのです。

 

ただ、粉からパン生地と作るスキルを身に付けたい、パン作りの技術を磨きたいと言う人は物足りないかもしれません。

製造を一から学びたい人は、早起きはちょっと大変ですが、個人のお店で仕事をさがしてみるほうがいいですね。

 

ただし、これはあくまで統計上でしかありません。

百貨店や駅ビルでも、朝早くから出勤が必要なお店もあるし、個人のお店でもそれほど早くから出勤する必要がないお店もあります。

求人を探す参考程度にしてもらって、実際に自分がアルバイトしたい店舗が見つかった時には、シフトの時間を直接確認してみましょう。

まとめ

パン屋さんでのアルバイトは楽しいことばかりではありません。

時には重い荷物を運んだり、朝早かったり。

でもお客さんが美味しいかった!と嬉しそうにしてくれる顔を見られる事ができるのはやりがいがあります。

パン好きにはたまらない、魅力もたくさんあるアルバイトです。

パンが好きな方はぜひチャレンジしてみませんか?

 

筆者
f:id:educaredstarlight:20171220152752j:plain

 

専業主婦をしているチワワです。

 

人付き合いが大好きなので、短期のバイトでも同僚からかなりディープなバイト情報をゲットするのが特技です。