アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

実は結構働いている。現役スポーツ選手のアルバイトとは?

はじめに


連日、パラリンピックのメダル獲得のニュースを耳にします。
平昌オリンピック同様、パラリンピックでも日本人選手の活躍が目立っていますね。

オリンピックでも話題になりましたが、有名選手でも選手活動をしていく資金が十分なのは、
一握りの選手だけなんだとか。
パラリンピックでも同じようで、アスリートも有名だからといって
お金を稼げているわけではないようです。

もちろん、サッカーや野球のプロ選手の様に、何億円を稼ぐ選手もいます。
しかし同じ競技でも、所属するチームによってはサラリーマンの初任給以下の場合も。

それでもスポーツ選手はお金がかかります。

練習のための道具を買ったり、体を鍛えるためにはジムでのトレーニングも必要です。
フィギアのように、衣装が必要な競技もあります。

もちろん、家が資産家なら問題はないでしょう。

しかし、家が貧乏だから諦める?

いえいえ、有名なスポーツ選手の中には、家が裕福でなくても成功したひとは沢山います。

それは家族の協力や周りの協力があってこそですが、本人が練習時間以外でアルバイトしてお金を稼ぐことも。

スポーツ選手って一日中練習しているイメージですが、時間をやりくりしてアルバイトしている人もいるんです。

どんなアルバイトをしているか知りたくありませんか?

今回は、スポーツ選手が下積み時代にしていたアルバイトや、
現在もスポーツ選手がバイトしているバイト先についてご紹介していきたいと思います。

荒川静香さんがしていたサブウェイのバイト

フィギアスケーターで元金メダリストの荒川静香さん。


出展:日本オリンピック委員会

彼女は大学進学で東京に上京後、いろいろなアルバイトを経験したようです。

なかでもしっくりきて長続きしたのがサンドイッチの「SUBWAY(サブウェイ)」

長く続いたからか、荒川さんは調理からレジまで一通りの仕事を担当していたようです。

そんな荒川さんがしていたサブウェイのアルバイトとは、どのような仕事なのでしょうか?

【サブウェイのアルバイトとは?】
 

<仕事内容>
 ◆サンドイッチ作り/接客
  対面でお客様にオーダーを聞きながら、個別にトッピングしてサンドイッチを作ります。

 ◆食材の管理
  搬入された野菜を洗浄したり、調理用にカットします。
  同じく搬入されたパンの管理をします。

 ◆その他オーダーの提供
  コーヒーやソフトドリンクなどのドリンク類、ポテト、スープなど
  オーダーを受けたメニューによって対応します。


 中でもメインの仕事になるのが、サンドイッチ作りです。
 お客様の好みをしっかり聞きながら、希望のサンドイッチを作る重要な仕事です。 
 

<時給>
 各店舗のよって異なりますが、平均的には時給900円位のようです。
 ただ、土日や祝日の忙しい時には、時給が上がるお店もあります。

 

<服装や髪型>
 サブウェイは飲食業なので、身だしなみには注意が必要です。
 特に対面販売でサンドイッチを作るので、清潔感は重要。
 服装については制服が支給されるので心配いりません。
 髪型については、店舗によって条件が違うようです。
 明るすぎる髪型はダメ、とする店舗があれば、茶髪自体がNGな店舗もあります。
 応募する店舗の条件を確認した方がよさそうです。
 長い髪の場合にはきちんと一つにまとめるように指示されます。
 また、商品への異物混入を防ぐために、バイト中のピアスは禁止です。
 同じように、アクセサリー類やネイル、つけまつげはバイト中は控えた方が良さそうです。


荒川さんは、他にもいくつかアルバイトをしていたようですが、
なぜサブウェイのバイトが長続きしたのでしょうか?

サブウェイでのバイトのメリットとデメリットについてご紹介します。
 

<サブウェイのバイトのメリット>

◆社割がある

 サブウェイのバイトでは、シフトに入っている日には、割引価格でサブウェイのサンドイッチを購入することが出来ます。

 割引率は店舗によって違いますが、食費を安く抑えられるのは嬉しいですよね。

まかないがある場合も

 店舗によりますが、まかない付きのお店の場合には、
 1日に一定時間以上勤務した場合に、好きな種類のサンドイッチを自分で作って
 食べることが出来る場合もあります。


荒川さんの大学時代には、スケートにかかる費用の他に、学費や家賃、
生活費などにたくさんのお金が必要でした。

そんな中、社割やまかないがついているバイト先は、とてもありがたかったと思います。
 

<サブウェイのバイトのデメリット>

◆お客様からのクレームが多い

 接客業にお客様からのクレームはつきものです。
 サブウェイは、お客様の要望を細かく聞きながら、サンドイッチを作るお店なので、
 こだわりの多いお客様も多く、クレームも若干多めです。

 クレーム対応が多いのは、ちょっと大変ですね。

◆コミュニケーション能力が必須

 お客様が注文するサンドイッチはお客様ひとりひとり違います。
 細かい要望を聞きながら、正確にお客様の好みのサンドイッチを作るには、
 より多くのコミュニケーションが必要になります。

 間違いのないように、スムーズなコミュニケーションを取れる能力が必要になります。


元々人見知りだった荒川さんは、サブウェイでアルバイトを始めた時、
「いらっしゃいませ」の一言を言うのにも苦労したそうです。

「なぜ笑顔で接しなければならないのか?」
「なぜペコペコ頭をさげるのか?」
と葛藤を抱えた時期もあったようです。

しかしそれを乗り越え、サブウェイでの接客業のスキルを身に付けたからこそ、
素敵な笑顔で解説をする姿が今でもテレビで見られるのではないかと思います。

なでしこ岩清水選手がしていたファミマのバイト

なでしこジャパンがワールドカップで優勝した時に活躍していたDFの岩清水選手。


参考:ゲキサカ

岩清水選手が汐留の日本テレビ内にあるファミリーマートでアルバイトしていた話も有名です。

岩清水選手がしていたファリミーマートをはじめとするコンビニでのアルバイトは、
どのようなものなのでしょうか?

【コンビニでのアルバイトとは】

 コンビニのアルバイトと言っても、実際の仕事は多岐にわたります。
 細かいところまですべてご紹介するときりがないので、
 代表的なお仕事に絞ってご紹介していきたいと思います。

<仕事内容>

 ◆レジ業務
  コンビニでのメインの業務はレジ業務です。
  商品の会計や宅配便、その他のサービスの受付をします。
  レジ業務と言っても作業は色々。
  主に下記のような業務になります。

  ①会計・・・商品のバーコードをスキャンして会計をし、袋詰めをします。

  ②宅配便やメール便手配・・・宅配便のサイズを測って伝票を作成して会計をします。
                預かった荷物を保管して、宅配便業者に引き渡します。

  ③切手や収入印紙の販売・・・切手は因子は店頭には置きません。
                レジのカウンターで管理をしているので、
                お客様から注文があった場合にのみ取り出します。
                現金と同じく慎重に取り扱いをします。

  ④タバコの販売・・・タバコもレジのカウンター内に置いてあるお店が多いです。
            言われた銘柄を用意して販売します。
            銘柄が多いので、覚えるのに苦労することも。
            未成年には販売できないので、年齢確認もします。

  ⑤各種料金収納・・・公共料金や携帯電話・スマートフォン料金など、
            お客様が持ってきた支払い用紙をバーコードでスキャンして、
            精算をします。
<接客>
  
 お客様に対して「いらっしゃいませ」などの挨拶や、レジ打ちの時に「温めますか?」など、利用しやすいお店となるようにお客様を接客します。
<店内清掃>

 店内の床や窓を拭いたり、ゴミ箱の片付け、駐車場のごみ拾いをします。
<商品の品出し・陳列>

 お客様が欲しい商品が手に取りやすいように、奥に隠れた商品を前の列に並べたり、
 足りない商品を補充します。
<商品の発注>

 商品の売れ行きをみながら、必要な量の商品を発注します。
 多すぎても少なすぎてもいけないので、ちょっと難しい業務です。
 大抵の場合は、店長や社員がしますが、長期で慣れているアルバイトの場合には、
 店長や社員に代わって発注をすることもあります。
<簡単な調理>

 おでんや中華まん、揚げ物などの簡単な調理をします。
<コピー機・ATM/チケット販売機の管理>

 店内には大抵コピー機やATM、チケット販売機があります。
 お客様が使い方が分からない時には、使い方を教えます。

<その他>

 コンビニの店舗にもよりますが、その他に各種サービスを行っている場合があります。

 ・年賀状印刷
 ・バイク自賠責保険加入
 ・チケットの発券
 ・ギフトの予約
 ・クリーニングの取次ぎ など。

 これらを扱っている店舗では、受付業務も行います。

  
コンビニのアルバイトにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
 

<コンビニバイトのメリット>

 ◆自分が働きたいエリアでバイトを見つけやすい

  コンビニは数多くあるので、最寄りの店舗や希望するエリアでバイトを見つかりやすいです。
  働く時間が限られていても、通勤時間をかけずに通勤できる店舗でバイトすれば、
  少しでも長くバイトの時間を確保できます。

 ◆自分の生活スタイルに合わせて働く時間を選べる

  コンビニは24時間営業のお店も多く、自分の生活スタイルに負担のならない時間帯で
  バイトすることができます。
  日中働けない人でも、早朝や深夜の時間を有効にバイトの時間にすることが出来ます。

 

<コンビニのバイトのデメリット>

 ◆覚えることがたくさんある

  お客さんからみると、レジだけ売っているように感じるコンビニのアルバイトですが、
  実際にする業務はたくさんあります。

  一通り覚えるのも大変だし、混み合う時間にはただでさえ大変なのに、
  人それぞれ目的が違うので軽いパニックになることも。

  覚えてしまえば大変ではありませんが、覚えるまではちょっと大変です。

  
コンビニのバイトは多くの人が経験するアルバイトですが、
簡単なバイトとは言えませんね。

でも、時間帯が自由に選べたり、自分の希望するエリアでバイトができることは、
岩清水選手にとっては好都合だったのではないでしょうか。

ほかにもこんな業界でスポーツ選手はアルバイトしている!

トップアスリートでありながらバイト経験のある選手をご紹介してきました。

しかし実際、スポーツだけで十分な収入を得ている選手はほんの一握り。

マイナースポーツの選手や、2部リーグに所属する選手の大半は、
収入に悩みがあり、生活をするために、バイトや副業をしているそうです。

スポーツ選手が多くバイトしている職種をご紹介していきましょう。

【スポーツジム】

スポーツジムの仕事は、スポーツの経験を活かせるので、トレーニングの延長として働くことが出来ます。

スポーツジムの仕事には、

  • インストラクター
  • コーチ
  • 受付スタッフ
  • 事務スタッフ
  • ジム内の清掃

などがありますが、スポーツ選手の場合には、インストラクターやコーチとして求められることが多いでしょう。
 

 <メリット>
  スポーツジムのバイトは、自分の経験を活かせるメリットもありますが、
  空き時間に職場の施設を利用して、自分のトレーニングも出来るメリットがあります。
  競技生活を続けながらバイトをするときには、とても有利なメリットです。

 

【地元イベントの参加(営業)】

 地元チームの選手が、イベントに出演されているのを見たことはありませんか?
 私の地元にはJ2リーグのサッカーチームがあり、
 よく地元のイベントでは、そのチームの選手たちが出演しているのを見かけます。

 毎年、J1にもうちょっとで上がれたのに!
 と言う成績なので、この時間にも練習したら?なんて思う人もいるようですが、
 関係者に聞くと、これは大切な営業活動なんだそうです。

 地元のイベントの参加することで、チームを営業することが出来る。
 より一層チームを応援してもらえる。
 そのために、このイベント参加は大切な仕事となっています。
 

 <メリット>
  ファンと直接交流する事で、選手のモチベーションが上がる。
  試合を見に来ない人にも、選手を知ってもらうチャンスになる。

  

【フットサルのコーチ】

      サッカー選手の中には、フットサルのコーチをしている人もいます。
  自分がプレイするのではなく、人に教える違った立場での仕事ですが、
  サッカー経験者には多い仕事です。
  口で教えるだけでなく、実際に体を使って指導できるのは、
  スポーツ選手の強みです。
  やはりスポーツ選手がコーチのチームは人気があります。

 <メリット>
  自分の選手としての経験を活かせる。
  コーチをして違った視点で自分のプレーを見直すことが出来る。

スポーツ選手が自分のスキルを活かせるバイトをご紹介してきました。

これらはスポーツを関係していることも多く、実際に働いているスポーツ選手も多い職種です。

これらの職種だけではなく、中にはカラオケ店や、スーパーのレジのバイトをしているスポーツ選手もいます。

まとめ

今回は有名スポーツ選手が下積み時代のバイトや、
スポーツ選手がしているバイトについてご紹介してきました。

華々しく活躍している選手たちも、私たちと同じアルバイトをしていたなんて意外に思いませんでしたか?

ちょっと余談になりますが、元サッカー選手の中田英寿さんが、
いろいろな職業にチャレンジする企画がありました。

中田英寿“モノづくりの系譜 第1章「漆塗り」と「塗装」
中田英寿“モノづくりの系譜 第8章「ガラス工芸」と「ハードディスク用ガラス基板」
参考:モノづくりニッポン


ストイックなスポーツ選手は、こういったモノづくりも向いているのかもしれませんね。

スポーツに、バイトに頑張ってきた選手たちの話を聞くと、自分もなにか頑張ってみようと思えてきます。

これから暖かくなり、バイトにいくにもいい季節です。

あなたもアルバイトでスポーツ選手のように活躍してみませんか?

チワワ

アスリートではないけど、バイトなら私にも頑張れそうです。