アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

大学生に人気の「カフェ」「事務」「仕分け・梱包」のバイトを比較してみた。




大学生の人気バイトは意外なものがランクインしています。

その1位が「カフェスタッフ」

2位は「事務」3位が「仕分け・梱包」です。

 

1位のカフェスタッフはおしゃれで人気なのはわかりますが、あとのは妙に現実的ですよね。

人気といっても、実際のところ「多いバイト」ということで、現実的なものがランクインしてくるようです。

 

そこで今回は、この3つのバイトにフォーカスして、それぞれを比較。

大学生が、どういう目的で、どういうタイプなら、どれが向いているのかをご紹介していきます!

大学生人気ランキング1位の「おしゃれ型」バイト「カフェスタッフ」

まずは、大学生に人気のバイト第1位の「カフェスタッフ」です。

こちらは、人気バイトランキングでも1位に「スターバックスカフェ」がランクインしており、その人気の秘密は、「大人っぽい」「かっこいい」「おしゃれ」など。

 

やはり、収入や仕事内容よりも「おしゃれ」という雰囲気で人気といった感じです。

 

では実際にカフェバイトの仕事内容はどんなものなのでしょうか。

 

仕事内容を調べていると、「おしゃれな雰囲気」とはかけ離れていて、かなりつらいバイトであるようです。

まず、1日中立ちっぱなしということ。

これは地味ですが、かなりこたえます。

腰痛や足の浮腫みなど、疲労の原因にもなります。

 

カフェの場合、キッチンもお客様から見える場所にあることが多いので、壁によっかかって休憩なんてこともできません

初めての場合は、こうしたことも考慮が必要です。

わりと体力勝負な仕事なんですね。

 

また、飲食店には「ピーク時間」というものがあり、ランチなどの軽食ができるカフェではその時間から混みますし、ランチがなくてもピークの時間はあるようです。

 

お仕事具体的な内容は、注文を取る、レジを打つ、清掃、配膳、片付けなど。

キッチンであれば調理など。

バリスタであればコーヒーの淹れ方も。

 

飲食店ではとくに「清潔感」を重視され、身だしなみには厳しい職場が多いです。

そのため、髭や長髪、ピアス、ネイルなどは厳しく言われるところもあります。

 

こうした厳しさが、逆に「大人の雰囲気」を演出しているともいえますので、メリットととらえてもいいかも知れません。

 

飲食店は上下関係が厳しいこともあります。

とくにカフェではそういったことが多く見られます。

 

カフェバイトは厳しくいろいろなことを教えられるバイトで、マナーや最低限の社会常識は身につくといえます。

コーヒーの淹れ方やランチメニューなどの作り方など、専門的な知識も学ぶことができます

 

思っているより「おしゃれ」ではないけども、学ぶことの多い後悔しないバイトです。

 

時給の相場は、東京で1000円台、大阪で950円台です。

最近のバイトの時給にしてはやや低め。

その分学ぶことの多いバイトです。

 

スキルとしては接客スキルは必須。

体育会系と言われる業界なので、スタッフ間のコミュニケーション能力も必要。

ただし、これらは学ぶことができるので、最初から持っている必要はありません

大学生に人気ランキング2位の「現実的」バイト「事務スタッフ」

大学生に人気のバイトの第2位は、意外にも「事務」でした。

こちらは「現実的」ですね。

 

将来にも活かせて、それほどきつくもなく、学ぶことも多いといったところでしょうか。

 

その仕事内容は、「書類作成」「電話対応」「接客」「データ管理」など。

病院事務では「入力」などの業務も。

 

書類作成にはパソコンのスキルはある程度必要です。

ワード、エクセル、パワーポイント程度は一通り使えるのがいいでしょう。

 

現在はハローワークで無料で講座を受けることができますので、自信のない人は受けてみてもいいでしょう。

まぁ、現代の大学生なら心配はないでしょう。

 

電話対応や接客には「ビジネスマナー」が必要

こちらはかなり「不安」ですよね。

ある程度は研修などで教わると思いますが、独学も必要です。

キチンと読書などで学び、友達相手に練習しておきましょう。

 

「データ管理」とは、要らないデータを消去したり、必要なデータをタグ付けして分類整理するなどの仕事。

ある程度、片付けができる人でないときついことがあります。

 

よくある話ですが、デスクなどの整理は女性はきちんとしていて、男性はぐちゃぐちゃなのに対し、パソコンのトップ画面のアイコンについては、男性はきちんと整理されて少数のアイコンでまとめられているのに対し、女性のトップ画面はアイコンだらけでいっぱいだといいます。

 

これは男女の特性の一つなんでしょうが、データ管理にはこうしたアイコンの整理も、どこに何があるかわかるように「名前」を付けるなど、意外と難しいことがあります。

 

事務の仕事は、だいたいこんなもので、現代ではおもにパソコンが主体の仕事です。

その時給は、東京で1100円台、大阪で1000円台

こちらも、ものすごくいいわけではありませんね。

大学生に人気ランキング3位の「収入型」バイト「仕分け・梱包スタッフ」

さて、第3位は「倉庫内スタッフ」です。

こちらは、時給が1位、2位よりいいのがポイント。

「収入型」といえそうですね。

 

その仕事内容は、配送センターや工場内、倉庫内で、商品の仕分けや、商品の出荷準備などをするバイトです。

その内容は倉庫や工場によって異なりますが、到着した荷物の仕分け、倉庫内での運搬、在庫や入出荷の内容を把握して、在庫整理や棚卸表を作成するといった業務になります。

 

商品自体は、アパレル商品や雑貨、日用品、食品などさまざまで、倉庫によっては冷暖房完備で快適に働ける環境もありますし、飲食物を扱う場合、冷蔵倉庫という寒い環境で働くこともあります。

商品によっては、仕分けだけでなく、シール貼りや包装、梱包もあります。

 

荷物の重さも軽いものから重いものまでさまざま。

仕事のきつさで時給に差が出てきますが、自分の体力に合わせて選ぶと良いでしょう。

倉庫の広さによっても使う体力の度合いは異なってきます。

 

時給は、少し時給が下がっているようで、1100円から1200円程度

これでは事務とあまり変わりませんね。

 

ただ、こちらのバイトは繁忙期に短期で大量募集されることがあります。

そうしたときは1500円くらいまで時給が上がっていることもあります。

とくに夏休み、冬休みのあ中元お歳暮の時期などがそれにあたり、大学生のバイトのタイミングにあっているのが人気の秘密かも知れません。

全く違うタイプのバイトが1~3位に。

今回は、大学生に人気のバイト1位から3位を比較してみました。

面白いくらいにタイプの違うバイトが並びましたね。

ちなみに4位以下は次のとおりです。

 

4位 イベントスタッフ

5位 コンビニ

6位 厨房・キッチン

 

大学生がバイトを選ぶときの基準が見事にはっきりとわかる1位~3位でした。

ようするに、「おしゃれなバイト」に憧れる人はカフェスタッフ

 

「将来のことを考えて現実的に」という人は事務

とくに「接客が向いていない」という人も多いかもしれません。

 

「収入重視」でなるべく無理しないタイプが倉庫内軽作業、仕分け、梱包のバイトを選ぶようですね。

長期休暇に短期でバイトをする場合も多いかもしれません。

その時期にはお中元やお歳暮、お節料理やクリスマスプレゼントなどが重なり、需要と供給が一致するんですね。

 

さらに「収入重視」で体力に自信のある人は「イベントスタッフ」に入るのでしょうか。

バンドを組んでいたり、劇団サークルなどに所属している人はぴったりのないとでもあるかもしれません。

なかには「アイドル」と会いたい人もいるそうです。

 

コンビニ、飲食店と続きますが、こちらは定番ですね。

 

どうやら、コミュニケーション能力が必要なのもこの順番なようで、「カフェスタッフ」は接客、スタッフ間ともに高いコミュニケーション能力が必要。

「事務」でも、スタッフ間ではある程度の「報連相」ができなくてはいけません。

「仕分け・梱包」では、比較的一人でももくもくとできるバイト。

 

自分のタイプをよく考えて選ぶことも大切ですね。

それでも、アルバイトをきっかけにコミュニケーション能力を高める人はたくさんいます

自分の殻を破るチャンスでもあるのです。

 

とくに、「人と話すのが苦手」という人は、自分だけがそうだと思わずに、周りはみんなそうなんだと思うと優しく接することができるようになります。

相手にやさしく接すると、コミュニケーションはうまくいくものです。

まとめ

おしゃれをとるか、収入をとるか、性格が分かれるバイト選び。

非常に面白い結果だったなと思います。

 

ただし、カフェバイトについては中身は体育会系で非常に厳しいとのこと。

得るものはたくさんありますが、「思ったのと違う」とならないようにしましょう。

おしゃれでありながら、マナーもスキルも学べて、厳しく社会経験を積める「カフェバイト」は、人気のとおり大学生にはぴったりかも知れません。
 

また、事務スタッフはパソコンが必須。

ビジネスマナーも必須。

独学も、少しは勉強して置くのが無難。

将来の就職を考えておくならなおさらです。

さらに、こうしたアルバイトから就職先として有利になることも非常たくさん見られる例です。

アルバイトとして好意的に評価されていれば、就職活動でも有利。

就職先として希望している企業に、アルバイトで入ってしっかりと働いて印象をあげ、就職活動につなげるという方法もあります。

ただし、せっかくアルバイトとして入ったのに印象をおとして就職できなかったとならないように、しっかりビジネスマナーとパソコンスキルを身につけておきましょうね。

 

倉庫内作業は、仕事内容がさまざま。

お菓子やカップ麺、ペットボトルを扱うようなものから、お中元やお歳暮などもあります。

業種が違えば、資材や配送の荷物など、体力が必要なものもあり、そうしたものは時給も上がります。

資材搬入スタッフなどは、日給3万円近くにまでなるものもあります。

その分仕事は超きついです。

仕事の内容はしっかりと確認して、自分にできるものを選びましょう。

 

結局、自分にあった楽しいバイトが一番自分を発揮できるものです。

自分にあった「気分よく、楽しくできるバイト」を選んでくださいね!

天笠 多菜葉

「最近のガンプラは複雑すぎて途中挫折」