アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

ビールの売り子には夢がある?!時給〇〇〇〇円ってマジ?!

ビールの売り子バイトを知りたい!

ビールの売り子ってご存知ですか?

 

あの、主に野球場などでビールサーバーを背負ってお客さんにビールを売っている女の子たちのことです!

あの売り子さんたちは実はバイトさんで、なんと実力がある子は時給がとんでもない桁になる人もいるんだとか…。

 

最近の話だと、人気タレント・おのののかさんが元ビールの売り子さんで、とっても売り上げの良かった売り子さんだったと話題になりましたね。

では、そんなちょっと珍しオモシロバイトの一つである「ビールの売り子」とは、いったいどんなバイトなのでしょうか?

 

今回は、その詳細について詳しくお伝えしていきたいと思いますので、どうぞお付き合いくださいませ!

ビールの売り子のバイトとは…?

東京ドームや西武ドームなどの野球場に行ったことがある人はお分かりかと思いますが、野球場でビールの売り子さんはよく見かけますよね。

明るい笑顔が印象的で、試合も盛り上がってきて、つい「ビールください!」と頼みたくなってしまう人はとても多いのではないでしょうか?

 

そんなビールの売り子は、試合の大体1時間半前くらいから試合終了にかけてビールを売り歩きます。

と言っても、まるで新幹線の車内販売のようにカートを引いたりして、ビールを販売するわけではありません。ご存知かとは思いますが、超デッカいビールサーバーを自ら背負い、お客様に「ビールいかがですか?」とアピールしながらビールを販売していくことになります。

 

売り子さんは皆笑顔なので、「簡単なのかな…?」とか誤解しがちですが、実際 か な り 過酷なバイトです。

 

あのビールサーバーは、なんと15kgくらいあるそうなんですね。それを背負った状態で、歩き回り、階段を上り降りするわけですから……もはや「ホントにこれ女性の仕事なの?」と言いたくなるほどです。

 

そして、ビールを頼んでくれるお客様のために、常に笑顔や明るさは絶やしてはいけません。

ビールの売り子バイトには、体力(これかなり重要)・精神力・明るさすべてを兼ね備えたうえで成り立つ仕事なのだということが良く分かりますね…!

ビールの売り子のバイト時給が気になる!

そして気になるのがバイト時給や、月収などのお給料のお話ですね。

 

ビールの売り子のバイトは、まず保証されている日給が2000円くらいになるようです。時間は野球の試合がある間なので、大体16時半~21時くらいが基本となっているようです。

「えっ?それで2000円?やすっっっ!!」と思いますよね。そうですよね、あんな大変な仕事をしていて、稼げるのが2000円じゃブラックバイトもいいところです…。

 

もちろん、2000円で終わるわけがありません。これはあくまで最低保証の日給ということになります。

 

ここで大事になってくるのが、売り上げたビール1杯あたりにつく歩合給ですね。どんなビールを販売するのか、どの球場で販売するのかにもよって変動はしますが、大体1杯につき70円くらいの歩合がつくようです。

 

この歩合によってお給料が伸びていくというわけですね。

ビールの売り子のバイトは、頑張った分だけ稼げるという夢のあるバイトなのです。

 

ちなみに・・・

 

冒頭でも少し触れた、人気タレントのおのののかさん。ビールの売り子時代はどれくらい稼いでいたんでしょうか?

 

調べてみたところ、おのののかさんは時給換算で8000円くらいになるほど稼いだことがあったようです!

いやはや…時給8000円なんて聞いたことがありませんよね…!

ビールの売り子は男性でもできるの?

夢のあるバイトとして有名なビールの売り子ですが、男性の方でも興味がある人は多いはずです。

頑張りがそのまま反映されるなら、「体力になら自身あるし、めちゃくちゃ売ってやる!!」というガッツのある人はたくさんいるはずです。

 

女性のイメージが強いビールの売り子ですが、男性はバイト募集していないものなんでしょうか?

 

調べてみたところ、男性でも売り子の募集はしているようです!

 

女の子の方が売れやすい、などといった話もチラホラ聞きますが、男性でもたくさんのビールを売る売り子さんはいるとのこと。大事なのは、やっぱりお客様に対する明るさやサービス精神ですね。

元気でガッツのある男性は、ビールの売り子でガンガン稼いでみるのもオススメです!

ビールの売り子は高校生でもできるの?

高校生でも、ビールの売り子さんに憧れる人はたくさんいると思います。おのののかさんの登場で、より多くの人に認知されたビールの売り子バイト、果たして高校生でも売り子デビューすることはできるのでしょうか?

 

球場にもよって採用基準はいろいろ異なってきますが、高校生でもビールの売り子はなんと挑戦可能とのことでした!

これは朗報ですね。高校生のうちから、かなりの額を稼ぎ出すことも夢ではなさそうです。

 

ベテランの売り子さんは5年以上も続けている人も多く、その中には高校生からバイトとして働いていた人がいたのだとか。その意識…頭が下がりますね!

興味ある人は、ぜひ学校がお休みの日などにビールの売り子に挑戦してみてはいかがでしょうか?

ビールの売り子の魅力とは・・・

ビールの売り子のバイトは、何年も長く続けてやっている人が非常に多いと言います。

体力仕事ですし、ただの興味だけではなかなかやれなそうなビールの売り子バイトですが、長続きする理由とは何でしょうか?

 

ここからは、ビールの売り子バイトをしてきた人たちが言う、ビールの売り子の魅力についてお伝えしていきたいと思います。

とにかく稼げる!頑張りが反映される!

やはりビールの売り子のバイトと言えば、頑張りがそのまま反映されて給料になる点が最大の魅力だと言えるでしょう。

おのののかさんの例を見て、「大変かもしれないけど、稼げるならやってみたい!」と思う人はたくさん出てきていると言います。

 

また、頑張りがそのまま稼ぎとして反映されるのは、続けていくモチベーションにも繋がると言います。「これくらい稼げた、またがんばろう」「もっと上を目指そう」というプラスの力に変えていけるというわけですね。

 

自分でいろいろ売り方を研究して、「こうやったら売れた」という試行錯誤も、楽しみ方の一つになるようです。自分の能力でぐんぐん成長していきたい人にとっては、やりがいを持ってやれるバイトなんですね。

とにかく楽しい!

野球好きな人は、ビールの売り子として球場で働いているだけでとにかく楽しいという人も、たくさんいるようですね。

確かに野球好きなら、もうその雰囲気の中にいるだけでも楽しさ満載ですね。

 

また、お喋りな人・人が好きな人などは、お客さんとの交流を楽しみにバイトをしているようです。野球観戦にくるお客様は常連さんも多いので、顔を覚えてくれる人も多いのだとか。

気に入ってもらえれば、そのお客さんからいつもビールを買ってもらえて、それが売り上げアップにも繋がるみたいですね。

 

人と接することが好きな人にはピッタリのバイトであることは間違いないですね!

自信がつく

ビールの売り子のバイトは、とにかく慣れるまでは大変なことがたくさんです。体力仕事でそもそもキツイですし、売り上げがそのまま給料に反映されるのは、慣れなくてなかなか売ることができない売り子にとっては堪えるものでしょう…。

 

ですが、そんな時期を乗り越えれば、すっかり自分の自信を持てるようになることが多いと言います。

 

大変な仕事をしていることに対して誇りを持てるようになり、それが自信アップに繋がります。コミュニケーション能力が上がっていくことを自分自身で感じられるのも嬉しいですし、性格もどんどん明るくなると言います。

ビールの売り子を通して「性格が変わった」「ポジティブになった」「人と話すことが大好きになった」など、自分自身に変化があった人はたくさんいるようですね。

 

ビールの売り子は、自分自身を変革させてくれる良いチャンスを秘めているのです。

ビールの売り子がしたい!どうやって応募するの?

では!肝心の応募方法です。ビールの売り子に興味がある人は、ぜひ応募方法をチェックしてみてくださいね。

まず野球のシーズンに注意!

ビールの売り子のバイトに応募するためには、まず野球のシーズンに注意が必要です。

野球のシーズンは大体4月~10月なので、基本的にはこの時期にバイトをすることになります。当然求人もこのあたりの時期を中心に出てきますので、狙い目の時期は理解しておきましょう。

 

ただ、シーズンが開幕した時期ではもう募集を終えているところも多いようなので、なるべく早めに動きましょう。

早いところだと、1月~2月頃にもう募集をかけているようなので、どうしてもビールの売り子のバイトがしたい人は、早めにリサーチしておくことが大事です。

 

バイトの応募先はビールメーカーやイベント会社

ビールの売り子のバイト募集は、いろいろな会社が行っています。アサヒなどのおおもとのビールメーカーが募集をかけている場合もありますし、イベントスタッフを派遣する派遣会社が募集している場合もあります。

 

応募方法は基本的に通常のバイトに応募するのと同じです。シーズンが近くなれば、求人サイトに普通にビールの売り子のバイト情報が掲載されてきますので、欠かさずチェックしておきましょう。

面接はどんな感じなの?

ビールの売り子とはいっても、面接は一般的なものが多いようです。何か特別なことを聞かれたり、オーディションのようなものがあるわけでもありません。

 

  • 志望動機
  • 長所や短所
  • シフトのこと
  • 自己PR

 

などを聞かれるのが通常のパターンですね。

ビールの売り子は、何といっても明るさや笑顔が大事です。志望動機や自己PRなどは、明るくハキハキと伝えましょう。

 

「ルックスが良くないと受からないのかな…」なんてネガティブになる必要はありません。明るく笑顔で対応することこそが、何よりも大切なことです!

まとめ

今回は、夢のあるビールの売り子のバイトについて解説してきました。いかがでしたでしょうか?

内容を聞いただけでもビックリするくらいの過酷な仕事ですが、頑張りが給料にそのまま反映されたり、お客さんと会話を楽しめたりなど、やりがいは十分あるのが魅力的ですね。

 

自分の可能性を広げていきたい人は、今そこにあるチャンスを、ビールの売り子バイトでつかんでみてはいかがでしょうか?

chocomint

バイト経験:コンビニ、書店、居酒屋、パチンコ店、コールセンターなど。
趣味:スマホゲーム、映画鑑賞
最近は動画サイトで猫の動画を見るのに絶賛ハマり中です。