アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

バイトから正社員の店長になれた私が、ネットカフェで働くコツを紹介

ネットカフェの店長の仕事内容とは?

今回はネットカフェのアルバイトとして働いていた方にネットカフェのアルバイトについて書いてもらいました。この方はアルバイトからスタートして、正社員、そして店長にまで上り詰めたシンデレラストーリーをお持ちの方です。

ネットカフェのバイトに興味がある方だけでなく、バイトから正社員になりたい人もぜひご覧下さい。

【ライタープロフィール】

ライター名:店長

バイトから店長になった人が解説!

誰にでも1バイトから店長になれる可能性はあります。くじけずに真面目に仕事に取り組めばきっと道は開くと思います。


ネットカフェの店長の業務は多岐に渡ります。基本的にアルバイトさんのフォローが一番多いのですが、店長ならではの仕事としては、出勤時の店舗内外の巡回で汚れや設備に不備がないかの確認や人材確保が特に重要な仕事になっています。また、競合店のお忍びでの偵察も必要に応じて行っていました。

清潔感が大切。店舗内外の巡回について

当然アルバイトさんにも業務中に気が付いたところの清掃はお願いしてありますが、店舗の外の巡回は店長の仕事になります。

のぼりが丸まっていたら直しますし、タバコの吸い殻などのゴミの清掃をするのも店長の仕事でした。当然店内も常に綺麗な状態を保つよう努力していました。

また、店舗内の巡回をする際は店舗内の温度は適正かどうか意識しながら行い、必要に応じてエアコンの温度管理も細かに行います。

データをまとめてみると、やはりエアコンが直接当たる席はお客様の滞在時間が目に見えて低いんですよね。直接温度管理の要望を頂くことも少なくありませんでした。

店舗を動かく原動力!人材確保について

店舗で働くアルバイトの確保は店長の仕事です。社内システムで求人サイトに掲載したい内容を編集でき、応募があった場合も分るようになっていました。

応募に対してこちらからメールおよび電話にて面接の予定をお聞きし、実際に店舗に来ていただいて面接を行っていました。

ここだけの話、接客業ということもあり応募者多数の場合、男性より女性の方が採用率が高いです。アルバイトの男女比率は3:7くらいでした。

競合店の偵察について

多くの場合は他社の運営するネットカフェを偵察していました。学ぶするべきところもあれば、自分たちの方が勝ってるな!というところもありました。

私の働いていたネットカフェは大手だったのですが、偵察していてウカウカしてられないなという危機感を感じたりもしましたね。

バイトから正社員までなった極意を紹介!ネットカフェの仕事について解説

日頃から、どうせアルバイトだから…などという低い意識で仕事はせずに高い意識で毎日仕事に臨んでいました。

仕事では一切手を抜いたりせず、店舗を利用して頂いているお客様全てに満足して利用して頂けるようにお客様目線で仕事に常に全力で仕事をしていましたね。

時々店舗にエリアマネージャーやゾーンマネージャーが巡回来店するのですが、その際にも名前を売っておくという意味で、積極的にコミュニケーションをとることをおススメします。

正社員になるには最終的に、この二役からの推薦も必要になりますからね。

一日のスケジュールなどをお書きください。

  • 10:00:店舗出勤
  • 10:00-10:30:店舗内外の巡回、清掃
  • 10:30-20:00:メールチェックなど、デスクワークをこなしつつ、アルバイトスタッフと共に店舗業務にあたる
  • 20:00-:デスクワークに戻り、キリの良いところで帰宅

一般的に店長というとバックに籠ってデスクワークばかりのイメージがあるかもしれません。
10:30-の間は臨機応変に業務にあたることが要求されます。基本的に店舗が上手く周るよう、アルバイトさんのフォローが中心になります。
週末になりますと、コピー機の集金業務もありました。

また、月に一回、同エリアの店長以上の正社員が集まり戦略ミーティングを行っていました。

バイトから正社員にはどうなった?

私の勤めていたネットカフェでは、正社員になりたい場合はまずは店長にその旨を告げます。通常ですと、平均3年程度の実務経験を積めば推薦してもらえるくらいの実力は身に付きます。

私は以前から接客業に携わっていたこともあり異例の11ヶ月勤務の時点で推薦してもらえました。

店長に推薦してもらったあとは、エリアマネージャーの面接、さらに人事部の面接へと進みます。この2回の面接に見事合格し晴れてアルバイトから

正社員に昇格できました。

バイトから正社員になる際に意識したこと。

正社員になった後は、アルバイトさんたちのお手本となるように所謂「率先垂範」を徹底していました。やはり自ら積極的に動かないと部下も付いてきてくれないものですからね。

私にも目標となった店長がいたように、誰かの目標や憧れになれるような存在になれたらという点を意識していました。

正社員から店長にどうなった?

正社員になることは店長になることが前提でした。

まずは配属先の教育店長との業務を通してOJT方式の研修を1ヵ月ほど行い、問題がないと判断されたら教育店長に代わりそのお店を任せられる店長になります。私は1ヵ月で無事研修を終え、店長になることができました。

店長になるために意識して取り組んだことや、やっておくべきこと

正社員になる前の心構え同様に、繰り返しになりますがとにかくまず自分がお手本を見せること。これが非常に重要です。

これはネットカフェの正社員や店長だけでなく、上に立つ者として絶対欠くことのできない考えだと断言できます。

そうすることによって自分自身も磨かれていき、自然と周りからも尊敬される存在になりますよ。