アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

バイトのLINEがうざい?グループや「LINEバイト」を抜けたくなったときにすべき対処法!

プライベートでバイトのlineが入るのがうざい!

アルバイトを始めると、ほぼ強制的に職場のLINEグループに入るように指示されることも多いですよね。

シフトの連絡や伝達事項を、LINEでやりとりする職場も少なくありません。

確かに、LINEならバイト仲間同士のやりとりも気楽にできるし、シフトに入っている日を誰かに交換してもらいときなどには特に便利だと思います。

職場の店長などからの連絡も効率的に伝わるので、スムーズに仕事を進める上でもないと不便です。

とはいえ、LINEのグループはほかのバイト仲間同士の関係ないやりとりにまで通知がくるのは、正直うざいなと思いませんか?

実際、大勢のバイト仲間による「了解」とか「わかった」という返信や、とりあえず返しておく程度のスタンプにまで通知が来る必要はないと思いますよね。

仕事の内容に関するやりとりなら、自分とは直接関係がなくても勉強になるのでいいとしても、知らなくてもいい他人のシフトに関するやりとりまで通知されるのは本当にうざいものです。

私も忙しい合間に通知が来たとき、大事な連絡かもしれないとスマホを取り出して確認したらどうでもいい内容だった、ということがよくあります…。

「今日は○○さん遅刻」とか、

「お土産買ってきたから、休憩室置いとくので食べてね」

「今度ごはんに行ける人?」

というメッセージは、シフトを入れているときならともかく、休みの日にまで知りたくもないことですよね。

 


こんな風に、バイトのラインがうざいと感じている人は多いようです。

また、「LINEバイト」にいちど登録してしまうと、やはり通知がしつこくてうざいということが問題になっています。

「LINEバイトを抜けたいのに、なかなか抜けられない」と困っている人も少なくないみたいです。

そこで今回は、うざいバイトのLINEについて、グループを抜けてもいいか、通知オフにしても大丈夫か、LINEバイトを退会するにはどうしたらいいか、などについて詳しくご紹介していきます!

シフトに入っていなくても、毎日のようにバイト先のグループから通知がくる、LINEの通知がうざいと感じている方は、ぜひチェックしてみてください!

バイトのLINEグループの通知がうざいときには?

バイトのLINEグループで、業務連絡や仕事上の注意、アドバイスなどがくることがありますよね。

そんなとき、あなたはどう返していますか?


既読スルーでもいい?

既読スルーでは印象が悪いかなと思って返すにしても、グループ内の全員が返事したり、スタンプ押したりしてしまうと、通知がうざくてしかたありませんよね。

この場合、自分に直接関係のある内容であれば「了解です」「承知しました」などと返すのが礼儀ですが、グループ全体に向けられたメッセージであれば既読スルーでも問題ありません。

先輩や上司によっては何らかの反応を求めてくる人もいるかもしれませんが、一般的にはむしろ、内容が伝わっているなら返事は要らないと考える人が多いようです。


通知オフにしてもいい?

バイト仲間同士でそこまで密に関わりたくないのに、なぜかプライベートな会話で盛り上がっているような場合は、グループトークの通知をオフにするとよいでしょう。

あまりにも雑談が多いなら、未読スルーでも問題ないと思います。

ただし、あまりにも未読スルーが続くと、変わった人とか、冷たい人と思われてしまうかもしれないので、暇なときにときどきレスを返したり、会話に加わったりしておくと安心です。

自分の経験では、

「インフルにかかってしまったのでしばらく休みます」

というメッセージがきたと思ったら次々と、

「インフルなの?大変だねー。お大事にー!」

→「ありがとうございます」

「うちも弟がインフル、あれってつらいよね…」

→「ほんと、つらいです」

「あらら…、ゆっくり休んでね~」

「ありがとうございます」

…といった内容のやりとりが、延々と繰り広げられたことがありました。

確かにインフルになった人への気遣いは大切ですが、あまりにもみんながインフルネタで盛り上がってしまい、通知の回数も多すぎたので、「お大事に」と返してスタンプを押した後は、通知オフにしました。

まるっきり会話に加わらないのは協調性がないようにも思えますが、このようにあまりにも頻繁にやりとりが続くようなら未読スルーもアリでしょう。


バイトのグループLINEを退会したいときには?

バイトを続けている以上は、退会してしまうと本当に大切な連絡を受け取れなくなるので、通知オフにするくらいが安心です。