アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

理由は「ずる休み」でもいい?!元人事担当が調べてみた!6ヶ月勤務してればパートでも有給休暇が取れる?!

 



もう半年以上パートで働いていますという方必見。

パートでも同じところに半年以上勤めていれば「有給休暇」がもらえるって知ってましたか?

実は、正社員だけでなく、パート、アルバイトでも半年以上勤務していれば、有給休暇がとれるんです。 

それは、労働者としてのあたりまえの権利。

今回は、こうしたパートさんの有給休暇について、制度の内容から申請の出し方まで詳しく見ていきます

どんな人でも、半年以上働いていれば、有給休暇が取れるように決めれているんですよ!

パートでももらえる年次有給休暇とはどんな制度なのか?

年次有給休暇とは、一定の期間同じ職場で働いた人に対して、心身の疲労を回復して、ゆとりのある生活を保障するために設けられた休日。

 

休んでも、賃金の減額の対象とならないのが特徴。

ようするに、休んでいる分も給料が支払われるということです。

 

この年次有給休暇が適用されるには、二つの条件があります。

1つ目が、6ヶ月以上勤務していること

2つ目が、その期間、8割以上出勤していること

 

たとえば、6ヶ月籍は置いているが、3日しか出ていないという場合は残念ながらダメ。

登録制などではこういったことがあり得るでしょう。

 

有給休暇自体は、労働者の希望した日に与えなければならないと労働基準法で定められています。

どうしても「その日に休まれると困る」という場合にのみ、他の日に振り替えられる場合がありますが、基本的には希望した日に休めるのが有給休暇の特徴です。

パートタイム労働者など、所定労働日数が少ない労働者についても年次有給暇は付与されます。

 

詳しくはコチラ厚生労働省のQ&Aです。

 

正社員であれば、6ヶ月勤務すると年に10日間の有給休暇が取得できます。

 

ところが、パートの場合はややこしいです。

月給制ではない場合が多く、時給換算なので、日によって賃金の額も同じではありません

有給をとっても、休む日によって賃金の額が違うわけです。

こうしたことも含めて、パートの場合の賃金計算などの決まりごとがありますので、そうしたことも見ていきましょう。

パートの有給休暇の賃金算定ルールはどうなっているの?

まず、パートの場合の有給休暇は、正社員とは違います。

6ヶ月勤務した間、

週に4日勤務した場合、7日。

週に3日勤務した場合、5日。

週に2日勤務した場合、3日。

週に1日勤務した場合、1日の有給休暇がもらえます。

 

1年半勤務では

週に4日勤務した場合、8日。

週に3日勤務した場合、6日。

週に2日勤務した場合、4日。

週に1日勤務した場合、2日。

 

2年半勤務では

週に4日勤務した場合、9日。

週に3日勤務した場合、6日。

週に2日勤務した場合、4日。

週に1日勤務した場合、2日。

 

3年半勤務では

週に4日勤務した場合、10日。

週に3日勤務した場合、8日。

週に2日勤務した場合、5日。

週に1日勤務した場合、2日。

 

4年半勤務では

週に4日勤務した場合、12日。

週に3日勤務した場合、9日。

週に2日勤務した場合、6日。

週に1日勤務した場合、3日。

 

5年半勤務では

週に4日勤務した場合、13日。

週に3日勤務した場合、10日。

週に2日勤務した場合、6日。

週に1日勤務した場合、3日。

 

6年半以上勤務では

週に4日勤務した場合、15日。

週に3日勤務した場合、11日。

週に2日勤務した場合、7日。

週に1日勤務した場合、3日となります。

 

さて、休んだ日の賃金算定ルールですが、これには3つの算定ルールがあります

 

所定労働時間を労働したのに支払われる賃金の額

有給休暇を取得した日に働くはずだった労働時間×時給額が支払われます。

勤務時間が長い日に休めばそれだけ賃金は多くなります。

ようするに休んだ日のもらえるはずだった金額がもらえるということなので、長い時間勤務する予定の日に休めば得ってことですね。

平均賃金

過去3か月間に支払われた賃金の総額を月日数合計で割ったもの。

3か月間で24万円稼いだとして、3カ月の合計日数が90日の場合、240,000÷90で2666円となります。

この場合、休む日の勤務時間によって金額が変わることはありません

健康保険の標準報酬日額

健康保険法によって、賃金の額から定められた「標準報酬月額」を日割りしたもの

こちらが基準になります。

 

この3つのルールの内、どれが採用されているかは、就業規則に記載されているはずです。現在では、健康保険の標準報酬日額が採用されていることはほとんどないそうです。

「私の会社、パートには有給休暇制度がない」って思っていませんか?

有給休暇の制度については、労働基準法で定められています

ようするに、「有給休暇がない」という職場は存在しないということ。

かならずどんな職場でも、有給休暇は取得することができます

 

ただし、小さな事業所や個人経営の場合では、パートやアルバイトでも「有給休暇」がとれるということを知らない場合も多く、そのため就業規則にも記載がなかったりします。

 

それでも、すでに書いたような条件に該当していれば、有給休暇を申請することはできますので、賃金の計算などでも雇い主とよく相談することが大切

 

労働者に与えられた権利ですので、胸を張って申請してください。

有給休暇を申請するときの注意点は

そうは言っても、忙しい時に自分だけ「有給休暇もらいます!」とは言いにくいものですよね。

権利ではあるんですが、権利は義務を果たしてから。

 

まずは、自分が休んでも誰も困らない状況を作っておくことが大切です。

前倒しできるのなら仕事を前倒しして、休む分は先にやっておくこと。

取引先や、営業先など、外部とのやり取りは、ほかの人でもできるようにきちんと説明し、資料なども引き継いでおくこと。

 

代わりのいるシフトであれば、できる限り代わりをお願いしておくこと。

 

ここまでやる必要はないのかもしれませんが、ここまでしておけば気兼ねなく休むことができますよね。

 

申請時の注意点

申請するときには、書類を書く必要があります。

理由を書く欄がありますが、正直に細かく書く必要はありません。

「私用のため」で大丈夫です。

 

労働基準法に定められている有給休暇は、どのような理由でも休めないことはありません。

「ずる休み」でも大丈夫なんです。

 

ただし、理由欄に「ずる休み」とは書かない方がいいですよね。

 

申請を断られた場合は別の日を申請することができます。

繁忙期など、「どうしても休まれると困る」場合のみ、申請を断られることがあります

この場合、ほかの日を申請するようにしてください。

 

雇い主との信頼関係やコミュニケーションができていれば、こうしたことは事前にわかると思います。

なるべく、お互いに相手を思いやって、配慮しながら申請したいものですね。

まとめ

今回は、パートさんの有給休暇について見てきました。

こういったことは知っていると得をします

きちんと把握して、該当すれば休みを取得するようにしてくださいね。

そういう実績を作ることも、今後の労働環境をよくしていくために役立つことになるのです。

 

ただ、残念ながら有給休暇を申請しても、認めてくれないような職場も少なくありません。

そうした場合、労働局に相談することをおすすめします

相談先一覧


その場合、職場の人間関係が悪化していられなくなることも考えられますが、有給休暇を正当な理由なく取得させてくれないような職場には長くいない方が無難だと思います。

 

なかには、先ほど書いたようにパートが有給休暇を取得できることを知らない事業主さんもいらっしゃいますので、そうした場合、詳しく説明して納得してもらうことが大切ですね。

 

筆者は人事担当をしていたこともありますが、やはり従業員のみなさんとは信頼関係が一番だと思っています。

また、お互いに無理を言うこともあれば、言われることもあります。

そうしたなかで、やはり「思いやり」というものはとても大切だと思います。

 

有給休暇は、条件を満たせば、誰にでもいつでもとれる休暇ではありますが、職場ことや一緒に働く仲間のことを思いやって、できることはして、迷惑をかけないように気持ちよく取得してほしいなと思います。

 

天笠 多菜葉

「最近のガンプラは複雑すぎて途中挫折」