アルバイトバイブル@educared

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

非リアによるリア充のためのクリスマス当日のイルミネーション会場のスタッフバイト

街に明かりが灯り、キラキラとしたイルミネーションで彩られてくる季節、そんな冬にはリア充にとっての最大のイベント、クリスマスがありますよね。

 

クリスマスの街では、あちこちで恋人たちが素敵な時間を過ごしています。一方、リア充が楽しむためには働くバイトさんの存在が必須です。そんな非リアさんを含むバイトさんが働いてくれるからクリスマスの街も賑やかになるわけです。

わたしもクリスマス当日にバイトしたことは幾度となくありますよ。サービス業をしていると非リアは自然とシフトに入っているもんです。まぁ他にやることないですしね。

 

でも非リアだからと悲観的になるわけではなく、やり甲斐はありました。お客さん側も基本的に楽しみに来ているので、穏やかな人が多かったですね。だからこっちも、そんな楽しい時間を少しでもサポートできればと頑張れました。

そこで今回は、非リアによるリア充のためのクリスマス当日のイルミネーション会場のスタッフバイトをご紹介したいと思い特集を組みました。クリスマス当日にバイトしようと考えているあなたは必見ですよ!

 

イルミネーションに関わるバイトとは?

イルミネーションというと、街頭、公園、デパート、テーマパークなど至る所に装飾されていますよね。あなたはいくつくらいイルミネーションを見に行った経験がありますか?

わたしも以前は、敢えてイルミネーションを見に出かけていましたが、最近は偶然見かけたもので満足してしまっています。

まぁわたしのことは置いといて、あなたのイルミネーションを見に行った経験の中で、ひどく不便で困ったということがあったでしょうか。おそらくそういった経験はあまりない人が多いはずです。


なぜなら!

イルミネーションというイベントを裏で支えるバイトさんたちがいるからです。


もちろん人混みによる混雑は仕方ありませんが、彼らがいなければもっとパニック状態になってしまうんです。人混みでは様々なトラブルも発生しますしね。

そんな、イルミネーションイベントを裏で支えるスタッフたちにはどんな職種があるんでしょうか。

このあと詳しく紹介していきたいと思います。

 

イベントを盛り上げるMC・キャンペーンスタッフ

イルミネーションイベントでは、同時に催事やキャンペーンを行うことも少なくありません。催事やキャンペーンを行うには、進行するMCや宣伝活動のためのキャンペーンスタッフも必要となってきます。

みなさんはイルミネーションでどんなイベントを経験しましたか?

 

これはクリスマス当日ではありませんが、よくテレビで目にするのは点灯式ですよね。旬な芸能人も招かれ盛大なセレモニーが行われます。そんな点灯式も当然、MCやキャンペーンスタッフが陰でイベントを支えているんですよね~。

まぁ点灯式も大切ですが、イルミネーションといえばクリスマスですから、クリスマスにはゴスペルが歌われたり、有名なスポットであれば芸能人と報道陣がやってきたりすることもあるんです。

 

プロモーターサイドの人達が、リア充のみなさんを盛り上げるべく一生懸命企画してくれているわけですね。インスタ映えしそうなフォトジェニックスポットもたくさん用意してくれていることでしょう。

マイクパフォーマンスで人を盛り上げる自信のある人は、一度MCのバイトを経験してみるのもいいですね。マイクを通しちゃうと緊張しちゃうなって人は、キャンペーンを案内するキャンペーンスタッフが向いているかも知れませんね。

 

みんなが頼りにしている案内係

わたしは大きなショッピングモールに行くと、あまり彷徨いたくない性質なので、すぐにインフォメーションであれこれ聞くのがいいと考えている人間です。

でもわたしが目的の場所にすぐ辿り着けるのは、そんな案内係のスタッフがいてくれるからなんです。

 

あなたはインフォメーションの案内を利用したことはありますか?

 

ある程度お出掛けをすれば、インフォメーションを利用しない人なんているはずがない!わたしはそのくらい大切な存在だと思っています。

それはクリスマス当日のイルミネーション会場でも同じことが言えて、案内係がいることでイベントは滞りなく進行していくわけです。みんながみんな、どこに行っていいのかわからない状態では、イベントの進行に差支えがあります。本当にありがたい存在です。

 

わたしの経験上、案内係に向いているのは世話焼きな人。ただあっちです、こっちです、では正直そんなスタッフ居ないのと同じです。案内係でたまにいませんか?案内するのが仕事なのに、不親切なスタッフ。わたしは不親切な案内係に対応されたらとても腹が立ちます。

ですから、案内係をする人は、相手の意図を組んでご案内ができるサービス精神がある人の方が向いていると思います。我こそは、という人はぜひ案内係のバイトをお試しあれ。(逆にサービス精神がない人は絶対やらないでね)

 

会場が綺麗なのはイルミネーションと清掃スタッフのおかげ

イベントとゴミ、この二つは切っても切れない関係にあって、人が集まれば必ず大量のゴミは出てしまいます。もちろん来場者がきちんとした指定場所にゴミを捨ててくれれば何の問題もないのですが、一定数ポイ捨てする人間は必ずいます。残念なことですが。

一部の心無い人間の行いによって気分を害されては、イベントの楽しさも半減ですよね?でもイベントスタッフの中に、われわれ来場者にとって心強い味方がいるんです。

 

それが清掃スタッフです。

 

連日のように何千、もしくは何万という人が来場するわけですから、清掃スタッフがいなければ、会場は1日でゴミだらけになってしまうでしょう。

枯葉、砂、石、落し物、ポイ捨てゴミ、風に流されてきたゴミなど、知らず知らずのうちに会場は汚れていきます。どれだけ掃除しても終わりはないでしょう。でも清掃スタッフが常に掃除をしてくれるおかげで、会場はクリーンに保たれるわけですね。

 

綺麗好きなそこのあなた、感動を届けるイルミネーション会場を綺麗に保つバイト、してみませんか?

 

交通整理で渋滞を緩和

イルミネーション会場によっては道路に面している、もしくは道路そのものが会場の場合もありますよね。近隣の駐車場も混雑するでしょう。

そこで登場してくるのが、交通整理スタッフです。

 

イルミネーション期間は連日混みあいますが、クリスマス当日ともなればより混雑が予想されます。交通整理が下手くそだと、渋滞が緩和されず来場者にピリついたムードが漂ってしまいますね。

逆に捉えればここはあなたの腕の見せ所!

交通整理はブロックパズルみたいなものです。車と車の場所を入れ替えスムーズに車が流れるようにする、手順とタイミングが大切なバイトです。

 

あなたの指示ですべて変わってくるわけですから責任は重大ですよ。とは言ってもわたしたちはバイトですから、基本的には誰にでもできる範囲の交通整理を任されると思います。あまり心配せず気軽に応募して大丈夫だと思いますよ。

 

飲食店スタッフもイルミネーションには欠かせない

イルミネーションを見て回るとき、何かを食べながら、もしくは飲みながら回るのが醍醐味だったりしませんか?

 

場所によっては出店があったり、会場内にレストランやカフェがあったりと、来場者のお腹の都合にも対応してくれるのがイルミネーションイベントです。

飲食店のバイト経験がある人であればきっとスムーズに仕事ができると思います。もちろん経験が無い人でもイメージがしやすいバイトですよね。クリスマス当日、イルミネーション会場でどんなバイトをしようか迷っている人は、飲食店のスタッフを選んでおけば無難だと思います。

 

余談ですが、飲食店のスタッフは衛生上、清潔感がある人でないと困りますよね。ただ、清潔感と言っても特別なことではなく、不衛生でなければ大丈夫!まぁほとんどの人がクリアしている条件です。

そういった意味でも、飲食店のスタッフはおすすめです。

 

着ぐるみのバイトで演出を

漫画やドラマでなにかと登場する着ぐるみバイト。わたしも興味がありながら結局経験することはなかったなぁと感じる心残りなバイトのひとつです。

着ぐるみのバイトは心がメルヘンな人に向いているかも知れませんね。もしくはリアクションが大きい人。

 

基本喋らないバイトだと思うので、ジェスチャーがとても大事になってくると思うんです。ですから恥ずかしがったりする人よりは、無邪気で子供の心を持っている人の方が馴染みやすいのかな、とは思いますね。

それに動きが中途半端だとせっかく演出する世界観も台無し。ですから、きちんとその世界観を崩さないように、できるだけ大袈裟なジェスチャーが求められるのではないでしょうか。

 

着ぐるみバイトはわたしが経験することのできなかったバイトです。まだチャンスがあるあなたは、後悔のない様に一度経験しておいた方がいいですよ~。そうすれば将来、わたしのように「やっておけば良かったぁぁぁぁーーー!」と悶絶することもありませんから^_^;

 

イルミネーション会場のスタッフバイトのメリット

イルミネーションは年々開催する場所が増えている傾向にあるイベントのひとつです。そんなイルミネーション会場のスタッフバイトをするにあたってのメリットって一体何なんでしょうか。

 

  • 綺麗なイルミネーションが見られる
  • バイトが終わったら自分もお客さん
  • 感動を届けるスタッフの一員になれる
  • なかには高収入のバイトもある

 

イルミネーション会場でバイトをするわけですから、当然その綺麗な世界に身を置くわけです。あれほど非日常の世界が作りあげられた幻想空間というのはそうそうありませんから、ロマンティックな空間が好きな人にはたまりません。

そしてバイトからあがる時間が早ければ、そのあとお客さんとしてイルミネーションを堪能することも可能ですよね。なんて素敵なバイト環境なんでしょう!

 

それから、探せば高収入の内容のバイトもあるので、ぜひ探してみて下さい!

 

これだけメリットがあれば、今すぐにでも働きたくなっちゃいますね。でも早まらないで下さい。このあと、デメリットの方もちゃんと紹介しておきますので、決めるのはそれを読んでからでも遅くはありません。

 

イルミネーション会場のスタッフバイトのデメリット

前掲したとおり、イルミネーションイベントは年々開催場所を広げています。その分、働く人手も欲しいわけで、求人サイトには多数の募集がかかっています。

人気のあるバイトなのは間違いありませんが、デメリットもやはり存在します。これから紹介するデメリットが、あなたにとって大したものでなければ、もうGOサインを出して大丈夫だと思いますよ。

 

  • 寒い
  • 立ちっぱなし
  • クレームが入る
  • 虚しい

 

やはり寒い!冬のバイトなのでこれは避けられない試練ですね~。わたしはコタツに入って丸くなるタイプなので、寒さがあるバイトは億劫です。でも平気な人もたくさんいるでしょうから、寒さに強い人には関係ないですね。

立ちっぱなしで辛いというのはある意味仕方がないことではないでしょうか。他にも立ちっぱなしのバイトはたくさん存在しますし、ここは乗り切りたいところ。

 

クレームはちょっと嫌ですね~。混雑する場所にはどうしてもキレやすい人もいますから、難癖つけられたらちょっと面倒くさいですしね。クレームが苦手な人は、案内係は避けた方がいいかも知れません。

 

“虚しい”、これは完全に個人差がありますが、人によっては道行くリア充を見ると虚しくなることもあるでしょう。なぜクリスマス当日にこの人たちは楽しそうにイルミネーションを堪能して、自分はバイトをしてるんだろうって…。まぁ、あまり悲観的にならず、バイト自体を楽しむのが一番ですよ。

 

まとめ

クリスマス当日にバイトをするって、虚しいようで実は楽しみだったりもします。少なからずわたしはそうでした。リア充が楽しい時間を過ごすことと、自分がお金を稼ぐことはまったく関係がありません。

目的があってもなくても、バイトをすればお金が稼げます。どうせバイトをするなら楽しんだ者勝ちですよね!

 

ここまで、クリスマス当日のイルミネーション会場のスタッフバイトをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。あなたにとって有益な情報はありましたか?興味は湧きましたか?

興味が出てきたなら早速、クリスマス当日のイルミネーション会場のバイトに応募しちゃうのもいいですね!

クリスマス当日にバイトをするあなたにとって、この記事が大いに役に立ってくれたらそれほど嬉しいことはありません。ぜひお役立て下さい。

 


【ライタープロフィール】


名前:chocomint
バイト経験:コンビニ、書店、居酒屋、パチンコ店、コールセンターなど。
趣味:スマホゲーム、映画鑑賞
最近は動画サイトで猫の動画を見るのに絶賛ハマり中です。

12月7日のバイト日記(弁護士事務所)

今日は弁護士事務所のバイトでした。
お使いが多い日で、お昼ご飯もお使いに行くついでに休憩に行っていいよって言われての少し長い時間の休憩をいただきました。ありがたい。
休憩時間って60分だと微妙に時間が足りないような感覚に陥ってしまいます。
特に昼ごはんを買いに出たり外食したりするとなんでだかはわからないのですがあっという間に時間が過ぎますよね。
今日のお昼はホットケーキのサラダセットにしました。
ずっと座り仕事だとあまりお腹がすかない上に運動不足で野菜が足りない気がしてしまいます。
ダイエットしたがる人にしてみたら「ダイエットしたいから野菜」って選んでるのかもしれないですが、わたしは食いしん坊なのでコメもパンも肉も魚も野菜も色々たくさん食べたい。
サラダを堪能した後のホットケーキ、美味しかったですよ。

12月6日のバイト(コールセンター)

今日はコールセンターのバイトでした。
途中で監査の人が来たのだけど、そのうちの誰かが(もしかしたら皆様かもしれないですが)昼ごはんにファストフードを食べていたらしく、彼らが帰ってからみんなが揃って「やばいハンバーガー食べたい」「いいやポテトだ」「アップルパイだ」と大騒ぎになっていました。
御多分に洩れずわたしも食べたくなってしまったので定時が待ち遠しくてならなかったのですが、そんなわたしにさらなる試練が。
アプリに関しての質問に答えていたのですが、なんとその質問されたアプリがよりによって某大手ファストフードの公式アプリ。新規登録に始まって、各ページの見方からメニューの見方から説明していたらもう完全に食欲の鬼になってしまいました。

帰り道にもちろん買って帰りました!

日本でも無人コンビニが来春から登場!コンビニバイトは生き残れる⁉

これからコンビニは無人化するの⁉

食事や飲み物を買うだけでなく、チケットの購入やオンラインショッピングの代金支払いなど、日々の生活に欠かせないコンビニ。

私はよくネットオークションで売り買いしているので、商品の配送のためにコンビニを利用することもしばしばです。

コンビニスイーツが急速に進化を遂げているので、コンビニに行くとついついスイーツコーナーにも立ち寄って、新商品をチェックしてしまう人も多いのではないでしょうか?

私にとってもスイーツコーナーを見回るのは、コンビニに寄る楽しみのひとつです。

和スイーツではセブンイレブン、カフェメニューではローソンなどがよくテレビやネットなどで取り上げられていますよね。

一方、ファミマやローソンにあるような、リッチなサンドイッチを目当てに来店する人も多いようです。

おにぎりだけでなく、専門店のようにおしゃれで気軽に買える値段のサンドイッチが増えてきて、選択の幅が広がりましたよね。

そんなコンビニですが、2017年12月4日にローソンが来春から無人店舗をオープンすると発表し、注目を集めています。

実はJR東日本でも、すでに2017年11月20日から埼玉県の大宮駅構内に無人コンビニを設置して実証実験を行っていました。

中国では早くも2017年6月に、「Bingo Box」という無人コンビニがオープンして大きな話題になっています。

Amazonがプロデュースする無人コンビニ、「Amazon Go」の実店舗がオープン準備も着々と進んでいるようです。

こんなニュースを目にすると、コンビニはこれから無人の店舗が主流になっていくのか気になってきます。

果たして、コンビニからバイトスタッフは消えてしまうのでしょうか?

学生時代長くコンビニでアルバイトをしていた筆者としては、とても興味があることです。

そこで今回は、バイトスタッフでないとダメな仕事や、逆にテクノロジーで置き換えられる仕事について調査してみました!

無人コンビニが気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

 

無人コンビニとは?

無人コンビニに入るにはまず、スマートフォンからダウンロードした専用アプリやSuicaなどのICカードなどをかざす必要があります。

駅の改札を通るときと同じ要領です。

ですから、現在「子ども110番」のステッカーが張ってあるコンビニをよく見かけますが、無人コンビニでは不審者に追われた子どもが逃げ込める場所、という役割は果たせません。

商品の購入も、専用アプリやICカードを利用して行います。

棚の前には小型カメラが設置されていて、お客さんが棚から商品を取るとそれを認識し、カメラにつながっているAIが手に取った商品の合計金額まで計算してくれる店もあるようです。

支払いを済ませずにコンビニを出ようとしてもドアが開かないので外に出られず、警報器も鳴るようになっているので、商品が盗まれる心配はありません。

実際、中国の無人コンビニでは盗難事件がいまのところほとんどないそうです。

無人コンビニはそもそも、バイトの人手不足解消や人件費の削減のほかにも、コンビニ強盗や万引き対策という目的も含まれているとのこと。

また、無人コンビニに入店する際に専用アプリやICカードをかざしますよね。

ICカードには所有者の年齢など個人情報が入っているので、店のAIは入店者が未成年者であるか否かを判断し、お酒やたばこの販売も規制することができます。

ローソンが実験的に導入する無人店舗は、午前0時~5時の深夜の時間帯だけとなり、その間はたばこや酒類の販売はしないそうです。

ちなみにAIというのは人口知能のことで、人間が行っている知的な思考能力をコンピューターで再現するプログラムのこと。

Googleも現在、多額の予算を費やしてAIの研究を続けています。

従来のロボットにはないAIの特徴は、学習能力や思考能力があることです。

将棋の対戦の模様をたくさん覚えた、AI搭載の将棋ロボットがプロの棋士に買ったというニュースは聞いたことがあるのではないでしょうか?

将棋や囲碁、チェスなどを行うAIは、その象徴といえるでしょう。

 

バイトでしかできないコンビニの仕事は?

無人コンビニのニュースで思い出したのですが、筆者が子どもの頃は、ガソリンスタンドでの給油はどこでも店のスタッフがやってくれたものです。

ところが今ではほとんどのガソリンスタンドで、ガソリンの給油や支払いなどはセルフになっていますよね。

ここ数十年の間に、セルフスタンドが主流になってバイトが店舗から激減してしまいました。

とはいえ、エンジンオイル交換やタイヤの空気圧の点検などは店のスタッフがやってくれます。

サービスを重視しているガソリンスタンドでは、窓ふきや灰皿の交換などもしてくれます。

ですからガソリンスタンドのようにコンビニでも、AIではなく人間のバイトでなければできない仕事もあるはずです。

みなさんはコンビニを利用するときに、人間のスタッフにやってもらいたいことって何がありますか?

一人暮らしの人では、笑顔で商品を渡してくれたり、ちょっとした会話を交わす店員がいるとほっとするという話をよく聞きます。

私の場合は、オークションで売れた商品を配送するために、サイズや重さを確認してくれるスタッフが必要だと思います。(AIでも荷物の3辺の長さを判断することは、できるのかもしれませんが…)

あと、おでんや肉まんなどのホットスナックなども、店のスタッフに出し入れしてもらいたいですよね。

もしお客さんがホットスナックをトングで自由に取り出せるシステムになったら、衛生的に心配な気がします。

また、ホットスナックは包装されていないか、簡易な包装しかされていないので、商品情報が入ったタグを付けることも難しいでしょう。

ディスカウントショップではタグが付いた箱から、中身の商品だけを取り出してポケットに入れる万引きも多いようです。

ですから、紙の包みからホットスナックだけを取り出して万引きする人も出てくるかもしれません。

ちなみに中国の無人コンビニの中には、盗難防止のためにお客さんが商品にスマホをかざして決済を行ったかどうかを、AIだけに任せずモニターで監視するスタッフもいるそうですよ。

ところで、商品を買う以外によく利用されるコンビニのサービスもたいてい無人店舗で対応できそうです。

利用者が特に多い公共料金などの支払いは、お客さん自身が振込用紙に付いているバーコードを専用アプリで読み込めばすむので無人コンビニでも問題はないでしょう。

次に利用者が多い、ATMやチケットの予約、購入などは、もうとっくにセルフサービスになっていますよね。

こうして見ていくと、無人店舗とはいえコンビニにバイトがまったくいないと不便な気もします。

でも、バイトの人数は大幅に削減できそうですね。

 

コンビニバイトの仕事ってほかには何があるの?

コンビニのアルバイトでは、レジ周りの仕事などお客さんの目に留まる以外にも仕事がたくさんあります。

例えば、お客さんが少ない時間帯には、商品の品出しや陳列を行います。

おにぎりやサンドイッチならその際に、賞味期限もチェックして廃棄にする商品を選別。

また、在庫の数が合っているかどうか検品も行います。

陳列は地味な作業ですが、商品管理や売り上げにも関わる重要な仕事です。

私がコンビニでアルバイトをしていた時は、エリアマネージャーなどにレイアウトの変更を指示されることもあって勉強になりました。

店内や店頭、トイレの掃除も定期的に行います。

窓ガラスやレジ周り、調理器具の周りの拭き掃除や、床のモップ掛けなどもあるので、これもAIやルンバには任せられませんね。

フライヤーなどを使って、揚げ物を調理する仕事もあります。

タイマーをセットすれば、機械が自動で揚げ物の油切りまでしてくれるのでかんたんなのですが、物珍しさもあっておもしろかったですよ。

また、お客さんからマルチコピー機や発券機の使い方を聞かれることもあるので、手が空いているときにはその操作方法を覚えておく必要もあります。

お客さんにわかりやすく機械の使い方を説明するのも、人間でなければできない大切な仕事ですね。

 

コンビニの無人化、あなたはどう思いますか?

無人コンビニの仕組みや、人間のバイトならではの仕事について見てきました。

みなさんは、無人コンビニについてどう思いましたか?

忙しい合間にコンビニを利用するなら、無人バイトはレジに並ばなくてすみ効率的に用を済ませることができます。

一方、ローソンカフェのように、店のスタッフが淹れてくれたおいしいコーヒーを温かみのある笑顔とともに受け取りたいという人も多いでしょう。

もしかしたらコンビニはこれから、無人店舗と人の手によるサービス重視の店舗に2分化されるかもしれませんね。

現在コンビニでバイトしている方も、これからコンビニで働こうと考えている方も、機会があったらぜひ1度、無人コンビニを利用してみてはいかがでしょうか?

 

筆者

f:id:educaredstarlight:20171117132506p:plain

ハンドルネーム:wasante

高校時代はコンビニやファミレスでバイトしていました。

学生時代は料理や食べることが大好きだったので、タイ料理やペルー料理、割烹料理など、いろいろな飲食店で働いていました。

飲食店のバイトは体力的に疲れるので、結婚してからは専門学校のコールセンターや塾講師、事務補佐など、座ってできるバイトばかりです。

いまハマっているのは、パン作りです。

知りたかった情報を、こちらで見つけていただけたら幸いです♩