アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

遊園地好きにオススメ!【よみうりランド】のバイトってどうなの?

よみうりランドで働きたい!

みなさんは東京都稲城市にある、よみうりランドに行ったことがありますか?

よみうりランドは、新宿駅から京王線で21分ほどのところ、「京王よみうりランド駅」から京王バス、またはゴンドラに乗り換えて5分ほどのところにある遊園地です。

2016年秋からバレンタインにかけて、広大な敷地全体を彩ったイルミネーションが美しすぎると評判になりましたね。

去年から続いていたこのイルミネーションは、2018年2月18日をもって終了。

自分もイルミネーションを見によみうりランドに行きたいと思っていたのですが、ウチから微妙に遠いことや、子どもがまだ小さいこともあり、結局見逃してしまいました…。

とはいえ、2018年3月21日には新アトラクションの「ハシビロGO!」が登場します。

「ハシビロGO!」は、巨大な円盤が回転しながら左右にスイングする絶叫アトラクションで、愛嬌ある姿と怖い顔のギャップで人気の鳥、ハシビロコウをモチーフにしたもの。

1人用で回転するディスク型のアトラクションは小さなローカル遊園地にもありますが、40人乗りのこの巨大ディスクは日本初上陸とのことです。

自分は絶叫マシーンが苦手なので絶対に乗りませんが、絶叫系が好きな方にとってはきっとおもしろいハズ。

詳しくはよみうりランド公式サイトの「ハシビロGO!」紹介ページをご覧ください。

よみうりランド

2月3日から3月18日の土日祝日には、新アトラクションのオープンを記念して「よみラン横断ハシビロクイズ大会」も開催中。

正解すると、「ハシビロGO!」も乗れる乗り物1枚付き入園券など、豪華商品が当たるそうですよ。

そんなイベント盛りだくさんのよみうりランドですが、現在アルバイトも募集しています。

遊園地好きの方にとっては、毎日ワクワクしながら働けそうですね♪

そこで今回は、よみうりランドの求人情報を評判や体験談なども含めてご紹介していきます。

よみうりランドが好きな人や、遊園地のバイトに興味がある方はぜひチェックしてみてください!

ちなみにこちらは、はじめしゃちょーによるよみうりランドの大人気エリア「グッジョバ‼」についての紹介動画です。

期待を裏切らないおもしろさなので、よかったらご覧ください!
 

よみうりランドのアルバイト求人情報をチェック!

よみうりランドでは2018年2月末現在、6つの職種で週2日以上働けるアルバイトスタッフを募集しています。


どの職種も時給は970円スタートで、交通費は1日1,400円まで支給してもらえます。

従業員の駐車スペースもあるので、車やバイク通勤も可能。

8,000円~10,000円の、出勤奨励手当の支給もありますよ。

また、制服貸与、社会保険、契約社員登用制度もあり、遊園地の優待券ももらえるそうです♪

もちろん、主婦(夫)の方は扶養の範囲内で働けます。

応募資格は、残念ながら高校生は不可(進路が決まった高3生はOK)。

18歳以上の大学生、専門学生、フリーター、主婦(夫)歓迎となっています。

長期働ける人や、次の繁忙期となるゴールデンウイークに働ける人は特に大歓迎だそうです。

職種によっては、短期バイトでもOK。

勤務時間は基本的には、開園40分前から閉園20分後まで(職種によります)のシフト制です。

ちなみに、よみうりランドの基本的な営業時間は10時から17時。

イルミネーション期間中のみ、夜間勤務(閉園20時30分)もあります。

具体的にどんな仕事をするのか、さっそく職種ごとに見ていきましょう♪


アトラクションスタッフ

アトラクションスタッフは、アトラクションの操作やお客さんの誘導、チケット確認やお子さんの身長確認、付き添いの有無などをチェックします。

営業前には、アトラクションに何か異常がないかどうか点検し、そのあと試乗することもできるそうです♪

試乗中は、手を伸ばしても木などにぶつからないか、異常な揺れや音はないかなどの安全を確認していきます。

何よりもアトラクションが好きという方や、子どもたちが喜ぶ顔を見て働きたい人にはぴったりですね!


入園口チケット案内スタッフ

入園口チケット案内スタッフは、入園口(改札)でのチケット販売や確認、総合案内での園内放送、園内を歩くマスコットキャラクターのグリーティング補助などを行います。

マスコットキャラクターのグリーティングというのは、キャラクターに群がってくるお子さんの誘導や、キャラクターと一緒に写真を撮りたいお客さんのお手伝いなどを行う仕事です。

グリーティングは遊園地ならではの仕事で、とても楽しそうですね!
 

ワークショップ「マイU.F.O.ファクトリー」スタッフ

ワークショップ「マイU.F.O.ファクトリー」というのは、「グッジョバ!!」の中にあり、世界にひとつだけの「日清焼そば見U.F.O.」を作れる大人気施設です。

カップ焼きそばやカップラーメン好きには、たまらない施設ですね♪

こちらのYouTube動画を、その内容がよくわかりますよ。


ここでのバイトは、お客さんが「マイU.F.O.」を作るお手伝いをします。

ほかにはない、レアな経験ができそうで楽しそうですね。


「グッジョバ‼」ワークショップスタッフ

「グッジョバ‼」にはほかにもさまざまなワークショップがあり、スタッフはそこでお客さんがものづくりをするのを手伝います。

「グッジョバ‼」のワークショップスタッフは、ほかの職種よりも勤務時間が1時間早い8時20分からのシフトもあります。


イベントスタッフ

イベントスタッフは直接園内にいるお客さんと触れ合って、イベントを盛り上げることが仕事です。

人と関わることが好きな人や、人を喜ばせるのが好きな人にはぴったり♪

勤務開始時間はほかの職種よりも1時間弱遅く、10時からになります。

それにともない勤務終了時刻も少し遅く、18時まで。
 

フードコートスタッフ

飲食店経験者や料理好きな方は、フードコートスタッフもおもしろそうです。

ジェットコースター「バンデット」をコンセプトとしたお店や、つぶつぶアイスの店、光るわたあめの店など、よみうりランドならではの個性的なお店もありますよ!

これらのアルバイトの詳しい求人情報は、よみうりランドの公式求人ページをご覧ください。

よみうりランド

よみうりランドのバイト体験談をチェック!

よみうりランドのバイトはココがきつい!

「入園口スタッフをしていると、チケットやアトラクション、園内施設についてなどいろいろな質問を受けるので、幅広く勉強しておかなければならない」

「チケットスタッフやアトラクションスタッフは、基本的に外で働くことになるため夏や冬はかなりきつい」

「1日中忙しく歩き回っているので、かなり疲れる」

「チケット販売では総合案内も兼ねているので、意外にクレームを受けることもよくあって大変」

「混雑時にはお客さんがどっとアトラクションに押し寄せてくるから、プレッシャーがある」

よみうりランドのバイトでは、職種にもよりますが、クレーム対応や立ち仕事、混雑する中でスピーディーに対応しなければならないプレッシャーがあるなど、接客業ならではの苦労があるようです。

また、屋外での勤務になるので、夏の暑さや冬の寒さは覚悟する必要があります。

でも、遊園地が好きで接客業にも慣れていて、暑さや寒さもそれほど苦にならない人なら、こうした遊園地バイトのデメリットにもすぐに慣れるでしょう。
 

よみうりランドのバイトはここが楽しい!

「社員がしっかり働きぶりをみて評価してくれるので、やりがいがある。認められれば時給もアップするし、報奨金も出る」

「楽しかったよと声をかけてくれる子どもや、うれしそうにアトラクションに乗る子どもの姿に癒される」

「お客様を楽しませることに徹する仕事なので、接客やコミュニケーションなど学べることが多い」

「休業日には非常訓練というのがあって、途中で止まってしまったアトラクションからお客さんを安全に降ろす訓練などもあり、めずらしい体験ができた」

「開園・閉園前後や、土日祝日はとても混雑するので、お客さんをスピーディーに誘導しつつも、ていねいな接客をする技術を体得できた」

よみうりランドでは、アルバイトスタッフに対しても評価基準がしっかりしているとの評判です。

たとえわずかとはいえ、時給がアップしたり報奨金が出たりするなら、頑張って働くモチベーションにもなりますよね!

遊園地ならではのメリットとしては、人を楽しませることができることや、かわいい子どもたちの笑顔を見て癒されること、アトラクションの点検や訓練など、働いていないとできない体験ができることが挙げられます。

よみうりランドのバイトの体験談を見ると、接客業に共通する一般的なデメリットは見かけますが、特に目立ったトラブルや問題点を指摘する人はいませんでした。

むしろ、やりがいがあった、楽しかったというプラスのコメントが多数寄せられています。

ですから、遊園地やレジャー施設で働きたいと思っている方にはよみうりランドのバイトはぜひオススメ!

応募はよみうりランドの公式サイトにある、アルバイト応募フォームからすぐに行えますよ。

興味があったら、さっそく応募してみてはいかがでしょうか?
 

 

wasante

寒い日が続くので、毎日でも温泉に入ってくつろぎたい今日この頃です!

みなさんも風邪にはお気をつけて!