アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

日給と時給って何が違うの? アルバイトの給与体系に迫る!



求人情報では、「日給8000円」と「時給1000円」とか書き方が違いますよね。

「8時間働いて時給1000円なら、日給8000円でいいじゃん?」って思いますよね。

 

時給と日給ってどう違うんでしょうか。

 

さらに、「日払いOK」って、「その日にもらえる」という意味ではないのです!!

知ってました?

ほかにも「即日払い」とか、アルバイトの給与体系には、知っているようで知らない言葉がたくさんあります。

 

今回は、そうしたアルバイトの給与に関する用語について、一つひとつ見ていきたいと思います。

 

交通費、各種手当、寸志、賞与、能力給など、知ってるようで曖昧な用語が結構ありませんか?

 

こうしたことをスッキリさせていいバイト探したいですね!

日給と時給の違いはこういう意味でした!

時給は、みなさんご存知のように「1時間働いてもらえるお給料」のことですよね。

これは1時間働けば〇〇円もらえるという給料

時給1000円の場合。

9時から18時まで働いたとして、1時間休憩すると「8時間分」の給与8000円が支払われることになります。

 

これに対し、日給はどうでしょうか。

日給は、「1日働いてもらえるお給料」のことです。

日給8000円の場合、9時から働いて15時に仕事が終わっても、変わらず8000円。

18時までかかっても8000円。

 

ですので、時給〇〇円と記載されている求人であれば、早く終わるとその分給与は減ります。

日給〇〇円と書かれた求人では、早く終わるとその分得することになります。

 

最近では、イベントスタッフの求人などに「日給」と書かれた求人が多く見られます。

ただし、日給のバイトでも「10時から19時」などと記された時間を超えて働く場合、残業代を請求することができます。

正確には8時間以上の勤務に対しては、時間外手当がつきます

 

日給のアルバイトにはこういうものがあります。

・イベントスタッフ

・資材搬入スタッフ

・引越しスタッフ

・事務所移転スタッフ

・試験監督

・警備

・ポスティングスタッフなど

 

時給のバイトの例は以下の通りです。

・ホールスタッフ

・軽作業スタッフ

・飲食店スタッフ

・コンビニスタッフ

・データ入力スタッフなど

 

このことから分かるのは、8時間きっちりかあるいは8時間程度の作業が決まっている仕事は日給。

8時間以下の場合、時給での求人となっているようです。

日払いと即日払いはこういう意味でした!

次は「日払い」についてです。

その日のうちにお金が欲しいから「日払いのバイト」を選ぶという事はよくあることですよね。

 

でも、実際のところは、「日払いだからといってその日のうちに支払われるわけではない」ということは知っておいた方がいいかも。

でないと大変なことになりますよね。

 

「日払い」とは、締めが1日ごとに行われるという意味で、その日のうちに支払われるという意味ではありません。

たいていは、次の日に支払われることが多いのですが、中には一週間後、1ヶ月後振り込まれるなどというものもあります。

 

これに対し、「即日払い」はその日のうちに支払われます

バイトが終われば、帰りにはもらえるので、すぐに必要な方は「日払い」ではなく「即日払い」を探すようにしてください。

 

もうお分かりでしょうが、「週払い」も同じです。

週払いの場合、締めが一週間ごとに行われます。

支払いは翌週になる場合が多いようです。

「一週間ごとに支払われる」という意味ではありません。

 

それでも、求人側でも「日払い」と「即日払い」の違いを理解していないものが多く、日払いでもその日に支給される求人はたくさんありますので、その日のうちに給与の欲しい方は応募時に確認しておくことが大切です。

寸志と賞与の違いはここでした!

賞与と寸志の違いはどうでしょうか。

 

寸志とは、目上の人から目下の者へ「感謝の気持ち」を表したものとなります。

「課のみんなで飲みに行く」となった時に課長が飲み代を出してくれるとか、年末に「これでお正月に美味しいものでも食べなさい」といって出してくれるようなものを寸志と呼んでいます。

 

これに対し「賞与」とは、支給するのに条件があり、条件をクリアしたものに「賞」として与えられるものです。

 

寸志はとくに条件はありません。

目上の方の気持ち次第です。

賞与は就業規則などに記された条件を満たした時に支給されるということです。

 

平均額としては、寸志の場合「数万円」程度。

5万円くらいまでを寸志と呼ぶことが多いようです。

10万円以上を寸志という事はまずありません。

 

また、会社が賞与を出せない場合、寸志として出すという形もあります。

夜勤手当と深夜手当は全く別のものでした!

「夜勤手当」とは雇用主が支払いの有無を決めることができるもので、労働基準法での定めがありません

なので、支払われないこともあります。

 

それに対し、「深夜割増手当」通称「深夜手当」は、深夜帯に働く場合に義務付けられている法律

そのため、深夜22時から朝5じまでの時間帯に働く場合、基本給に25%の割増がプラスされるというもので、こちらは支給されないと違法になります。

 

なので夜勤手当が支払われないのはよくあることですが、深夜手当が支払われないのは問題ですので、そうしたことがあれば然るべきところにすぐに相談してくださいね。


 

給与と給料の違いはこんなところに?!

さて、「給料」と「給与」という言葉がありますが、これには違いがあるのでしょうか。

 

実はこれには明確な違いがありました。

「給料」といいますが、これは支給される金額から「残業手当」などの手当をひいたもので、いわゆる「基本給」のこと

 

これに対し「給与」とは、所得税法で定められていて、会社から支給されるものはすべて「給与」にあてはまりまます

残業手当も、深夜手当も、賞与も寸志も、もちろん給料もすべて「給与」に含まれます。

さらには現物給与といい、お金以外のものも「給与」に含まれることがあるようです。

ようするに、「給与」は所得税の対象になる所得のことだといえます。

 

また「賃金」も、労働基準法などで定められている言葉で、基本的に企業から支給される従業員の賃金のことを指します。

この賃金には「役員報酬」は含まれません。

 

「報酬」についても、健康保険法などで定められており、労働の対価を表す言葉として使われているようです。

この「報酬」には、「賃金」も「役員報酬」も含まれます。

 

こうして見たきた通り、「給与」「給料」「賃金」「報酬」などの言葉は、定められている法律によって呼び方が違うということ。

 

そうした理由があって、いくつも同じような言葉があるのですね。

それにしても微妙に含まれる範囲などが違って正確に覚えるのは面倒ですね。

まとめ

今回は、給与に関する呼び方について、細かな違いを見てきました。

普段何気なく使っている言葉にも、細かな意味があり、法律などで定められているのは驚きでした。

 

それでも、日給で求人を出しているところと、時給で求人を出しているところには明確な違いがあることがわかりました。

 

時給の場合、早く上がれることがあっても、その分の給料はでませんが、日給の場合は変わらず支給されるということです。

 

また、日払いと表記のあるものでも、その日のうちの支払われるわけではなく、1日ごとに締めが行われるということです。

即日払いの場合は、その日のうちに支払われるので、その日のうちに必要な方は「即日払い」を選ばなければいけません。

 

しかも「給料」と呼んでいたものは「基本給」のことをさし、支給されるものすべてを含んだものは「給与」だったということ。

 

ほかにも賃金や報酬など、規定されている法律が違うということ。

 

こうした違いに注意しながらも、いいアルバイトを見つけられたらいいなと思います。

天笠 多菜葉

「最近のガンプラは複雑すぎて途中挫折」

【例文アリ】レストランでバイトしたい!これだけは抑えておくべき事とは?

はじめに


新年度に向けて、新しいアルバイトを探し出す人も多いのではないでしょうか?

これから初めてアルバイトをする人、
違うバイト先を探している人、
久々にアルバイトに復帰する人。

それぞれ、どんなアルバイトをしようか期待に胸を弾ませていることだと思います。

アルバイトに応募する時に避けて通れないのが「履歴書」です。
最近では「履歴書不要」なんて応募先もありますが、やはり履歴書が必須な場合が多い。

書く項目は決まっているんだから、サラサラっと書いて、
なんて思いますが、必ずと言っていいほど一旦手が止まってしまう項目があります。

それは「志望動機」。

履歴書が必要ない場合でも、必ずと言っていいほど聞かれるので、
避けては通れません。

「志望動機」を聞かれて、答えに悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

せっかくいいところがアピール出来ても、志望動機によっては不採用、なんてこともあるくらい、採用側は重視する項目です。

私は今まで数多くのアルバイトを経験してきました。
職種も色々です。
今まで応募したバイト先で不採用になったことは、、、一応ありません。

そんな私の経験を踏まえて、
今回はバイトの求人応募の多いレストランを例にとって、
志望動機の書き方についてご紹介していきたいと思います。

仕事に関係ない動機は避ける

志望動機を書くのに悩む場合。

それは「これだ!」という志望動機がない場合です。

・時給が高いから
・家から近いから
・楽そうだから

実際にこれらの理由でアルバイトを希望する人も多いと思いますが、
自分にとっての利便性だけの理由や、時給のことだけを理由にするのは避けましょう。

もちろん、補足として利便性があるのは構いませんが、それだけを志望動機にしてしまうと、
面接する人にとってはあまり良い印象を与えません。

例えば、「レストランでバイトすることで、沢山の料理を学びたい」
「飲食店での接客を身に付けたい」など、レストランの仕事の内容に関する志望動機がおすすめです。
そのレストランに応募をした動機なので、単純にお店が自宅から近いとか、時給がいいということであっても、それだけをアピールして動機にする必要はありません。

自宅からお店が近いことをアピールしたいのなら、
「自宅からお店が近いから、急なシフト変更の時に対応しやすいです。」
など、お店にとってもプラス要素になる点をアピールしましょう。

レストランは接客業。そこから志望動機を考えるのもあり。

レストランはお客様がたくさん来店する接客業です。
そのため、人と接することが好きなことも志望動機としては良いでしょう。

また、接客業の経験がある人には、「接客の経験を活かした仕事をしたい」とアピールできます。

接客が未経験でも、高校生や大学生などは、社会勉強としてアルバイトを始める人も多いので、
前向きな志望動機であれば、未経験でも応募先はやる気を認めてくれるでしょう。

レストランは仕事の内容も重要ですが、何より大切なのは接客です。
志望動機に「人と接するのが好きなので。」と書いたのに、
面接の時に挨拶が出来なかったり、態度が悪いということがないように気を付けましょう!

ハキハキと笑顔で受け答えが出来れば大丈夫です。
志望動機と行動がきちんと伴うようにすると、採用する面接担当者にも好印象を持ってもらえます。

実際の志望動機を書いてみる(書き方と例文)

志望動機のポイントをおさえたら、実際の志望動機を書いてみましょう!

飲食店は、不況に左右されることが少ないので、希望者も多く根強い人気があります。
バイトを希望する場合には、接客業として応募するレストランにどのように貢献したいかを
強調して、志望動機で自分をアピールしていきましょう。
 

【将来は飲食店業界で働きたいと思っている学生向け】

将来、飲食店業界で就職を希望する学生さんもいると思います。
自分の夢に向かって飲食店でのアルバイトを希望する場合には、
志望動機を通して、相手に自分の気持ちをアピールすることが大切です。

<例文>
小さなころに通っていた近所の洋食屋さんのハンバーグが大好きで、
いつか自分も美味しい洋食屋さんをしたいという夢がありました。

そのお店がなくなってしまい、それから自分の思うような味に出会えずにいたのですが、
先日こちらのお店で食事をしたときに、「この味だ!」と思ったのです。
小さなころに食べた味を思い出し、やはり自分は飲食業界で働きたいと思いました。
そのころちょうどこちらの求人の応募をみつけ、ぜひこのお店でバイトした経験を活かして、
飲食業界を目指したいと思い、応募させていただきました。

飲食店でのアルバイトは初めてですが、自分の好きな味のお店で働いて、
一から勉強できればと思っています。


※この例文のポイント

 飲食店は未経験でも比較的応募が多い職種です。
 このお店で働きたい!という強い意志を持っていることを伝えることが重要です。
 

【飲食店でのバイト経験を活かした応募向け】

レストランでのバイトは経験者を優遇することもあります。
飲食店でのアルバイト経験のある人は、その経験を活かして仕事ができることをアピールしましょう!

<例文>
高校生の時にファーストフード店で2年間バイトしてきました。
お客様から注文を聞き、笑顔で商品の受け渡しをする仕事を通して、
今度は同じ飲食店でも、もっとお客様と接する機会の多いレストランで働いてみたいと思い、
この求人に応募させていただきました。

高校時代の接客の経験を活かして、このお店でも笑顔で美味しい料理が提供できるように
貢献できればと思っています。


※この例文のポイント

 過去の接客業の経験で、自分がどのようなスキルがあるのか、
 また新しいお店でどのように活かせるかを伝えることで、
 自分が即戦力として働けることをアピール出来ます。

 特に、接客業の場合には、笑顔で明るく仕事ができることを伝えることが重要です。
 

【バイト初心者の高校生向け】

レストランでも、有名チェーン店などはマニュアルもしっかりしているので、
学生で未経験でも比較的働きやすいお店です。
このお店だから挑戦してみたい!というやる気をアピールしていきましょう。

<例文>
現在、高校生で、過去にアルバイトの経験はありません。
初めてのアルバイトを探すに当たり、通いやすく自宅から出来るだけ近いこと、そして貴社のような知名度がある有名チェーン店の方が、マニュアルもきちんとしていて、安心してはたらけるのではないかと思い、応募しました。
学生なので、シフトに限りはありますが、社会勉強も兼ねて、
仕事を覚えて一生懸命働きたいと思っています。


※この例文のポイント

 元々は家に近くて、気軽なチェーン店だからの応募だったとしても、
 それはそれでいいところなのです。
 安心で、働きやすい環境のこのお店だから応募した、ということがアピールできるといいでしょう。

このように、最初の動機は自分の利便性だけだとしても、
ちょっと掘り下げていくと相手にも納得してもらえる志望動機は簡単に書けます。

自分がこのお店で働きたい!
それが伝われば志望動機としてはほぼ合格です。

「志望動機」悩むくらいなら書かない、はアリ?

「志望動機」の書き方についてご紹介してきましたが、
なんとなくコツは掴めてきたでしょうか?

全然つかめない。
どう書いていいのかわからない。
面接でどうせ聞かれるんだから、いっそ書かなくてもいいんじゃない?
そんなことを思っている方いますか?

履歴書の志望動機の欄を空白で提出する。

実際にいないわけではありません。

私も人事のお仕事をちょっとお手伝いしていたことがあるので、
履歴書は何枚かは見てきました。
実際に100枚中1枚いるかいないかで、志望動機の欄が空白なこともあります。

でも、応募しているバイトに受かりたいのなら、

志望動機の欄が空白なのは「アリ」ではありません。
「ナシ!」なのです!

これは正社員だから、とかアルバイトだから、なんてことは関係ありません。
「志望動機」がきちんと書けていない人は、他すべてが良くても絶対に不採用にする!
という面接官もいるからです。

もちろんすべての面接官がそうするとは限りません。

でも反対にあなたが面接官だとしましょう。
志望動機のない人を採用したいと思いますか?

志望動機がないと、ちょっと怪しく思いません?

自分ですべて考えるのが大変なら、例文を少しアレンジしてもいいと思います。
必ず「志望動機」の欄は記入しましょう!

2月13日のバイト日記(コールセンター)

今日はコールセンターの三連勤初日でした。基本的に土日祝日は全て出勤、それ以外はシフトを組む人次第ということが主なのですが、これだけの人数がいればまあ「契約の時は土日祝日全部出ますって言ったけどやっぱ出ない」って言い始める人が一定数いるんですよね…シフト組む社員さんは本当に大変だと思います。
実際にバトってるところを何回か見たことありますが、まるでワガママを言う子供と厳しく叱るお母さんのようです。貫禄ある人が向いているんだなーと思いますが、もしかしたらこの仕事をすることで貫禄がついたのかもしれませんね。
今日はそんな貫禄ある社員さんと休憩が被り、るりこメシ買ってないでしょ、来て!と機嫌悪そうに言われてついて行ったらこのご飯でした。


甘いものは人からストレスを抜き取りますね。

2月12日のバイト日記(弁護士事務所)

今日は弁護士事務所でのバイトでした。この時期はなにやら偉い人の選挙があるらしくていつもよりもさらに電話が鳴る回数が多いです。
バイト先の事務所は小規模なところなので電話回線は1回線しかなく、電話待ちしてる時に選挙関係の電話を受けてしまうと早く切りたくてたまらないです。
後にして!って切っちゃいそうになります…実際には切れませんけど、ね。
先生が事務所内にいる時は先生が応対を代わってくださることが多いです。
先生同士だと早く話が終わることも多いのですが、先生が長々と話し込んでしまっていて気がついたらかなりの時間が経過していたなんてこともあります。
今日は先生が通話中にお昼を食べに外に出たのですが、がっつり肉食べて戻って来た時もまだ同じ人と通話が続いていました。