アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

バイトもボーナスもらえることがあるって嘘?本当?

はじめに


ここ最近、我が家では立て続けに家電が壊れています。

洗濯機、パソコン、トースター。。。

壊れる時って続くんですよね。

こんな時、いつものバイト代にボーナスでもついてくれたらと思います。

そもそも、アルバイトってボーナスってもらえるんでしょうか?

時給で募集が出ているのに、そのほかにボーナスなんて出るわけがない!

と思っている人もいるでしょう。

例え寸志くらいの金額でも、給与以外で支給されたら嬉しいですよね。

バイト先でちょっと辛いことがあったときにも、ボーナスが出れば

「もうちょっと頑張ってみよう!」と思えるかもしれません。

今回は、アルバイトのボーナスについてご紹介していきたいと思います。

ボーナスが出るバイトってあるの?

ボーナスが出るアルバイトはあるのか?

結論からお答えすると「はい」です。

ただ、どんなバイトでも出るわけではなく、ボーナスが支給されたバイトでも、法律で義務付けられているわけではないので、毎回出るとは限りません。

ただ、正社員で働いていたとしてもボーナスが出ない会社はあるので、
バイトでボーナスがもらえるところはそれほど多くありません。

バイトは採用側が必要な時間の枠で働いてもらいたい、という視点で雇うので、
基本的には時間給以外はもらえない方が多いです。

「それでももらえるかも」と思うときには、
就業規則を確認してみましょう。

また、求人応募の際に確認することが出来る場合も。
ハローワークなど、求人情報の欄で、「賞与」の情報が載っているときには、
応募の段階で確認することができます。

ただ、私がハローワークでアルバイトの求人情報を見た中で、
賞与ありのアルバイトはほとんどありませんでした。

ボーナスが出た場合の相場は?

ボーナスが支給されるバイトの場合、気になるのが相場ですよね。

一体、いくらくらいもらえるのでしょうか?

バイト先によって金額は異なりますが、調べてみると多いところで8万円前後支給されている
職場もあるようです。
多くてこのくらいなので、少ない場合には数千円というケースも。
こうなるとボーナスと言うより「寸志」ですね。

当然ですが、アルバイトより社員の方がボーナスの支給額は多い傾向にあります。
なので、できるだけボーナスをもらいたい場合には、
社員をして働くことを考えてもいいかもしれまんせん。

「ボーナス」の名称でない「ボーナス」

「ボーナス」といった名称で賞与をもらえるバイトはあまりありませんが、
それ以外の名称でちょっとした手当のようなものがもらえる職場は格好あるんです。

例えば、

・繁忙期の臨時手当
・バイトリーダーに支給される役職手当
・成果によって支給されるインセンティブ

金額的には、数千円~多くても2~3万円が多く、やはりボーナスと呼ぶには少額かもしれません。
しかし、時給以外にもらえるとなると、やっぱり嬉しいですよね。

ただ、これらの手当は貰えるバイトと貰えないバイトもあります。
同じ業種でも、支給される会社と支給されない会社があったり、
立場によってもらえる、もらえないがあるので、
最初からあてにしない方がいいかもしれません。

ボーナスでなく、もらえる手当として多いのが、短期バイトの特別手当。
これは、短期のバイト期間終了後に、「頑張ってくれてありがとう」的な意味で出るようですが、この場合には、特別手当が売りで求人を出している場合が多いので、
応募する時には、求人票をチェックしておきましょう!

「賞与あり」のバイト求人

少ないと言っても、「ボーナス」の出るバイトの募集はあります。

現在、どのような求人があるのか調べてみました。
(2018年3月現在)

【株式会社FLAT FIELD】
職種:<物流/配送>ドライバー・運転手

   ◆仕事詳細
    モデル・タレント・企業役員・VIP送迎ドライバー

   ◆勤務時間
    10:00~19:00
   
   ◆勤務曜日
    月・火・水・木・金・土・日

   ◆勤務条件
    最低勤務期間:1カ月~2か月
    最低勤務日数:週1日
資格:普通免許取得後3年以上(AT限定可) 
給与:日給2万円

   ※時間帯は担当クライアントによる
   ※日払い、週払い相談可
待遇・福利厚生:まかない・食事補助あり
        寮・社宅・住宅手当あり
        資格取得支援制度・制服あり
        賞与あり
        社割あり

   
まさかこんなにいい条件がいきなりあると思いませんでした。

待遇・福利厚生の求人条件にしっかりと「賞与あり」と記載されています。

東京都内の求人でなければ、今すぐ私が応募したいところです。


さて、「賞与あり」の求人でよく見かけるのがクリニックの求人。

今現在掲載されている求人を見てみましょう。

【小林こうせい歯科クリニック】
職種:①歯科衛生士業務全般及び下記②の業務
   ②受付・診療介助・器具準備・片付けなど
資格:文字入力程度のPCスキル
   ①の場合は歯科衛生士資格

   はじめはマンツーマンで先輩が指導するので、未経験でも可
勤務期間:最低勤務期間・・・3カ月以上
     最低勤務日数・・・週2日
     最低勤務時間・・・1日3.5時間
待遇・福利厚生:交通費全支給   
        自転車通勤可 
        制服貸与
        昇給随時
        社員登用制度
        雇用・労災保険
        大入手当(年2回・各1万円)
        ※試用期間3カ月(同条件)


ここでは「賞与」ではなく「大入手当」となっていますが、意味合い的にはプチボーナスです。
たかが1万円でも、年2回で2万円もらえるのは、やはり嬉しいですよね。

ボーナスがもらえるバイトって?

ボーナスがもらえる可能性の高いアルバイトはどのようなものでしょうか?

職種的にはこの業界!と言うのはちょっと難しいのですが、
傾向としては「長時間」の場合が多いです。

短時間のアルバイトで、「ボーナスあり」の求人はほとんどありません。

また、「バイト」の求人募集では「ボーナスあり」の求人は少ないですが、
「パート」での求人の場合には「ボーナスあり」もちらほら見かけます。

やはりパートの方が長期的な募集が多いからでしょうか?
パートの「賞与」は金額こそ多くありませんが、採用側からの
長期的に働いてもらいたい気持ちの表れかもしれませんね。
 

バイトでボーナスがもらえるタイミング

アルバイトをしているとき、ボーナスが支給されやすいタイミングはあるのでしょうか?

社員は年2回、と決められている場合には、支給日も決まっています。

バイトの場合には、支給時期はきちんと決まっていない場合が多く、支給の時期はまちまちです。

ボーナスの支給のタイミングとしては、

◆社員のボーナス支給のタイミング
◆繁忙期や決算の後のタイミング
◆売上目標を達成した時
◆リーダー昇格時
◆資格を取得した時

などがあるようです。

また、短期のアルバイトの場合には、契約終了時に「祝い金」「精勤手当」「契約満了金」という名称で支給される職場もあるようです。

特に、年末年始やクリスマス、バレンタインなどのイベント時には、
人手を集めるために「特別手当」を設定している募集が多く見られます。

バイトでボーナスをもらうときの注意点

バイトで臨時収入のボーナスがもらえることは誰もが嬉しいことだと思います。

ただし、中には注意しなければならない人もいます。

それは不要の範囲で働いている場合。

年収103万円、130万円など、扶養控除内で働くには壁があります。

ボーナスももちろん年収に加算されるので、思いがけぬボーナスをもらったら、
結局扶養控除額を超えてしまい、支払う税金が増えてしまったなんてことも。

場合によっては、ボーナスをもらうことで、支出が増えてしまうこともあるので、
注意が必要です。

もし、扶養控除ぎりぎりで働いている場合には、
ボーナスが支給されるとわかったときには、金額は不要の範囲を超えないよう、
上司に相談してみましょう。

特に103万円の範囲で働いている人は、上限ギリギリまでもらえるように、
シフトを組んでいる場合が多いので注意しましょう。

ボーナスが出ることで有名なバイト先

アルバイトにもボーナスを支給することで有名なバイト先をご存知ですか?

立ち食いそばで有名な「富士そば」です。

富士そばの会長さんは、若い時に何度も失敗を繰り返した苦労人らしく、
働く側の苦労がとてもわかるそうです。

そのため、経営方針に「従業員の生活が第一」と掲げ、富士そばでは、
アルバイトにもボーナスだけでなく、退職金も支給しているのです。

この経営方針が超ホワイト!と話題になり、本まで出版されています。




ここまで大々的にボーナスを出すことを公言していれば、
貰う気満々でバイトに応募していいと思います。

希望のバイトでボーナスが出そうにない時には

賞与やボーナスなどの手当てが欲しくても、自分の希望するバイト先で支給されない場合もあります。
そんな時は仕方ないとあきらめるしかないのでしょうか。

そんな時に利用してほしいのが、「お祝い金」がもらえる求人サイトです。

同じバイト先でも、応募するサイトによってもらえたり、もらえなかったりするので、
自分の希望する職場があれば、いくつかの求人検索サイトで確認することをおすすめします。

中にはサイトからバイトに応募して、採用が決まると、
必ずお祝い金がもらえるサイトもあるので、要チェックです。

《お祝い金がもらえるオススメ求人サイト》

 

①マッハバイト
 求人数が比較的に多く、お祝い金は最短で翌日に指定の口座へと振り込みが可能です。
 どの銀行口座でも振り込みが可能な点が嬉しいポイントです。
 サイト自体も使いやすく、検索もしやすいサイトです。

 

②アルバイトEX
 最大規模の求人数で、最大金額のお祝い金を誇る「アルバイトEX」。

 様々な職種のアルバイトを、一度に比較検討することが出来ます。

 お祝い金は、通常でも全員3万円~5万円。
 キャンペーン期間中なら、最大で11万円もらえる場合もあります。

 

③バイトーク
 最大6万円のお祝い金がもらえる求人サイトです。

 採用されたら3万円、半年間勤務が続くと3万円のお祝い金がもらえるという、
 他にはないお祝い金制度があります。

 

④マイベストジョブ
 最大で2万5千円のお祝い金がもらえる求人サイトです。
 マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると、
 必ず全員にお祝い金がもらえます。


ここでご紹介したのはほんの一部です。
まだお祝い金が出る求人サイトは沢山あるので、
色々登録してみて、自分にあったサイトを数社に絞って使うのがおススメです。

まとめ

バイトでもらえるボーナスについてご紹介してきました。

バイトでもボーナスをもらえる可能性はありますが、
基本的にはそれほど期待しない方がいいかもしれません。

ただ、「ボーナス」という形ではなく、ちょっとした手当としてもらえるバイトは沢山あり、
「ボーナス」という名前にこだわらなくてもいいかもしれません。

想定外の収入は誰でもうれしいですよね。
ダメもとでも、求人に賞与の有無を記載してある場合もあるので、
それを狙って応募してみるものいいかもしれません。

ただ、その場合にも、必ずもらえるとは限りません。

業績の良し悪しだったり、仕事が出来る出来ないにもよるので注意しましょう。

あまりに「ボーナス」にこだわるあまりに、
自分に向いているバイトを見つけられない場合もあります。
あくまでもらえたらラッキー!程度に考えておいた方が無難かもしれませんね。
 

筆者

チワワ

以前、バイトしていたお花屋さんでは、母の日が終わるとボーナスで胡蝶蘭の鉢植えを物品支給してくれました。 こんなボーナスも嬉しいですよね。